★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK218 > 235.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
飛び立つ日の特攻隊員の姿。—―ほとんどは、茫然自失だった。「それを私たち整備兵が抱えて乗せたんです」
http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/235.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 26 日 17:20:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

飛び立つ日の特攻隊員の姿。—―ほとんどは、茫然自失だった。「それを私たち整備兵が抱えて乗せたんです」
http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/890cbe6b4788e63135b5406088f38761
2016年12月26日 のんきに介護



転載元:ばる‏@baru1119 さんのツイート〔20:18 - 2016年8月15日









 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 大和狼[615] keWYYZhU 2016年12月26日 17:28:13 : tmUdaCHHuA : blgR0k5DmEo[38]
ウソだよ。

朝鮮ウソ。中国ウソ。この世は嘘つきだらけ。


2. 2016年12月26日 17:33:45 : vY22dawR9a : 9eZ2qHXUOBM[2]
>1

ウソの根拠を示しなさい。


3. 2016年12月26日 17:35:37 : XnUBdgMjPE : _C7xfo5qwXM[2]

”駆けつけ〜”任務を背負ったPKO11次隊員、
さすが抱え上げられて出発便に乗せられた隊員は

報道されなかったようだが、
”今度だけは攻撃されることは決してない!”

”政府軍とは話を付けているから”などと誤魔化
されて志願し、遺書を遺した隊員には毎日地獄が

続いているのだろうと察して余りあるのが現実だ。


4. 2016年12月26日 17:50:40 : zU3bOA6eeQ : D1Ln9H3teEc[303]
>>2さん

 コメント1の人は「大日本国憲法」と「教育勅語」の支配した「戦前の大日本帝国」再来を夢想している人ですから、いかに「理性的」な主張であとうとも理解できません。ただそれだけの人です。


5. 2016年12月26日 18:00:52 : 2ba1UeOS2E : 62OIab_eEe0[202]
うそか本当か

私が特攻隊員なら「泣きわめく」
家族が社会的に人質の立場でなければ「逃げる」

常識的な感覚だと思っている
それが判断基準だ


6. 2016年12月26日 18:23:18 : Ft5PhGZaus : YhAl4Sseg5I[95]
 大和狼って奈良県で最後に捕らえられて「絶滅した狼」じゃないのかえ〜〜。
 コミック気取って「大和狼」なんて言ったって、「特攻隊員の現実」を見てきた人にはかなわない。
 朝鮮や、中国や、シベリアの狼が生き残っているのに比べれば、日本の「大和狼」の弱さよ。
 サカリのついたエロ婆アに「手間あげてやるから」と言って騙くらかされて、ここは地の果てスーダンくんだりに赴いた、青森の田舎のにいちゃんが可哀想だ。
 「大和狼」と粋がるならば志願して行ってこい。そげきへいの銃弾にじゅうじゅう注意してな。

7. 2016年12月26日 18:25:41 : EvFito0QTA : Cd2ihVjEDvk[40]
と、思う人が多いのだろうが、実際のところどうだろうね?
福島の原発が爆発しても逃げだせない人も多かったことだし。
自分が関係無い第三者だと思えばこそ、泣きわめくだの、逃げるだの気楽に言うけど、
実際に徴兵されたらそんなことできないんじゃないの?
ほとんどの人はただ、周りが従うから自分も、上官が安全だと言うから自分も、と自分に言い聞かせて粛々と従うだけになるはず。

8. 2016年12月26日 18:49:28 : 3OISWQaMO6 : z5YKhLQY25s[47]
ウソだらけはアベだろうよ。
アベには間もなく裁きが下る。
これは脅しでもなんでもない。不正を働く悪は必ず裁かれるのである。

9. 2016年12月26日 18:53:10 : 9bZBOB6PPz : 8OpwX_QIBFo[10]

英霊、軍神、靖国に彩られてこういう話は出てこなかったな。

あまり聞かなかった気がする。

ご遺族が一番知りたかった情報だろうに。


10. 2016年12月26日 18:53:47 : Uth8eW5rTM : nMv1Hu096QY[21]
>>1.大和狼[615] keWYYZhU 2016年12月26日 17:28:13 : tmUdaCHHuA : blgR0k5DmEo[38]
> ウソだよ。
> 朝鮮ウソ。中国ウソ。この世は嘘つきだらけ。

その通り。
朝鮮人のウソ。中国人のウソ。在日外国人は嘘吐きだらけ。

下の動画[1]は米軍の実写フイルムであるが、茫然自失のパイロットがあのような攻撃が出来るわけが無い。動画[2]では米軍が特攻機のパイロットは大学卒のエリ−トだった、と云っている。

ウイキペディア「特別攻撃隊」[3]には、米軍の損害が書かれている。
撃沈艦 53隻 損傷艦 359隻
戦死者 11,392名
有効率 フイリッピン戦 174機/650機=26.8%、沖縄戦 279機/1,900機=14.7%

茫然自失のパイロットがこれだけの戦果をあげたとすれば、当に神風である。
つまり、朝鮮人のウソ。中国人のウソ。在日外国人は嘘つきだらけ。

[1] 神風特別攻撃隊の実写映像【第二次大戦】
https://www.youtube.com/watch?v=vOJ274wBTZc
米軍の実写フイルム

[2] 神風特攻隊4 実写映像
https://www.youtube.com/watch?v=zJSm42XtFLI
特攻機のパイロットは大学卒のエリ−トだった。

[3] 特別攻撃隊
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%88%A5%E6%94%BB%E6%92%83%E9%9A%8A#.E6.88.A6.E6.9E.9C
「特攻で損害を受けた艦船の一覧」を参照
撃沈艦 53隻 損傷艦 359隻
連合軍の人的損失
特攻が開始された1944年10月以降の、アメリカ海軍兵士の直接の戦闘による戦死者だけでも下記の通りとなる。
戦死者 11,392名
有効率 フイリッピン戦 174機/650機=26.8%、沖縄戦 279機/1,900機=14.7%


11. 2016年12月26日 19:00:02 : 3OISWQaMO6 : z5YKhLQY25s[48]
ウソしか書かない壺売り産業廃棄物邪教新聞の馬鹿か。
お前のような嘘つきアベの取り巻きどもにも裁きが下る。
覚悟しておけ。

12. 2016年12月26日 19:37:03 : esgxpyT56s : NKidjB5HqiY[6]
辺野古トンデモ判決の裏に裁判所の露骨人事
リベラルな裁判官を異動させ 行政べったりの裁判官を抜擢

http://news.livedoor.com/article/detail/12033466/
 
卑劣過ぎますな。
 


13. 2016年12月26日 19:53:49 : svbaxheZ5w : HvFWciug80Y[51]
>>10さんが紹介してくれたウイキペディア「特別攻撃隊」
の中の「特攻隊員の待遇」
所には下記の記述が有る、冒頭の記事が嘘とは言い切れないのでは。

特攻隊の軍律の乱れが蔓延していたとの指摘もある。特攻第一号となった関大尉ら敷島隊以来、特攻隊員の取材を続けてきた従軍記者の小野田記者によれば[注 35]、大戦末期の九州の特攻基地の雰囲気は、関大尉らの当初の様な純粋さは無くなり、参謀らは戦意高揚の為の芝居っ気ばかりが先行していたと指摘している。また、一部の特攻隊員は白昼から酒に酔い抜刀して暴れるものもいたが、憲兵は参謀らより、特攻隊員は明日なき命なのだから好きなことをさせよとの指示を受けており、見て見ぬふりをしていた状況を目撃している。また第256飛行隊の清水正邦一飛曹によれば、海軍串良基地の特攻隊員については、軍律が乱れ、無断外出が大っぴらに行われており、番兵も咎めなかったが、明日をも知れない命だから、どうしても足が自然と外に向いてしまったと回想している。また、服装は乱れ、好きな時に起き好きな時に食事をするなど、自由気ままに生活していたと言う。厳正だった出撃の際にも軍律の乱れが及び、中には真偽不明ではあるが無線で「海軍のバカヤロー」叫びながら出撃した隊員や、出撃後に司令官室に向けて突入するふりをした隊員もいたという。[372]

陸軍でも状況は同じで、大刀洗陸軍飛行場に隣接した料亭経の娘は、黙々と酒を飲む組と、軍指導部を批判して荒れる組の二種類に分かれ、憲兵ですら手が出せず、朝まで酒を飲んで出撃していったと証言している[373]。そんな中で特攻隊員の精神的な動揺も広がっており、1945年5月に陸軍航空本部が六航軍の特攻隊員へ面接やアンケート調査を行ったところ、1/3の隊員が特攻に対して決心が固まっておらず、精神に動揺をきたしていると判定されている。[374]


14. 2016年12月26日 20:10:10 : zU3bOA6eeQ : D1Ln9H3teEc[304]
>>10

 この記事本文は新聞のコラムの一部のようだが、この記事からどのような思考の後に「朝鮮うそ・中国うそ・この世は嘘つきだらけ」という批評のコメントが出てくるのか?全く理解に苦しむ。本当に読んでいるのならば、記事内容に対して具体的に「嘘」であることを論証しなければ意味はない。それこそ貴殿のコメントこそが「嘘コメント」と判断されても当然である。また、当然のこととして「朝鮮・中国うそ・・・」という断定に対しても「証拠」の提示が必要である。


15. 2016年12月26日 20:34:41 : tlWnVFEXyg : YdpJ@QYwqXE[296]
そういう奴も居ればそうじゃなかった奴もいるだろうよ。

何でゼロイチのデジタル判定なんだよ。


16. 2016年12月26日 20:41:33 : q0Lz7Emlg2 : _Rla5CKWmV4[63]
その特攻機が沈んでいる沖縄を海を埋め立ててアメリカの基地を作る

日本人なら怒れ!見て見ぬふりするな!日本人のわずかな誇りを捨てるな


17. 2016年12月26日 20:57:05 : EIHH4CSarE : ZNs6WKx@BdQ[412]
そんな中で特攻隊員の精神的な動揺も広がっており、1945年5月に陸軍航空本部が六航軍の特攻隊員へ面接やアンケート調査を行ったところ、1/3の隊員が特攻に対して決心が固まっておらず、精神に動揺をきたしていると判定されている。[374]

この精神的な動揺こそが、メンタル不調に陥った労働者と同様、この特攻隊員にしても、医師による診断を受けて頂く必要なあるものと見受けられ、精神科医による診断や見立てに従い、休養を取るなどの措置を講じる必要があるものの、これをごまかそうとする魂胆そのものが、戦前の日本に対する本質的な見立てそのものであることは、これが「お国のため、天皇陛下のため」などと言っておきながら、昭和天皇も知らないところで、満州事変を引き起こしたこと自体が、そもそものきっかけとなり、これをごまかそうとする魂胆そのものが、結局最後には昭和天皇自らの苦渋の決断により、一億総懺悔により滅ぼすことになった「大日本間抜け帝国に他ならない」という動かぬ証拠そのものであることは、これにまんまと騙されてしまった当時の大日本帝国臣民もまた、自ら招き入れてしまったことこそが、私たち日本人にとっての本質的な見立てそのものであることは、「脱ニッポン型思考のすすめ」ではありませんが、故小室直樹博士からすれば、これこそが私たち日本人にとっての極めて重大な構造的欠陥そのものが、根本的な原因であり、これをごまかそうとしたところで、構造的アノミー現象と呼ばれる空洞化を引き起こし、これが一億総懺悔により滅び去った大日本間抜け帝国そのものであることは、この構造的欠陥そのものこそが、私たち日本人が自ら解決すべき課題でもあることは、厚生労働省にしてみれば、お見通しのことであろうことは、中国外務省では座りませんが、「安倍総理は嘘つきだ」ということが、この自民党そのものに対する本質的な見立てそのものであり、この自民党にまんまと騙されてしまった私たち日本人もまた、自らがこのような誤解を招き入れてしまったことは、ドイツにしてみれば、ヒトラー総統にまんまと騙されてしまった当時のドイツ国民の皆様と本質的には大いに共通するものであることは、アメリカに限ることなく、国際社会全体からしても、お見通しのことであることは、誰が見ても明らかなことなのでは?


18. 2016年12月26日 22:33:05 : 1dG3fA3jzU : 9ov4Y6VO2RQ[8]
ネトウヨはもちろんお国のために命を差し出す覚悟があるのだろうから、ネトウヨにやってもらえばわかることだ。現在、第2次大戦にも劣らない危機を日本にもたらしているのは福一だ。燃料回収に、祖国の保持に、人柱になってもらえばいい。安倍ちゃんもネトウヨから志願者を募るべきだろう。

19. 2016年12月27日 00:57:19 : D5ib13GltA : vaXB7s8PpiA[59]
飛び立つ日の特攻隊員の姿。—―ほとんどは、茫然自失だった。

多くのかつての日本の若者たちの無念の死を無駄にしてはいけない。空襲、原爆で殺されていった多くの人々の死を無駄にしてはいけない。これが日本が戦争放棄し、9条を死守する原点。日本からアメ公を追い出していく原点であるべきはず。


20. 2016年12月27日 01:38:12 : JFoXqmGuEo : J0DEZgv5rIw[34]
つれえよな
でも、お国のためだ
お国は家族のいる場所だ
オレがやらねばの心境だったと
これまでも、これからもおもうのだが
よくもまあ、こんな悪魔のような作戦を考えたものだ
原爆も悪魔の仕業、イシイ部隊は悪魔の化身でナチの匂いがする
恐怖を拠り所に悪魔に変身させる術を日本は何処で誰から学んだろうか
日本史を繙いても体系的な答えは見えてはこない
明治からこっちは、悪魔に魅せられた輩が跋扈し始めたのだろう
精算の時期をを迎えなくては、日本は日本でなくなってしまいそうだ

21. 2016年12月27日 01:49:20 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[1310]
   今でこそ自爆などと聞いても驚かなくなったが、当時の特攻、玉砕、などは、今で言う自爆行為そのものであったろう。
  当時は戦争と言えば国家間戦争しか無く、列島内で県を境に敵国と定め、国盗りなどと言って国内で戦争をしていた日本が、次第に外に目を向け始め、海外列強を真似して弱小国を植民地化したくなったのだが、国家間の戦争は、宣戦布告、攻撃予告が事前にあるべき、というルールになっているところ、真珠湾攻撃や、特攻、玉砕等の奇襲戦法は、今で言えばテロ行為に等しかったのではないか。
  本来は外交努力で回避すべき戦争も、止む無き場合でも一応のルールの下で、撤収、撤退、休戦宣言、停戦宣言、敗戦宣言なども含めて行われる形になっていたところ、人間魚雷や特攻攻撃、果ては夜間の強襲、玉砕戦法などは、敵国にすれば、戦争ルールを放棄したとんでもないルール違反ということになり、戦争に正義の有無は別としても、結局日本は大変な逆襲に遭ったのである。
   動機は別として、中東などの自爆テロに仕立て上げられる者は若者や子供のようだが、日本も、当時の特攻や玉砕を強いられる兵隊は、今で言えば大学生のようなものであり、報道では美化されるも、実態は、現在自爆のために爆弾を付けられた子供が恐怖に震えていたとしても聖戦のためとして美化されるのと同様ではないか。何より、特攻に関するこのような証言が出ていることで明らかである。
   いずれにしても、年老いた頑迷な好戦型の人間がトップの地位に付き若者の命を粗末にすれば、必ず自爆を強いる流れとなるのは、老いた好戦派には権威とプライドが全てであり、大人しい若者を煽動して命を捨てさせることが最も安易なマネージメントだからである。
   日本会議などが率先して改憲を企図し、いずれ傭兵ビジネスも官民で立ち上げるのだろうが、今度の真珠湾弔問で安倍首相が表向き何を言うかは不明だが、真珠湾攻撃以前に、最終的に、自国の若者に仰天の自爆を強いたことが、大政翼賛会という日本のエリート集団による無謀な戦争の本質であろう。
   自国の若者に自爆を強いた、この事について、統治エリートの末裔として、何ら反省も反芻も無く、次なる武力行使のため、日本会議等を使って道筋を作っているのが、大政翼賛会改めたような政財官護送船団有力メンバーの、安倍内閣の裏の顔である事は確かだろう。

22. 2016年12月27日 02:12:14 : ZJKnGLd1eM : ffz_91rQLQo[2]
>>10
恐怖心を打ち消すために覚醒剤打ちまくってただけです
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3

第二次世界大戦当時には連合国軍と枢軸国軍の双方で、航空機や潜水艦の搭乗員を中心に、士気向上や疲労回復の目的で用いられた。21世紀初頭の近年、世界各国において、その蔓延の急速な進行が確認されており、一例としてアメリカ合衆国では「最も危険なドラッグ」として、語られるものとなっている。

大戦時のエースパイロット坂井三郎ですら当たり前に使ってます
ttp://ameblo.jp/zipang-analyzing/entry-11412424461.html
突撃錠、猫目錠―覚せい剤の軍事使用
ttp://33765910.at.webry.info/201104/article_10.html

戦時中、覚醒剤は合法だったので疲労回復薬として使用されていました
こんなものを使い続ければ当然人間は壊れますが、日本軍の場合壊れる前に戦死したので問題になりませんでした
覚せい剤の弊害は戦後、軍で使用されなくなった大量の不良在庫が民間に出回る形で現れました
別に第二次世界大戦に限らずベトナム戦争時のスピードなどいくらでも使用実績あります

異常行動をとる人間には異常行動をとる原因があります
国のためになんて自ら進んで命を本気で絶てるのだとしたらその人は間違いなくサイコパスのキチガイです
長州テロリストのプロパガンダを鵜呑みにする前に少しは自分の頭を使って考えることをお勧めします


23. 2016年12月27日 02:20:40 : ZJKnGLd1eM : ffz_91rQLQo[3]
>>21
>真珠湾攻撃や、特攻、玉砕等の奇襲戦法は、今で言えばテロ行為に等しかったのではないか。

「薬物与えられ戦闘に」 拘束されたISISメンバーが証言
ttp://www.cnn.co.jp/world/35055831.html

今も昔も過激な国家主義唱えて戦争する奴は麻薬と切っても切れません
時代を超えてもやり方が同じなのはアヘン戦争や明治維新の頃からスポンサーが同じなんでしょうな


24. 大和狼[617] keWYYZhU 2016年12月27日 05:18:16 : NQvqxYwWu2 : bz@R9FFXf@k[9]
ゼロ戦特攻隊による米軍艦船に対する体当り自爆攻撃があったことは厳然たる歴史の事実、史実だ。

アラブはこれを絶賛し、現在の自爆テロに繋がっている。アラーの為にアラブを救う為に神に捧げる聖戦と信じて自爆するのだから、いやいや泣きわめいて失禁し自爆など出来る訳がない。

攻撃される側としてはとんでもない理不尽な無差別攻撃である事も事実だ。

そういう現実が起こらないような世界にするべきだった筈、あるいはその必要がった筈がアラブ、欧州で多発しているのが今の世界の現実だ。

軍事、武力の圧倒的な侵略者、支配者に反撃武力攻撃する弱者の手段だと言うことに21世紀の世界の悲劇を痛感している。

敵対するものは国家、民族、親兄弟子供や故郷を守るための戦いを、平和的手段が徒労に帰チした時には無抵抗で殺されか死ぬ事を覚悟の上で戦うしかない。否定出来ない真実だろう。

ナチスの一方的な侵略に対しスターリングラード、レニングラード、モスクワ祖国防衛戦争を戦い数百数千万人の犠牲を払った。ポーランドに至っては
スターリンに拉致殺害され(カチン)ソ連の反攻時に騙されワルシャワで蜂起したがソビエトはわざとワルシャワに入らずナチスにワルシャワ市民をホロコーストさせた後でワルシャワに入った。

先の戦争は日本については祖国防衛戦争だったことすら日本人は
忘れるか知らされていないかだ。

日本の将兵は自分の親兄弟と日本国とそのアイデンティテイを守る為に戦ったことをその子孫である今の日本国民は忘れてはならない。

戦争はバカげている。戦争は憎いという感情は当然だろう。

その感情を日本人の為に戦ったあなた方の父祖を誹謗中傷することに振り向ける事は愚かな行為だということだ。

泣きわめいて失禁し無理矢理乗せるなど今のネトウヨならいざ知らず
祖国を守る信念と訓練を積んだパイロットにはあり得ないことだ。

特攻隊は戦争行為としての戦術行為でテロとは異なる。

今の日本人でも会社や役所の掟に反抗せず従順に従っているだろう。

まして軍隊で反戦行為が出来る筈もない。バカバカしさをも飲み込み出撃して行っただろう。
私の叔父も松山航空隊に所属し特攻した。詳細は省く。

安倍は戦前の日本の精神を騙る嘘つき朝鮮人だから許せない成り済まし贋保守だ。
慰安婦、南京を捏造する韓国、中国も許せない。
この証言は同じ臭いがづる。

以下は手近に出て来た検索内容。評価抜き。
泣いているところを撮影したりしませんよ。しかし実際には泣いていたものもいたでしょうが、恐らくほぼ全員が泣いていなかったでしょうね。泣きたい様な気持ちになっていたか??恐らく多くのものがその気持だったと思います。

戦記本に「出撃前、特攻隊員は仏様のような綺麗な顔でした。 目が澄み切って頬が輝いておりました」などと言う記述がよく出てきます。それはそれで本当でしょうが、特攻隊員がそういう心境に達するまでの心の葛藤はものすごく残酷なものだったと思います。こういう綺麗ごとを書いて特攻を美化するのは許されません。

昭和20年3月、松山基地の第四御盾隊(「銀河」部隊)は特攻を命令されてから数日間待機。毎晩兵舎で深夜まで無茶苦茶に酒を飲んで大暴れ。巡検すらオフリミット。心の底から納得しておればそんな事をして心をまぎらわせる様な事をするわけがない。

慶応大学出身の島澄夫海軍少尉は特攻隊に指名され、遺書に「日本男子の本懐」「これ以上の幸福者はなき事と信じます」「神州は不滅なり」と書きました。

島少尉の発進直前に同期の辻井弘少尉が翼の上に駆け上って激励したら、島少尉は操縦桿を握ったまま首をうなだれ、「いや、もうあかん」と言って涙をこぼしたそうです。しかしこの島少尉も「ニッコリ笑って」指揮所に敬礼し、出撃していきました。

子息を特攻戦死で失ったある遺族は、海軍から遺書を受け取った。上官の検閲を受けた「正式」のものです。戦後になって、子息が出撃直前に秘密で親友に出した私信を見せられ、内容が余りにも違うので愕然としたそうです。どちらが本心なんだ、と。

千葉県茂原の海軍航空隊で、ある晩のこと予備学生出身の搭乗員が泥酔して各部屋をまわって壁や柱を軍刀で切りまくる、「俺たち予備学出身ばかり特攻に出しやがって海兵出身は卑怯だぞ!!」、と大暴れ。一緒に付いていた同期の少尉が「すまん。今夜だけ大目に見てやってくれ。明日は出撃なんだ!」と謝ってまわる。そしてその搭乗員も翌朝は吹っ切れた、実にいい顔をして出撃して行ったそうです。

ある海軍航空隊整備下士官の手記:「特攻を命令された予科練出身の若い搭乗員たちが零戦のそばに座って待機している。そばを通るとパッと顔をそむけてしまう。よく見ると閉ざした目から涙がすーっと流れている。可哀想だった」、と。

それでも出撃命令が下ると、みんな「ニッコリ笑って」「悟り切った様な顔で」指揮所に向かって敬礼して離陸していきました。そして敵艦に向かい、「天皇陛下バンザイ!」「大日本帝国バンザイ!」「お母さーん!」、あるいは何も言わずに歯を食いしばって突入していったのでしょうね。

特攻などで戦争に勝てるわけがない事を知りながら、特攻命令を受けて「今のオレに出来ることはこれしかない」と自分に言い聞かせ、故郷、親兄弟姉妹、妻、恋人たちへの想いを断ち切って体当たり攻撃に出撃していった16歳からの若者たちの心を思うと涙が出てきます。よくもあんなに残酷な事をさせたものです。

そして「お前たちだけを行かせはしない。本官も最後の一機で必ずあとを追う」と言って次々と特攻隊を出撃させた司令官、飛行長たちは「最後の一機で」どころか敗戦後も生き残り、平和で豊かな日本の生活を楽しみました。卑怯者ばかりです。陸軍特攻の大御所である第六航空軍の菅原道大中将は95歳で極楽往生。18歳になったばかりで特攻戦死した朝鮮出身の少年飛行兵はあの世でどう思っているでしょうね。

もしまだでしたら、零戦乗りの超ベテラン角田和男元海軍中尉が書いた「修羅の翼」をおすすめします。特攻出撃前夜の搭乗員たちの様子が実にリアルに描かれています。

↓燃えながら米艦に突入する特攻機。この中には我々と同じ血と肉を持った若者が乗っていたのです。

泣いているところを撮影したりしませんよ。しかし実際には泣いていたものもいたでしょうが、恐らくほぼ全員が泣いていなか...

ゼロ戦特攻隊による米軍艦船に対する体当り自爆攻撃があったことは厳然たる歴史の事実、史実だ。
アラブはこれを絶賛し、現在の自爆テロに繋がっている。アラーの為にアラブを救う為に神に捧げる聖戦と信じて自爆するのだから、いやいや泣きわめいて失禁し自爆など出来る訳がない。

攻撃される側としてはとんでもない理不尽な無差別攻撃である事も事実だ。

そういう現実が起こらないような世界にするべきだった筈、あるいはその必要がった筈がアラブ、欧州で多発しているのが今の世界の現実だ。

軍事、武力の圧倒的な侵略者、支配者に反撃武力攻撃する弱者の手段だと言うことに21世紀の世界の悲劇を痛感している。

敵対するものは国家、民族、親兄弟子供や故郷を守るための戦いを、平和的手段が徒労に帰チした時には無抵抗で殺されか死ぬ事を覚悟の上で戦うしかない。否定出来ない真実だろう。
ナチスの一方的な侵略に対しスターリングラード、レニングラード、モスクワ祖国防衛戦争を戦い数百数千万人の犠牲を払った。ポーランドに至っては
スターリンに拉致殺害され(カチン)ソ連の反攻時に騙されワルシャワで蜂起したがソビエトはわざとワルシャワに入らずナチスにワルシャワ市民をホロコーストさせた後でワルシャワに入った。

先の戦争は日本については祖国防衛戦争だったことすら日本人は
忘れるか知らされていないかだ。

日本の将兵は自分の親兄弟と日本国とそのアイデンティテイを守る為に戦ったことをその子孫である今の日本国民は忘れてはならない。

戦争はバカげている。戦争は憎いという感情は当然だろう。
その感情を日本人の為に戦ったあなた方の父祖を誹謗中傷することに振り向ける事は愚かな行為だということだ。
泣きわめいて失禁し無理矢理乗せるなど今のネトウヨならいざ知らず
祖国を守る信念と訓練を積んだパイロットにはあり得ないことだ。
特攻隊は戦争行為としての戦術行為でテロとは異なる。

今の日本人でも会社や役所の掟に反抗せず従順に従っているだろう。
まして軍隊で反戦行為が出来る筈もない。バカバカしさをも飲み込み出撃して行っただろう。私の叔父も松山航空隊に所属し特攻した。詳細は省く。


泣いているところを撮影したりしませんよ。しかし実際には泣いていたものもいたでしょうが、恐らくほぼ全員が泣いていなかったでしょうね。泣きたい様な気持ちになっていたか??恐らく多くのものがその気持だったと思います。

戦記本に「出撃前、特攻隊員は仏様のような綺麗な顔でした。 目が澄み切って頬が輝いておりました」などと言う記述がよく出てきます。それはそれで本当でしょうが、特攻隊員がそういう心境に達するまでの心の葛藤はものすごく残酷なものだったと思います。こういう綺麗ごとを書いて特攻を美化するのは許されません。

昭和20年3月、松山基地の第四御盾隊(「銀河」部隊)は特攻を命令されてから数日間待機。毎晩兵舎で深夜まで無茶苦茶に酒を飲んで大暴れ。巡検すらオフリミット。心の底から納得しておればそんな事をして心をまぎらわせる様な事をするわけがない。

慶応大学出身の島澄夫海軍少尉は特攻隊に指名され、遺書に「日本男子の本懐」「これ以上の幸福者はなき事と信じます」「神州は不滅なり」と書きました。

島少尉の発進直前に同期の辻井弘少尉が翼の上に駆け上って激励したら、島少尉は操縦桿を握ったまま首をうなだれ、「いや、もうあかん」と言って涙をこぼしたそうです。しかしこの島少尉も「ニッコリ笑って」指揮所に敬礼し、出撃していきました。

子息を特攻戦死で失ったある遺族は、海軍から遺書を受け取った。上官の検閲を受けた「正式」のものです。戦後になって、子息が出撃直前に秘密で親友に出した私信を見せられ、内容が余りにも違うので愕然としたそうです。どちらが本心なんだ、と。

千葉県茂原の海軍航空隊で、ある晩のこと予備学生出身の搭乗員が泥酔して各部屋をまわって壁や柱を軍刀で切りまくる、「俺たち予備学出身ばかり特攻に出しやがって海兵出身は卑怯だぞ!!」、と大暴れ。一緒に付いていた同期の少尉が「すまん。今夜だけ大目に見てやってくれ。明日は出撃なんだ!」と謝ってまわる。そしてその搭乗員も翌朝は吹っ切れた、実にいい顔をして出撃して行ったそうです。

ある海軍航空隊整備下士官の手記:「特攻を命令された予科練出身の若い搭乗員たちが零戦のそばに座って待機している。そばを通るとパッと顔をそむけてしまう。よく見ると閉ざした目から涙がすーっと流れている。可哀想だった」、と。

それでも出撃命令が下ると、みんな「ニッコリ笑って」「悟り切った様な顔で」指揮所に向かって敬礼して離陸していきました。そして敵艦に向かい、「天皇陛下バンザイ!」「大日本帝国バンザイ!」「お母さーん!」、あるいは何も言わずに歯を食いしばって突入していったのでしょうね。

特攻などで戦争に勝てるわけがない事を知りながら、特攻命令を受けて「今のオレに出来ることはこれしかない」と自分に言い聞かせ、故郷、親兄弟姉妹、妻、恋人たちへの想いを断ち切って体当たり攻撃に出撃していった16歳からの若者たちの心を思うと涙が出てきます。よくもあんなに残酷な事をさせたものです。

そして「お前たちだけを行かせはしない。本官も最後の一機で必ずあとを追う」と言って次々と特攻隊を出撃させた司令官、飛行長たちは「最後の一機で」どころか敗戦後も生き残り、平和で豊かな日本の生活を楽しみました。卑怯者ばかりです。陸軍特攻の大御所である第六航空軍の菅原道大中将は95歳で極楽往生。18歳になったばかりで特攻戦死した朝鮮出身の少年飛行兵はあの世でどう思っているでしょうね。

もしまだでしたら、零戦乗りの超ベテラン角田和男元海軍中尉が書いた「修羅の翼」をおすすめします。特攻出撃前夜の搭乗員たちの様子が実にリアルに描かれています。

↓燃えながら米艦に突入する特攻機。この中には我々と同じ血と肉を持った若者が乗っていたのです


25. 大和狼[618] keWYYZhU 2016年12月27日 05:25:01 : NQvqxYwWu2 : bz@R9FFXf@k[10]
↑ 投稿内容がダブってしまいました。
慎んでお詫び申し上げます。

26. 2016年12月27日 06:24:17 : 7hsCp3bJ5s : wRMRfLLAc0Y[1]
大半が謙虚さを利用する。
相手を配慮することを知らない。

日本という地獄の国らしいエピソードじゃないか?


27. 2016年12月27日 08:20:18 : vyA5SaK4lY : cTCQ8GGkM1M[1]
 特攻隊に関しては、さる人が昔書いてた「人柱であっても武道ではない」という評価に尽きると思う。なお、日本の特攻隊の戦死者とされる数とアメリカの日本本土空襲に伴うB29乗員の戦死者の数が大体同じという点も常に想起されるべき点であろう

28. 2016年12月27日 09:40:01 : gFW7dka71U : YrM0Tpn31nI[427]

>>特攻機のパイロットは大学卒のエリ−トだった。

おいおい「10」ヨ〜

オマエは陸軍特攻基地=知覧・大刀洗、海軍特攻基地=出水・鹿屋の平和記念館に行った事は有る?。

特攻隊員の年齢は殆どが20歳以下、産れ月の関係で15歳って例も有るんだぜ。

70数年前は20歳で「大学卒業のエリート」だったんだ?

さすが「教育勅語」の御霊験は違うネ!。

名前忘れたが敗戦後まで生き残った「撃墜王」が居たが、彼は自分の隊員達に「絶対死ぬな!死んだら敵を撃墜出来なくなる」と口酸っぱくなる様に言い聞かせていた。

彼は「特攻隊」よりも数多くの戦果を収めたが、敗戦後、国からは何の賞賛を受ける事無く「覚醒剤中毒」による内臓疾患で静かに病没した。

矢張り彼ほどの「歴戦の勇士」でも度重なる「恐怖心」には勝てなかった様だ。

片や「特攻部隊」を大西と伴に立案・実戦配備した「源田 実」は敗戦後、国会議員・防衛庁長官まで出世し国から勲章貰い、天寿を全うした。

ここや、他の投稿で「威勢のいい事」コメしてる「10」の様な輩連中は、当然「自衛隊入隊願書」「予備自衛官任官登録申請」出してるんだろうナ!?。

じゃ〜無かったら唯の「口先ヘタレ」だヨ〜ン♪


29. 2016年12月27日 11:04:25 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[1316]
●『谷野デスク 今年のイチ押し「この世界の片隅に」』(東京新聞、2016/12/27)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/entamedo/list/CK2016122702000188.html

−−−−−−−−−
主人公のすずは絵を描くのが好きな十八歳。一九四四(昭和十九)年、急に決まった縁談で呉に住む海軍文官・周作のもとに嫁ぎます。つつましくも楽しい新婚生活は次第に戦争一色に。不足する食料、呉を何度も襲う空襲。すずはいくつもの悲しみの中、八月六日を迎えるのです。

この作品の魅力は、当時の人々の暮らしぶりを丁寧に描いていること。節約のため、梅干しの種をいわしと煮て調味料にするなんて、初めて知りました。もう一つの魅力は、すずの天真らんまんな人柄。戦時下でもユーモラスに、たくましく生きていく彼女の姿に心が揺さぶられました。最終回「しあはせの手紙」は涙なくしては読めません。
−−−−−−−−−

特攻隊に関する投稿に直接関係するコメントではありませんが、『この世界の片隅に』の映画を見た者として取り上げさせていただきました。

つつましく生きる主人公達にいったい何の罪があってこのような悲惨に合わなければならないのか、その不条理は特攻隊隊員にとっても、心の奥底ではまったく同じであったでしょう。


30. 2016年12月27日 11:21:25 : UHj9izqnIQ : 3XJjDmt2pMs[6]
誰かに命令されて自爆攻撃をするよりも自分の意思で自爆テロを行うテロリストの方が立派だ。とこういう考え方もできる。テロを行う理由は十分にある。

誰かの命令どおり動くだけならそれは人間とは言えない。


31. 2016年12月27日 11:35:52 : 6GtQVk4Hrw : vwMsqTCZMu0[136]
>1 さん  

気が済むまで 10回でも 20回でも 投稿をしなさい。

己の姿 見えてきます。

気が済むまで 10回でも 20回でも 投稿をしなさい。己の姿 見えてきます。
気が済むまで 10回でも 20回でも 投稿をしなさい。己の姿 見えてきます。
気が済むまで 10回でも 20回でも 投稿をしなさい。己の姿 見えてきます。
気が済むまで 10回でも 20回でも 投稿をしなさい。己の姿 見えてきます。

「姿が 見えない それなら 安倍晋三と 同じ」と言うことが 
証明されました。



32. 大和狼[619] keWYYZhU 2016年12月27日 12:44:29 : tmUdaCHHuA : blgR0k5DmEo[40]
弱小国は国を守る為に多くの人柱を必要とする。

ルーズベルトの米軍は日本人を絶滅(ホロコースト)させようとしてきた。

3000万人のインディアンをホロコーストしたように。

ルーズベルトは徹底した人種差別主義者で日本人を黄色いサルと信じていた愚か者だ。

特攻隊も南洋での将兵の悲惨悲壮な戦いは国を守る為のものだった。

日本軍部は日本人による国民裁判にかけられるべきであった。

日本を必死に守った兄や父が日本本土への侵略とホロコーストを阻止したことも事実だ。


33. 大和狼[620] keWYYZhU 2016年12月27日 12:54:31 : tmUdaCHHuA : blgR0k5DmEo[41]
1さん て私のことか (笑)

31さん
なんぼでも念仏唱えなさい。

あの世で。

いくら念仏を唱えても、中国も朝鮮も嘘つきだという事は世界に知れ渡った事実ですから。

念仏を唱えても無駄ですよ。

嘘つき安倍も朝鮮だということも知らないなら解脱できませんよ(笑)


34. 2016年12月27日 14:33:43 : OaCA2h9LbY : SR7utibZ5rw[2]


軍部より、ヒロポン与えられ、それを飲まされて


意識が飛んでしまっていた。


シャブ&アスカや清原みたいにだ・・・。


35. 2016年12月27日 15:14:22 : ogTxivsbwc : vBCc94T9Rcs[3]

>>33. 大和狼[620] keWYYZhU
>念仏を唱えても無駄です

なあ、 大和狼くんよ、なかなか立派なことを言ってるではないか。ズバリそれは真実だ。

あの陸軍大臣やって総理大臣をやった東条英機は国家神道と念仏宗の信者だったらしい。

現代人があの戦争を擁護しようものなら時代錯誤に陥るのは残念なことだが真実だろう。

例えば永遠のゼロなどの小説は今の時代に生きる人間が今の文化的価値観で創作したもの。

史実の推測に冷静さを失い妄想の域を出ないばかりでなく敗戦色により被害妄想に変質し易い。

読者や視聴者の心をくすぐるよう或いは揺さぶる巧妙なテクニックを駆使した表現になってるだろ。

あれほど酷い敗戦を国民の誰もが想像しなかったあの戦争を美化して感動するのは間違っている。

戦争で命拾いした旧日本兵の証言は戦後生まれの我々が抱く戦争観よりは事実に基づいてるはず。

今では断片的すぎる戦争の記憶を今更ながら妄想して過去に飲み込まれないようにしないとな。

戦争は人命だけでなく人の苦心の結晶である先進技術でさえ破壊し尽くして海に沈める怪物なんだよ。

戦争なんて普通の人間がやることではない。狂った人間でなければできない人類に共通する愚行です。



36. おじゃま一郎[5877] gqiCtoLhgtyI6phZ 2016年12月27日 16:55:36 : W4UMlYbRAM : iyGY2F62JT8[12]
特攻隊はアンフェタミン系のクスリを使ってた。出陣しても
命がなくなるとなればすごい抵抗を感じ、敵の艦艇に
突っ込めず、海に落ちた。

戦争が終わりそのクスリはヒロポンという商品名で、疲労回復剤
として一般に出回り、敗戦からの復興にむけてしゃにむに働いたのだ。



37. 2016年12月27日 17:27:17 : Uth8eW5rTM : nMv1Hu096QY[23]
>>28. 2016年12月27日 09:40:01 : gFW7dka71U : YrM0Tpn31nI[427]
>特攻機のパイロットは大学卒のエリ−トだった。
おいおい「10」ヨ〜
> 70数年前は20歳で「大学卒業のエリート」だったんだ?
> さすが「教育勅語」の御霊験は違うネ!。

>>10 の引用したサイト[2]の動画 4:11 〜より、アメリカ人の次のナレーションがある。
「特攻パイロットの多くは頭脳明晰な大卒のエリート達が占めていました。何よりも大切な家族を守るため、親兄弟を守るため、故郷を守るために彼等は命をなげうったのです。」

[2] 神風特攻隊4 実写映像
https://www.youtube.com/watch?v=zJSm42XtFLI
特攻機のパイロットは大学卒のエリ−トだった。

「さすが「教育勅語」の御霊験は違うネ!」とは、アメリカ人にも「教育勅語」の御霊験があったと言うことか?
馬鹿馬鹿しい。
息を吐くように嘘を吐くとは、このことである。

上記の動画を見れば、「飛び立つ日の特攻隊員の姿。—―ほとんどは、茫然自失だった。「それを私たち整備兵が抱えて乗せたんです」」は、真っ赤な大嘘である事が分かる。
このような大嘘を公然と吐くのは、息を吐くように嘘を吐く朝鮮人に違いない。


38. 2016年12月27日 17:45:20 : RQpv2rjbfs : DnS7syXjc2g[478]
初めは中国を侵略して大東亜共栄圏と称する大帝国を作る予定だった、いつの間にか特攻なんかで守らんくなっちまっただよ。目的のすり替え、勝ち目がなかったらとっとと降伏すりゃあよかったものを。

敵を知らず己も知らんかったのだ、またぞろ、おなじ轍を踏むつもりか。

上の人はブラジルの勝ち組か、残念ながら日本は惨敗したのだ、無条件降伏したのだ。以下天皇陛下の敗戦勅諭を張り付けておく、心して読め、毎日読め。

詔書(大東亜戦争終結ニ関スル詔勅)
昭和天皇

朕(ちん)深ク世界ノ大勢ト帝国ノ現状トニ鑑(かんが)ミ 非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ収拾セムト欲シ 茲(ここ)ニ忠良ナル爾(なんじ)臣民(しんみん)ニ告ク(ぐ)

朕ハ帝国政府ヲシテ米英支蘇四国ニ対シ 其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ

抑々(そもそも)帝国臣民ノ康寧(こうねい)ヲ図リ万邦共栄ノ楽ヲ偕(とも)ニスルハ 皇祖皇宗ノ遺範ニシテ朕ノ拳々措カサ(ざ)ル所 曩(さき)ニ米英二国ニ宣戦セル所以モ亦 実ニ帝国ノ自存ト東亜ノ安定トヲ庶幾(しよき)スルニ出(い)テ(で) 他国ノ主権ヲ排シ領土ヲ侵スカ(が)如キハ固(もと)ヨリ朕カ(が)志ニアラス(ず) 然(しか)ルニ交戰已ニ四歳(しさい)ヲ閲(けみ)シ 朕カ(が)陸海将兵ノ勇戦 朕カ(が)百僚有司ノ励精 朕カ(が)一億衆庶ノ奉公各々最善ヲ尽セルニ拘(かかわ)ラス(ず) 戦局必ス(ず)シモ好転セス(ず)世界ノ大勢亦我ニ利アラス(ず) 加之(しかのみならず)敵ハ新ニ残虐ナル爆弾ヲ使用シテ 頻(しきり)ニ無辜(むこ)ヲ殺傷シ惨害ノ及フ(ぶ)所(ところ) 真(しん)ニ測ルヘカラサ(ざ)ルニ至ル 而(しかも)モ尚(なお)交戦ヲ継続セムカ 終(つい)ニ我カ(が)民族ノ滅亡ヲ招来スルノミナラス(ず) 延(ひい)テ人類ノ文明ヲモ破却(はきやく)スヘ(べ)シ 斯クノ如クムハ(ごとくんば)朕何ヲ似テカ億兆ノ赤子ヲ保(ほ)シ皇祖皇宗ノ神霊ニ謝セムヤ  是レ朕カ(が)帝国政府ヲシテ共同宣言ニ応セ(ぜ)シムルニ至レル所以ナリ

朕ハ帝国ト共ニ終始東亜ノ解放ニ協力セル諸盟邦ニ対し遺憾ノ意ヲ表セサ(ざ)ルヲ得ス(ず) 帝国臣民ニシテ戦陣ニ死シ職域ニ殉シ(じ)非命ニ斃(たお)レタル者及其ノ遺族ニ想ヲ致セハ(ば)五(ご)内(ない)為(ため)ニ裂ク 且(かつ)戦傷ヲ負ヒ災禍ヲ蒙(こうむ)リ家業ヲ失ヒタル者ノ厚生ニ至リテハ 朕ノ深ク軫(しん)念(ねん)スル所ナリ 惟(おも)フニ今後帝国ノ受クヘキ苦難ハ固(もと)ヨリ尋常ニアラス 爾臣民ノ衷情(ちゆうじよう)モ朕善ク之ヲ知ル 然レト(ど)モ朕ハ時運ノ趨(おもむ)ク所堪(た)ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ(び)難キヲ忍ヒ(び) 以テ万世ノ為ニ太平ヲ開カムト欲ス

朕ハ茲ニ国体ヲ護持シ得テ 忠良ナル爾臣民ノ赤誠(せきせい)ニ信倚(しんい)シ常ニ爾臣民ト共ニ在リ 若(も)シ夫(そ)レ情ノ激スル所濫(みだり)ニ事端(じたん)ヲ滋(しげ)クシ或ハ同胞排擠(はいせい)互ニ時局ヲ乱(みだ)リ 為ニ大道(だいどう)ヲ誤リ信義ヲ世界ニ失フカ(が)如キハ朕最モ之ヲ戒ム 宜(よろ)シク挙国一家子孫相伝へ 確(かた)ク神州ノ不滅ヲ信シ(じ) 任(にん)重クシテ道遠キヲ念(おも)ヒ 総力ヲ将来ノ建設ニ傾ケ 道義ヲ篤(あつ)クシ志操ヲ鞏(かた)クシ 誓テ国体ノ精華ヲ発揚シ世界ノ進運(しんうん)ニ後(おく)レサ(ざ)ラムコトヲ期スヘ(べ)シ 爾臣民其レ克ク朕カ(が)意ヲ体(たい)セヨ

御名 御璽
昭和二十年八月十四日
         各国務大臣副署
  (文節間の一字開けは別冊「正論」編集部)

【現代語訳】
 朕深く世界の大勢と帝国の現状とに鑑み、非情の措置を以て時局を収拾しようと思い、ここに忠良なる汝(なんじ)ら帝国国民に告ぐ。

 朕は帝国政府をして米英支ソ四国に対し、その共同宣言(ポツダム宣言)を受諾することを通告させたのである。

 そもそも帝国国民の健全を図り、万邦共栄の楽しみを共にするは、天照大神、神武天皇はじめ歴代天皇が遺された範であり、朕は常々心掛けている。先に米英二国に宣戦した理由もまた、実に帝国の自存と東亜の安定とを切に願うことから出たもので、他国の主権を否定して領土を侵すようなことはもとより朕の志にあらず。しかるに交戦すでに四年を経ており、朕が陸海将兵の勇戦、朕が官僚官吏の精勤、朕が一億国民の奉公、それぞれ最善を尽くすにかかわらず、戦局は必ずしも好転せず世界の大勢もまた我に有利ではない。こればかりか、敵は新たに残虐な爆弾を使用して、多くの罪なき民を殺傷しており、惨害どこまで及ぶかは実に測り知れない事態となった。しかもなお交戦を続けるというのか。それは我が民族の滅亡をきたすのみならず、ひいては人類の文明をも破滅させるはずである。そうなってしまえば朕はどのようにして一億国民の子孫を保ち、皇祖・皇宗の神霊に詫びるのか。これが帝国政府をして共同宣言に応じさせるに至ったゆえんである。

 朕は帝国と共に終始東亜の解放に協力した同盟諸国に対し、遺憾の意を表せざるを得ない。帝国国民には戦陣に散り、職場に殉じ、戦災に斃れた者及びその遺族に想いを致せば、それだけで五内(ごだい)(玉音は「ごない」。五臓)引き裂かれる。且つまた戦傷を負い、戦災を被り、家も仕事も失ってしまった者へどう手を差し伸べるかに至っては、朕が深く心痛むところである。思慮するに、帝国が今後受けなくてなたない苦難は当然のこと尋常ではない。汝ら国民の衷心も朕はよく理解している。しかしながら朕は時運がこうなったからには堪えがたきを堪え忍びがたきを忍び、子々孫々のために太平を拓くことを願う。

 朕は今、国としての日本を護持することができ、忠良な汝ら国民のひたすらなる誠意に信拠し、常に汝ら国民と共にいる。もし感情の激するままみだりに事を起こし、あるいは同胞を陥れて互いに時局を乱し、ために大道を踏み誤り、世界に対し信義を失うことは、朕が最も戒めるところである。よろしく国を挙げて一家となり皆で子孫をつなぎ、固く神州日本の不滅を信じ、担う使命は重く進む道程の遠いことを覚悟し、総力を将来の建設に傾け、道義を大切に志操堅固にして、日本の光栄なる真髄を発揚し、世界の進歩発展に後れぬよう心に期すべし。汝ら国民よ、朕が真意をよく汲み全身全霊で受け止めよ。

御署名(裕仁) 御印(天皇御璽)


39. 2016年12月27日 17:50:04 : DvgQwAGBv6 : LkOQbWA2meA[156]
はい、皆さんの怒りが頂点に達したところで、稲田朋美の言葉をもう一度かみしめてみましょう。

※自民党政調会長・稲田朋美氏は、「戦争は人間の霊魂進化にとって最高の宗教的行事」これが「ずっと自分の生き方の根本」。

※「国民の生活が一番と言う考えは私は間違っていると思います」

※そして世界中で日本だけが道義的大国を目指す資格があるんです。

※現在発売中の「女性自身」(光文社)11月10日号のインタビューにて、「男子も女子も自衛隊に体験入学するべき!」と語っている。
つまり稲田氏は、教育の一環として自衛隊の体験入学を男子・女子に限らず組み込むべきだ──と主張している

※日本国籍を有する者は、国のために命をかけて戦うことが当然で国のために命をかけられる者だけが選挙権をもつ資格がある

そんな稲田朋美がハイヒールを履いてのちゃらちゃら閲兵。
稲田朋美のコスプレ画像を見てごらんよ、10代のおねぇちゃんみたいと言うか、不出来なリカちゃん人形でみたいで、これが日本の防衛大臣か?ってあほらしいかぎり。
こんなのに命令されて特攻だなんて言われたら日には、そりゃぁおしっこもらして泣きわめきたくもなるわー!

ばかばかしいを通り過ぎて、何でこんな防衛大臣?


40. スポンのポン[4938] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年12月27日 18:17:31 : nilge4p5ys : q5xHgL0ywDI[302]

■特攻隊に命令した将校たちが戦後生き残り
 国から軍人恩給をもらい安楽な余生を送り
 90歳以上の長寿を全うした者も少なくはなかった。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12112174327
http://ryuma681.blog47.fc2.com/blog-entry-25.html

 


41. 2016年12月27日 18:40:59 : CpxoN4GuuE : SQpCxTpiuzo[2]
私の父のいとこは、特攻で出撃したが、エンジントラブルで死なずにすんだとのこと。そんな彼の談話
特攻みんなヒロポン中毒だよ 出撃時なんて頭クラクラ・・・と、云ったそうな
戦後彼は、銃片手に、暴れていたそうな
一応、親からちゃんと聞いた話だ。

42. 2016年12月27日 19:09:23 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[1312]
  10などは、国を守るため特攻も聖戦だった、ごときの主張であるが、特攻に行く理由は色々あれど、兎に角、最後には麻薬や介助の手を借りて片道燃料のゼロ戦に乗っていった、という話である。
   国を守るとか平和を守る、などは、考え方ひとつで様々な方向性を探れるのである。
   例えば、国を守るためには、権力サイドの行為を批判し、血税の使途の誤りを正すために異議を申し立てるべきだ、という国民もいれば、逆に、国を守るためには、統治エリートに逆らわず、素直に指示命令に従い命を捨てるべきだ、という主張もある。
   電通などは、仕事は死んでも離さないようにしろ、などと訓示していたようであるから、属する組織を守るためには命を捨てるのか、それとも命を生かして組織のより良い在り方を模索し提言するのか、正反対である。
   平和の構築も、例えば安倍政権や日本会議は、敵国有れば先制攻撃も辞さずに壊滅させることが平和を迎えるという意味だとしているようだが、武力による戦闘の後の平和は単に瓦礫の山、死体の山が築かれ静逸になっただけの事であり、これを平和が来た、などと言える代物では無く、平和とは争いを避け、外交交渉で武力行使を避けて国際間の共通課題について共に対処するという意味だ、と捉える層も居る。
   国を守るとか、平和を築く、とかの、特攻や自爆の理由はともかく、若い者が上層部の指示命令によって命を落とす宿命を担わされたが、出動の際にどのような心境であったか、どのような肉体反応を示したか、身体の全細胞が生きたいと叫び、それを脳細胞がどのように形で表したのか、そこの問題である。
  個人は、小さな宇宙であり、無数の細胞で出来ているものを、自爆という指示命令が、如何に、個人の本能、生命力を脅かすものであるか、自ずから明白であり、そういう事は、戦争であろうと何であろうと、他者に諭されたり指示されるべきではない、というのが、本稿の重要なテーマであろう。

43. 2016年12月27日 19:27:34 : bFufhgdLEU : pB@omuQ6xMs[2]
>39 稲田朋美 なんていうゲスを選んだやつらは無責人。南スーダン死んだらまさにただの犬死。

44. 2016年12月27日 21:25:45 : FMas0LnREN : w0l_RmFLVb4[171]
もし、また同じことをやる時があるなら
まずは失禁、失神、泣きわめく安倍を抱えて乗せて
一番に飛んでもらいましょう

順番の次は稲田朋美、稲田の愛息子と続く


45. 2016年12月27日 21:28:28 : w8ZH8K7ygs : mu8K7O2dZ5k[4]
>特攻機のパイロットは大学卒のエリ−トだった。
 これは、特攻隊員のかなりの数が学徒出陣で大学から動員された「予備士官」で占められていた、という話が歪曲された物のようである。なお、特攻隊員における正規の職業軍人たる海軍兵学校出身者(要は官僚の一種)の割合は非常に小さいものだったという

>>33
>嘘つき安倍も朝鮮だということも知らないなら解脱できませんよ
嘘つきには人種も国境も関係ないことを理解できないのなら解脱は不可能なり


46. 2016年12月27日 23:04:46 : 2OcmOZV31g : n3cYAh9seV4[48]
まあ、どちらも嘘ではないんだろうね。
いろいろな人がいたという事でしょう。
中にはきれいな言葉を残していった人もいたと言っているし、しかし彼の記憶にあった大多数の人は茫然自失だったというのが書かれているだけ。

立派だった。そう思いたいんだろうけどね。後半なんて零戦足りなくて白菊に乗って特攻させられて、途中で落ちちゃった人も結構いるしね。


47. 2016年12月27日 23:07:55 : 2OcmOZV31g : n3cYAh9seV4[49]
>>44
稲田朋美は息子の次でしょう。しっかり自分の息子がお国の為に命を捧げるところを見届けてからでなくては自分も満足されないでしょうから。

48. 2016年12月27日 23:15:33 : qNApj6abVo : pmR1FMr_lBA[13]
稲田と安倍が、特攻攻撃隊に入るか?

お前が卒先垂範し、国民の前で見せてくれ〜

口だけの出任せは、もう飽きました。ハイ!

安倍よ!靖国に入れてやるから、心配しなくて良いからな〜


49. 人間になりたい[232] kGyK1ILJgsiC6IK9gqI 2016年12月27日 23:21:24 : Igew9LiSCV : jX5tMsGMxX4[56]

10年前、知覧特攻平和会館を見学した。軍隊の備品や飛行機まで展示されていた。あるコーナーにくると壁一面に戦没者の遺影が掲示されていた。まだ、あどけなさの残るその顔を見たとたん涙が吹き出た。武器や装備品まではなんとか持ちこたえたが、遺影の顔を見ると、それぞれの生活や人生が思い浮かび、それがいきなり抗い難い大きな力によって断ち切られたことを考えると冷静でいることは出来なかった。
同じ鹿児島に鹿屋基地がある。特攻を拒否した美濃部正少佐率いる芙蓉部隊が配置された基地だ。夜間攻撃の特殊部隊とはいえ、この時代、この雰囲気の中で信念をつらぬき通したことに驚嘆する。しかも29歳の若さでありながら堂々と軍の会議で主張し認められたのである。
芙蓉部隊の坪井晴隆さんは悩んだあげく上官の荒木中尉に特攻志願の書類を提出した。上官は、母親のことを考えたのかと怒鳴り書類を握りつぶし自分のポケットに入れたという。坪井さんは戦後を長く生きることになるが、特攻隊の資料を見ているとき、戦死者のリストにその上官の名前が乗っているのを見つけた。自分は国のために死ぬ覚悟はあるが、部下やその家族は生きて幸せになってもらいたということなのだろう。これを人間という。人間が郷土の人々のために示すおもいやりを愛国心という。決して統治機構の命令に服従することが愛国心ではない。
戦後美濃部正少佐は請われて航空自衛隊の創設に参加、最高位の空将で退官した。自衛隊勤務は「政治家、役人、ジャーナリスト、国民世論の軍事音痴に振り回され、魅力のない職場であった」という。ただ一つの誇りは、「二度と侵略戦争をしない」ため、祖国自衛のみに限定する兵器体系と装備を厳守したことだという。
遺稿となった手記「大正っ子の太平洋戦記」では、愚劣な作戦に執着し、特攻命令という「統率の外道」を乱発した軍上層部を痛烈に批判。「これだけ負け続け、本土決戦とは何事か。皇軍統帥部高官たちは天皇に上奏、これ以上戦うも勝算ありませんと切腹しておわびすべき時期である」とまで記している。
だが、その美濃部氏も戦争の最末期、米軍の南部九州進攻時の作戦計画を作成するよう命じられ、ひそかに芙蓉部隊の玉砕計画を立てていた。海軍兵学校出身のパイロットを中心に編成した特攻部隊を自ら率い、米軍に体当たり攻撃を仕掛けるというものだった。
国防の責任者はことによっては国家、国民のために、部下に命を差し出させるような命令を出さなければならない時もある。その時は自分の命も差し出す覚悟が必要だ。それがなければ単なる人殺しである。安倍晋三、稲田朋美にその覚悟があるのだろうか。そんなことはあるわけジョセフ無い。
 
 

50. 2016年12月28日 00:34:23 : FMas0LnREN : w0l_RmFLVb4[173]
>>47
そうでした!
お国のために立派に遂げる姿を
朋美は確認したあとでなければ彼女は成仏しないね

51. 2016年12月28日 03:37:35 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1091]
>>24

>泣きわめいて失禁し無理矢理乗せるなど今のネトウヨならいざ知らず
>祖国を守る信念と訓練を積んだパイロットにはあり得ないことだ。

は、まことに お目出度い 自尊史観 うわっつらだけを都合よく解釈する いわばご都合主義

そして、どこからコピベして 拾ってきた文章か知らないが、↑の主張と ↓の文章は まったく矛盾している

>【戦記本に「出撃前、特攻隊員は仏様のような綺麗な顔でした。 目が澄み切って頬が輝いておりました」などと言う記述がよく出てきます。それはそれで本当でしょうが、特攻隊員がそういう心境に達するまでの心の葛藤はものすごく残酷なものだったと思います。こういう綺麗ごとを書いて特攻を美化するのは許されません。

昭和20年3月、松山基地の第四御盾隊(「銀河」部隊)は特攻を命令されてから数日間待機。毎晩兵舎で深夜まで無茶苦茶に酒を飲んで大暴れ。巡検すらオフリミット。心の底から納得しておればそんな事をして心をまぎらわせる様な事をするわけがない。

慶応大学出身の島澄夫海軍少尉は特攻隊に指名され、遺書に「日本男子の本懐」「これ以上の幸福者はなき事と信じます」「神州は不滅なり」と書きました。

島少尉の発進直前に同期の辻井弘少尉が翼の上に駆け上って激励したら、島少尉は操縦桿を握ったまま首をうなだれ、「いや、もうあかん」と言って涙をこぼしたそうです。しかしこの島少尉も「ニッコリ笑って」指揮所に敬礼し、出撃していきました。

子息を特攻戦死で失ったある遺族は、海軍から遺書を受け取った。上官の検閲を受けた「正式」のものです。戦後になって、子息が出撃直前に秘密で親友に出した私信を見せられ、内容が余りにも違うので愕然としたそうです。どちらが本心なんだ、と。】
________________________________________

↑ これを読むだけで、特攻隊員は どれ程の葛藤と戦って死んでいったか判る 拾ってきた本人は
まったく読んでいないか それとも読解力が無いのか 馬鹿の極みと言える

>>45さんのおっしゃる通り、特攻隊員の大半は 学徒兵あるいは赤紙一枚で召集された召集兵である
しかも 僅かな訓練期間で搭乗員に仕立てられた 軍人勅諭すら覚えていない 促成搭乗員が殆どである

【大戦末期は、飛ぶのがやっとの 赤子同然の搭乗員に 旧式機の赤とんぼまで持ち出して出撃させた】

幼いころから軍人精神を叩きこまれ 国に命を捧げる覚悟を持った人間なら 潔く死んでいっただろうが
兵学校出身の、「祖国を守る信念と訓練を積んだパイロット」 は 特攻には ほとんど行っていないのが現実

そして

>その感情を日本人の為に戦ったあなた方の父祖を誹謗中傷することに振り向ける事は愚かな行為だということだ。

↑ これも、完全なるマヤカシ 特攻作戦への批判は、ほとんど大半が 「特攻をさせた国家体制」 に対する批判
特攻隊員 個人への批判ではない したがって 東條英機の子孫でもない限りは 「あなた方の父祖」 などと
組織への批判を 個人への批判に“すり替えてしまう論理”は、ウヨ特有の誤魔化しに他ならない

批判をされているのは国家体制と 愚かなる指導者だ 特攻へ行かされた兵士達に向けられたものではない
こんな簡単な事が判らないから 馬鹿ウヨ と呼ばせてもらうのです。


52. 2016年12月28日 04:13:43 : JwvBEJ6aYA : PsoK0hUaawc[12]
朝日新聞の記事だとはっきり書かないんだね。なんで?


Essais d’herméneutique

2016-11-23

覚え書:「天声人語:戦場のむごさを見る」、『朝日新聞』2016年08月15日(月)付。
http://d.hatena.ne.jp/ujikenorio/20161123/p1


_________________

朝日新聞デジタル

(天声人語)戦場のむごさを見る

2016年8月15日05時00分
http://www.asahi.com/articles/DA3S12512357.html


53. 2016年12月28日 04:28:05 : JwvBEJ6aYA : PsoK0hUaawc[13]
パンドラの憂鬱


海外「日本の英雄達に敬意を」 神風特攻隊を写した写真に外国人感銘
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-1065.html(一部転載)

1944年10月20日、大西海軍中将によって開始された神風特別攻撃隊。
大西中将自身が「統率の外道」と語ったこの作戦は1945年8月15日の終戦まで続き、
海軍・陸軍合わせ、4000人近いとも言われる英霊が散華されました。

映像は旧ユーゴ圏出身と思われる方が制作したもので、
神風特別攻撃隊の方々や戦闘機の姿などを、主に写真を用いて紹介されています。

祖国や愛する人々を守るため、正に命を賭して戦った特攻隊の方々に、
外国人からは様々なコメントが寄せられていました。

リクエストありがとうございましたm(__)m


(動画)Kamikaze
https://www.youtube.com/watch?v=wQ8DpuBHdtQ

--------------------------------------------------------------

(海外コメント抜粋)


■ ゼロに乗ったヒーローたち。それが彼らだ。 ギリシャ
  

■ この若い戦士たちに、敬意を表します。 スペイン

  
■ あの英雄たちに、永遠に残る栄誉を与えて欲しい! ロシア


■ 彼らは国を守るために命を落としたんだ。
  母国で暮らす人々を守るために、命を落としたんだよ。
  本物の男じゃないか! ベトナムから敬意を! ベトナム(仏在住)


■ 俺はカミカゼのパイロットたちを賞賛するよ。
  彼らは国のために、名誉をかけ命を捧げた勇敢な戦士たちだ。
  そんなことが出来るのは、日本人だけだと思ってる。 セルビア    


■ 国、そして最愛の人たちを守るために、誇り高く命を落とした、
  日本のカミカゼのパイロット達を尊敬してる……。
  捕虜になるよりも、誇りを持って死ぬことを選んだんだ……。BANZAI マレーシア


■ この人達は勇敢に決まってる……。
  彼らは愛する母国、家族、天皇のために戦い、命を落としたんだから……。 タイ


■ どこの国の人間であっても、祖国の為に命を落とした人は尊敬されるべき。
  俺は彼らの勇気、信念、国への忠誠心を尊敬する。
  現代の多くの人間は、そういうものを持ってないもんね。 ベトナム


■ 国のために命を捧げた日本のパイロットたち。
  彼らに心から感銘を受けました……。 サウジアラビア


■ カミカゼのパイロット達は、大空のサムライだね……。 フィリピン


■ この動画を観ると、いつも鳥肌が立つ。
  国を守るために命を捧げた勇敢な日本人たちには、敬意しかない。 アメリカ



54. 2016年12月28日 04:43:08 : JwvBEJ6aYA : PsoK0hUaawc[14]
>>37さんありがとう!!見ました。
ガクブルで失禁して・・とか、これ見るとまるで信憑性ないですね。
ごく一部にそんな人がいたにしても、それでもお為ごかしで英霊を貶めるようなことを言う人間は許せません。
それでも日本人なんでしょうか?
大体言って、戦争させるように煽ってた朝日新聞のくせに笑止千万ですよ。

>[2] 神風特攻隊4 実写映像
https://www.youtube.com/watch?v=zJSm42XtFLI


55. 罵愚[4470] lGyL8A 2016年12月28日 06:03:43 : Gf4cFsAzNU : Pr5nnNC9xcI[18]
Res54
>ごく一部にそんな人がいたにしても、

 ごく一部にもそんな人はおりません。理由は簡単です、今も昔も戦闘機は、呆然自失の状態で操縦はできないからです。痴呆老人が逆走したり、薬物患者がもうろう運転できるマイカーとのちがいが分からない、無責任なデマに惑わされてはいけません。


56. 2016年12月28日 06:24:03 : EIHH4CSarE : ZNs6WKx@BdQ[413]
産経新聞の記者の皆様こそ、大勲位中曽根君から、大日本帝国軍性奴隷制度の前科に苦労して取り組んだという自慢話でも、幾らでも取材して、これを記事に書いてみては如何でしょうか?

小林よしのりにでも、この記事を元にした漫画を描いてもらうならば、これを子供たちには、どんどん読んで貰うことで、中国や韓国の子供たちにも、どんどん読んで貰うことを目的とするならば、それこそ秋葉原のAKBカフェで、ポケモンGOと共に、どんどん爆買いして貰うことで、東京都民の皆様に置かれましては、爆買いして頂きまして、誠に有難うございます。このような漫画につきましては、読み終われば、古新聞とまとめて廃品回収に出せば、トイレットペーパーと交換することは、日本国内では日常生活の知恵としてやっていることですので、中国や韓国に置かれましても、是非とも、これをロールモデルとして、どんどん取り組んでみては如何でしょうか」ということで誇りを持って応えて行けばよいのでは?

大勲位中曽根君に置かれましては、こうした自慢話については、是非とも、バチカンに行かれて、ローマ法王の前で、ペラペラと語って来い、ということで、ローマ法王に置かれましては、まんまと騙されたふりをして、大勲位中曽根君からは、自らが苦労して取り組んだとされる大日本帝国軍性奴隷制度の自慢話だけを、幾らでも傾聴して頂き、この大勲位中曽根君が、自らとんでもない恥知らずな大罪人であることを認め、涙を流しながら謝罪の言葉を口にした時には、この大勲位中曽根君の身柄につきましては、ドイツに引き渡して下さいます様、どうぞよろしくお願い申し上げます」ということで、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守りながら、応えて参りましょうか?

ドイツのメルケル首相にしてみれば、ヒトラーの猿真似をしているつもりが、肝心のヒトラー総統の足元にも及ばない屑総理に他ならない安倍マヌケに対して、「この大勲位中曽根君の身柄を返して欲しければ、核発電推進原理主義組織にまんまと騙されて作らされた外務省から、核開発計画書を持って来なさい」ということで揺さぶって貰うことで、安倍マヌケに置かれましては、表紙を差し替えただけの偽物の核開発計画書でも持っていくならば、この大勲位中曽根君と共に、ドイツのメルケル首相の前で、どうぞ誇りを持って、どんどん涙を流し続けながら、どんどん意欲も熱意も全てを喪失し、どんどん一人負けして、そのままどこかにとっとと消えて下されば、自民党こそ、財界を道連れにして、アメリカの言いなりになって、どんどん譲歩するならば、。核発電推進原理主義組織こそが、アメリカの言いなりになって、脱原発に向かうことで、どんどん財界を痛めつけ、どんどん物凄い狂うシミを味合わせ、もの物凄い不快感マシ実だけを、どんどん勝手に分かち合いながら、どんどん一人負けをして、どんどん涙を流し続けながらも、福島県民の皆s玉にご奉仕して頂くことを誇りとして、国際社会にどんどん見せつけて頂くくらいのことならば、幾らでも出来て当然のことだし、これを勘違いして、物凄い抵抗を繰り返す日本会議に対してのみ、「ふざけるな、この日本会議の馬鹿野郎‼お前らこそ、大日本帝国の大馬鹿野郎!という怒りだけを勝手にぶつけながら、これも国際社会にどんどん見せつけることこそが、お国のため、天皇陛下のため、なのだと思えば幾らでも出来て当然のことだし、全人類からは容赦なく、どんどん馬鹿にされることになろうとも、構わないし、誇りを持って、どんどん涙を流し続けながら、どんどん一人かけをして、そのまま歴史の闇の中に、どんどん泣き寝入りをしながら、そのまま、多極化の捨て石となり、共倒れ状態となって、そっと静かに消えて参りましょう」ということで応えて頂くことならば、日本国民全体としては、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守って参りますから、全人類からは、「天皇陛下有難うございます」と深く感謝をして応えて来て貰えることになればこそ、これに対しては、アメリカの言いなりと言っておきながら、対米従属詐欺を繰り返してきた間抜け官僚機構自らが、どんどん涙を流し続けながら、「感謝‼感激!雨あられ!」となり、「天皇陛下有難うございます」都だけ深く感謝をして応えて貰えれば、もうこれだけで十分ですから、引き続き、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守って参りますから、このままグローバル競争からは、そっと静かに背を向けながらも、名誉ある孤立化をして、そっと静かに幸せに暮らすことを誇りとして、全人類が共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことができるように、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守っていくことを誇りとして、これこそを、国際社会にも良いロールモデルとして、どんどん見せつけていくことに致しましょう、ということで、これが結果的に、お互いにとってのメリットにもなればこそ、「公共の利益」として分かち合いながら、日本経済全体の成長戦略に繋がっていくことになるのならば、軍事費をどんどん減らし、アメリカ軍基地も全て返還され、竹島はともかくとしても、北方領土問題も、千島列島が尖閣諸島と同様に棚上げ合意となって円満解決に繋がれば、日米安全保障条約そのものを、ロシアや韓国、カナダやメキシコ、オーストラリアやチリをはじめASEAN諸国と共に、北太平洋安全保障条約にそっくりそのまま移行させることで、日本全体が、このアジア太平洋地域の中の緩衝地域となることを目標に置くことで、そっと静かに自立自律していく道を選択していくことにすれば、これが何よりのこととなり、「めでたし、めでたし」となって、日本の歴史を大きく変えていくきっかけとすれば、このまま多極化の流れの中で、もう二度と目立たぬ国と成り下がろうとも、違う形での国際社会の地位向上に繋がればこそ、大いに結構なことなのでは?


[32初期非表示理由]:担当:関連が薄い長文

57. 大和狼[621] keWYYZhU 2016年12月28日 06:59:17 : NQvqxYwWu2 : bz@R9FFXf@k[11]
慰安婦、南京捏造赤匪朝日新聞の記事など朝鮮、中国の嘘と同列。
ほとんどの特攻隊員が。、、?
ふざけるな、ということだ。

知覧特攻隊記念館初代館長の証言

定年を待たず79年、市役所を辞めた。都市計画課長だったが、戦争で亡くなった人が、忘れ去られることに耐えられなかった。風化させたくない、その一念だった。北海道から九州まで、慰霊の全国行脚を続けながら、遺族からは遺書や手紙を借りてコピー、遺影はカメラに収めた。
 そうして集まっていったのが、沖縄戦で戦死した旧陸軍の特攻隊員1036人の遺影や遺書、遺品だ。遺族から寄付を受け、現物を知覧特攻平和会館に展示している。87年の開館時、私は初代館長を務めていたが、当初はまだ遺影の約6割しかそろっておらず、空白が目立った。館長を辞め、再び全国行脚を始めた。全員の遺影がそろったのは94年。戦後50年を迎えようとしていた。長い鎮魂の旅路だった。

 生きていて良かった。そう思えるようになったのはそのころからでしょうか。

知覧特攻平和会館に展示されている1036人の遺影。手前のガラスケースには遺書や手紙が並ぶ
 戦争を憎いと思う。二度とあってはならない。だが、特攻を国賊、無駄死に、戦争の美化だという捉え方が、私には耐え難かった。それが私の活動の原動力だったと思う。特攻についていろんな見方があっていい。だが、戦争が生み出した一つの事実であり、いつまでも忘れないでもらいたいのだ。
 知覧特攻平和会館には今、いろんな人が足を運んでくれるようになった。私が館長を務めていたころはなかったが、今では年間600校の小中高校生が修学旅行などで訪れてくれる。暴走族や事業でつまずいた人たちも訪れ、何かを感じ取って帰っていく。特攻へのまなざしも時代とともに変わってきている。
 戦後70年を前に、私たち日本人はどこに向かおうとしているのでしょうか。彼らの生と死は、いまの日本が失いかけている何か大切なことを訴えているように、私には思える。老若男女が同じ心を持って人に接することの大切さ、思いやりの心、家族愛とか。
 講演を求められると、「特攻の真実と平和」「人間の尊厳と命」という演題で語っている。今もテニスを楽しみ、体力を鍛えているが、来年は90歳。もう体力は限界に近づいている。
(愛知県犬山市)


58. 大和狼[622] keWYYZhU 2016年12月28日 07:16:53 : NQvqxYwWu2 : bz@R9FFXf@k[12]
51は阿呆だな。

論評抜き、と書いておいたろう。私意抜きという意味だ。
日本語もわからんのか。


59. 2016年12月28日 07:32:11 : zU3bOA6eeQ : D1Ln9H3teEc[309]
>>58の大和狼へ

 あんたの支持する安倍とかいうやつが「最大の嘘つきやろう」という事だろうよ。北朝鮮拉致問題はどうしたんだ。あれだけ法螺を吹いて後はなしのつぶてか?それとも安倍とかいうやつはシナチョンか、朝鮮チョンという事か?


60. 2016年12月28日 07:47:49 : QAthhoHJOA : kISIChH7@YU[16]
実戦の体験者が少なくなった今、その人たち個々の記憶を、そしてその人たちが語る戦死者の個々の記憶を大事にしなければならない。国家のために殉じた英霊とは、個々の人間たを一般化したものにすぎない。少なくともこれは実際に起こった、爆弾を積んだ飛行機に若者を乗せて突っ込ませるという惨いことがあり、それをさせた人がいたということが。

61. 大和狼[623] keWYYZhU 2016年12月28日 09:21:05 : tmUdaCHHuA : blgR0k5DmEo[42]
59へ。残念だが嘘つき朝鮮安倍は支持しないと随所で言ってるだろうが。

全く見境のない人間が投稿などするな。

あんたの親族で日本軍人はいるのか?

ま、いないだろうが。


62. 罵愚[4471] lGyL8A 2016年12月28日 10:56:25 : Gf4cFsAzNU : Pr5nnNC9xcI[19]
>>61. 大和狼さん
>あんたの親族で日本軍人はいるのか?

 親族に戦死者のいない日本人に出会った経験は、わたしにはないなぁ。むしろこんな質問を出した大和狼さんって、日本人かどうかを疑う。70年を過ぎて、事実と記憶を残す努力とおなじように、誤報・ねつ造をくりかえすメディアや、自虐のとりこになった日本人の駆逐に取り組む必要が増している。
 


63. 大和狼[624] keWYYZhU 2016年12月28日 11:28:07 : tmUdaCHHuA : blgR0k5DmEo[43]
↑ 日本人以外にはいないから聞いたのだがな。

誤爆だらけだな。


64. 2016年12月28日 12:34:30 : vIuLgFFEmw : j@n72fbMflQ[158]
>>24. 大和狼

 ↑ 妄想してるんじゃないよ馬鹿、くだくだしい長文は、自信の無さの現れか?

 >>日本の将兵は自分の親兄弟と日本国とそのアイデンティテイを守る為に戦ったことをその子孫である今の日本国民は忘れてはならない。

 ↑ これが一番の妄想だな・・・無駄に長いから、他は読んでないが・・ハハハ・・いったい誰に、こんな[嘘むを教えてもらった? 日本の当時の権力(軍部)が守りたかったものは、「国体思想」だけであり、国民の命など、どうでもよかったことは、どんな馬鹿でも知っている・・・「国体思想」等と言うものに拘っていなければ、一年くらい前には、降伏できたし、200万人程度の国民の命は助かった・・・日本の将兵は、空襲も原爆も防げず、親兄弟も救えなかった、つまり、自分自身の死も、単に強制された「犬死」だったのだ。

 お前の「日本国とそのアイデンティテイ」と言うのは、この「国体思想」の事か?、だとすれば言っておくが、こんなモノは、日本の伝統でも、アイデンティティでもなんでもない・・・江戸末期の水戸学と言う「国粋カルト」の思想でしかないし、それが、昭和前期の「陸軍」の中に蔓延した、単なる「カルト宗教」の一種にすぎない・・・日本国内においても、水戸から長州へと受け継がれた、極めて特殊な「妄想」なのだ・・・まあ、妄想する事の好きな、お前には、お似合いかも知れんが・・・ハハハ。


65. 2016年12月28日 12:36:45 : DvgQwAGBv6 : LkOQbWA2meA[160]
人間はそんなに勇敢じゃないと思いますよ。
気でも狂わないとねっ!

あの白州次郎は、何か良いような事を言ってるようだけど、言うだけなら誰にでも出来る。

白州次郎は、自分に赤紙が来たら吉田茂だったかな?兎に角政府の凄いお偉いさんに直接面会して、その赤紙を他の人に行くようにお願いして、自分は徴兵を逃れたと言っています。
白州次郎と言うTVでやってました。
白州次郎の代わりに誰かが犠牲になったのかもね。
普通の人はいくら泣いても吠えても泣きわめいてもショウベンちびっても召集令状から逃れる事なんかできないもんね。
白洲次郎のように卑怯な手を使ってでも逃れようとしても出来ないしね。


66. 2016年12月28日 12:47:12 : vIuLgFFEmw : j@n72fbMflQ[159]
 >>24. 大和狼へ

 「殆どすべての特攻隊員は、ピロポンを注射されて、棺桶(特攻機屋や人間魚雷)に詰め込まれたし、殆どすべての兵隊は、ヒロポンを常用していた」・・・少しは、この事実に向き合えよ、こんな薬に頼るしかない戦争というものをを美化して、嬉しいのか?・・・妄想好きのお前には、事実と言うものが、気に入らないのか?


67. 大和狼[625] keWYYZhU 2016年12月28日 12:58:40 : tmUdaCHHuA : blgR0k5DmEo[44]
しかし神風特攻隊はすごい。

お国を守る為に自分の出来ることをしたなどの証言は今の日本人が引き継がなくてはならない。

戦争を非難し、そのような状況に到った歴史を怨むとしても、特攻隊を始め太平洋諸島での多くの将兵の戦いと死をもって日本が守られた事は歴史の事実だ。

どこの国の人間でも自分の国は守る。その壮絶な守り方が世界から絶賛されている。
Way of japan. だった。

この私も戦争は反対だ。南スーダン行って他国の人間を殺すなど、先の日本の戦争の教訓を忘れた忘恩の行為だ。

戦後になって外国人を一人たりとも戦闘行為で殺していない平和国家は日本人の誇りだ。

日本は原爆などの大量無差別殺人により詔勅にあるように戦争を終結したが、敗戦はしたが負けたのではないのではないかという気がしてきた。

平成天皇もパラオで御国を守る為に亡くなった皆さん、と述べている。

NHK.や朝日は決して報道しないだろう。

戦前の日本を評価すると、戦争反対は正義の武器とばかり自分だけが戦争に反対しているつもりで傘にかかって攻撃してくる連中の愚かさには辟易する。
そういうやつに限って戦前なら天皇の名を騙って好き勝手した連中と同じ臭いがするわ。


68. 2016年12月28日 13:07:56 : ogTxivsbwc : vBCc94T9Rcs[4]

チミたちは褒められて育った褒められる為にしか生きれない人間ではないだろうな。

疑って済まないがチミらは人間が軟弱すぎて豆腐の角に頭をぶつけて既に死んでいる。

そのうち死んでるが死ぬ前に言っておくとしたらチミらを喜ばせるのは一番簡単なことだ。

永遠のゼロを恒久的ゼロに書き換えてチミらを魅了してやろうか。それは馬鹿に任せるよ。

hahahahahahahabaka


69. 2016年12月28日 13:17:49 : svbaxheZ5w : HvFWciug80Y[53]
>>67
ISISの凶行をすごいと言っているのと同じじゃないですか?

70. 2016年12月28日 13:27:49 : tmUdaCHHuA : blgR0k5DmEo[45]
69 。
あんたはバカだ。

その違いもわからないばか。

永遠のゼロだな。

[32初期非表示理由]:担当:言葉使い

71. 大和狼[626] keWYYZhU 2016年12月28日 14:27:30 : tmUdaCHHuA : blgR0k5DmEo[45]
レで話を広げてる。全員がそうだったとでも言いたいのか。
記事元は朝日新聞。慰安婦、南京を捏造した捏造新聞社。赤匪新聞と呼んでいるが。
慰安婦、南京、侵略がこの赤匪新聞と戦前の日本を全否定する反日の輩の判別のキイワードだ。
私は似非愛国統一教会パチンコ朝鮮安倍政権も稲田も日本乗っ取り背乗り政権と見ているから、この3つの

私たちは、かわいそうな人でも何でもありません。

今の時代から見れば、そう考えるのかも知れませんが、

当時は国の為に命をささげることに大いなる価値があった。

やはり物事を正しく見るには、

当時の状況を前提に考えないと当事者4の気持ちまで理解するのは難しい。

その時代の雰囲気、戦況、そういうものの中にあって初めて生まれる心境です。

平和な時代とは前提が違う。

今の若い世代の皆さんも、もしあの時代に生きていれば、

同じ心境になったと私は思います。

(『特攻最後の証言』古武登志夫著より)
私たちが知っている特攻隊員
私たちが知っている『特攻』の知識は、
太平洋戦争末期、敗色濃くなった戦況を打破し、大日本帝国勝利の為、自らの命を捨て敵艦に突入した帝国軍人。

http://news.livedoor.com/article/detail/8397515/


72. 大和狼[627] keWYYZhU 2016年12月28日 14:43:14 : tmUdaCHHuA : blgR0k5DmEo[46]
腹立たしげにこういった。『報道班員、日本もおしまいだよ。ぼくのような優秀なパイロットを殺すなんて』『ぼくは最愛のKAのために行くんだ。命令とあらば止むをえない。ぼくは彼女を護るために死ぬんだ。最愛の者のために死ぬ。どうだすばらしいだろう!』」

 関大尉は当時、新婚5カ月。KAは海軍用語で妻を指し、その言葉からは苦渋に満ちた決断が伝わる。

×   ×

 特攻隊員が愛する者を守り、国の行く末を案じる気持ちが行動の芯であったのはまぎれもない事実だが、美辞麗句で片付ける前に、生への執着を断ち切るまでの想像を絶する努力と決断があったことは想像に難くない。

 ところが、軍神とあがめられた特攻隊員に対する賛美は敗戦とともに影を潜め、遺族を取り巻く環境も一変した。

 関大尉の母、サカエさんも、「軍神の母」からいつしか「戦争協力者の母」という批判を浴びせられる。

 訪れる人もなく、衣類を闇米に代え、草餅を作って売り歩いた。晩年は西条市の小学校に住み込みで働き、昭和28年11月、還暦を前に亡くなる。

 意識が混濁する床で、「行男の墓を建ててください」とつぶやいて息を引きとったという。

 サカエさんが亡くなった際、戦時中は「軍神の母」につきまとっていた新聞記者が、「そんなもの記事になりますか。軍神がなんですか」と吐き捨てるように言ったという。


73. 2016年12月28日 15:55:45 : BZM3XNbcYE : MyFbdaCvvx4[3]

>ISISの凶行をすごいと言っているのと同じじゃないですか?


海外反応 キキミミ

外国人「イスラム国の自爆テロをカミカゼと呼ばれてることに日本人が困惑しているらしい…」(海外反応)

2015-11-19 (Thu)
http://xxxkikimimixxx.blog.fc2.com/blog-entry-2869.html(海外コメント抜粋)

今回の事件に別の言葉を当てはめるべきではない カミカゼと同義の攻撃ではないのだから テロリズムはテロリズムと言うべきだし、歴史書に書かれている言葉を安易に使うのは愚かだ


カミカゼが狙った相手は兵士 戦時中の、戦略の道具として用いられた人たちのこと 今回のテロにそれは見られない むしろ一般人に対して用いられた「リトルボーイ/ファットマン(いずれも原爆を指す)」とするべき


第二次大戦中のカミカゼアタックは、一般市民を殺したりはしなかった だがその言葉が911のときにブッシュがイラク攻撃を正当化する際に用いられたことで意味が変わった そこから今回のシリア問題につながる 人間は学ばないね 歴史は繰り返すよ


カミカゼというのはごく限定的な意味合いを持つ 戦闘機ごと突っこむ爆撃方法だ パリのテロとは違う


モンゴル軍との戦いで巻き起こった「神が送った風」のように、連合国軍の艦隊に突っ込んできた戦闘機がカミカゼアタックだよ パリのテロでは何も守っていない 現代の用法ではカミカゼと言うと自殺行為や、可能性の少ない状況に挑む決死の状態を指すようだけどね


神の御名にかけた自殺行為、という意味では同じと思われるかもしれない でも日常生活を送る一般市民に突っ込んだわけじゃない 非武装の人間、特に障がい者を最初に狙ったという点で、勇気とは真逆だし、それは神の御名のもとの行為ではない


カミカゼというのは帝国日本軍が行ったものだけ それ以外はすべて、単なるテロリズムだと思う


●洗脳されたISISのバカどもがやったことをカミカゼなんて呼ぶのは、第二次大戦中の日本人に対する冒とく


自爆テロとカミカゼは違う カミカゼパイロットには名誉を守るための厳格な規律があった ISISには決して理解できない部分だよ


一般市民を狙った攻撃をカミカゼとは言わない


カミカゼは愛国心と名誉がある テロリズムとは違う


バカには戦争とテロの区別がつかないのさ

(日本人コメント)


90374
そもそも神風特攻隊は必死ではあったが自殺攻撃じゃねぇよ。
2015-11-19 17:35 名無しさん [ 編集 ]


90376
外来語?国が変われば使い方が変わる?そもそも日本人は特攻のことも自爆のことも「カミカゼ」なんて呼ばない
2015-11-19 17:39 名無しさん [ 編集 ]


90379
永遠の0とか観て解らないのかなー
国が定めた事とは言え、命を懸けて国を守った事実は本物だよね。
ましてや、民間人に向けられた非常識なテロリズムとは別物だわ。
第二次世界大戦では、日本以外はテロリズムだった。
2015-11-19 17:45 何・・・ [ 編集 ]


90385
●家族の為に命を燃やした神風隊とテロリストを一緒だと…?
2015-11-19 17:55 名無しさん [ 編集 ]


90387
そりゃ特攻にあたる言葉が外国じゃKAMIKAZEしか無いからこうなるんだけど
当の日本人としては嫌な気持ちになるのは当然だよ
嫌なことは嫌って言い続けるしかない
2015-11-19 17:58 名無しさん [ 編集 ]


90394
普通に「テロ」って言えばいいだけなのに
何でわざわざ「神風」という言葉を使う必要があるんだ?
こういう無神経さが無駄な争いごとを生み出すんだぞ
2015-11-19 18:07 名無しさん [ 編集 ]


90399
無差別なんだから神風じゃなくてドレスデン爆撃だろ
2015-11-19 18:32 名無しさん@ニュース2ch [ 編集 ]


90403
>政治的な意味合いもある 「カミカゼ」というのは第二次大戦中のファシスト的な思想を狂信的に体現したも


●いや戦前の日本も普通選挙だったし
ファシストとは一党独裁の事だったんだが。

●ところで白人は長い植民地や征服地の先住民に選挙権を与えていたのか?
2015-11-19 18:36 名無しさん [ 編集 ]


90410
●アメリカ軍の民間人を狙った原爆投下や東京大空襲や無差別機銃掃射の方が凶悪なテロだろ。
2015-11-19 19:02 うちはん [ 編集 ]


90418
万全な防御網を構築していったアメリカ海軍に対して艦船まで到達するのは至難だった。

しかし欧州はトロイの木馬のごとく移民として懐に入れまくって
攻撃し放題だな。

ああ日本も例の密入国民族を受け入れさせられて世界初の化学兵器サリンテロ攻撃を受けたな。
2015-11-19 19:11 名無しさん [ 編集 ]


90419
●いや一時のことを思えばこんな感想が出てくるのがすごいよ
時代が日本に好意的に変わったんだなあと思う
2015-11-19 19:11     [ 編集 ]


90426
日本人でも勘違いしてる人間が多いが
神風攻撃は
局地戦ではダメージを与えられなくなり戦術としてはダメだったが、
●日本には国を守る為に命を賭ける兵士揃いだと悟らせる戦略として結果的に効果を発揮したよ。
●どうせレイテ辺りからもう負け確定だったから後は国体を守る為の交渉だったわけだ。
●そして命を賭ける兵士揃いの日本に上陸占領は不可能とアメリカは日本の無条件降伏を断念させ国体が守れた。
●国体が失われていたら共産主義化したり国が分割したりとかだったろう。

ただ特攻を命じた上部士官はその都度一緒に突っ込めとは思う。
まあ神風攻撃を発案した人間は切腹したようだが。

2015-11-19 19:23 名無しさん [ 編集 ]


90431
困惑?
●困惑じゃなくて怒っているんだぜ。
しねクソ外人。
2015-11-19 19:33 名無しさん@ニュース2ch [ 編集 ]


90434
(略)
●そもそも、アルカイダもISも欧米側が造った組織じゃんw

アホな大衆がヒール役を非難して盛り上がるプロレスファン状態なだけじゃね?w
2015-11-19 19:35 名無しさん [ 編集 ]


90442
敵の戦力弱体化を狙った神風と、一般市民への無差別虐殺のテロを同一視するとはね(^^:)
今回のテロは、米軍の広島長崎への原爆投下と同じ「民間人大虐殺」だよ。
まぁISISが勝てば全部正当化されるね。
「白人は卑怯で劣等だから神の名において清浄な世界へ我々が導いてやる」って
国連が日本に対してしたように 凸`д´)

2015-11-19 19:47 名無しさん [ 編集 ]


90515
テロ:日常の市民に突っ込んで自爆する

特攻:マシンガンを乱射してくるガチムチに突っ込んで自爆する
2015-11-20 07:59 名無し [ 編集 ]


90839
神風を命令した上官をひどいと言うのもどうかとは思う。命令しないともっと多くの民間人が死んでたかも知れない。
それもひとつの思考停止。ステレオタイプに毒されてるんじゃないか?
2015-11-21 14:55 名無しさん [ 編集 ]



74. 2016年12月28日 16:19:15 : BZM3XNbcYE : MyFbdaCvvx4[4]
天声人語・・腹を括っていた特攻隊員さんを屁タレな腰抜けみたいに書いてあるが、どうもおかしい。
どこかで読んだ鬼畜死刑囚の様子に似ている気がして調べた。
やはり死刑執行日の死刑囚とそっくりだわ。大久保○?
アサヒって取って付けたんじゃあるまいな?
いずれにせよ、朝日は旭日旗を社旗に使うのは忌々しいから止めるべきだ。


No.068 死刑執行当日の流れ
http://ww5.tiki.ne.jp/~qyoshida/jikenbo/068shikeishikko.htm(一部引用)

・・午前9時が死刑囚たちの恐怖の時間帯であって、この時間帯に館内に足音が聞こえてくるとすさまじい緊張状態となり、耳をすまして足音の行く先を伺う。

ある刑務官は、たまたま別の用事で朝、独房の扉を開けたところ、中にいた死刑囚が恐怖に引きつった顔でブルブルと震え、失禁していたのを見たという。

通達を受けた死刑囚の反応は様々で、素直に覚悟を決める者もいれば腰を抜かして立てなくなる者、物を投げたり暴れたりして抵抗する者などがいる。

だが有無を言わさず刑務官たちが両腕を抱(かか)え、処刑場まで連行する。・・



75. 2016年12月28日 16:35:51 : gyc7yXtbq2 : Hs4vrNfs41c[118]
>>73
何が言いたいのか良く分からない。
例えば
>●洗脳されたISISのバカどもがやったことをカミカゼなんて呼ぶのは、第二次大戦中の日本人に対する冒とく
行動の原理と言うか源は同じでしょう。
彼らも国のため、家族のために自爆テロをやった又はやらされた。
日本軍は特攻の以前で散々の民間人を殺してきている、特攻だけが特別ではないと思うがいかが?
ましてや全く勝ち目の無い状況で最後の屁を掛けるような無駄な事をやらされたと思いますが。
だから彼らもそれは解っていて、出撃までの間気持ちの整理を付けるために酒を飲み、やりたい事をやったのでしょう。
そんな無駄なことをやらされたのは特攻隊員もISISの人も同じ、美化される話でもないと思う、むしろ反省をしてこんな事は金輪際在っては成らないと言うべきであると思う。

76. 2016年12月28日 16:46:08 : gyc7yXtbq2 : Hs4vrNfs41c[119]
源田実を生かしていたのが特攻隊の恥さらし、結局彼らの命は犬死、責任者を吊るすべき。
海軍の戦争犯罪 源田 実は人命軽視の超国賊
http://www.d4.dion.ne.jp/~ponskp/yamato/tokkou/tokkou_1.htm

77. おじゃま一郎[5879] gqiCtoLhgtyI6phZ 2016年12月28日 16:47:30 : W4UMlYbRAM : iyGY2F62JT8[14]
もともとイスラムの教えでは、自殺攻撃など許されないが
日本の神風特攻隊がクスリを使っているのを知り、
テロ集団が自殺攻撃を取り入れたのだ。

古くはイスラムの組織にはアサシン教団という暗殺専門
集団があったが、事を起こすときアラーの神に忠誠を誓い
大麻の一種であるハッシシを吸った。

このイスラムの過去の習慣が神風特攻隊と非常に親和性が
あり、現代のテロ集団が特攻隊の自殺攻撃を取り入れているのだ。



78. 2016年12月28日 18:54:30 : zU3bOA6eeQ : D1Ln9H3teEc[312]
>>74

 だからさあ、特攻隊員が特攻機(や人間魚雷)での「出撃」は死刑囚が「死刑台に連れていかれる」事と「同一の過程」だったという事なんだよ。お分かりか?

 自分でその時のことをまじめに想像してご覧よ。これから、意識のある状態で「死」に向かうんだよ。数分後か数時間後に。マトモナ思考力を持った人ならば「その時の精神状態」が想像できるからさあ。尤も他人事の貴殿にはその時の極限状態は理解できんだろうな。

 貴殿が、人生を振り返って「もしかしたら命を失ったかもしれない」という状態を経験していたらその時を思い出してごらん。そのまま、幸運が訪れなかったらと・・・。

 バカウヨのような無様なコメントはやめた方が貴殿の尊厳が保てるよ。(と言ってもそのような繊細な思考力を備えていないから、74のような「他人事コメント
」を恥ずかしげもなく投稿できるんだよね。)
 


79. 2016年12月28日 19:09:55 : zU3bOA6eeQ : D1Ln9H3teEc[313]
>>64さん

 短文ながら核心を的確についたコメント、感動しました。

 真実が軽んじられ、嘘がまかり通る現在の日本(と米国やその他の多くの国)は、マトモナ精神状態ではありませんね。

 それでも歴史は「行きつ戻りつしながら、やがては前に進む」と信じ、嘘は嘘と言い続けることが必要ですね。

 貴殿の「嘘を鋭く切り裂くコメント」を読み、以上のような感想を持ちました。

 今後とも、ご指導のほど(=阿修羅に理性的なコメントを投稿して頂きたく)宜しくお願い申し上げます。

 (By78コメント投稿者=大根百姓)


80. 2016年12月28日 19:15:57 : lIxFKqGEcs : nGqx7wiw6jo[50]
近親者を亡くされた後、落ち着かれる人と狂う人に分かれるように思います。
落ち着かれる人の側には、亡くなられた方が守っていられる。
狂う人は、亡くなられた方の心残りが感じられる。

日本帝国の犯罪行為の弔いは十分ではないと思いますが、
ご先祖様や親しい方々のお弔いは、ご自分でできることなので、できることからされたらよいかと思います。

亡くなった祖父が戦争でどのような暴力を行ったのか、残された家族が知るすべはないのですが、親族が集まると、その話題を繰り返すようになりました。
不可解なこと、困っていることが増えてきているからです。


81. 大和狼[628] keWYYZhU 2016年12月28日 21:48:34 : hy55y1MCkU : h4GysCZjF7o[112]
日本は悪かった。慰安婦に南京に特攻隊。

無理矢理無惨な戦争をさせた悪いやつがいて国民は騙されだから天罰として原爆を落とされました。

だから二度としませんバカなことは。


みんなお国を守る為に戦ったなど騙されていたんです。

ってこういう事ね。

中国共産党もGHQコミンテルンも最近は韓国も喜ぶ日本人の奥ゆかしい心根ですな。

私はそういう風には考えませんがね。

ご苦労なことです。

戦前も戦後も洗脳される日本人と洗脳する敵性人種は多いのですがね。

もうカルトのレベルなんですがね。

余談ですが、サリン事件は朝鮮テロということはご存じですよね


82. 2016年12月28日 21:50:30 : gFW7dka71U : YrM0Tpn31nI[436]

「37」ヨ

各地の特攻平和記念館行ってみな、特攻隊員の戦没享年が載ってるから。

オマエがどうしても特攻隊員を「大学卒のエリート」にしたい意味が解らない?

だったら戦後「官公庁」「大企業」を支えたのは「大学卒の落ち毀れのヘタレ」ばかりって事になるがネ〜♪

>>このような大嘘を公然と吐くのは、息を吐くように嘘を吐く朝鮮人に違いない。

へ〜ぇ 息を吐くように嘘を吐くのは「朝鮮人」ですか?

俺は朝鮮人が日本人のルーツと思っています。

それはそうと、息を吐くように嘘を吐くのはキチガイ安倍総理の御得意技なんですが?

ええ!そうすると矢張りキチガイ安倍の親父晋太郎が、知人に「俺は朝鮮人」って告白したのは本当だったんだ!。

有難う「37」ヨ〜、オマエが証明してくれて感謝してるヨ!(LOVE


83. 2016年12月28日 22:00:48 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[1321]
■特攻隊として散った英霊の皆様、嘆き悲しんで下さい。

アヘ総理はオバカ大統領に英霊の皆様の行為を謝りに行きました。

米軍人2000人、軍関係で働く民間人70人ほどの犠牲であったとのことです。

真珠湾には(あらかじめ)空母もなく被害は極小だったようです。

そして(まってましたとばかりに)2種類の異なる技術の原爆2発が一般市民の日常の生活が始まる時刻を狙って、ヒロシマとナガサキという都市のど真ん中に投下され何十万人という男・女、老人・子供を問わず無差別に瞬殺され、その後も長く被爆症状に苦しめられ死者は増えてゆきました。

人的及び物的被害のデータは全て米国に提供させられ、被爆後遺症のデータも提供され続けました。

2つの異なる技術の原爆の実際の市街地での破壊力や人体に対する殺傷能力を実証する実験としては完璧なものでした。

極東の島国での原爆であれば、米国本土の砂漠や遠く離れた米領土のビキニ諸島などで実験するよりも、もっと米国本土への影響は少なく、米国はこの上ない機会を得たのでした。

9.11がイラク攻撃のおとりであったという説が根強くありますが、真珠湾攻撃は日本での原爆の実証実験のおとりであったとしたら、アヘ総理がオバカへ謝りに行くという行為はいったいなんなのでしょうか?

特攻隊として散った英霊の皆様の魂を救うために我々は何をすべきなのでしょうか。


84. 山田ミー太郎[130] jlKTY4N@gVuRvphZ 2016年12月28日 22:21:57 : IE7yy8dFd6 : 5xNUB@zd5sE[7]
特攻隊とは少し話題がずれるので申し訳ないのですが・・・

>>67さん

真の日本人であれば「平成天皇」とお呼びするのは
たいへん失礼ではないかと・・・

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8A%E4%B8%8A%E5%A4%A9%E7%9A%87
(上記URLの記事中「『○○(元号)天皇』という呼称について」を
ご一読下さい)

http://www.kunaicho.go.jp/about/history/onrui-h01.html
(追号奉告の儀 平成元年1月31日)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%A1%8C%E5%A4%A9%E7%9A%87
(大行天皇とは)


85. 2016年12月28日 23:19:11 : RzOr01j02A : X0rqIHJ31aI[307]
天皇を僭称するほうがよほど不敬かと。

86. 2016年12月28日 23:28:45 : zhLAUVK6iE : A3k1f0PwKiQ[7]
戦争屋に協力した旧日本陸軍一味は終戦間際は、日本を立ち上がれなくするために男性を食料のない戦地へ送ったり意味のない特攻をさせたりして日本共同体の本土の自主的に立ち上がる力と意思、戦力を殺ぎました。
敗戦国にして支配する恩恵として、法律を無視して超法規的に支配できる見返りをもらい、今官僚エリートに紛れ込み社会共通資本を略奪したり、賭博利権を与えられ、反対する勢力に過激派を送り込むなど工作活動(ネトウヨもその一環)を行っています。今なお、それは人脈として受け継がれています。

87. 2016年12月29日 01:08:47 : AiChp2veWo : crH3ggO@jw4[788]
29様の心は深く同感するものです。神風、回天、においても、全日本人の心ともいえる。せつこの逝去の心の状態は、兄が世界、兄一途の思いの元、眠った。作者の懺悔が垣間見えるとしても、それは、なおもっと・・・である。いずれにしても
ここに日本人の情魂がある。

88. 2016年12月29日 09:21:35 : gyc7yXtbq2 : Hs4vrNfs41c[120]
>>83
特攻隊として散った英霊の皆様の魂を救うために我々は何をすべきなのでしょうか。
いま日本に巣食っている戦争屋と、基地外内閣と基地外官僚どもを処分することです。
武力に寄らない平和を築くべきです、それを実行すべきです。
いまの内閣と官僚は真逆の事をしている。

89. 大和狼[629] keWYYZhU 2016年12月29日 11:15:07 : hy55y1MCkU : h4GysCZjF7o[113]
82さんへ。
戦争も末期には学徒動員(徴兵)され東大や慶應などからも志願?などで航空隊に配属されゼロ戦パイロットになった様ですね。

だから真珠湾の解説も間違いではないのでは。
私の叔父は海軍幼年学校?余科練という操縦士の訓練を受けた様ですがお

特攻当時は今の高校球児に年頃かな?と思いますので、当時の大学生と言っても今と違って何て行ったっけ?若かったと思いますよ。
もう年寄りの生存者もネットでは教えてくれないでしょう。

だから覚醒剤や泣きわめいて失神同然の特攻隊員を無理矢理乗せただの南京と同様のfake ジャパンヘイトプロパガンダが行われていると思いますよ。

日本軍が残虐行為をしたという元日本兵の証言もシベリア→中国捕虜として思想改造と称して洗脳され日本軍の残虐行為を早く釈放されたい一心で作文し、誉められた者から日本に還されたという事実があり、中には本当に共産主義者になり、戦前から続く日本の共産化コミンテルンの活動の協力者になっていた人間も いると考えられます。
この他に戦争での残虐行為吹聴し、持て囃されたり朝日などの新聞記者が払う取材料目当てだったとかもあるようです。
戦後の反日反戦プロパガンダは中国共産党や始末の悪いことにGHQ(中味は共産コミンテルンが多くハルノートを書いたホワイトもソ連のスパイとして逮捕された) と一緒になって日本戦争悪者思想洗脳を行ったから始末の悪い話だ。
日本の共産化の策謀は戦前のゾルゲ事件や関東軍にも共産主義軍人も多くいたとされ、近衛文麿も疑われている。自殺の理由もそこにあるのかとも。近衛の家庭教師はゾルゲ事件の尾崎だ。

朝日新聞の本田勝一は戦後のノンフィクションライターとして持て囃されたが中国での南京事件のことを中国共産党の言うままに裏も取らずにルポしたものだ。

この他森村誠一など角川の猟奇文学悪魔の飽食などの小説も731部隊の役割を捏造したフィクションである事が明らかになって来ている。角川書店自体宗教カルトの経営的影響が色濃いようだ。

要するに戦後の戦前の日本国に対するネガテイブプロパガンダは日本人に二度と欧米や中国に歯向かわないように敗戦時の日本人の反戦、厭戦感情を巧みに利用し感情を強力に増幅させたものとも言える。

洗脳された人間の特徴は脳の思考力の柔軟性が殆どないところで、既存の認識と異なる思考に対しては激しい怒りの感情を示すところだ。


90. 2016年12月29日 17:23:43 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1094]
そもそも 神風特攻が、唯一の戦法として定着した頃には、B29が我が物顔で本土上空を飛び交い
迎え撃つ日本軍の反撃は B29の進入高度に辿り着くだけで精一杯 高射砲もまったく届かず
日本の各都市は焼野原にされていた時期である 特攻なんかしたところで戦局を挽回するなど
逆立ちしたって無理である事は よほどお目出度い人間でない限り 理解出来ていたはずである
無駄死にである事は 大部分の特攻隊員が 馬鹿でない限りは 絶対に判っていたはずである

実際 戦艦大和の水上特攻の生き残りの元少尉 吉田満の著書 「戦艦大和の最後」 には 20年4月の頃には
一般水兵や兵士たちから、無能なる軍上層部への痛烈なる批判は もはや常態化していたと記されてある

「左官以上は全員切腹 日本を救う道は これよりなし」
「世界の三大馬鹿 無用の長物 ピラミッド 万里の長城 そして戦艦大和」

こういう上部批判が 聞こえよがしに 叫ばれていたという しかし 上官達は ただ聞いても聞かぬふりを
していただけと 吉田満氏は証言している

そして、片道燃料での水上特攻を命じられ 最後の出撃をする前後 自分達が無駄死に犬死にであるか否か
ガンルーム(一次士官室)では、殴り合いの喧嘩にしばしば発展するほど 激論が交わされたという

戦艦大和に乗り組める人間は、海軍でも選りすぐりの鍛え抜かれた軍人達である事は言うまでもない事
その選び抜かれた軍人達でさえ、無駄死にであるか否か 壮絶な葛藤に苛まれていた事実が有るのだ
後世の人間ではない 当時の 鍛え抜かれた軍人達でさえ こう思っていたのである

結局 無駄死にであるか否か その激烈なる論争に 一応の答えを出し 喧々諤々の議論に終止符を打った論理が
唱えられた臼淵大尉の主張が残されている
________________________________________

「進歩のない者は決して勝たない 負けて目覚める事が最上の道だ 日本は進歩という事を軽んじ過ぎた 私的な潔癖や徳義に拘って、本当の進歩を忘れてきた 敗れて目覚める、それ以外にどうして日本が救われるか 今目覚めずしていつ救われるか 俺達はその先導になるのだ。 日本の新生に先駆けて散る。まさに本望じゃあないか」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%BC%E6%B7%B5%E7%A3%90
________________________________________

はたして 本当に その臼淵大尉が 実際に言った言葉なのかどうかは疑問視する声はあるものの
戦艦大和 乗組員の 考え 気持ち 総意を、表現している事は 間違い無い事であるとの評価は揺るぎない

この考え方によって 辛うじてようやく 乗組員たちは一応納得して 死出の旅に向かったのである。


91. 2016年12月29日 19:17:21 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[1317]
   特攻という自爆行為が素晴らしいと思えるとすれば、それは敵地に爆弾として投下する、その肉弾が敵を多少なりとも脅かし、戦局の好転を望んだからだろう。
  しかしながら、そういう作戦は個人で計画出来るものでは無く、必ず上層部の指示命令によって実践されるものである。
  とすれば、結果的に、勇気があった、と個の兵隊を称える事が出来るとしても、それを企図し命じた者は本人では無いのであり、問うとすれば、特攻という自爆命令は正しかったのか、指示命令した者は勇気のある素晴らしい決断をした、と評価できるのか、が問われるだろう。
  戦争も一定のルール下で行われなければ、武士であろうと背中からいきなり斬りつけることは卑怯者とされるところ、戦争とて同様であり、例えば宣戦布告、使用する武器、兵器の平等性、捕虜の扱いなど、かなりの厳しいルールが課されていた筈である。
  それを無視すれば、肉弾を投入したり、奇襲作戦に出たり、捕虜を残虐に扱ったり、いわゆる自暴自棄となり、これは戦争に勝つための戦略というよりもいわゆる殺人行為であり、正義とは言えないものである。
   指示命令する立場の軍参謀にしても、自国の兵士は可能な限り祖国へ帰してやると誓うのは当然で、それには、戦局を見つつ、場合によっては撤退、撤収、停戦宣言、休戦宣言等、緩急取り混ぜた緻密な戦略を要するところ、とにかく暴れるだけ暴れて見せます、との勢いで、戦略ともいえないような自暴自棄に至り、多くの兵隊を特攻を含めた突撃、自爆行為に駆り立てたのである。
   とにかく、一旦端緒を得たからには、勝までは負けでは無い、とばかりに、戦略を立てずに残り一兵卒まで使い切ろう、というのが軍部と政府の統治エリートであったのである。
   勘違いしてはならないのは、命令によってしか行動出来ない兵隊を、使う立場の者が存在し、彼らのマネージで如何様にも事態は悪化するのであるから、そこを問わねばならないのであり、では、自国の兵士を特攻という片道燃料で肉弾とし
て投下した軍参謀とそれを容認した政府に、勇気が有ったのかと問えば、戦略無き状態で兵士に消耗を強いた、これはまさに、現代で言えばブラック体質であり、到底次の試合にはまたしても同じ事を強いられる、と考えなければならない。
   それが、当事国の国民が歴史に学ぶ、ということだろう。

92. 2016年12月29日 20:57:57 : EIHH4CSarE : ZNs6WKx@BdQ[413]
戦争にルールがあるというならば、例えば、戦場で活躍する兵士の皆様のストレス解消のためと称して、慰安所なるものを作っては、現地から、現地の法律に基づく合法的手段により、採用された女性を、慰安婦として賃金を貰いながら、好き勝手に弄ばせていた、ということであれば、それも、休日などを利用して、自らの賃金を支払って楽しんでいた、ということであれば、プライベートでの風俗通いをしてに過ぎないし、これがナチスドイツによる前科だとしても、このナチスドイツにまんまと騙されて戦場に行った兵士個人の自己責任で済ましたとしても、これ以上でもなければ、これ以下でもないことは、国際社会全体としても共感できるものであることは当たり前のことですが、戦前の日本にしてみれば、「お国のため、天皇陛下のため」などと称して、まんまと騙されて戦場に送り込まれた使い物にならない間抜け兵士のストレス解消のためと称して、これもまた「お国のため、天皇陛下のため」などと称しては、韓国や中国をはじめ、多くの女性をまんまと騙してかき集めては、戦場に送り込んで、このような慰安所なるところで、使い物にならない間抜け兵士の性奴隷として好き勝手に弄ばれた上に、これがバレるのをごまかそうとして、使い物にならない間抜け兵士については、自爆攻撃などで見殺しにしたのを、英霊と称して、靖国神社に奉っておきながら、これにまんまと騙されて好き勝手に弄ばれてしまった多くの女性たちは、口封じのために、見殺しにしたり、生き残ったとしても、これを「女性が多く活躍している仕事や職種をピンクカラージョブなどと言っていったところで、このような大日本帝国軍性奴隷問題の前科をごまかそうとする魂胆そのものこそが、本質的な見立てであることが、国際社会全体からは、もうバレバレのことであることの違いを見れば、反論の余地はどこにもないことは、ドイツやイタリアにとっても、当たり前のことですが、これがアメリカやイギリスからしても、この日本国だけが、どんどん馬鹿にされることになろうとも、反論の余地はどこにもないことは、これを胡麻粗糖とする魂胆が見え見えの日本会議をはじめとする日本の右翼連中だけが、仲間内だけで、どんどん涙を流し続けながら、どんどん勝手に馬鹿にしあいながら、どんどん勝手に子供の喧嘩をしてでもして、どんどん涙を流し続けながら、どんどん共倒れ状態となって、どんどん歴史の闇の中に、とっとと消えていくことになろうとも、これこそが「お国のため、天皇陛下のため」であると同時に、全人類にとっても何よりのことだということを誇りとすれば、「天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守りながら、この日本会議だけが、誇りを持って、どんどん大泣きして、「大日本帝国の大馬鹿野郎!」と勝手に叫び続けながら、全人類からは、「天皇陛下有難うございます」とだけ深く感謝をして応えて来て貰えることにこそ、誇りを持って、どんどん涙を流し続けながら、どんどん意欲も熱意も全てを喪失し、どんどんへこみ、どんどん歴史の闇の中に、心置きなく、そのままひっそりと泣き寝入りをしながら、そっと静かに消えて下さい、ということで、このような悪意だけを、どんどん切り離して断絶させてしまうことで、何のデメリットもなければ、これこそが、自らのメリットが、全人類をはじめすべての他者にとってのメリットにもなることで、これこそを「公共の利益」として分かち合うことにより、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことができる社会に、どんどん変えていくことで、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守りながら、これを国際社会に良いロールモデルとして、どんどん見せつけていくことで、乗り越えていくことにすれば、この代償として、「全体主義そのものだけを自己破壊させ、国体思想なるものだけを、天皇制とは根本的に断絶し、歴史の闇の中に、そっと静かに葬り捨ててしまうことで、相対化させることで、天皇制を個人主義の象徴として、そのまま君臨すべき存在とすれば、日本が日本でなくなってしまうことは何処にもないし、これ以上に失うものはどこにもない以上、むしろ、良いものだけが、どんどん入り込み、悪いものだけが、どんどん無視され、どんどん消えてなくなってしまうことで、自己成長に繋がれば、これこそが「文明の大勝利につながることを誇りとすれば、大いに結構なことであることは、誰が見ても明らかなことなのでは?

93. 2016年12月29日 22:24:38 : P6fQOQvEJ6 : tYwDvqw3NDM[2]
>>89
>戦争も末期には学徒動員(徴兵)され東大や慶應などからも志願?などで航空隊に配属されゼロ戦パイロットになった様ですね。
なので、卒業にはいたってないことになる。「志願?」というのは、徴兵された後で飛行機搭乗員を志願したという軍隊内の話であろう。

>私の叔父は海軍幼年学校?余科練という操縦士の訓練を受けた様ですがお
陸軍幼年学校(士官コース)はあっても海軍幼年学校はないっす。予科練習生(予科練)というのは、当時の高等小学校卒業者程度(今の中卒程度)を対象とした飛行機搭乗員専門の養成コースで、士官にはなれなかったとのこと

>洗脳された人間の特徴は脳の思考力の柔軟性が殆どないところで、既存の認識と異なる思考に対しては激しい怒りの感情を示すところだ。
ふむ、これは大和狼とか称する物の自己紹介であろうか?


94. 罵愚[4482] lGyL8A 2016年12月30日 06:03:53 : Gf4cFsAzNU : Pr5nnNC9xcI[30]
>>91
 あなたはふたつの話題を提供してくれている。ひとつは、指揮官と兵士に二分された組織と、戦略を理解した兵士で編成された組織のちがいですね。日本軍兵士は指導者にだまされて戦場に放り込まれたのか、それとも戦争原因や戦争目的を理解し、指導者と共有して戦場におもむいたかの話題でしょう。
 これは日本人社会と呼ぶ単一民族国家の本質にかかわる話題で、日本人の特質が議論の対象だと思う。トップが戦略を語るとメンバー全員が戦術を理解し、作戦中の状況変化に柔軟に対応できる能力は、日本人の特質なんですよ。良くも悪くも、ミツバチや働きアリの社会とおなじ社会的特質ですね。ビジネスや教育のなかでもこの特質は生きていて、目標を提示されれば社員や学生は方策は自分で考えて、しかもそれが全員共通している。日本人には当たり前の現象なので、気づかないで過ごしているのですが、異国人には不思議なんですよ。
 よく日本の軍隊は指揮官は凡庸で兵士が強健だったといわれますが、それはアメリカ側の将校のいいわけで、日本の将校には細かな説明の必要がなかったのです。そのいいわけに媚びた戦後左翼がふりまいたプロパガンダでもあった。
 ともあれ、これが状況が負け戦に転じた場面では、自己犠牲を容易に受け入れさせた理由でもあったとわたしは考えます。

 ふたつめは、自爆攻撃は違法なのかの話題ですが、自爆攻撃自体は命令も実行も戦時国際法に規定はないと思います。日本軍の特攻命令が東京裁判の訴因になった事実もありません。
 ただし、日本の特攻の攻撃目標はすべて兵器や軍事施設であって、市民生活を目標にしてはいませんから、その部分でイスラムの自爆テロとは法的には別なものだと思います。

 いずれにしても元記事はバカ左翼の妄想ですね…


95. 大和狼[630] keWYYZhU 2016年12月30日 06:30:53 : hy55y1MCkU : h4GysCZjF7o[114]
93は所謂バカサヨクですかね。

96. 2016年12月30日 07:55:45 : OdGHklRcv6 : Vndi3VBMawE[3]
>>93 で大和狼とか称する物が
>脳の思考力の柔軟性が殆どない
ところを実演している。なお、元投稿の朝日新聞の記事は

>戦争と天災のあいだ─記録の改竄、記憶の捏造に抗して (〈道新フォーラム〉現代への視点~歴史から学び、伝えるもの) 単行本(ソフトカバー) – 2012/11/22
>保阪 正康 (著), 姜 尚中 (著)
https://www.amazon.co.jp/%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%81%A8%E5%A4%A9%E7%81%BD%E3%81%AE%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%A0%E2%94%80%E8%A8%98%E9%8C%B2%E3%81%AE%E6%94%B9%E7%AB%84%E3%80%81%E8%A8%98%E6%86%B6%E3%81%AE%E6%8D%8F%E9%80%A0%E3%81%AB%E6%8A%97%E3%81%97%E3%81%A6-%E3%80%88%E9%81%93%E6%96%B0%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%80%89%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E3%81%B8%E3%81%AE%E8%A6%96%E7%82%B9~%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%81%8B%E3%82%89%E5%AD%A6%E3%81%B3%E3%80%81%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%82%8B%E3%82%82%E3%81%AE-%E4%BF%9D%E9%98%AA-%E6%AD%A3%E5%BA%B7/dp/4062180839

から取られた物なので、この件で朝日新聞がどうこうというのは筋違い。

>94
>日本の軍隊は指揮官は凡庸で兵士が強健だったといわれますが、それはアメリカ側の将校のいいわけで、日本の将校には細かな説明の必要がなかったのです。

「指揮官は凡庸(というか無能)」というのは、その前にある、
>トップが戦略を語る
の「戦略」の中身がだめだ、という話なのにねえ。使えない罵愚の面目躍如。というか罵愚は大和狼に「生ゴミの王安倍晋三様にまつろわぬ物は日本人ではない、在日日本人である」と宣告してやるべきではないか


97. 大和狼[631] keWYYZhU 2016年12月30日 08:55:43 : hy55y1MCkU : h4GysCZjF7o[115]
なんだ、安倍晋三支持の朝鮮サヨクか。

日本を守った日本の将兵は普通の日本人だ。

誇りに思うわ。

関ヶ原でも父祖は戦死している。


朝鮮にも遠征しているらしいな。

海軍飛行予科練習生の記録(予科練)2/2.avi" を YouTube で見る

https://youtu.be/ZX6MK37HT_0


98. 罵愚[4483] lGyL8A 2016年12月30日 09:39:26 : Gf4cFsAzNU : Pr5nnNC9xcI[31]
>>96
>「戦略」の中身がだめだ、という話なのにねえ。

 どの時点での戦略を指すのか、この短文では不明確だが、いずれにしても結果論、バカの"あと知恵"の範囲は越えられないと思うよ。それは、靖国への冒とくにも通じるものなんだが…


99. 大和狼[632] keWYYZhU 2016年12月30日 11:13:13 : hy55y1MCkU : h4GysCZjF7o[116]
なんだ、安倍晋三支持の朝鮮サヨクか。

日本を守った日本の将兵は普通の日本人だ。

誇りに思うわ。

関ヶ原でも父祖は戦死している。


朝鮮にも遠征しているらしいな。

海軍飛行予科練習生の記録(予科練)2/2.avi" を YouTube で見る

https://youtu.be/ZX6MK37HT_0


100. 大和狼[633] keWYYZhU 2016年12月30日 12:18:14 : hy55y1MCkU : h4GysCZjF7o[117]
いかに祖国がどうであれ国民は皆愛国者なのが世界の普遍的感情だ。

その心を持てない 人間は成仏出来ないゾンビのようなものだ。


日本国の歴史は調べれば調べるほど素晴らしいものだ。


93の非国民さんに伝えるに件の叔父は中学の途中で飛行機に乗りたくて予科練に志願したと存命の叔母に確かめた。昭和2年生まれで少尉だったのではないかとの話だ。

オタクのガセネタとは違うようだな非国民さん。


ゼロ戦パイロットへの妬み嫉みもあったというからな。?


101. 2016年12月30日 13:17:58 : dXa6PFF5Ko : AQ2QPHPr4vY[1]
>100
>昭和2年生まれで少尉だったのではないか
 これが微妙なところで、書類上には無いはずだが軍隊の中では階級の前に(特務)というのがついて回ったはず。全体に旧日本海軍の人事階級制度は旧陸軍のものよりも差別的な扱いが多かったという。あと、
>だったのではないか
という曖昧なあたりで、「ポツダム少尉」なんて言葉を思い出してしまった

しかし、
>ゼロ戦パイロットへの妬み嫉みもあったというからな。?
なんて、まるで木卯正一みたいだな


102. 大和狼[634] keWYYZhU 2016年12月30日 14:45:01 : hy55y1MCkU : h4GysCZjF7o[118]
日米双方がもう二度と戦うことはないだろう。

国を守る為に戦ったのはゼロ戦特攻隊では高校球児の年頃の若者だ。

アメリカとの軍事同盟は必要だが、
日米軍事協定を解消し横田などの空域を変換させ、沖縄の基地問題も何らかの解決を図るべきだ。
ネオコン軍事マフィアとつるむ安倍にはこの国は任せられない。

トランプで日米軍事協定がより対等のものとなるかどうかだ。

安倍に南スーダンに派遣させたり、アラブで米軍と共同軍事行動をさせてはならない。

ただ中国とロシアの軍事的脅威には対抗出来なくてはならない。

朝鮮有事で安倍は自衛隊を朝鮮半島に派遣するために憲法を改竄しようとしている。

多くの日本人が気づいていないことだ。

なお大学の エリートが特攻隊員だったというのはアメリカのフィルムの解説にあったようだ。

いずれにしても双方とも国を守る為戦いだったという認識だ。

戦争が憎いばかりに自国の歴史に唾するのは愚かな精神だ。

https://youtu.be/zJSm42XtFLI


103. 2016年12月30日 17:01:05 : aDDQW4ANKI : YxeTdtv3g6c[1]
日本の中国侵略。馬鹿な旧軍人がやった。真珠湾攻撃も。しかし日本は酷い眼に遭った。馬鹿な日本人。いつまでもアメリカの属国。日米安保条約を破棄せよ。

104. 大和狼[635] keWYYZhU 2016年12月30日 19:08:02 : hy55y1MCkU : h4GysCZjF7o[119]
中国人にはうんざりだ ↑

105. 2016年12月30日 19:24:18 : EIHH4CSarE : ZNs6WKx@BdQ[415]
アメリカのオバマ大統領にしてみれば、フーバー回顧録を逆手に取って、トランプ大統領への引継ぎに際して、「くれぐれも、戦前の日本を戦争に引きずり込んでしまったルーズベルト大統領と同じ過ちだけは、絶対に繰り返すな!だがこれを勘違いして、憲法9条を亡き者にしてでも、その戦前の日本を取り戻そうとする安倍マヌケにだけは絶対に騙されないように、ご留意の程、どうぞよろしくお願い申し上げます」ということで釘を刺して頂いてもらうと同時に、中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領に置かれましては、このトランプ大統領が、安倍マヌケにまんまと騙されて、ルーズベルト大統領と同じ過ちを繰り返そうになった際には、どうぞ、このトランプ大統領と安倍マヌケだけを、容赦なく、どんどんコケにしてやり、隠れ多極主義者(親イスラエルのふりをした反イスラエル)を、自らの利益のことしか考えない悪徳ペンタゴン勢力を道連れにして、どんどん涙を流し続けながら、この安倍マヌケにしがみついているだけの自民党と、これにしがみついているだけの日本の財界こそ、自らが誇りを持って、どんどん譲歩して、どんどん大損することになろうとも、どんどん意欲も熱意も全てを喪失し、これにしがみついているだけの使い物にならない間抜け社員のための労働組合に他ならない連合も道連れにして、どんどん涙を流し続けて泣き寝入りをしながら、誇りを持って一人負けすることで、どんどん譲歩して、どんどん物凄い痛みや苦しみを味わい続けながら、これを勘違いしているだけの日本会議に対してのみ、m「ふざけるな、この7日本会議の大馬鹿野郎!、お前らもまた、誇りを持って、大日本帝国の大馬鹿野郎!と勝手に叫び続けながら、国債社会にどんどん見せつけてやれ!これこそが、お国のため、天皇陛下のためだとい思えば、国くらいのことはいくらでもできて当然のjことだし、この安倍マヌケと共に、国際社会からは、どんどん馬鹿にされることになろうとも、全人類かrたは「天皇陛下有難うございます。どうぞ、そっと静かに暖かく見守って参りますから、どうぞ心置きなく、どんどん涙を流し続得kながら、どんどん全てを喪失し、どんどんへこみ、どんどん泣き疲れるまで、どんどん大泣きしながら、そのまま、多極化の捨て石となり、歴史の闇の中に、ひっそりと泣き寝入りをしながら、そのままひっそりと消えていくのを、見届けて参りますから」ということで応えて来て貰えることになれば、これもまた誇りを持って、「全人類が、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことができるように、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守っていくことを誇りとして、国際社会に良いロールモデルとして、どんどん見せつけていくことで、多極化の流れの中に、日本経済を沈没させ、どんどん弱体化し、少子高齢化による人口減少による経済規模の縮小については、大したことではないし、むしろ、どんどん目経済規模を縮小させることになろうとも、国民一人当たりGDPで世界一を目指し、産業構造の流動化と同時に雇用の流動化をどんどん加速化させ、資源や食料の輸入量をどんどん減らしつづけることになろうとも、辛うじて貿易黒字が維持できる程度の輸出量だけを確保することで、自給率をどんどん向上させることで、自給自足型の安定したプラス成長を維持し続けることだけを誇りとして、名誉ある孤立化をして、そっと静かに自立自律していく道を選択していくことにすれば、これに対しては、アメリカの言いなりと言っておきながら対米従属詐欺を繰り返してきた日本の使い物にんまらない間抜け官僚機構に置かれましては、「天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守って参りますから、これに対しても、深く感謝をして応えて頂ければ、もうこれだけで十分ですから、全人類からも、「天皇陛下有難うございます」と深く感謝をして応えて来てもらえることにもなれば、これが結果的に「感謝‼感激!雨あられ状態!」となり、どんどん涙を流し続けていくことに対しても、そのままそっと静かに暖かく見守りながら、これに応えて行くことでこそ、二度と変な戦争に巻き込まれることも無く、二度と変なとばっちりを受けることも無く、経済成長とは別の意味での国際社会の中の地位向上に繋がればこそ、「国破れて山河あり」ということも誇りとして、国際社会にどんどん見せつけていくことで、ひっそりと静まり返った日本社会となって安定化させ、経済格差も一定の範囲の中で、そっと静かに幸せに暮らしていくことで、最低賃金をどんどん底上げすることで、これを公的給付の上限とすれば、これを下回る低所得者に置かれましては、遠慮することなく公的給付をどんどん回すことで、少しでも収入が増えるにしたがって、公的給付を自らの意思で減額申請することで、減らした分は、どうぞ他の人たちに回して下さいます様、どうぞよろしくお願い申し上げます」ということで応えていくこともまた、誇りを持って、国際社会にどんどん見せつけていくことにすれば良いのだし、医療や介護などの社会保険料については、払える人が、どんどん払い続けながら、必要最低限のサービスだけは、遠慮することなく、無料で利用できるようにすることで、どうぞ必要な人に回して下さい」ということも誇りを持って、国際社会にどんどん見せつけていくことも大いに結構なことだし、これが結果的に、一定の範囲の中で、家族と共に、公的給付を受けることも無く、必要な公的サービスは遠慮することなく受けることができて、税金や社会保険料の負担には応じながら、必要な人達に、どうぞ回していくことにより、家族と共に、そっと静かに幸せに暮らすことができるようになることで、これも良いロールモデルとして、国際社会にどんどん見せつけていくことにすれば、誰一人として損する人はいなくなり、。不正受給者もいなくなり、そっと静かにお金を貯め込みながらも、清貧な社会福祉国家となることで、軍事費もどんどん減らしても、これが結果的に悪い影響を齎すことも無ければ、領土問題も、簡単に円満解決することができるし、大いに結構なことなのでは?

106. 大和狼[636] keWYYZhU 2016年12月30日 19:34:47 : hy55y1MCkU : h4GysCZjF7o[120]
中国人にはうんざりだ ↑

107. 大和狼[637] keWYYZhU 2016年12月30日 21:03:08 : hy55y1MCkU : h4GysCZjF7o[121]
102 のU−tube に出てくる米太平洋艦隊のニミッツ提督はペリリュー島の日本将兵を称え慰霊する言葉を刻んだ碑がある,

ペリリュー島は、パラオ諸島の小さな島で、南北九キロ、東西三キロ、全体で二〇平方キロの珊瑚礁からできた島である。第二次大戦の末期、日米両軍によって七十三日間に亘る死闘が繰り返された。ペリリュー島を守備する日本軍は、水戸の第十四師団隷下の歩兵第二聯隊を主力とした地区隊(隊長・中川州男(くにを)大佐)一万二千名。

米軍の総兵力四万二千。それに対して、我が方は、二度までも敵の上陸を阻止。しかし衆寡敵せず、持久戦に移り連日連夜、彼我肉迫する戦闘を行ない、七十三日間を持ちこたえたが、健在者の僅か五十数名で最後の突撃を敢行し玉砕した。

いまペリリュー神社が創建され、そこに1万2千の将兵の御霊を慰霊する石碑が立っており、ニミッツ提督の日本人将兵の敢闘精神を称える詩が刻まれている。

「この島を訪れる、もろもろの国の旅人たちよ。
あなたが日本の国を通過することあらば伝えてほしい。
此の島を死んで守った日本軍守備隊の勇気と祖国を憶うその心根を……」
「Tourists from every country who visit this island should be told how courageous and patriotic were the Japanese soldiers who all died defending this island.」

先日 ニミッツ提督のペリリュー島守備隊の健闘を称える詩は根拠がないとコメントしてきた訪問者がいた。

この印象的な詩は『米公刊戦史・海兵隊史』にも、
ニミッツの『太平洋海戦史』にも載っていない。

実は元・航空幕僚長・浦茂氏が昭和五十九年に渡米し、
ニミッツ提督の資料を求めて、アナポリス海軍兵学校を訪れた。
その時に、兵学校の教官からニミッツの詩として教えられたものである。

ペリリュー島のサクラと神社 米国公刊戦史の讃えるもの
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/nagoshi/palau.htm


108. 2016年12月30日 21:11:01 : aDDQW4ANKI : YxeTdtv3g6c[2]
アメリカが日本を戦争に引きずり込んだとは大間違い。日本が中国大陸で大暴れしたから米国から圧力を掛けられ馬鹿な軍人が真珠湾攻撃。成功したようだけど最後はやはり惨敗。勝ち目がなくなったフイリッピン戦線あたりで降伏すればよいのに。そういう知恵もなくて原爆を2発も食らってしまった。馬鹿か。命を粗末にするのは昔も今も同じだ。昔ー神風特攻、今ー過労死。馬鹿か?ドイツ人は勤務時間が終われば5時過ぎたらさっさと帰宅する。ドイツ人は正常。日本人は狂ってる。

109. 2016年12月31日 02:35:07 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[1319]
  108氏に賛意。
  94は、部下が、参謀の説明を聞かなくとも充分に理解して特攻を決行した、とするが、上位者の「黙して語らず」、上位者と下位者の「以心伝心」が、大きな間違いで有ったことは、今や社会の共通認識であろう。
  上位者と下位者は以心伝心、などという理屈は、いわゆる封建制システムとも言うべきものであり、権力を持ち権限行使可能な者が、何らかの意図で行動を起こす際に、詳しい説明をせずに実行のみを指示することで、下位者が勝手に忖度し、それが結果的に、企業経営であれば知らない内に経営方針と大きく違った結果をもたらすのであり、羅針盤無き無謀な航海である。
   また国家運営に関しても、租税主義である以上は、徴収した血税の使途に関して権限行使可能な内閣や事務方が、納税者に何らの説明も無く予算を執行してしまえば、彼らの思惑や利権絡みの施策によって国税の使途は国民総意とは全く違う方向に流れる可能性は高いのである。
   だからこそ、今では、自民党でさえ、表向きは「国民の皆さんに丁寧にご説明し、ご理解を頂こうと思います」などと嘯いているのであり、権力者が説明責任を果たすべきは、もはや、租税主義を支える国民代表議会制度を持つ先進国には欠かせない要素なのである。
  これは軍事でも同様であり、小銃一本、国民の血税が無ければ防衛省は買うことが出来ないのであり、極論すれば、通常兵器による武力行使を国家不可欠の軍備とするか、核兵器の相互保持相互監視を徹底する反面、あらゆる通常兵器を地球上から廃棄するか、これは納税者自身が、自国の形として議会を通じて決める際には、統治機構の思惑を、自衛隊員は無論のこと国民納税者が忖度する事無きよう、喧々諤々の議論の前提として、権力者がしっかりとした説明責任を果たすのが文民統制の基礎である。
   先の大戦では、94の言うように、上官が部下に対して説明責任を果たす必要も無く、参謀や上官の意向を完全に理解した兵士が特攻や玉砕等の自爆を躊躇う事無く行った、訳では無く、それは結果論であるからこそ、軍部も含めて、原爆投下による結末を想像すら出来ずに呆然自失としたのである。
   108氏の言うとおり、これは近代にも通じる封建主義であり、例えば部下が右に行けば左だと言い、左に行けば右だと言う、説明責任を果たさない身勝手な上位者に翻弄され、鬱症状を発症する例が表している。
   電通の事件で、上司が当該部下の残業を無駄だと罵倒したように、上位者の思惑によって如何様にも結末を変化させることが出来るのも、上司と部下は以心伝心、などという卑劣な風土の為せる技である。
   上司が説明責任を果たさずとも、部下が理解している筈、という封建制は近代ブラック企業の特徴であるところ、当時の軍部も、そういう意味では、内部では充分にブラックだったと言えるだろう。
    いつ、何をすれば上官に殴られるか分からない、そのような部隊内での緊張状態に苦しんだ末端兵士も多かったようであり、結果的に、部下が命を捨てる事をして、上官の意志を理解したものとする、などという、とんでもない論理で軍隊が規律されて行き、結果的に特攻まで企図され、大義名分が後付けで作られ現代に引き継がれている封建制は、上司の、社員は理解している筈、との妄想によって死に追い詰められる、という繰り返しとなっているのである。
   

110. 大和狼[638] keWYYZhU 2016年12月31日 04:20:44 : NQvqxYwWu2 : bz@R9FFXf@k[13]
軍隊では命令は絶対だった事くらい知っているだろう。
ピンタ、鉄拳、軍法会議、真っ先に死ぬような前線への転属。

そういう組織の掟を振りかざして非道な事をする。
今のあんたらの会社でも行われているでしょ。

あんた方、それに対し戦っているのかね?

日本人って結局何の抵抗もしないで居酒屋でグチが関の山。

戦争当時は国を守る為という意識の共有があった。
バカな威張り散らす上司や上官がいても戦争目的の為に義務を果たした。
軍隊はどこの国でも似たようなものだっただろうが日本について言えば
国を守るという意識と軍隊(組織)を動かすモチベーションが世界に突出して強かった。
後に米軍も真珠湾以降同じだったが。

日本はハルノートにより戦わざるを得ない 状況に追い込まれた。
それはマッカーサーも議会で証言している事実だが、ルーズベルトは極端な人種差別主義者で日本人を黄色い猿と見なし中国のアヘン利権に関わる一族の者であったので中国大陸から日本を追い出す為に南京プロパガンダを行った。
キミ達レベルなら小林よしのり氏の戦争論やfake of nankinを U−tube で検索してみたら良い。
当時の中国ではシナ人による日本人の子供の誘拐と惨殺事件が多発し、通州事件で日本人と朝鮮人の虐殺事件が起こるに至って日本軍は中国との戦争を始めたのであって侵略戦争でもなんでもない。

文句があれば会社をやめるか出世するしかないだろうが、会社を変える気概もないだろうから、日本兵士の国を守る気概の足元にも及ばないだろう。
文句があれば会社と社会を変え、週30時間、労働夏期年末、バカンス休暇1、2ヶ月でも勝ち取ったらどうだ?ドイツ並みになれるぜ。

ただそれも以下のような野蛮な侵略国のシナが軍事行動したら戦争せざるを得なくなるが、あんたら多分逃げるんだろうな、その時は(笑)

引用元:【中国】日本が南シナ海で共同巡航を行えば、中国空母が東京湾に姿を見せる=中国[12/30] [無断転載禁止]c2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1483094069/

1: 2016/12/30(金) 19:34:29.28 ID:CAP_USER
http://news.searchina.net/id/1626268?page=1

「(中略)」
 中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報(電子版)は28日付で、遼寧艦の遠洋訓練が日本や米国、台湾で大きな注目を集めていると伝える一方、中国は自国の核心的利益が冒されるのであれば相手が誰であろうと容赦しないと論じた。


日本が米軍とともに南シナ海で共同巡航を行うのであれば、中国は遼寧艦を日本海まで派遣し、さらには東京湾付近で航行の自由を宣言することになるだろうと警告した。


111. 2016年12月31日 16:19:34 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1097]
「日本はハルノートにより戦わざるを得ない 状況に追い込まれた」 なんてのは、極めて恥ずかしい
責任転嫁のウヨ論理 ハルノートが出された時点ですでに日本の機動部隊は、ハワイ北方海域へ忍び寄っていた

日本は、ハルノートの遥か以前から既に 日米開戦を御前会議にて決定しているのは歴史の事実
外交交渉へのかすかな望みは 一応、残されてはいたがそれは、東郷外相などの非戦派穏健派が
必死に抵抗をして得られた なけなしの 「僅かな望み」 でしか無かった事

★ もしも日米交渉が妥結した場合、攻撃隊の発進した後でも引き返せ という指図に南雲長官以下
機動部隊の幕僚達は 一斉に猛反発 「冗談ではない そりゃあ、出かかった小便を止めろというようなものですぜ」
こう憤慨していた事実、これに対し山本五十六は 「この命令が聞けぬ者は船を降りろ」 とまで言っていた
つまり、ハルノートうんぬんより遥かに前に 強硬派たちはやる気満々 戦闘意欲は頂点に達していた
ハルノートなんて、彼らにとって単なる【渡りに船】でしかなかったことである ★

しかも、そのハルノートは ウヨ連中が言うほど強硬なものではなく 従来の米国の主張を再確認している
だけの事である事は、実際にハルノートを詳しく解説すれば判る事

さらに、ハルノートが たとえ日本にとって受け入れ難いものであったとしても
それが出てきた根本的な原因は、「大部分が日本側に有る」 と言う事 言うまでもなく大陸への侵略である

確かに、米国にも 日本の侵略行動 拡大路線を“上手く利用した”という策謀の面はあるだろう
しかし、だからと言って 日本による大陸への侵略は 正当化できるものではなく かえって世界への恥晒し
あくまでもそれは、【盗人にも三分の理】というやつでしかない。


112. 2016年12月31日 16:26:22 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[1322]
   先の大戦では、大義名分を駆使して末端兵士を自爆要員として投入、万全の体制を取ったと豪語していた軍参謀が、敗戦を見て、こんな筈なら米国に挑戦するのでは無かった、旨述懐したとされる。
   ギャンブルは、負けが込めば、やらなきゃ良かった、と思うものであり、戦争中毒もギャンブルと同じであり、パチンコの玉を幾らパチンコ台に投入したとて負ける時には負けるのであり、その塩梅こそが戦略、マネージの極意なのである。
   勝つまでは負けてはいない、という認識が軍部と政府に当時有ったようだが、それでは玉砕は当然であり、本来は撤収、撤退なども含めて、大切な兵隊を可能な限り祖国へ帰してやろうという軍参謀の努力が求められたところ、派手に暴れて見せます(自分が暴れるのでは無く兵隊を使うという意)、と宣言、殆どの兵隊を死地に赴かせ、玉砕を上層部の誉として凱旋したのである。
   このような上層部のマネージに下級兵が納得していれば、戦後、帰還兵が「あの戦争は犬死だった」などと述懐する訳も無く、餓死、病死、玉砕による消耗が犬死だという述懐を真実の声として受け取らねばどうにもならないのである。
   さて、大国米に挑戦しなければ負けは無かった、との後悔は既に遅く、とすれば、一億の人口の日本が13億の中国に軍事力で対峙することのリスクは、愛国心などない多国籍軍産複合体による戦争ビジネスが、どちらの国にも兵器を売っている状況から考えて、軍拡の罠にはまるものであるとの認識が必要である。
   一度始まれば永遠に武器や兵器が軍産複合体から両国に供給され、終わりが無いのは中東を見れば一目瞭然である。   
    国民から鍋、釜、包丁の類まで供出させたのが先の大戦であるところ、またしても原発リスクを抱え、地震リスクを抱え、大規模災害リスクを抱えた日本が、緩和マネーの限りを尽くして米軍から新古、中古兵器を高額で購入し軍事力を以て、鍋釜の供出に至るまでを覚悟し問題解決を図ろうとすることは全く以て懸命では無いとは、110には信じられないだろうが、先の大戦のトラウマから未だ解放されていない、多くの日本国民の意志である。
    

113. 大和狼[639] keWYYZhU 2016年12月31日 20:43:54 : hy55y1MCkU : h4GysCZjF7o[122]
↑ 全くの事実誤認だね。


なあ、中国人。


中国共産党 の歴史教育など信じていてはこの先世界で生きていけないぞ。


114. 大和狼[640] keWYYZhU 2016年12月31日 22:04:19 : hy55y1MCkU : h4GysCZjF7o[123]
補足するなら、外交交渉が不調なら妥協するか、自国にとって容認し難い突き付けられた理不尽な要求を飲むかの選択枝しかなくなる。

侵略主義国家のナチスヒットラーの要求を呑み、外交的に妥協したのがイギリスのチェンバレン内閣とフランスのペタン内閣だったかな、周知の通り結果はナチスのヨーロッパ侵略だった。

戦争は外交の延長というが、外交交渉が不調に終ればその覚悟と軍事力が?あれば戦争という手段に至るのは歴史の普遍的原理だ。

外交交渉が不調の場合の選択肢は当然軍部が立てる。
いい、悪いのとか卑怯とかいうレベルの話ではなく当然のことだ。
それを怠ったイギリスとフランスはナチスヒトラーのヨーロッパ東西への侵略蹂躙を許すことになった。

指摘している自虐歴史史観の被洗脳者は当時のハワイはアメリカの正式な国土ではなかった事実だ。

今の沖縄の米軍基地と思えばいい。

ハワイの米海軍基地はフィリピンなどの東南アジア地域の植民地支配の軍事拠点だったのだから軍事戦略的に叩くのは当然の帰結だっただろう。
ドウテルテ大統領がなぜ反米か、理由も知らないだろうあんたらレベルでは。ベニグノアキノを空港で殺したのもCIAだろう。

日本は関ヶ原の戦いを想起すればよい。戦闘集団同士の戦争で勝敗を決し6、4なり4、6なりで外交交渉、戦争終結させる伝統的な戦争観で開戦しただろう。
まさか米軍が無差別に民間人まで攻撃の対象として日本民族の絶滅、ホロコースト、無差別大量殺人に及ぶことは想定外だっただろう。

終戦の詔勅で述べられいるようにそのような残虐非道な人道に対する犯罪的攻撃に及ぶ様な野蛮な敵とは戦う意義もないということだ。

日本は負けようがどうだろうが、呑めないものは呑まず戦うのが元寇以来の北条からの精神的伝統だ。

あんたらがもし間違って日本人なら日本は滅ぶわな(笑)



115. 2017年1月01日 03:04:23 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1099]
>>114
あんた 自分で立派に こう言っているではないか

>それを怠ったイギリスとフランスはナチスヒトラーのヨーロッパ東西への侵略蹂躙を許すことになった

ナチスドイツの行為は、「侵略蹂躙」 と

ならば、ナチスドイツと同調し 軍事同盟を結び協調をアピールした我が日本は 世界からどう見られたか
いまさら言うまでもない事なのですぞ

日本を 本当に滅ぼそうとしたのは あの軍国体制と国粋主義者たちである。


116. 大和狼[641] keWYYZhU 2017年1月01日 05:13:23 : NQvqxYwWu2 : bz@R9FFXf@k[14]
↑ なあ、亡国のじいさんや。

日本軍、日本軍、軍部、軍部ガー、と叫んでもその軍部に絶大な権限を与えたのは選挙であり議会だ。
大政翼讚会のような安倍稲田の日本会議のような政治団体を国民は支持し、国防のために挙国一致内閣を成立させたのは日本国民であり朝日などの戦争プロパガンダ報道機関だった。

と言うことは今の安倍内閣と国会がそっくりそのままじゃないか。
まさかあんた安倍支持とかじゃないよな?
もしそうなら認知症のクスリを飲んだ方がいいがなんとかに効くクスリは無いと言うからな。
日本は
国を守るとは言え、本当に多大の日本国民の徴用軍人と一般民間人の犠牲を払った。今の日本の現在があるのもそういう国民の皆さんのおかげという感謝と追悼の念がないのかね。
戦争が軍部のせいだというのなら全力をもって今の安倍政治を阻止すべきだろう。あなたはそうしてるかね?
安倍支持だったりしたら吉元お笑い劇場だな。

日本はナチスドイツと世界の共産化を企図するコミンテルンの軍事思想的侵略を防ぐ目的の防共協定を結んだが、軍事的に共同してヒトラーやムッソリーニと戦争を行った訳ではないことも知らない小学生レベルの知識だな。
当時の東條英機内閣がナチスのユダヤ政策には組しないと閣議決定している。
対コミンテルン、対スターリンの戦い、共産軍の侵略阻止が協定の目的だったのだよ。
軍部が日本を滅ぼそうとしたとして脳が終わるレベルの人間はその単純歴史認識をあの世に持って行けばよろしい。今の若者よりレベル低い。

話になりませんね。

イギリスやソビエトやアメリカ軍が国を生かし、日本の軍部が日本を滅ぼした、と言うのならアメリカ軍、GHQ 礼賛しているだけだろう。
原爆は日本人に日本軍の愚かな行動によりアメリカ様が日本に天罰を下された、二度と繰り返しません、という歴史認識、戦争総括観の持ち主だろうが、朝日やNHK. レベルの国策反日報道しか知識のない国民こそが国を誤った道に進ませるのだと言うことを、死ぬまでに少しは考えたらどうだ?(笑)


117. 2017年1月01日 12:53:35 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1100]
ふん あんた 自分で言ったんだからな ナチスの行為は 「侵略蹂躙」 と

たとえどんなに言い訳しようとも
ナチスドイツは侵略蹂躙で 日本は侵略じゃないなどとは、今時の小学生だって騙せませんぞ^^


118. 2017年1月01日 16:07:37 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1101]
>軍事的に共同してヒトラーやムッソリーニと戦争を行った訳ではないことも

↑ ドイツおよびイタリアとの同盟を 「日独伊三国軍事同盟」 と呼ぶ事ぐらい、小学校で習うわ幼稚園児がw


119. 2017年1月01日 19:56:32 : EIHH4CSarE : ZNs6WKx@BdQ[418]
ただし、日本の特攻の攻撃目標はすべて兵器や軍事施設であって、市民生活を目標にしてはいませんから、その部分でイスラムの自爆テロとは法的には別なものだと思います。

ということは、これが沖縄県にしてみれば、アメリカ軍が、自ら墜落事故を引き起こしておきながら、住宅密集地を避けて、沖縄県民の皆様にご迷惑をお掛けすることがなかっただけでも感謝しろ、などとほざいたニコルソンという米軍調整官そのものが、アメリカのオバマ大統領からして、普天間基地移設問題で、辺野古移設のことは一切語っていないにも関わらず、「辺野古基地建設をこのまますすめても問題ない」などと発言した自民党の官房長官と本質的には同じものであることは、中国外務省ではありませんが、「安倍総理は嘘つきだ」というのをごまかそうとする魂胆が見え見えのボロを白状してくれたものであることは、国際社会全体からしてもバレバレのことだし、アメリカ国防総省や国務省のエリート官僚にしてみれば、このニコルソン朝鮮間というのも、所詮は使い物にならない間抜け兵士に他ならないことくらいは、日本の厚生労働省にしてみれば、このような自民党そのものにたいする本質的な見立てであろうことも、「保育園落ちた、日本死ね」という感情そのものが、国際社会全体と大いに共感できるものである動かぬ証拠出ることくらいは、ロシアのプーチン大統領にしてみれば、「誰が、こんな自民党なんか相手にするものか」という心境でもあろうことは、自分もプーチン大統領であれば、中国の習近平国家主席とも、大いに共感できるものであろうことは、大いに想定されることであることは、誰が見ても明らかなことだし、野田前総理ではありませんが、北方領土問題であれば、それこそ「歯舞諸島と色丹島については、近いうちに返してやるから、どうぞご安心してください」ということならば簡単に出来ることだし、プーチン大統領に置かれましては、是非そうして下さい、とそっと静かに背中を押してやりたいことでもあるし、ドイツのメルケル首相にしてみれば、モスクワで軍事パレードをしている陰で、旧ソ連軍兵士の追悼墓地に訪れたのと同じことをするならば、中国の習近平国家主席におかれましても、ロシアのプーチン大統領に置かれましても、日本にお越しになる際には、「この靖国神社の前は、複雑な感情を抱きながらも、そっと静かに通り過ぎてから、千鳥ヶ淵墓苑にお立ち寄りくださいます様、どうぞよろしくお願い申し上げます」ということで、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守りながら、応えて行きたいところですね。


120. 大和狼[642] keWYYZhU 2017年1月01日 20:40:44 : hy55y1MCkU : h4GysCZjF7o[124]
117、118。
中国人にコメントされてもな。

毛沢東が何千万人も自国民を殺したことを知らないでな。

愚かなことだな。


121. 罵愚[4500] lGyL8A 2017年1月02日 04:56:41 : Gf4cFsAzNU : Pr5nnNC9xcI[48]
>>119
 軍事訓練は危険がともなう。自動車教習所とは比較できない危険な不訓練は事実ですよね。そのうえで、トラブルを抱えて民家のうえを飛ぶ危険を避けて海上に不時着したパイロットの判断は正しかった。
 日米安保体制や共産支那の脅威とは別次元の、米軍の引き起こした事故としては、そういうことだと思いますよ。

122. 2017年1月02日 11:40:33 : EIHH4CSarE : ZNs6WKx@BdQ[419]
こういうことも逆手に取れば、韓国政府に置かれましては、アメリカからオスプレイを購入し、竹島(独島)で在韓米軍と共に、オスプレイの訓練でもやりたければ、沖縄県に配備されたオスプレイを、そのまま竹島に持っていかれては如何でしょうか?ということで、アメリカに対して、そっと静かに働きかけて行きたいところですね?

これならば、オスプレイの墜落事故が、たまたま日本の領海内に生じた場合には、日本の海上保安庁の巡視船により、乗り組み員を救出し、墜落した機体については、そのまま韓国の海洋警察などに引き渡してから、そっと静かに暖かく見守りながら、立ち去りますから、韓国政府に置かれましては、どうぞ、これに対してこそ、深く感謝をして応えて頂ければ、これだけで十分ですから、後のことは、この在韓米軍を通じて、アメリカ国防総省に対して、「この責任は、どう取るつもりなのか」ということで、米韓安全保障条約に基づき、対処して頂きたく、よろしくお願い申し上げます」ということでこそ、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守っていくことに致しましょう?

沖縄県の翁長知事に限らず、沖縄県民の皆様に置かれましては、この墜落事故そのものが、たとえば、日中中間線から中国側の領海内で生じたとなれば、これはもう、中国の海洋監視船に委ねることになることは当たり前のことですが、中国外務省にしてみれば、アメリカに対して、「この責任は、どう取るつもりか」ということにならば、このニコルソンのような反論の余地はどこにもないことは当たり前のことだし、沖縄県民の皆様に置かれましては、台湾の皆様と共に、そっと静かに暖かく見守っていくことにすれば、日本全体としても、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守っていくことで、このまま、ひっそりといないふりをしながら、東アジアの緩衝地域となることを具体的目標として、このまま名誉ある孤立化をして、そっと静かに自立自律していく道を選択して参りますから、北朝鮮に置かれましては、日本を無視して頂く分には、別に構いませんから、くれぐれも、核実験をするのならば、日本の領海領空を素通りして、アメリカのハワイ沖の公海上に、周辺の船舶にご迷惑をお掛けすることなく、落下することを確認する、というのを核実験による一つの検証項目として、これをアメリカや中国、ロシアに対して、どんどん公表することで、成功した際には、北朝鮮に置かれましては、「核実験の成功おめでとうございます」とだけ、そっと静かに暖かく見守りながら祝福して参りますので、核廃絶をするというのであれば、韓国もまた脱原発に向かうのならば、日本こそ、脱原発により、核発電推進原理主義組織こそ、どうぞアメリカの言いなりになって脱原発に向かうのであれば、使用済み核燃料や放射性廃棄物の最終処分についてこそ、そのアメリカをはじめロシアをロールモデルとして、どんどん受け入れていくことで、脱原発に向かうことで、この費用については、日本経団連こそ、大企業に対してのみ、電力料金をどんどん値上して、内部留保でため込んだお金もどんどん差し出すことで、意欲も熱意も喪失し、グローバル競争には、どんどん一人負けすることになろうとも、どんどん涙えを流しながら、アメリカの言いなりになsってどんどん譲歩していくことを誇りとして、国際社会にどんどん「見せつけていくことが、「お国のつぁめ、天皇陛下のため」だと思えば、幾らでも出来て当然のことだし、全人類からは「天皇陛下有難うございます」とだけ深く感謝をして応えて貰えることになればこそ、誇りを持って、引き続き、どんどん譲歩して、心置きなく、どんどん一人負けをして、どんどん涙を流し続けながら、これを勘違いして憲法9条を亡き者にしようとする魂胆が見え見えの日本会議に対してのみ、「大日本帝国の馬鹿野郎!」という怒りだけを勝手にぶつけて頂くことにすれば、日本会議に置かれましても、「天皇陛下有難うございます」ということを誇りとすれば、どうぞ、このような財界と共に、「大日本帝国の馬鹿野郎!」という怒りだけを、アメリカの言いなりと言っておきながら、これをごまかそうとする魂胆も見え見えの使い物にならない間抜け官僚機構や使い物にならない間抜け社員の労働組合にほかならない連合も道連れになり、どんどん国際社会に見せつけていくことで、どんどん全てを喪失し、どんどん涙を流し続けながら、どんどんへこみ、どんどん一人負けする道を突き進んで、そのまま歴史の闇の中にひっそりと消えて、他j極化の捨て石となり、何処か人目のつかないところで、そっと静かに幸せに暮らす道を選択して頂ければ、これだけで十分なことだし、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守っていくことを誇りとして、国際社会にどんどん見せつけていくことで、アメリカの言いなりと言っておきながら、これをごまかそうとする魂胆も見え見えの使い物にならない間抜け官僚機構こそが、感謝‼感激!雨あられとなり、どんどん涙を流しながら「天皇陛下有難うございます」とだけ深く感謝をして応えて頂くのを、日本国民全体としては、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守っていくことで、日本社会をどんどんひっそりと静まり返らせて、安定化させることで、経済格差も言っての範囲の中に縮小均衡させ、固定化することになれば、この範囲の中でこそ、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことができるようになる社会となることで、この範囲を下回る場合には、下回った分は、生活保護をはじめとする公的給付をどんどん遠慮することなく貰いながら、医療などの公的サービスについては、必要であれば、どんどん遠慮することなく利用できるようにすることで、この範囲を超えた場合には、どんどん税金や社会保険料を払い続けることで、医療などの公的サービスについては、必要最低限のものだけは、誰であろうと遠慮することなく受けることができるようになればこそ、税金については、どうぞ低収入の人にどんどん回して下さって構いませんし、医療などの公的サービスについては、必要な人たちに、どうぞ回して下さい、ということも誇りを持って、国際社会にどんどん見せつけていくことにしては如何でしょうか?


123. 罵愚[4507] lGyL8A 2017年1月02日 17:37:47 : Gf4cFsAzNU : Pr5nnNC9xcI[55]
 工事再開も墜落事故への抗議も、沖縄土人の活躍をメディアが全力で報道するが世論は動かないね。メディアの虚報を国民は感づいている。

124. 2017年1月04日 12:53:16 : EIHH4CSarE : ZNs6WKx@BdQ[425]
だからこそ、高江で抗議する沖縄県民の皆様に対して、取り締まりをする大阪府警の機動隊もまた、自らが、このようなアメリカの言いなりと言っておきながら、対米従属詐欺を繰り返す自民党に、まんまと騙されてしがみついているだけの「権力の犬のおまわりさん」に他ならないことだけは、もう中国に限ることなく、アメリカにしてもバレバレのことであることは、これを勘違いして、このような「権力の犬のおまわりさん」と勝手に子供の喧嘩をして、アメリカの言いなりに成り下がろうとするのが、中国にしてみれば、跳ね返りの反日活動家と同じものであることは、沖縄県民の皆様に限ることなく、台湾の皆様にとってもお見通しのことであることは、もう誰が見ても明らかなことなのでは?

これも逆手に取れば、沖縄県民の皆様に置かれましては、在日イスラエル大使館に対して、このような「権力の犬のおまわりさん」に他ならない大阪府警の機動隊を、ガザ地区に派遣要請を、日本政府に強く働きかけてみては如何でしょうか?ということでアピールしてみても良いのかも知れませんね。

パレスチナ国家にしてみれば、高須院長に機体をピンクに塗ったオスプレイをアメリカから購入し、美容整形外科クリニックをやりたければ、欅坂46のメンバーと共に、この大阪府警の機動隊も連れて来て貰えるならば、ニコルソン調整官と稲田朋美防衛大臣もご招待して、フライト旅行を楽しんで下さい、ということで働きかけてみることで、パレスチナ国家に到着したら、「早速ですが、ガザ地区のパレスチナ住民の皆様への医療支援活動をっどうぞよろしくお願い申し上げます」ということで応えて頂きましょうか?

イスラエル政府にしてみれば、「このニコルソン調整官と稲田朋美防衛大臣に置かれましては、大阪府警の機動隊と共に、このガザ地区の駆けつけ警護をどうぞよろしくお願い申し上げます」と言っておきながら、イスラエル軍に置かれましては、「この大阪府警の機動隊とイスラム原理主義組織ハマスを衝突させることで、この両者を一網打尽にして現行犯逮捕したのち、ニコルソン調整官と稲田朋美防衛大臣と共に、イスラム国に送り込んで頂くことで、シリアのアサド大統領にたいしては、このイスラム国こそが「公共の迷惑」極まりない存在ですので、これを根絶やしにすることを目的とするならば、アメリカに対して軍事介入を唆してみては如何でしょうか?」ということで働きかけて貰いましょうか?


125. 2017年2月19日 18:45:56 : 5X7ktLFEHz : @Yy8bGcQgco[76]
何や朝日の記事やったんか。そりゃ色んな人が居るやろうしな。

神風について言えば、生き残ったベテランパイロットの話によると、特攻は攻撃方法として不適当で、飛行機の無駄遣いであり普通に爆撃した方が成果が挙げられたという事やった。
特攻は、ベテランパイロットが不慣れなパイロットを率いて行ったようやが、出撃前夜、ここの砂浜に不時着し、米軍の捕虜になれ、死ぬことは無いと指導した人も居ったらしい。皆もう無駄死にやと解っとるんやから、生き残る可能性が有ると知った部下たちの目は輝いた。しかし、燃料をギリギリしか入れてもらえんかった為、沖縄まで辿り付けんかった人も居ったらしい。何と言うかボロボロやな。

結果として特攻は、日本政府による日本人虐殺としか言い様が無い。


126. 丸チャン[1] ituDYIODg5M 2018年8月29日 20:08:46 : zjUDtm9bQ2 : ewOHzh6l1Zc[1] 報告
我らは天皇陛下の臣民即ち奴隷である。国(天皇陛下)の為に死ぬ教育を受けた。
特攻隊が天皇陛下万歳と散ってしまったのもそのためだろう、私も知覧の記念館を
見学したが、泣けたのは戦死者の幼い写真を見た時だけだった。
遺書は真実で無いし、投書文にも書いて有ったが友人達に送った遺書が本心だろう
検閲が有るし、父母に死にたくないと真実が書けるか。本心を知ったらどんなに
家族が悲しむだろう、特攻隊がを作った無責任軍人は嫌いだが、私でも家族の為にあのような偽作の遺書を書くだろう。
ある軍人が天皇陛下に特攻隊の話をすると、大いに期待してると語ったそうだ。

終戦を決めたのもポツダム宣言の中に国体護持と皇室の保護が入ったから天皇陛下
自ら八月十四日御前会議で決めたそうだ。二月の近衛上奏文時期には国体護持が
入って居なかったので自分を守る為しなかったそうだ。
もしあの時天皇陛下が責任を取って居れば、沖縄、国内空襲、広島、長崎、特攻隊の百万人以上の人間が助かったわけだ。
臣民で奴隷の死ぬための教育を受けて居なければ、特攻隊も無かった筈だ。
またそれを作った軍人たちも責任も取らず、デマカセ論文を書くとは非人間だ
戦後軍人たちが、戦争の話を余りしないのは真実を隠すためだ。
東京裁判でなく、日本人の戦争裁判をして置くべきだった。
戦争の責任は天皇制にある、又誰かが利用しかねない天皇制廃止を望む。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK218掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK218掲示板  
次へ