★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK217 > 936.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
汚れた油を排し清冽な水脈連合で新政権を樹立−(植草一秀氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/936.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 23 日 01:41:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

汚れた油を排し清冽な水脈連合で新政権を樹立−(植草一秀氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1spfbpl
22nd Dec 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


水と油の融合は可能なのだろうか。

清冽な水と汚れきったヘドロのような油。

渓流を流れてきた水と高山の地下深くに沁み渡り噴出する清冽な地下水は難もなく融合するだろう。

しかし、これと汚れた油の融合は難しい。

2009年に政権交代を実現させた原動力は

「清冽な地下水」

である。

この清らかさが人々の共感を誘い、見事な政権交代を実現させた。

しかし、新たに樹立された政権に巣食い、この新政権を内部から破壊したのは、

潜んでいた汚れた油の勢力だった。

汚れた油の勢力は、いまなお存在し続けている。

そして、この汚れた油の勢力が

清冽な渓流水と地下水の融合による

新しい政権の樹立を妨害している。

迂遠ではあっても、水と油を切り離し、

もう一度、清冽な地下水による政権樹立を目指すことが、

結局は近道になるのではないかと思う。

汚れた油勢力に、民衆の支持を広く集める求心力は働かないはずだからだ。


平野貞夫元参議院議員が自由党代表の小沢一郎衆院議員との最新の対談をも収録して

『野党協力の深層』(詩想社新書)

https://goo.gl/MunegU

を出版された。

帯には

「共産党の大転換、

自由党の再起動」

の文字が躍る。

これまで明かされなかった共産党との国会秘話とともに、

共産党大転換の過程を追い、野党協力、政権交代への道を探る書である。

2015年9月19日に、安倍政権は憲法破壊の戦争法を強行制定した。

子の暴挙を受けて、共産党は、戦争法廃止を軸に

国民連合政権樹立

を呼び掛けた。

これを契機に野党共闘への動きが活発化し、2016年7月参院選では、一定の成果も生まれている。

しかし、議会で過半数議席を占有しなければ政権交代を実現することはできない。

32ある1人区のなかの11選挙区で野党共闘が勝利を収めても、政権交代には至らない。

政治は自己満足では意味がない。


小沢一郎氏は野党4党の共闘を広く呼び掛けるが、

この運動を破壊しようとする勢力が懸命にアピールしていることが、

「国民や民進党の中にある「小沢一郎元民主党代表に対する心理的拒否反応」

「共産党に対する歴史的拒否反応」

であると平野氏は指摘する。

まさにその通りである。

しかし、このプロパガンダを懸命にまき散らしているのは、紛れもなく、

民進党内に巣食う「汚れた油」勢力

であると私は判断する。

政党区分で言えば、

民進、共産、自由、社民

が結合して、自公と真正面からぶつかれば、政権交代を再度実現できるように見えるが、

私はこの点を楽観視していない。

野党共闘の中核に

「汚れた油」勢力が巣食っている限りは、主権者国民の広範な支持、

積極的な投票行動を期待するのは困難ではないかと考えるのである。

清冽な渓流水と清冽な地下水勢力が合流して、

清冽な政治実現を国民に訴える。

これが政権交代をもう一度実現するための、

遠いように見えるが実は近い道

であると私は考える。


原発、

憲法、

TPP、

基地、

格差

という重大な問題が私たちの目の前に横たわっている。

安倍政権与党は総選挙で主権者全体の25%の得票しか得ていない。

しかし、議席の7割を占有して暴虐の限りを尽くしている。

主権者の過半数は

原発稼動に反対

戦争法に反対

TPPに反対

辺野古基地建設に反対

格差拡大に反対

である。

ところが、この主権者多数の声が現実政治に反映されていない。


安倍政権は国会議席の7割を占有していることをよいことに、

主権者多数が反対する政策を強引に推し進めている。

この歪んだ現実を変えるには、議会の議席構成を変える必要がある。

与党と野党が対立して、政策を軸に対峙するなら、野党勢力が結集して与党に立ち向かえばよい。

ところが、野党勢力の中に

「隠れ与党勢力」

が潜んでいると、話は単純ではない。

野党勢力が議会多数議席を獲得して、政権を樹立しても、主権者が求める政策が実行される保証がなくなる。

この野党勢力が与党の政策を実行すれば、主権者の支持は雲散霧消する。

菅直人政権と野田佳彦政権は、主権者に約束した

「天下り根絶なくして消費税増税なし」

の公約を踏みにじり、天下りを一切排除せずに消費税大増税に突き進んだ。

その結果、主権者の支持を完全に失い、2012年12月総選挙で惨敗。

安倍晋三氏に政権を献上した。


現在の野党体制で野党4党の選挙協力を実施すれば、仮に政権交代が実現しても同じことが起こる。

またしても主権者の信頼を裏切ることになれば、二度と政権交代は実現しなくなるだろう。

平野氏の著書

「野党協力の深層」

で小沢一郎氏は次のように述べる。

「僕は政策論的に、哲学的に。もう一歩共産党は変わらないとダメだと考えています。

中途半端には変わったけど、たとえば安保論などは凍結と言ってますが、

現時点ではそこまでよく言ったということでいいのだけれど、ずうっとそのままというわけにはいかない。

どうするんだということです。

だからもう一歩。大きな転換を共産党がしていけば、僕はほんとに国民の支持層も広がると思うよ。」


小沢一郎氏の発言は正論である。

しかし、こうして、

「共産党は。もう一歩変わらないとダメだ」

と発言することが、本当の意味の野党共闘を妨げることになるのではないかと危惧する。

むしろ、変わらないとダメなのは、

いまの民進党ではないか。

民進党が、えせ自民の政策を捨てて、本当の意味の主権者政党に脱皮する。

そうすれば、共産、自由、社民との合流は格段に容易になる。

こうして国民政党を構築して、安倍自公与党に正面から対峙する。

こうすることが、主権者の意思に沿う政権樹立への近道ではないのか。


主権者にとって大事なのは政策であって政党ではない。

どの政党が政権を樹立しようと、基本的には関係ない。

大事なのは、どのような政策が実行されるかなのだ。

現状の共産党で、連立を組むことは十分に可能である。

隠れ与党勢力=汚れた油勢力が居座る民進党を横に置いて、

政策で一致できる

共産、自由、社民、民進の一部

が合流して、ひとつのまとまりを作ることが主権者の要請に応える道であると思う。

政策を機軸に、同じ価値観を有する勢力がひとつの勢力として結集する。

こうなれば、主権者は積極的にこの勢力の政権獲得を支援することになるだろう。

本当の意味での

「野党協力」

を実現させて、日本政治を安倍政権から主権者が取り戻さなければならない。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年12月23日 09:15:08 : 10h3BhpPc2 : DkZmCHWka3Y[5]

公約を反故にした菅と野田が何故当選するのか不思議でならない
ムサシ不正開票を確信する所以である

菅の選挙区武蔵野三鷹地区はリベラル思考が非常に強い選挙区であるにも拘らず
野田の過去最高得票当選もしかりです船橋市民はそれほど愚民なのでしょうか?
彼らの当選は論功褒賞以外考えられない


2. 小沢一郎の影武者[93] j6yR8ojqmFmCzIlllZCO0g 2016年12月23日 11:38:14 : cXS9jjEC0k : qphTslJTgpo[219]

 > 小沢一郎氏が「共産党は。もう一歩変わらないとダメだ」と発言することが、
  本当の意味の野党共闘を妨げることになるのではないかと危惧する。

     ↑

   心配ご無用です。

  小沢さんは、胡錦濤氏(元国家主席)にもアドバイスした映画「山猫」での
  セリフ『変わらずに生き残るためには、自ら変わらなければならない。』が
  持論です。
  これを言っているだけと思います。

  この含蓄のある言葉を、頭の良い志位委員長なら理解できていると思います。
  ただ、党内事情があるので、少々時間を要しているだけです。



3. 一主婦[2110] iOqO5ZV3 2016年12月24日 02:30:23 : 1Kw9HRFHJI : 8nTxYn3v8SQ[21]
植草氏の論旨に賛同致します。
変わらなければいけないのは、共産党さんよりも民進党であると言う事にも大賛同いたします。

共産党さんの政治姿勢と政策の向きは99%の国民の方を向いていますが、民進党の政治の向きは自民党と変わらない1%の向きでの政治です。自民党の現在進行中の政策のほとんどの方向転換を決めたのも、菅直人政権と野田政権です。民進党の現在の政治姿勢や政策もそのとうじのままなにもかわっていません。野党になってそれらに抵抗する振りをしていますが、実際は自民党案に少しだけ手を入れて容認するという、姑息なずるい手で有権者を誤魔化しているだけの自民党二軍のヌエ政党です。

ですから、野党共闘するならこの部分の不具合を修正なり、それに賛同し進めようとしている民進党議員を隔離なりしなければ、本物の政権交代にはなり得ないと思います。政権交代だけが目的化していては、この国の救国のための本物の政権交代にはならず、結局はアメリカの望む形の政権交代の罠に落ちる形になってしまうと思います。

政権を獲ったらどうにかなると言う甘えた考えは危険すぎます。政権を獲って変われるならば、投票を得るために今変わるのが本筋です。イヤイヤ投票の強要では投票率も上がりません。政権交代からも遠のく結果になります。変わるなら選挙の前が有効のはずです。民進党は頑なに変わろうとしていないということは、やはり、アメリカからの自民党から第二自民党の形の政権交代の形の強力なミッションを受けているからに違いありません。それに乗る形での政権交代を小沢氏が進めている様に思えて、気にかかっています。

この、切羽詰まる事態の現況だからこそ、ここはしっかりと政策中心の野党連携にすべき時だと思います。7年間も政策軽視の形での野党連携を、鼻をつまむ形でイヤイヤ投票を進めてきた結果は、もう散々出てきています。イヤイヤする投票の形では、ごく一部の有権者にしか賛同を得られません。自然に有権者が賛同できる政策中心の野党連携にする事が今こそ必要だとおもいます。そういう形でなければ投票率も上がらず、今までの7年間の自民党逃げ切り勝ちの結果になってしまいます。

その点でも、植草氏の指摘は的を射た指摘であると思います。
変わらなければならないのは民進党です。
変える必要があるのは、反自民の有権者が鼻を摘んでしか投票できない様な民進党の自民党化した政治姿勢だと思います。民進党は、はっきり言って反自民の有権者が欲している政党ではありません。自民党二軍の野党第一党ほど厄介なものはありません。そんな民進党をそのまま変えずに野党共闘をする程厄介で矛盾した野党共闘はないとおもいます。

ですから、植草氏のおっしゃる様に、変わるべきは共産党さんではなく、民進党の方です。
変われない民進党ならば、野党連携に入れないで、それに代わる市民からの候補者集団を形成して、事項政権と闘う方が、反自民の有権者の多くの賛同と、棄権している層と無党派層の支持が得られると思います。その方が投票率も上がると思います。小沢支持者の私でも、その辺りの小沢氏の民進党に対する、もう一押しの努力を物足りなく感じます。

共産党さんは99%の国民の方をしっかりと向いてくださっています。民進党は、はっきり言って1%の方を向く政党です。連合や電力会社、官僚、アメリカ傀儡をやめない限り自民党と一緒の既得権益側の政党です。混ぜるならその辺りを議員一人ひとりを問い糺し、試金石として民進党議員を選別してからの方が良いと思います。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK217掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK217掲示板  
次へ