★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK218 > 261.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
西村宮内庁次長の初仕事は天皇陛下の口封じだったということだ  天木直人
http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/261.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 27 日 09:45:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

             天皇陛下 新年の感想を取りやめ 宮内庁発表 NHK


西村宮内庁次長の初仕事は天皇陛下の口封じだったということだ
http://xn--gmq27weklgmp.com/2016/12/27/post-5824/
27Dec2016 天木直人のブログ


 きょう12月27日の各紙が一斉に報じている。

 宮内庁はきのう12月26日、天皇陛下が毎年元旦に公表してこられた、新年にあたっての「ご感想」(年頭所感)を取りやめると発表したと。

 天皇陛下の負担軽減が目的であると。

 この事について西村康彦宮内庁次長は、26日の定例記者会見で、次のように述べたという。

 「ご年齢を考えた結果」だと。

 「ご理解をお願いしたい」と。

 しかし、年頭所感を元旦に公表することは、天皇陛下の公務の中でも最も重要な公務のひとつだ。

 1990年から続けられてきたものだ。

 それが、なぜ、2017年の元旦に限って取りやめになったのか。

 西村次長が語るその理由は、こうだ。

 12月23日の誕生日の記者会見で天皇陛下のお気持ちは伝えられた。

 1月2日の新年一般参賀でもお言葉を述べられる。

 年頭所感を取りやめても、天皇陛下のお気持ちは十分に国民に伝わっているはずだといわんばかりだ。

 これを聞いて私は間違いないと思った。

 これは天皇陛下に対する口封じではないのかと。

 弱者に寄り添い、平和を訴えられる天皇陛下のお言葉が繰り返されると、安倍首相の暴政がますます目立つことになる。

 できるだけその機会を減らせ。

 そういう安倍首相の意向を、西村次長が忠実に実施したということではないのか。

 そこで思いだされるのが、昨年9月来の宮内庁人事だ。

 昨年9月、風間宮内庁長官(当時)ほか宮内庁幹部人事が定期異動を前倒しする形で断行された。

 その時写真週刊誌「FLASH」が書いた。

 これは「陛下のご意向に抗う安倍総理の宮内庁『官邸直送』不敬人事」だと。

 すなわち天皇陛下の生前退位についてNHKがスクープ報道した事に驚いた官邸が、その責任を取らるべく、風岡典之宮内庁長官を更迭し、山本信一郎次長を昇格させた。そしてその次長職の後任に送り込まれたのが警察官僚の西村泰彦・内閣危機管理監(61)だった。同じく警察官僚で内閣官房副長官をしている杉田 和博氏の下で警察官僚による宮内庁の監視・統制が徹底されたのだ。

 しかも安倍・菅暴政コンビはその西村次長を、すかさず事務次官会議のメンバーにさせて、内閣との一体化を強化している。

 これらの事を思い起こせば、すべてに合点が行く。

 これは安倍・菅政権が宮内庁を完全支配下に置くために送り込んだ西村宮内庁次長の、天皇陛下口封じという初仕事に違いない。

 安倍首相の増長ここに極まれりである。

 メディアはこのことを書かなくてはいけない。

 国民に知らせなければいけない(了)


           ◇

天皇陛下 新年の感想を取りやめ 宮内庁発表
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161226/k10010820391000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_027
12月26日 17時08分 NHK

宮内庁は天皇皇后両陛下の年齢にふさわしい公務の在り方について検討を進める中で、天皇陛下が毎年、新年にあたって表わされてきた感想を取りやめることになったと発表しました。
これは宮内庁の西村次長が26日の定例の記者会見で明らかにしたものです。

宮内庁は両陛下の年齢にふさわしい公務の在り方について検討を進める中で、天皇陛下が年末から年始にかけて誕生日の会見や新年祝賀の儀、新年一般参賀など多くの行事が続くことから、83歳という年齢を考え、毎年新年にあたって文書で表されてきた感想を来年から取りやめることになったということです。

新年にあたっての感想の取りやめは天皇陛下も了承されたということです。

西村次長は「天皇陛下は行事の一つ一つに大変力を入れて取り組まれるためご負担も大きい。天皇誕生日の会見や新年一般参賀の時にもお言葉はあるので、ご感想は取りやめたい」と説明しています。

宮内庁はことし5月にも、両陛下の公務について一部を取りやめるなどの見直しを行っていて、今後もケースに応じて考えていきたいとする一方で、大幅に公務を減らすことは難しいとしています。

天皇陛下の新年の感想

天皇陛下はこれまで毎年、元日に新年の感想を文書で表されてきました。この中で天皇陛下は新たな年を迎えるにあたって日本と世界の人々の幸せを願い続けられてきました。

前の年の末に前立腺がんが見つかり手術を控えていた平成15年や、体調不良で天皇誕生日の記者会見などを中止したすぐあとの平成21年の元日にも新年の感想を表され、即位以来途絶えたことはありませんでした。

このうち、戦後70年の節目を迎えた去年は、「満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、今後の日本の在り方を考えていくことが今、極めて大切なことだと思っています」と述べられました。

また、東日本大震災の翌年の平成24年には「日本は大震災の影響等により現在厳しい状況にありますが、皆が被災者に心を寄せつつ力を合わせ、あすの社会を築くために忍耐強く力を尽くしていくことを期待しています」と述べられています。

天皇陛下の新年の感想はその時々の社会情勢によって毎年内容が異なっていて、平和を願う気持ちや自然災害の被災者に寄せる思いのほか、経済情勢や社会の高齢化などに触れられた年もありました。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年12月27日 09:56:14 : asKtzWuR2I : oJga5wngdmw[1]
これは自分もそうだと思いました。とにかく「一代限りの特例法」で話を進めたい安倍政権の方としては、これ以上陛下に何か喋ってもらっては困る、という事なのでしょう。

2. 新共産主義クラブ[2825] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年12月27日 10:10:40 : eTQR4mEhRg : LDZqU3P5UOI[19]
 
 昨日の日付と元旦までの日数から考えると、今上天皇と侍従長との間で、元日の新年にあたっての感想の草稿が出来上がっていたものの、その内容が、首相官邸にとっては、どうしても受け入れられないものだったのだろうと推察できます。
 
 あるいは、首相官邸による、今上天皇への単なる嫌がらせかもしれませんが。
 

3. 2016年12月27日 10:25:32 : piJ9woEVoE : q7VI0@4Kldk[3]
口封じ か

安倍晋三って なんて奴だ。


4. 2016年12月27日 13:49:05 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[1277]
「安倍首相の増長ここに極まれりである。」

「憲法が機能している」とも言えますね。
日本にとっての最大のリヴァイアサンは、米軍。その次が天皇。
ガチガチに縛らないとね。


5. 2016年12月27日 13:54:49 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[1278]
西村泰彦
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/kanbu/2014/nishimura_yasuhiko.html

警備局が長いですなぁ…


6. 2016年12月27日 14:11:58 : LYE7Q0lTQA : ahmqx0jcvyQ[1]
>>4,5

だったら翁長も安倍の言うこと聞けや。

おまえら琉球国民も、安倍の言うこと素直に聞くんだぜ。


7. 2016年12月27日 22:07:20 : cGInsOVnbA : ZdggnyikLCI[32]
6君!安倍もアメリカ様の命令を聞いているからな!当然琉球国民も安倍の命令を聞かなければならない

戦勝国アメリカ様万歳!


8. 2016年12月28日 06:48:20 : 9lIfC3e2Xk : l5_Ct4wg2us[46]
>警察官僚の西村泰彦・内閣危機管理監(61)だった。同じく警察官僚で内閣官房副長官をしている杉田 和博氏の下で警察官僚による宮内庁の監視・統制が徹底されたのだ。

警察官僚の中には創価警察が2割も3割もいると言われている。

この西村泰彦、杉田和博も創価の臭い息がかかっているのかもしれない。


9. 2016年12月28日 09:04:56 : XOU7hEFZRQ : bSvop4dgTpo[171]
安倍晋三を永遠に口封じしたい

10. 2016年12月28日 23:38:40 : 4Nv6Ej4dsU : qvxsNIBPzDo[11]
政権の意向で長官の首がすげ替えられるのなら
羽毛田なんかあの時クビ切れば良かったのに
ヒラリーに呼び出されたと大嘘をついた藤崎元駐米大使も同様

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK218掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK218掲示板  
次へ