★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK218 > 604.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
野田佳彦幹事長 / 「(党の立場は)背水の陣ではない。すでに水中に沈んでいる」 
http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/604.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 05 日 12:21:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

野田佳彦幹事長 / 「(党の立場は)背水の陣ではない。すでに水中に沈んでいる」
http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/11031b814d7f42fc98a62c907169f23c
2017年01月05日 のんきに介護


毎日新聞‏@mainichi さんのツイート。

――民進党の野田佳彦幹事長は4日、党本部で開かれた仕事始めのあいさつで党の立場を「背水の陣ではない。すでに水中に沈んでいる」と指摘しました。〔20:04 - 2017年1月4日〕—―

これを受けて、

松尾貴史「季刊 25時」‏@Kitsch_Matsuo さんが

こんなコメント。

――沈ませた張本人が他人(ひと)ごとのように言っている珍妙な光景に、今年もここはダメだとの確信が。〔23:09 - 2017年1月4日 〕—―


野田幹事長は、

初笑いを狙ったとしか思えない。



<民進>「背水」でなく「水中」 野田氏、党勢回復に発破
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170104-00000064-mai-pol
毎日新聞 1/4(水) 19:43配信

 「背水の陣ではない。すでに水中に沈んでいる」。民進党の野田佳彦幹事長は4日、党本部で開かれた仕事始めのあいさつで党の立場を指摘し「そこからどうやって浮き上がって、岩肌に爪を当ててよじ登っていくか覚悟が問われる」と発破をかけた。

 野田氏は参院選や民進党結党など昨年のトピックスを列挙し「今年はそれ以上に党として正念場を迎える」と強調。「通常国会の早い段階の解散・総選挙の可能性もまだ残っている。その段階での選挙がないとしても今年中の解散・総選挙は十分ありえる」と述べ、党勢回復に向け選挙準備を加速するよう求めた。【葛西大博】





















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年1月05日 12:45:23 : FAC03eKLyw : UG18uLZpbYE[1]
脂身の多い豚は浮くんだよ、きっと。

次の選挙も多くが水中に沈む中、野豚はポカリと浮かぶのさ。


2. 2017年1月05日 13:04:06 : t1HYkJ4QxQ : jJ3XjCJCnvU[1]
おい、アホのポン、なんとか言えよ、
おまえの馬鹿師匠が
正月早々また馬鹿を連発してるぞ。


[32初期非表示理由]:担当:言葉使い
3. 2017年1月05日 13:38:05 : BpIu0nGCGQ : 1OZ5KgrNY9U[1]
シロアリ演説と同じ言葉遊びでセンスも中身もなし
自虐ネタボキャの貧困さとピントのずれだけは磨きがかかったか
こいつだけは要らんわ。
一人で水中でもがいていなさい。

4. 人間になりたい[239] kGyK1ILJgsiC6IK9gqI 2017年1月05日 13:52:19 : Igew9LiSCV : jX5tMsGMxX4[63]

>沈ませた張本人が他人(ひと)ごとのように言っている珍妙な光景に、今年もここはダメだとの確信が。

良い国会議員を選ぶのも、悪い国会議員を選ぶのも、国民。その責任は主権者国民にある。
他人(ひと)ごとのように言っているのは、松尾貴史、お前だよ。
 
 


5. 2017年1月05日 14:05:52 : gd9EDOrfWo : OdPPWudG11I[2]
飼い主がバックレの態勢に入ったからな 潔く負けを認めればいいものを
フザケタ物言いで小さなプライドを守ろうとする見下げ果てた犬っころめ

豚がこね、ゲリが喰らう消費税餅 福島原発収束宣言撤回しなくていいのー?
TBS時事放談で豚総理(当時)はすごい!えらい!と絶賛してた浜なんちゃら子
紫頭ババア電波芸者はどこらへんがすごくてえらかったのか、もう一度解説してみて

水に落ちた豚は棒で叩け ブーブー(悠久の四千年の歴史の人類の格言) 


6. スポンのポン[5059] g1iDfIOTgsyDfIOT 2017年1月05日 14:34:20 : nilge4p5ys : q5xHgL0ywDI[423]
 
 
 
■歩いたと言ってはけなし、
 喋ったと言ってはけなし、
 ついには息をしているから気に食わないと言ってけなす。
   
 
 

7. 2017年1月05日 14:41:01 : zmupx7J37Q : lXTXCA_9mnQ[1]
04は、人間になりたいってとこ見ると、野田と同んなじ、妖怪人間ブタゲルゲ君か。
ここは人間様が意見を交わし合う場所だぞ。
第一ブタゲルゲ語はしゃべられても人間にはわかんねーし。
悪いことは言わないから、人外魔境でも受け入れてくれる×チャンに帰りなさい。

8. スポンのポン[5060] g1iDfIOTgsyDfIOT 2017年1月05日 14:42:45 : nilge4p5ys : q5xHgL0ywDI[424]
 
 
 
■野田さんをけなす文章に品性がないのは
 野田さんをけなす人間に品性がないから。
 
 
 

9. 人間になりたい[240] kGyK1ILJgsiC6IK9gqI 2017年1月05日 15:02:25 : Igew9LiSCV : jX5tMsGMxX4[64]

>7様

>ここは人間様が意見を交わし合う場所だぞ。

ということは、あなたは人間様ですよね。
どのようなひとを人間というのか、教えてくれませんか。


10. 2017年1月05日 17:00:58 : PGBny8376Y : Oohqvdhox9Y[8]
水中にずっといておくれ。ドジョウ演説で皆を騙した報いだ。もう民主党に期待しないから足を引っ張って水に引き込まないでくれ。

11. 2017年1月05日 18:28:32 : 7U1W5ro7JM : Fte615eQknU[342]
そりゃあ、敵失の連続で、再三に渡る無死満塁の好機だというのに、
民進党の打者は三者三振であっけなく攻撃終了だもんな・・・。
そりゃあ、水中に沈むわ。
やはりここは、実力がある選手を集めるべきなのは勿論、それ以前に、
監督・コーチ、もっと言えばオーナー・球団社長の即時交代が急務では?

まあ審判が「ジャンパイアならぬアベパイア」っていうのは、
大いに影響しているけれど。


12. 2017年1月05日 21:17:49 : 6S2SOJyyTY : WXN2z2ToFRc[1]
 こんなことをほざく野田も救いようがないけれど、
こんな末期の癌であるのぶたを放置しておく民進党も
異常だな。末期癌の患者らしく正々堂々と党ごと安楽死
させたらどうだ。

13. 2017年1月05日 22:50:07 : vGzWc5DG8M : GX4t7Tr2e1U[5]
背水の陣ならいいが背絶壁の陣だろう。今の民進党は一度木っ端みじんにつぶれてから連合を切って再生させるしかない。

野田ブタなど百害あって一利なし。


14. 2017年1月05日 23:11:36 : 2jrftIJJls : bi0MroXBBjM[1]

民進党の党本部仕事始めで職員を前に野田幹事長が行った挨拶の内容は断片的にしか伝えられていないが、民進党広報局が伝える『断片』によると、その骨子は概ね以下のようなものであったらしい。

「 [今年は] 覚悟が問われる年だ。ともに民進党の党勢拡大のためにがんばっていこう」
「今年は、それ [昨年のこと]以上にわが党としては正念場を迎える年になる。」
「 [通常国会では] しっかりと党としての立ち位置を定めて論戦に挑んでいきたい」
「今年中の解散総選挙は十分あり得る。選対、組織、広報、国民運動、青年、団体交流などなど、あらゆる部局の総力を結集して臨戦態勢を維持しながら、さらに充実をお願いしたい」
「党内のさまざまな議員の皆さんや、あるいは職員の皆さんの声をしっかりと受け止めていきたい」

実に淡泊だ。通り一遍だ。
「野党共闘」もなければ「政権奪還」も「国民」もない。
「水中ドボンにしちゃってごめんなさい」もない。

財務大臣のとき(2011年8月)、「成功するまで [大連立を自公に] 何度でもお願いしていく。101回でもプロポーズする」と公言した人にふさわしいと言えばふさわしい内容ではある。(野党第1党なんて怖くないでしょ、自民党さん。ほらね)のメッセージとも読める。

で、候補者調整と共通政策作りを始めたわけね。 結構でしょう。
何だか全然盛り上がらないけどね。 まあ結構でしょう。
で、いつ盛り上がるの?  今じゃないみたいね。
いつか盛り上がるの?  それがわからん。
そんなんで大丈夫?  ・・・・・・。


🌀熱帯性無気力症候群(8801096)
  
 


15. 2017年1月05日 23:57:48 : FqYxwIOxoc : 9VfMGvzCYsw[2]
「お前が元凶じゃ、ボケ」
てやつだな。

16. 2017年1月06日 01:26:29 : E6UajqJsGw : jLkJi6VZxJs[15]
山尾しおりさんに民進党党首の座を譲って、安倍政権を直ぐにでも追い落とすことが、今一番に望まれる事です。

17. 2017年1月06日 02:08:11 : 2jrftIJJls : bi0MroXBBjM[2]

>14です。
末尾の「・・・・・・」は、「(野田氏の今後の豹変に)一縷の望みを捨て去っていない」というニュアンスを籠めたつもりでしたが、うまく表現できませんでした。ちょっと比喩的に言えば、‘切り札の温存’です。
 
 

18. 2017年1月06日 06:25:18 : 8xRdfuQ2W2 : af_2@MWTogI[2]

さすがだ

野田さんは民珍の中にあって、唯一状況を把握できている


19. 2017年1月06日 08:02:03 : ewUNDXeW9E : _kYA4_QcorQ[79]
裏切り者のブタのお前が言うな このアンポンタンが

20. スポンのポン[5070] g1iDfIOTgsyDfIOT 2017年1月06日 08:57:19 : nilge4p5ys : q5xHgL0ywDI[434]
 
 
 
■野田さんを口汚く罵っている人間は
 野党支持者を装う自民工作員です。

                    以 上
 
 
 


21. 2017年1月06日 09:52:04 : rrhrFN6JLd : C6EI10g_Gy4[1921]
水中じゃなく泥の中だろ。ドジョウ豚に似合ってる。反省も意欲もない幹事長。早く解体してくれ。

22. 2017年1月06日 11:51:11 : FMas0LnREN : w0l_RmFLVb4[194]
野田豚が重いんだよ
隠れ自民の野田は降りろ

23. 2017年1月06日 14:08:31 : 4Nv6Ej4dsU : qvxsNIBPzDo[15]
安倍風情に煽られて政権を禅譲差し上げた馬鹿がよく言うよ
民進の失敗は党名変えたことと野田の起用

24. 2017年1月06日 14:29:32 : YPNeegoKJ2 : vNWZ8d6L5Qs[109]
野田氏の良し悪しは党が決めるだろうが、国民は党の良し悪しを決めれば良いんじゃないか。

25. 2017年1月06日 14:43:41 : FDkTQoCnMk : eZcuBmqinJI[73]
カジノ法案で勝手な行動をした榛葉議員!
野党連携どころか
自民党有利に動くとはさすが元自民党。

こんな自民党の意向しか眼中にないのなら
早く民進党を出ていくべきだがね。

「榛葉さんはもともと自民党に近い考えの人で、若い頃は自民党の青年部に所属していたのです。一方、蓮舫氏とは因縁がある。民主党政権時代に彼女が事業仕分けを担当した際、防衛副大臣の榛葉氏が徹底抗戦して在日米軍に対する『思いやり予算』を削らせなかった」(民進党の幹部)


26. ボケ老人[1168] g3uDUJhWkGw 2017年1月06日 15:35:14 : cB5CYxrR62 : I4bTmy45DHQ[5]
身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

仲間を捨てて己だけが生き延びようとした野田には望むべくもないから
21.さんじゃないが、水の中ではなく、泥の中でじっとしていてほしい
野田が発言するたびに野党共闘にひびが入る。

    


27. 2017年1月06日 15:44:05 : DvgQwAGBv6 : LkOQbWA2meA[214]
言い得て妙だな。
民進党水没って事は、民進党はもう死に体だって事か。
スッポンのスケが可哀そう。
あれだけ馬鹿みたいに野田応援していたのに。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。
野田にそう言われたんじゃもう観念しなよ。

「民進党」のまだやる気満々の人は「自由党」で立候補すりゃぁ勝てるよ。
自民党壊滅に一緒に踏ん張ろうよ。
そして「民進党」に野田は一人となる・・・・・ってのも面白いね。
そうなったら・・・・・こうなるかも

野田泣いて、自民は恐れで ブルブルガクガク 


28. 嫌韓[617] jJmK2A 2017年1月06日 16:10:03 : Zb2zUd6LrU : _85I3Ak3E_E[1]
民進党の政策って、
1.消費税は早く10%に上げろって言ってたね。
2.原発は、いずれ廃炉にすると言いながら、再稼働には寛容なんだろう?
3.沖縄の基地はよく勉強したら、辺野古になったんだろう、変えるのか?

どうも野党連合に参加できそうにないね。

そうか、集団的自衛権行使反対か?
いやいや、民進党の多くは賛成のはずだ。

カジノ法案反対か?
こんなものは、国の政策としては、末端の話だろう。

やはり政策で見る限り、民進党が組むべき政党は自民党しかなさそうだ。

今年は、トランプもいるし、EUも分裂含みだし、世界は荒れそうだ。
自民と組んで、挙党内閣を作ったら如何か?


29. 2017年1月06日 16:32:32 : DvgQwAGBv6 : LkOQbWA2meA[215]
>>16.さん
>山尾しおりさんに民進党党首の座を譲って、安倍政権を直ぐにでも追い落とすことが、今一番に望まれる事です。

えっぇー!

沈没しちゃった船を浮き上がらせる事はもう不可能ですよ。
そんな無駄な労力を使う事を徒労と言います。
それより、その沈んだ船を踏み台にしてでも、みんなを率いて「自由党」へ行き、そこから野党連合で立候補した方が賢明だと思います。
それが「民進党」議員の浮かぶ瀬です。
そうすれば野党共闘が進み、民主党を壊滅して一挙に政権党にもなり得ます。
もし政権党に成れなくとも、その勢力なら理不尽な自民党の意見を封じ込め、党の意志を反映させることも可能です。



30. 2017年1月06日 16:38:33 : DvgQwAGBv6 : LkOQbWA2meA[216]
>>29.です

誤  民主党を壊滅して一挙に政権党にもなり得ます。

正  自民党を壊滅して一挙に政権党にもなり得ます。


31. 2017年1月06日 20:24:23 : V3aeEfS01M : 77J26Mh6Dls[15]

>野田佳彦幹事長
>民進党の立場は背水の陣ではない
>既に水中に沈んでいる

民進党の政治家はダイバーだったということか。

誠実な日本人なら善きかな善男子ということだ。

提婆達多は釈尊の弟子にありながら退転して反逆罪を犯し、お釈迦様を迫害した悪僧。

釈尊と幼少の頃から敵対関係にあり、名聞名利の心が旺盛で驕慢な性格だったらしい。

釈尊から公衆の面前で叱責されたことを逆恨みし釈尊の殺害未遂など三逆罪を犯した。

法華経提婆達多品第十二で天王如来の記別が与えられ女人成仏と並ぶ悪人成仏が説かれた。

それを教える末法の教主釈尊の正法は慈悲深い救世主ということを信じて疑うべきではない。

正統な日本人の自覚を国民が共有し正しい見識と判断で纏まるならば願いは必ず成就するだろう。



32. 2017年1月06日 21:29:35 : 08KINGH4IQ : W1FV2gLXK5Q[18]
スポンへ
■野田さんをけなす文章に品性がないのは
 野田さんをけなす人間に品性がないから

■野田さんを口汚く罵っている人間は
 野党支持者を装う自民工作員です。

ここまで、来ると妄想性障害の可能性がある。

野田幹事長たるものがが自分の党をけなしているという事をどう考えるのか?
また多くの国民がその認識自体は極自然に理解する事をどう考えるのか?
民進党が自民にすり寄る連合によって舵取りされている事をどう考えるのか?
沈んだ船だから自民党に引っ張ってもらいたいというのが野田の本音かも。

妄想を一旦離れて、冷静に考えたら如何か?


33. 2017年1月06日 22:57:36 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[143]
野田幹事長は、今のまま沈んでいてはいけないと語ったのであり、危機感を感じていると
受け取るのが自然です。現状で良しとは思っていない。そこを私は評価します。
野党共闘により政権奪取を目指すと言って欲しかった。共闘しなければ民進党を応援する
つもりのない私は、辛抱強くその時を待ちたいと思っています。野田幹事長、頼む。
野党共闘を決断し、国民に背を向けた自民党を政権から引きずり下ろせば、もう誰も旧
民主党時代のことには固執しなくなるでしょう。民進党が連立政権の一角として、国民の
ためになる政治を行う日が来ることを、待ち望んでいます。

34. 2017年1月07日 09:21:40 : 94c4hHtA72 : BH9ifRprsMk[1]
民進党、特に野田幹事長に関しては何も今更驚く事はないですね。

逆説的ですが、民進党の立ち位置はこれで良いと思います。こう書くと誤解を受けるかもしれませんが、別に民進党という政党そのものを肯定している訳ではありません。

言いたい事は、そろそろ民進党という政党への期待などいい加減手放すべきだという事。

この煮え切らない政党の態度に一喜一憂するのではなく、期待を手放して良い意味で利用する事を選択する事こそが良策と考える。

安倍自公政権の政治に嫌気がさしている多くの国民の思いは多分同じだと思います。

共産党は安倍自公政権の暴政を止める為、その長年の方針を大転換してまで野党共闘を唱え、小沢自由党も同じく共闘を主張して社民もそれに賛同している。それなのに野党第一党である民進党が何故、野党共闘に舵を切り、はっきりと態度で示さないのかと。

記事中ツイートの意見にもそれらの思いが垣間見えますが、この多くの国民の思いは少し安易な考えであると自分は思います。

何故ならその理由は、民進党という煮え切らない政党に対して国民はいい加減困っているのが現状ではあるが、かと言ってはっきりと態度を示し前面に出られたとしたら、実はそれはそれで同じ様に困った事になるのです。

要は、いても困るしいなくても困る政党ということであり、勿論、政党として解散すればそれほどすっきりする事もないが、かと言って政党が崩壊後、殆どの議員が権力側の自民党へ行かれてもそれはそれで困るのです。

まあ面倒な政党である事は間違いないが、では、どうすれば良いのか。

解決策は一つであり、それはこの政党を生かさず殺さず期待せず、我々国民が望む結果に役立つ様、彼等の自覚の有る無しに関わらず良い意味で利用する事。

その為には野党第一党だからと言ってこの政党に舵取り役を期待してはいけません。

仮に、民進党が野党共闘の舵取り役を宣言して、対自公を旗印にして、共産党、自由党、社民と完全なる連携を我々が先導して政権交代を果たすと宣言したらどうでしょう。

多くの国民はやっと煮え切らない民進党が本気になったと喜ぶかもしれません。
他野党も勿論、賛同する事でしょう。

しかし、この状況は賛同者を盛り上げる反面、一方では依然として根強く存在する民進党に対する拒否層の思惑も同じ様に表面上に浮かび上がらせる結果となるのです。
この状況は対自民の手を離れ、行く行くは民主党への賛否を焦点にして国民の間で意識が分裂する事に繋がります。

これでは本当の結束にはなりません。

勿論、政界野党が形式上一丸となるかも知れませんが、我々国民の側が一丸となれないと考えます。結果として浮遊票を取り込むまでには至らず大きなうねりにはなりません。

勿論、それでも野党の議席は増加するでしょう、しかし、それは先の参院選同様の部分的勝利であり、これでは政権の移行は起こり得ず、結果として我々国民の生活は変わりません。

何故ならば、国民の真意を汲み取るならば、今の安倍自公政権も嫌だけど、かと言って野田幹事長率いる現在の民進党も同じ様に嫌なのだというのが本当の気持ちなのです。

これは結局、消極的支持であり、その結果としての野党議席の微増は、それが国民の思いの反映だという事です。

その議席増の思いとは、どちらの政権も嫌だけど、幾ら何でも安倍自公政権は酷すぎる、それならば、民進党も嫌だけど、それでも一旦は現政権の横暴を止めなければいけないという思いを持つ層の意識の反映が現実化した結果だという事です。

先の参院選でも、民進党以外の野党共闘で勝利を得た新潟の例でも同じですが、公正な選挙であればある程度のうねりが起き、それは結果として不正の温情の防止にもなり、且つその市民の思いが結果として現実化している事は自明なのです。

ですので、我々国民が本当に願う思いを現実化する為には一体どうすれば良いのかと、本当の意味で考える必要性があるのです。

民進党という政党はいても困るしいなくても困るのです。結論を先に書くならば、巨大権力に打ち勝つ為には野党の共闘と市民が一丸とならなければならず、党名を変えようが新党だろうがこの図式そのものは変わらない。

要はイニシアチブの問題だけであり、最大のイニシアチブを有するのは当然ながら主権者である我々国民なのです。

そして、共産、自由、社民という市民目線の真っ当な主張を展開している政界内に存在する我々が頼らざるを得ない野党。彼等は政界勢力図の関係上どうしても民進党に対してお伺いを立てる立場に成らざるを得ません。

結局、この膠着状態を打破する方法は一つしかなく、それは我々国民が煮え切らない野党第一党の態度を座して待つのではなく、民進党以外の共自社の連携を強く後押しする事しかないのです。

これが先の参院選までの流れであり、ある程度の国民は実際にそうしているにも関わらず、何故か未だに民進党に対して共闘を求めてしまう。

これは微妙な言い回しの差かもしれないが、この微妙なニュアンスの違いは結果を大きく変える事になると考える。

先ず、民主党という政党に対してこちらから何かをお願いする必要性など全く皆無だという事。それと、彼等に対する期待感など完全に手放してしまうという事。

要は、民主党という政党に対して何かをお願いするのではなく、国民は下手な小細工や党利党略などは考えず、本当に支持したいと思える政党や政治家のみを強く後押しすれば良いだけの事なのです。

そして、その上で民主党から共闘を打診してくるのであれば、それはその時に必要性があれば受け入れれば良いのだし、必要性が無ければ拒否すれば良いだけの事なのです。

これは先ず民進党ありきの話ではなく、先ず我々国民ありきの話なのです。これがイニシアチブを握るという事であり、主導権の所在によって同じ事象でもその結果は大きく変わってくるのです。つまり、民進党が我々に結果としてお願いする事になる様に態度で強く示唆すれば良いという事。

更に一歩先の結論をいうならば、それらの事を前提として踏まえ、今迄通り共産党の志位委員長と自由党との共闘を肯定し続け、更に、先の参院選との違いを明確に打ち出す為に、その旗振り役として敢えて自由党の小沢一郎にその大役をやってもらおうと国民が選択する事です。

その意思表明こそが、民進党への期待を手放す事に繋がり、自民党も民進党も嫌だという思いを持つ浮遊層を動かす期待感へと繋がる事になるのです。

この期待感とは具体的である必要性などなく、抽象的で良いのです。
つまり、"何かが変わるかもしれない"。

これこそが期待感というものです。
人は分からない事にこそ期待を抱くものであり、結末が民進党と分かった時点でその期待感が大きく膨らむ事は有り得ません。

よくは分からないけれど、自分が票を投ずればもしかしたら何かが変わるかもしれないという期待感、それが積極的支持となり、積極的支持だからこそ政権が移行する可能性が格段と高まるのです。そして、その相乗効果が実際の政権交代へと繋がるのです。

要は小沢一郎を利用するしか道はなく、かと言って別に小沢一郎がどうこうという訳でも無いのです。

よく分からない、訳が分からないからこそ良いのです。人は答えが分かっている事に期待はしませんし、先の展望が自公政権の存続や、政権交代後の展望が野田幹事長率いる民進党と分かったら一体誰がそんな政治に期待を持てるのでしょうか。

小沢一郎という政治家を我々国民が選択する事で期待する効果は浮遊層を如何に動かすかという事、更には如何にして市民が一丸となれるかという事。この二点が肝心であり、小沢一郎は国民に嫌われているという真実とはかけ離れたマスコミ洗脳による誤解。
これは簡単に解けるのです。逆に民進党への拒否反応は真実と合致している為、この真実は誤解を含まない為、これは解けません。

それは感情的にも感覚的にも無理な話であり、人は直感的に本当の事を見抜きます。

要は、自民党を倒す為に、その代替えが民進党ではないという意識が大事であり、これがなければ野党と市民は完全に一丸にはなれないのです。

簡単なのですけどね。

安倍は否だけど、野田も嫌だ。
じゃあ好きだの嫌いだのを乗り越えて単純に小沢一郎を選択すれば良いだけなのですからこれ程簡単な事はありません。

いや、自分は志位委員長が好きだから志位委員長で行こうとなる事も選択肢としては存在しますが、それはそれで無理なのです。

理由は共産党だから。勿論、これは共産党や志位委員長の責任ではありません。しかし、共産党という理由から現実としてそれは短期的には無理なのです。前段階の野党共闘の時点でその思いは潰えます。

安倍、野田、小沢、志位。

結局、小沢一郎しかしいないのですよね。

ただ、小沢よりは、安倍や野田の方がマシと国民が選択するならば、それはそれとなり、望む結果通りになるでしょう。

でもその望む結果とは、実は結局、本当に本心から望む結果ではないのですけどね。
国民はこの堂々巡りから自立して答えを出すしかないのです。頭を選択すれば、尾ひれは後から付いて来ますので、最終的には一つの選択が望む結果に繋がる事になるでしょう。

安倍政権や民進党に対するストレスをどう解決するかを考えれば自ずと答えは出ているのです。全てを否定して望む結果を勝ち取る事は現実として不可能なのですから、何処かの時点で国民は選択をしなければなりません。

しかし、その選択すら出来ない様であるならば、その国の政治は政治家任せとなり、その選択自体もそれはそれで一つの選択であひ、その選択の結末が現在の政治状況を生み出しているのです。

これ本当の民主主義ではありませんので、今はそれが現実化しているだけ。
そして、その現実を本当に変えたいならば、民進党が変わる事を期待するのではなく、我々国民が変わる事。どう変われば良いのかといえば、それは極々単純に一つの選択を決断するだけ。

安倍も野田も嫌なのですから、普通に誰がいいのかを選択して、それをはっきりと政治家達に意思表明すれ座してば良いのです。

当たり前の話ですが、この程度の選択すら出来ない様ではそもそも民主主義など土台無理な話なのです。

都民


35. 2017年1月07日 10:20:56 : rLlWXq2dUA : G2hFj8Cl0w0[129]
>>33

無理です。
民進党には「何故水に落ちたか」の反省がまったくありません。
大事な挨拶で政権をブン投げた張本人が傲慢に自虐ギャグを飛ばしてるだけです。
そのような人間、組織には期待できないでしょう。

水中から引き揚げてもらうためには
アベ政権誕生の第一功労者なのですからアベ自民党にロープを投げてもらう事です。
もちろんアベは笑いながら重い石を投げてくれるでしょう。
民主党政権誕生時に支持した有権者は絶対に民進党を救おうとは思っていません。

野党共闘も自民党合流も党の解体もしないのなら水没したまま自然消滅してください。
オツカレサマ、くらいは言ってあげます。



36. 2017年1月07日 11:12:13 : oLYPlmPKz6 : AVfXv1Ku1u0[115]

 蓮舫も野田も  

 日本人ではありません。


37. 2017年1月07日 11:25:32 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1034]
>>34 都民さん

私には、なぜ都民さんが「小沢が、小沢が、」というのか理解できないんだよ。

共産党支持者は、「志位が、志位が、」とは言わないよ。
都民さんが小沢さんを評価していることは分かった。でもそれを他人に押し付けてはいけない。

旗振り役あるいは選挙の顔を一人に決める必要は少しも感じない。
自民党に批判的な人の間でも、アンチ民進、アンチ共産、アンチ小沢の人はいる。それらの人が手をつながないと自民党を倒せないのだから、旗振り役を一人に決めることはかえって広がりがなくなる結果になると思う。

小沢さんは適任か、といえば、小沢さんを顔にして選挙をした未来の党ー生活の党ー自由党の議席推移を見たらわかる、と私は別スレで書いた。

試しに、野党統一候補の選挙ポスターはすべて、その候補者と小沢さんのツーショットにしてみる? どんな結果になるか。


38. 2017年1月07日 14:35:05 : V3aeEfS01M : 77J26Mh6Dls[17]

>>37. 2017年1月07日 11:25:32 : LKXRYf922A
>試しに
>野党統一候補の選挙ポスター
>候補者と小沢さんのツーショット
>どんな結果になるか

国民が俄然、政治の転換期を連想するだろう。

昨今、政治に対する国民感情に馴染むはずだ。

勿論、野党共闘が等しく躍進するシナリオです。

小沢以外に誰ではなく、それ以外に方法がない。

方法論を論ずると不毛の議論に陥り万年を費やす。

だから方法論で一致すれば山に縄を懸けたも同然。

共産党さんは単独路線の退路を絶って共闘すべき。



39. 2017年1月07日 14:40:32 : zo2uiCgj7I : d_GRo33dzj8[5]
>>37.LKXRYf922Aさん

こんにちわ。

>>私には、なぜ都民さんが「小沢が、小沢が、」というのか理解できないんだよ。

そうだと思います。
私がなぜ小沢一郎かというのかとの事ですが、理由は簡単ですよ。

望む結果を得る為の最良の方法だと思うから。それと勝つ為には他に選択肢がないから。

それに私別に小沢一郎に対する評価を他人に押し付けてなどいないですよ。
誰かに小沢一郎を支持しろ等々言った事ありましたっけ。。

それも、度々書いておりますが、私も小沢一郎でなければ駄目だという訳ではないですよ。別に誰でもいいですよ。安倍自公政権を止める為の何らかの良い方法があるならば。

その代替え案が見当たらない為、自分の意見を書いているのですが、他の誰であれ、自分が誰かしらの意見を読んでみて、その方がいいと思えれば、当たり前ですが私は自分の意見を簡単に捨て去りますよ。

目的は国民目線の政治の実現であり、その間口が政権交代という手段ですよね。

誤解頂いているようですが、これが叶うならば、誰であれかまいませんよ。

目的は持論を押し通すことではありませんからね。

自分としては、これ迄の経過を見てきた限りでは、我々国民が望む願いは結果として伴ってきておりませんよね。様々な論客が持論を展開してきましたが、結果を見てみれば、そのどれもが決定的な有効打には至らなかったという事です。

ですので私は自分の考えを書いているのであり、はたから見れば小沢一郎という政治家に固執しているように映るかもしれませんが、
実際に私が固執しているのは、一人の政治家ではなく、先に書きました目的と、そこに至るまでの手段と方法です。

誰でもいいですよ。別に。

一人の政治家を支持するのは目的ではないですからね。私が小沢一郎の名を挙げるのはそれが有効な手段だと思うから。

それ以上でもそれ以下でもありません。

政治が変わり、国民の生活が豊かになる方向に進むのならば、極論を言えば別に安倍でも構わない訳です。

しかし、現実としては安倍政権で我々の生活が豊かになる展望が全く認められない為、それを早期に改善したいという事です。

別スレで頂いた意見にも意見を返したのですが、旗振り役は一人に決める必要がないというご意見ですよね?

それと、アンチが存在する為、旗振り役を一人に決めてしまうとかえって広がりがなくなるとのご意見ですよね。

これは個々の意見ですから相違があるのは当たり前であり、その個々の意見に賛否を述べるつもりもありませんが、その点で私は別の考えを持っているというだけの話です。

一応理由を述べますと、全部は書ききれませんが、あらゆる点を鑑みてそれでは自公に勝てないと私は思っているのです。

旗振り役を一人に決めないという事は、要は現状がその状態であり、その状態の結果が今なのです。

望む結果を得られていない為、私は別の考えを持っているのであり、勿論、それすらも実際にやってみない事には結果は分かりません。

更にいうならば、よく政党支持率や議席数の事、それと未来の党の選挙をよく例に挙げられておりますが、私自身はこの点で前提となる考えが大いに違っております。

具体的に書くならば、公約違反、憲法無視、司法行政の腐敗、企業との癒着、それ以外に吐き続ける完全なる嘘の羅列。

この様な権力者のもとで、その傀儡である大手マスコミが発表する政党支持率や議席数を決める選挙だけが中立を保ち、且つ公平に行われている。

私はそんなにおめでたい考えを持ち合わせておりません。勿論、不正だと断言するつもりなどないですよ。

しかし、かといって信用しているのかと問われれば、普通にそんな馬鹿なと答えます。

経済指標などもそうですが、腐敗した時の権力者が一方的に垂れ流す御都合主義の情報など、どこをどう切り取れば丸ごと信用出来る様になるのでしょう。

私の意見はそれらの一方的な情報のみを前提にして書いている訳ではありませんので、その点で少し食い違いが起きるのかもしれませんね。

旗振り役は一人に決めずに今迄通りでも構わないとは思いますが、自分としては今まで通りの事をやれば普通に今まで通りの結果が返ってくると思うのですよね。

同じ行いをして違う結果を期待するという考え方は自分にはないのです。

違う結果を求めるならば、今まで通りのやり方を変えるべきというのが私の考えであり、それは小沢一郎だからという事でもありません。

それは手段のひとつであり、目的ではないのですから。

都民


40. 2017年1月07日 19:17:33 : DvgQwAGBv6 : LkOQbWA2meA[230]
水に沈んだブタは棒で叩け。

41. 2017年1月07日 21:58:48 : gZ4xp7OeV6 : NF22fh5Xw8U[2]

>33さん

>14です。私が>17も含めて書いたことを忖度して下さってありがとうございます。
ただ、少しばかり違うのですよ。

ちょっとうまく言えないのですが、「野党共闘」も「政権奪還」も「国民」も登場しない年頭挨拶であったのだとすれば(いかんせん伝わってきているのは‘断片’ですので、あくまで推測です)、それにはそれなりの意味があるのではないか、と思うわけです。
党関係者だけではない、与野党各党が、そして国民が、(どんなことを言うのだろう)と注視する中で、これほどのっぺりした挨拶で肩透かしを食らわせるというのは、それ相応の計算があってのことだろう、と思うわけです。 (それとも、党としての軸足が定まらないため触れられなかった、ということがあり得るのでしょうか。私には想像できませんが。)

まぁ、現実に候補者調整と共通政策作りがスタートしているわけですので、これからもいろんな横槍がいろんなカタチで入るでしょうが、メディアをうまく使いながら(記者クラブでの官のメディア誘導の、さらに上を行くことです。)、野党共闘を国民の間に浸透させるよう、これからの発信を期待するのみです。
  
野田幹事長には、国民のトラウマ(共闘をぶち壊すのではないかという拭いきれない不安)を、何らかの形で早い段階で振り払ってくれることを願っています。(小沢さんが提唱する3党合併もその一つなのだと思います。昔風に言えば血判状の誓いみたいなものですね。)
 
 


42. 2017年1月08日 09:09:53 : V3aeEfS01M : 77J26Mh6Dls[22]

>昔風に言えば血判状の誓

血判状の趣旨は共に死すという意思表示の証なんじゃね?

今の時代はなまじ生きて恥も外聞もなくても平然とするんだが。

どうせつまらない人生を生きて下らないことでも死ぬんだろうが。

仏法に命をかけて人生を全うするのが美徳とされた時代が遥かに昔風ですよ。


43. 2017年1月08日 09:55:23 : cpmo3Gw3EU : M5oen5zIlRI[6]
皆さん

野田ブタが今まで実際何をやってきたのか知らんのか。国会kが閉会中をいいことに自分一人の判断で勝手に原発を再稼働し、小沢の冤罪でうその取り調べをしたことが発覚し当時の小川法務大臣が職を賭して公表しようとしたときには職権で法務大臣を解任した。あとは消費税増税にシャカリキ。

野田は人間の屑だよ。カスだよ。ズボンのポンさんも少しは事実をもとに自分の頭で考えなさい。


44. 2017年1月08日 19:10:11 : PvVJQWruno : ihlzPxEqgpw[1]

>43

その当の小沢さんが自ら動き、野田幹事長に共闘への参加を促したのです。
外野がその足を引っ張って、喜ぶのは誰でしょうか。


🌀熱帯性無気力症候群(8802097)


  
  
  


45. 日高見連邦共和国[3543] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2017年1月09日 09:36:46 : lt7TdFOYcQ : Br9qzPsZN0k[238]

野ブ田改め、“水ブ田”。(笑)

でもイイよ。“邪魔”だけしてクレなければ。

全てはその方の出方次第じゃ。(笑)


46. 2017年1月10日 02:19:48 : EC6BYDIr92 : Cd6_2smSALY[1]

単刀直入に言おう。

「背水の陣ではない。すでに水中に沈んでいる」
「そこからどうやって浮き上がって、岩肌に爪を当ててよじ登っていくか覚悟が問われる」

(溺れる者は藁をも摑む)を連想させるこのような譬えを用いたことは、 
共闘参加の意思表明 と見た。

今後の焦点は、4党共闘の着地点をどのあたりに求めるかに移っていくだろう。
民進党としては内心(実を捨ててでも名を取れれば)と覚悟を固めているのではないだろうか。
矛盾する言い方になるが、それが党勢拡大を最も効果的に実現する方法だからだ。

小沢さんが再三にわたって「野党第一党の民進党が旗を振」ることにこだわり続けてきたのも、その辺のところが読めていたからと考えれば納得もできる。

共闘の成否は、民進党自身がこの‘覚悟’に耐え続けられるかどうかに掛かっている。
政権担当能力のある政党へ脱皮できるかどうかの試金石となるだろう。


🌀熱帯性無気力症候群(8803098)
 
 



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK218掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK218掲示板  
次へ