★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK217 > 907.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
翁長知事がTBSのインタビューで政府に激怒!「法治国家ではない」「日本の独立は神話である」
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/907.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 22 日 15:05:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

翁長知事がTBSのインタビューで政府に激怒!「法治国家ではない」「日本の独立は神話である」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-14738.html
2016.12.22 06:00 情報速報ドットコム



12月21日に沖縄県の翁長知事がTBSのインタビューに応じて、日本政府の辺野古基地建設について怒りの言葉を投げ掛けました。翁長知事は最高裁が政府の主張を認めたことについて、「法治国家ではない」等と述べ、政府と判決結果に不満を漏らします。

その上で、「日本の独立は神話である」と強調し、日本という国がアメリカの言いなり状態であると言及しました。同時に北部訓練場の返還式には参加しない方針を表明しており、基地建設への抗議を今後も続けるとしています。


沖縄・翁長知事 単独インタビュー 「墜落事故」に見た沖縄の現実
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2943172.html







翁長沖縄県知事単独インタビュー20161221NEWS23

翁長沖縄県知事単独インタビュー20161221NEWS23 投稿者 gomizeromirai


返還式典欠席し抗議集会に出席へ 沖縄県知事(16/12/21)


翁長知事「これからが踏ん張りどころ」




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年12月22日 15:16:43 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[1223]
(1)日米地位協定25条の改定…日米合同委員会、日米共同部の廃止(官僚を操る糸を切る)
(2−1)日米地位協定2条の改定…基地返還を義務付ける(ドイツ型の米軍排除)
(2−2)憲法に『外国軍の駐留を禁止する』と書き込む(フィリピン型の米軍排除)

これで独立しましょう。


2. 2016年12月22日 15:34:21 : Di05RWwrPs : xmW0i3KIMx8[11]
翁長知事、最高裁に「失望」 新基地建設阻止を強調「不退転の決意で」
沖縄タイムス 12/21(水) 8:20配信

 翁長雄志知事は20日夜、名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立て承認取り消しの違法確認訴訟で、沖縄県の敗訴確定を受けて記者会見し「深く失望し、憂慮する」と最高裁の判断を批判した。自身の承認取り消しを取り消すことには「新たなスタートと考えている。あらゆる手法を用いて、不退転の決意で辺野古新基地建設阻止に取り組む」と強調。2月上旬から中旬をめどに訪米し、トランプ米新政権側に辺野古移設反対や日米地位協定の改定、オスプレイの危険性などを直訴する考えを示した。

 知事は判決内容に「国と地方を対等・協力の関係とした地方自治法の視点が欠落した判断を示し、結果として問題点の多い高裁判決の結論を容認した」と指摘。一方で「最高裁は高裁那覇支部と異なり『辺野古が唯一』との認定を行うことはなかった」とも述べ、判決文が新基地建設の軍事的必要性などに一切、言及しなかったことも強調した。

 22日に名護市で開かれる政府主催の北部訓練場返還式典に、菅義偉官房長官や稲田朋美防衛相が出席する場合に「打診があれば会談に応じるか」との問いには「全く考えていない」と明確に否定した。

 知事は「オスプレイはSACO合意に無く、環境影響評価も無く飛び交っている。絶対に許されないとずっと申し上げてきた」と説明。「場合によってはケネディ駐日米国大使もおいでになると思うが、お三方と話し合いすることは全く考えていない」と述べた。

あす墜落抗議集会に参加

 翁長雄志知事は20日夜の記者会見で、オスプレイ連続事故に抗議するため「オール沖縄会議」が22日に開く集会に出席する考えを明らかにした。「(判決で)一つの区切りがついたので、私も出席して県民の心が一つになれるよう考えている」と述べた。

 知事は「原因究明もままならず(事故から)6日目に飛んだことを考えると、しっかり対応しなければならい」とした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-00076700-okinawat-pol


3. 2016年12月22日 15:36:30 : Di05RWwrPs : xmW0i3KIMx8[12]
知事「踏ん張りどころ」 最高裁の沖縄県敗訴 岩礁破砕で再び法廷闘争も
琉球新報 12/21(水) 6:30配信

 米軍普天間飛行場の移設計画に伴う名護市辺野古の埋め立てを巡る裁判で最高裁が20日、沖縄県敗訴の判決を出した。判決により、翁長雄志知事による辺野古の埋め立て承認取り消しは違法だとした福岡高裁那覇支部の判決が確定した。判決は仲井真弘多前知事による埋め立て承認は妥当性を欠いたものではなく、「不合理な点はうかがえない」と結論付けた。翁長知事は「辺野古新基地は造らせない公約実現に向け、全力で取り組む」考えで、今後のかじ取りが注目される。

 「最高裁の判決は出たが、この闘いというか新辺野古基地は造らせない、オスプレイの配備撤回というのは、今まさに新しいスタートに立ったと思う。これからが私たち県民の踏ん張りどころ、力の出しどころだ」

 県敗訴を受けて20日夜に開いた記者会見で翁長知事は、今後も辺野古新基地建設阻止に向けた行動を続けると表明した。知事は「米軍統治時代、苛烈(かれつ)を極めた米軍との自治権獲得闘争を粘り強く闘った県民は、日米両政府が辺野古新基地建設を断念するまで闘い抜くと信じている。私も県民と公約実現に向けて全力で取り組む」と読み上げ、“県民運動”として建設阻止に臨む考えを示した。

 知事自身、自らの行政権限行使だけでは今後厳しい流れが待ち受けることが予想される判決だった。県弁護団の松永和宏弁護士は、最高裁が一度も口頭弁論を開かずに判決を出した点を指摘。「判決に政策的なことは書いていないが、非常に政策的な判決だ。本当に判断を示すなら2カ月ではできない」と、中断している新基地建設工事を早期に再開したい政府に配慮したスピード判決ではないかと、不信感をあらわにした。

 原審の福岡高裁那覇支部の判決は、沖縄の「地理的優位性」などに触れ、軍事的にも「辺野古が唯一の解決策」とする政府の主張までも認めていた。だが最高裁は判決で、高裁判決のこの部分は内容を書き換えた。

 司法が判例として「辺野古唯一」を認定することを懸念し、判決文の内容も気にしていた県は、「司法の良識というよりも常識が示された。高裁判決は行政法の専門家からも批判を集めていたから」(幹部)と高裁判決を皮肉った。

 ただ政府側の受け止めは「全面勝訴」に近い。最高裁は判決で、前知事による埋め立て承認について、環境保全や防災対策に特段不合理な点はなかったと判断した。防衛省関係者はこの点に着目する。「知事は今後も権限を使い工事を止めようとするだろう。だが最高裁が環境対策も防災対策も不合理はないと判断した。県が今後権限行使をする際は、裁判で主張したもの以外の理由を探すはずだが、ろくな理屈はもう探せないはずだ」。

 県と政府が次の綱引きとして想定するのは、来年3月に期限切れを迎える岩礁破砕許可の更新申請だ。県はこの更新を認めない場合、政府は再び工事を中断した上で県と法廷闘争する必要がある。ただ、この最高裁判例で、国側は環境対策などの論点で「司法のお墨付き」(防衛省関係者)を得たことで、政府は今後もスピード判決の連続で県の権限を次々に奪えるとの期待をにじませる。

 敗訴を受け、県は26日にも埋め立て承認取り消しを取り消す。ことし3月から中断してきた工事は再び動き出す。

 わずか1週間前には、米軍普天間飛行場所属のMV22オスプレイが普天間の移設先の名護市で墜落事故を起こした。翁長知事はこれまで繰り返してきた「あらゆる手法」という言い回しに加え、「新たな手法」や「新たな展開」という表現を使い、建設阻止の決意を示した。(島袋良太)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-00000005-ryu-oki


4. 2016年12月22日 15:38:28 : Di05RWwrPs : xmW0i3KIMx8[13]
沖縄関係予算3150億円で決定 前年度比200億円減
沖縄タイムス 12/22(木) 14:00配信

 【東京】政府は22日午前、2017年度の予算案を閣議決定し、内閣府沖縄関係予算額は前年度当初予算比で200億円減の3150億円を計上した。2年ぶりの減額で、夏の概算要求額より60億円少ない。

 使途の自由度が高い一括交付金は不用額や繰越率の高さが指摘され、ソフトで前年度比118億円減の688億円、ハードで137億円減の670億円で計1358億円となった。

 また、前年度比100億円増で概算要求した公共事業関係費は6億円増の1429億円。名護市辺野古の新基地建設を巡り、政府と県が激しく対立するなかで、予算額の圧縮で翁長雄志知事をけん制する狙いがあるとみられる。

 主な事業では、那覇空港の第2滑走路建設費用330億円や沖縄科学技術大学院大学(OIST)の関係費167億円は前年度と同額を確保した。

 また、新規事業で盛り込んだ沖縄産業イノベーション創出事業や沖縄離島活性化推進事業はそれぞれ11億円を措置。鶴保庸介沖縄担当相が意欲を示す県内の交通渋滞の解消に向けた経費として、「交通環境イノベーション事業推進調査費」に3億円がついた。

 また、元米海兵隊員による暴行殺人事件を受けた県内の犯罪抑止の一環として、「防犯灯・防犯カメラ等緊急整備事業」として15億円が盛り込まれた。

 子どもの貧困対策事業11億円、駐留軍用地跡地利用推進費13億円、北部振興事業(非公共)26億円も引き続き確保された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161222-00076934-okinawat-oki


5. 2016年12月22日 15:42:38 : Di05RWwrPs : xmW0i3KIMx8[14]
沖縄知事欠席に不快感=菅官房長官
時事通信 12/21(水) 12:53配信

 菅義偉官房長官は21日午前の記者会見で、翁長雄志沖縄県知事が22日に予定されている米軍北部訓練場(同県東村など)の部分返還の式典を欠席することについて、「年内の返還が実現できるという趣旨の話を(翁長知事に)報告した後、『歓迎する』と言ったのではなかったか。そんなに軽い話ではない」と述べ、重ねて不快感を示した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-00000058-jij-pol


6. 2016年12月22日 16:25:13 : PfR99B4l1U : U_RiyyuFMg8[104]
■日本国憲法が沖縄を

 法の下公平・平等に扱わないなら

 残された道はただ一つ!

 『独立』日本離脱である

 翁長知事

 沖縄住民の生命・人権を守って下さい

 


7. 2016年12月22日 16:49:42 : Szw5T4twqU : tMYIXtEuBoE[144]
あまりにも理不尽な事を続けていたら沖縄で暴動が起きる。結局、日本が独立するか沖縄が独立するかの瀬戸際に立たされることになる。沖縄で独立運動が始まれば、政府は強権を発動し暴動を抑えるだろう。仕方がないから沖縄は政府の嫌いな中国に援助を求めざるを得ない。中国は待っていましたとばかり援助する、そして米中戦争に発展、つまり泥沼の戦争になり、日本はまた焼け野が原。アメリカは知らぬ顔して逃げるだろうが、全てを失った日本は中国かロシアに援助を求めるしかない。またまたどこかの植民地になるのか。情けない。いやもしアメリカが少しでも抵抗したら混乱は10年以上続くだろう。イラクやアフガンを見れば自明の事だ。日本は独立国家ではないとプーチンさんが指摘し翁長さんも言っている。そこまで言われてもバカ国民はまだ日本は独立国家だと思っている。救いようがない。

8. 2016年12月22日 17:30:09 : n4eHd45SnU : GmqesGz8js4[5]

日本の独立を望むなら、まず「日米安保条約」を廃棄しなければなりません。

日本の独立を保障したのが「ポツダム宣言」です。
それを踏みにじったのが、アメリカと天皇政府の取引による戦後処理でした。

昭和天皇は「国体(天皇制)護持」を条件にして「ポツダム宣言」を受諾。
戦犯・昭和天皇は、命乞いのため『北方領土』はソ連に、沖縄と小笠原諸島をアメリカに捧げて米ソも互いに了解して終戦となった。

アメリカは昭和天皇と相談して「サンフランシスコ講和条約」(及び「日米安保条約」)を準備して、現在の日本の姿をつくった。
その講和条約は、
そもそも「ポツダム宣言」(国際法的条文)に違反した、
また中国、朝鮮、ソ連など領土問題と関わる日本周辺国の調印を除外した。。。
それによって、
『北方領土』はソ連のものになった、
沖縄、小笠原はアメリカのものになった、
日本全土の陸海空権を米軍の自由使用に提供し「交戦権」をアメリカに握られた、
尖閣諸島、竹島など領土問題に火種を残した、、、
・・・アメリカと昭和天皇の合作による日本の姿である。
こんな日本、まともな独立国とは言えません。恥ずかしい限りです、、、

・「サンフランシスコ条約」の売国的条項の撤廃、
・「日米安保条約」廃棄(「日米地位協定」消滅)、
これで政治・外交上でのアメリカからの独立が達成となる。
そして、
北朝鮮、ロシアなど「講和条約」不調印国との「平和条約」締結を行う。

「日米安保条約」賛成9割の本土日本人は深く反省しなければなりません。
日本国憲法制定時すでに本土と切り離された沖縄の人々の無念さを思考すべきです。


9. 2016年12月22日 17:47:25 : 5JJhl4sqEg : LVDzBwXTDD4[19]
日米地位協定が日本にとって明らかに不平等な取り決めになっていることが問題なのだろう。
一旦撤回して、世界の中での独立国日本を確定してから、アメリカと対等な立場で、新たな協定を結び替えることが必要だろう。
日本はアメリカに自分の国の防衛をおんぶに抱っこを要求している国とトランプからは見られているわけで、日本としてきっぱりとアメリカの核の傘は要らないし、そもそも日本は核廃絶を希求し、核を持たない国として原発を含め核廃絶を進めるべきであるとして、武器社会でない平和国家として世界平和の先頭を進む意思表示をするべきなのだ。
安倍晋三の様に、オスプレイの事故を見て見ぬふりをする下痢便のだらしない不届きな状態の国家には決してしてはならない。

10. 2016年12月22日 19:05:40 : EOdEAbQUdk : MnBFVFcmiFk[62]
日本の独立を現実のものにするには、まずはネトウヨ、ネトサポを殲滅することから始めましょう。

11. 2016年12月22日 19:43:09 : Di05RWwrPs : xmW0i3KIMx8[15]
普天間移設 政府、沖縄県知事の権限無力化を検討 移設阻止へ抵抗を想定
産経新聞 12/21(水) 8:28配信

 政府が、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設で沖縄県の翁長雄志知事による移設阻止に向けた権限を無力化する検討に入ったことが20日、分かった。翁長氏は辺野古移設をめぐる訴訟の判決確定後も抵抗を続け、設計変更承認など3つの知事権限で移設を阻止することを想定。政府の無力化は対抗策となり、攻防は第2ラウンドに移った。

 翁長氏は移設を阻止するため(1)設計変更(2)サンゴ移植(3)岩礁破砕−で権限行使を念頭に置く。政府が申請をしてきても、許可や承認を拒否することで移設工事を遅らせたり、阻止したりできると強調している。

 それを踏まえ、政府は対抗策の検討に着手した。

 3つの知事権限のうち設計変更について政府は申請をしないことで無力化する案が有力。辺野古移設と同時期に前知事の埋め立て承認を得て工事が進められている那覇空港の第2滑走路建設は公有水面埋立法に基づく設計変更申請が3月に1度、翁長氏の承認を得ているが、辺野古移設では設計変更なしで工事を進め、知事権限行使を封じる。

 埋め立て区域のサンゴを移植する際には知事の許可が必要になる。これについても政府は許可を得なくても当面の工事を進められる方策を検討している。

 岩礁破砕は埋め立てなど海底地形を改変する行為で知事の許可が必要。平成26年に前知事が出した許可は29年3月で期限を迎える。

 辺野古よりも埋め立て区域のサンゴが多いとされる第2滑走路建設では、辺野古に先立ち29年2月に岩礁破砕許可が期限を迎える。翁長氏が第2滑走路建設だけ許可を更新し、辺野古移設で更新しなければ公平性が問われる。知事権限の乱用と判断すれば、政府は損害賠償請求や代執行を視野に入れる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-00000509-san-pol


12. 2016年12月22日 19:44:30 : Di05RWwrPs : xmW0i3KIMx8[16]
普天間移設 政府、沖縄県知事の権限無力化を検討 移設阻止へ抵抗を想定
産経新聞 12/21(水) 8:28配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-00000509-san-pol

 政府が、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設で沖縄県の翁長雄志知事による移設阻止に向けた権限を無力化する検討に入ったことが20日、分かった。翁長氏は辺野古移設をめぐる訴訟の判決確定後も抵抗を続け、設計変更承認など3つの知事権限で移設を阻止することを想定。政府の無力化は対抗策となり、攻防は第2ラウンドに移った。

 翁長氏は移設を阻止するため(1)設計変更(2)サンゴ移植(3)岩礁破砕−で権限行使を念頭に置く。政府が申請をしてきても、許可や承認を拒否することで移設工事を遅らせたり、阻止したりできると強調している。

 それを踏まえ、政府は対抗策の検討に着手した。

 3つの知事権限のうち設計変更について政府は申請をしないことで無力化する案が有力。辺野古移設と同時期に前知事の埋め立て承認を得て工事が進められている那覇空港の第2滑走路建設は公有水面埋立法に基づく設計変更申請が3月に1度、翁長氏の承認を得ているが、辺野古移設では設計変更なしで工事を進め、知事権限行使を封じる。

 埋め立て区域のサンゴを移植する際には知事の許可が必要になる。これについても政府は許可を得なくても当面の工事を進められる方策を検討している。

 岩礁破砕は埋め立てなど海底地形を改変する行為で知事の許可が必要。平成26年に前知事が出した許可は29年3月で期限を迎える。

 辺野古よりも埋め立て区域のサンゴが多いとされる第2滑走路建設では、辺野古に先立ち29年2月に岩礁破砕許可が期限を迎える。翁長氏が第2滑走路建設だけ許可を更新し、辺野古移設で更新しなければ公平性が問われる。知事権限の乱用と判断すれば、政府は損害賠償請求や代執行を視野に入れる。


13. 真相の道[1797] kF6RioLMk7k 2016年12月22日 19:50:39 : T8iD3fD606 : kQK1OSr0eCg[712]
> 翁長知事は最高裁が政府の主張を認めたことについて、「法治国家ではない」等と述べ
  
  
自分の主張が最高裁判決で認められないから日本は法治国家ではないと喚くとは、翁長知事は何様のつもりなのでしょうか?

だいたい翁長知事は、最高裁で負けた場合最高裁判決に従うと冷静に約束していたのです。

下記。

『判決への対応について「最高裁までいって負けた場合は、判決に従う」と、法治国家の行政機関として、最高裁判決を受け入れる方針を示した。』
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/23925
  
  
ところがどうでしょう。

いざ最高裁で負けると、日本は法治国家ではないなどと最高裁を罵倒する。

これでは翁長知事はとてもまともな政治家とはいえません。
  
      
  
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/23925


14. 2016年12月22日 20:09:18 : FxPp2TUPAY : TBTEJNRXEBs[4]
珍葬の道さんは地方自治を根本から否定するキチガイですね
憲法・法律を知らない馬鹿です


[32初期非表示理由]:担当:言葉使い
15. めんたいこ[888] gt@C8YK9gqKCsQ 2016年12月22日 22:18:03 : wNKB9SZW7U : FjfBqof1PiM[1]

キチ害であるアベが送り込んだ再考裁の犬判事なんかの半ケツなど糞喰らえで

良いと思いまぁ〜すぜ。アメリカのキャイ〜ンの糞どもには負けないでクラハイ。

♂PLAYとかゆう欠陥飛行物体を飛ばして墜落させるのが趣味なヤツラですが

残り、24−2=22機墜落大破すれば沖縄から欠陥飛行物体は0になります。

翁長知事は沖縄の自然を破壊し続けるキチ害一味どもに負けないで下さいね。


16. 2016年12月22日 23:58:53 : kDVop4u7Ig : htN6NjVH0Kc[300]
日本はアメリカ様が勝ち取った戦利品「不沈空母」なの。道具のようなものです。独立国家じゃないよ。
強奪占領した土地を返してやるから、感謝しろう!守ってやるから新しい『基地』を作れ!だってさ!

国民の生活を脅かす存在が、国民の「安全・安心」を守っているだと、これも立派な『神話』と言えますね。

中東の次はアジア地域の紛争を手招きする。日本は「対中戦争」の前線部隊です。覚悟はできているのか?


17. 2016年12月23日 03:56:11 : aZNpMxO2Bw : 4Fvl5vLdMcE[11]
>>13

>真相の道君

日本国の最高法規は日本国憲法だ。最高裁判所の判決ではない。
日本が「法治国家」であるかどうかは、その日本国憲法に則って国が運営されているかどうかなのだ。もとろん、最高裁裁判所の判決がそれに則っているかどうかも含まれるだろう。(君の嫌いな日本国憲法かもしれないが、今はそうなのだ)

沖縄生まれの夫人を持つ沖縄在住の米人政治学者のダグラス・ラミス氏はかつて「憲法9条は沖縄には来ていない」と言い、日米安保と沖縄の米軍基地を否定しないままで、護憲を叫ぶ「左翼人」たちを批判していた。(ちなみにラミス氏は元米国軍人である)

それはたしかにその通りなのだ。沖縄県にだけ大規模な米軍基地を押し付けて、自分の町にはそんなものは来て欲しくないという「左派」の護憲運動は欺瞞だろうし、また、「国防」のために沖縄だけ、ああもたくさんの基地を押し付けて良しとする「右派」の言い分も等しく欺瞞であろう。ラミス氏に言わせれば、日米安保に反対しない一方で、自分の住む地域に米軍基地を呼ぼうとしない者は左右に関わらずニセモノなのだ。英語で言うNIMBY、 “Not In My Back Yard”というやつだ。

たしか孫崎享氏が言っていたと思うのだが、この国では事実上、日米安保条約が憲法より上位に位置している。

かつて砂川判決というものもあったが、この国の裁判所は憲法に背いても、日米安保に背くような判決は出せないのだ。

最高法規である憲法に則った判決が出せない国。それが法治国家であり、独立国であろうか?

米軍基地の存在によって日本国民である沖縄県民の生存権を含む基本的人権が脅かされているのにもかかわらず、政府がそれを守らないならば、翁長知事の怒りは当然であり、我々 “Not In My Back Yard”の欺瞞の中に住まんとする者たちにとってはその告発は耳が痛い。(もちろん、君のようなネトウヨばかりでなく、残念ながら、本土の「懦弱リベラル」の私にとってもそうなのだよ。w)

夜郎自大の自己満足などではなく、本物の「愛国心」があるのかどうか?彼の音葉は我々を試してもいるのだ。翁長氏の言葉を揶揄するのではなく、せめて、恥じる気持ちを持とうではないか。


18. 真相の道[1800] kF6RioLMk7k 2016年12月23日 09:43:17 : T8iD3fD606 : kQK1OSr0eCg[715]
>>17
>最高法規である憲法に則った判決が出せない国。それが法治国家であり、独立国であろうか?
         
       
「最高法規である憲法に則った判決が出せない」 とは誰が判断したのですか?

それはあなたや一部の人間による個人的な勝手な判断にすぎない。
   
       
翁長知事による埋め立て取り消し命令が憲法も含めた法に違反しているか、否かを最終的に判断するのは誰か?

最高法規である日本国憲法によれば、それはあなたでも総理でも衆院議長でもなく、最高裁判所。

日本で最終的に判断するのが最高裁判所なのです。

『憲法第八十一条  最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。 』
   
   
その最高裁判所が翁長知事の普天間基地についての行為が違法であると認定した。

かつ、普天間基地の辺野古への移設は違憲ではないと認定した。

(どちらも判決要旨による)


つまり、翁長知事が違法行為を働いたこと、辺野古への移設が憲法違反ではないことは、法治国家日本として最終決定されたのです。

これが事実であって、一部の人間が妄想で何を喚こうが何の権限も実効性もありません。
  
  


19. 2016年12月23日 09:53:23 : rTuWDSKUcE : xeWOlj7783M[25]
>>18
真相の道君。ピンポンではないのだから、なんでも言い返しておけば議論に勝ったことにはならないのだよ。それが君の仕事の「規則」ならば仕方がないが。
君の内部の理屈はどうであれ、現実がどうであるのか、心ある人、愛国心と知性を持ち合わせる人は知るだろう。

20. 2016年12月23日 10:18:33 : gyc7yXtbq2 : Hs4vrNfs41c[92]
>>18真相の道=詐欺師の道さん
また朝っぱらから詐欺講釈を垂れて、今度は誰を詐欺に嵌めるつもりですか。

普通犯罪と解っているものはやらないものです。
それを捕まらないから裁判をうまく逃げられるからやったもん勝ちと
大ぴらに公言する貴方の法治国家を逆手に取った詐欺師の口上でしょう。
翁長知事は不当と言える裁判で違法であるとされましたが、これは裁判の結果が出るまで分からないことだから裁判をしようと成っただけのこと。

現職の総理大臣が遺産相続税を4億円脱税しても、
総理お友達の現職の大臣が国会議事堂の大臣室で現金の賄賂を受け取っても、
安倍内閣の閣僚が揃って白紙の領収書をかき集め政治資金をごまかしても
は今更裁判に掛けなくても、判例は幾らでも有るから即懲役刑の犯罪なんですよ。
そんな事は裁判になんか掛けなくてもみんなそれは犯罪だと言うのは知っていますよ、ただ自分達の権力を使って不当に裁判を逃れているのだと言う事。

それをね>裁判で最終決定されていなければ、違法行為とは認められません。
等と言い切る貴方は詐欺師です。
何が妄想ですだ、貴方は私の指摘した阿部首相の遺産相続脱税の事を妄想と言い、
其れに対して私がそれの検索結果を示したら>裁判で最終決定されていなければ、違法行為とは認められません。等と居直る詐欺師ではありませんか。
詐欺師に偉そうに法治国家や憲法の詐欺講釈なんかされても迷惑なのですが。


21. 斜め中道[901] js6C35KGk7k 2016年12月23日 11:02:53 : u12DNOjV8I : DpNsSI7B2fY[191]
>>18
お前のバカな判断の類も
相当なもんだが、

お前、よほどの資産家かなんかか?
自分のことは棚に上げて・・・の棚がでかすぎじゃないかね??


22. 2016年12月23日 14:18:43 : t03jyZEWnE : GygcnzfoQHY[13]
翁長さん、今頃何を言っているの?

日本は植民地と言うよりも、もっと酷い被支配地域でしかないですよ。沖縄だけではなく日本全土です。

国民がその事を知って恥じることが必要なのです。

自民党のような、今や国の寄生虫に成り下がった政治団体に、政治を委ねた日本国民が馬鹿なのです。


23. 2016年12月23日 14:50:41 : gyc7yXtbq2 : Hs4vrNfs41c[93]
>>22さん
>翁長さん、今頃何を言っているの?
いやー、別に良いタイミングではないでしょうか?
唐突にそんな事を言うと>>18みたいな輩が沢山沸いてきて翁長知事へんな知事などとされてしまいますから。
日本政府とアメリカ軍の出鱈目さをどんどんあぶり出し、それでもって県民を目覚めさせ、ひいては日本国民まで目覚めさせようとしているのではないでしょうか?
>国民がその事を知って恥じることが必要なのです。
恥じ入る事なんて何も必要ありません、理解したらそれを変えるだけです。
沖縄には翁長知事が居て、山城議長が居て、それに続く大勢の県民が居ますよ。
みんなで変えていこう。

24. 悪は必ず亡びる[232] iKuCzZVLgriWU4LRguk 2016年12月24日 03:47:44 : 7AnMAEN9yI : 3stgVG1A1cI[7]
最高裁判所に、日本の国旗と共に掲げられているアメリカ国旗。
最高裁の判決は、アメリカにとって不都合なものが出るわけがありません。
そのアメリカ国旗が下ろされない限り、日本の司法は戦後70年以上ずっと
アメリカの植民地のままでいると思っていた方がいいでしょう。

そして、日本、特に沖縄に基地を配備することがアジアにおけるアメリカの戦略。
ペリーの黒船は、浦賀に来る前に沖縄に上陸して調査をしていた。
そのために、明治維新を資金援助して、その後第二次世界大戦を起こさせた。


25. 2016年12月24日 08:06:30 : ewUNDXeW9E : _kYA4_QcorQ[75]
晋三の道、日本の心の正反対の輩 嘘つき 恫喝 弱者虐め

怒りを通り越して哀れだ



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK217掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK217掲示板  
次へ