★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK218 > 654.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
思い切って国民投票を実施してはどうか! 
http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/654.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 06 日 16:55:55: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

思い切って国民投票を実施してはどうか!
http://79516147.at.webry.info/201701/article_44.html
2017/01/06 15:41 半歩前へU


▼思い切って国民投票を実施してはどうか!
 生前退位について天皇陛下は恒久的な制度を望んでおられるが、安倍政権は有識者会議なるものをでっち上げて全力で阻止する構えだ。

 天皇の地位は「国民の総意に基く」と憲法で定めている。退位や皇室典範改正に関する問題は、国民の総意が基本でなければならない。圧倒的多数の国民は天皇陛下のお気持ちに沿うことを願っている。

 こうした国民の意向を無視して、一内閣がこの問題をあらぬ方向へ押し込むなど許されない。安倍晋三が天皇陛下をないがしろにするなら、生前退位について国民投票を実施してはどうか。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年1月06日 17:56:30 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[3488]

バカだね

そもそも内閣自体が国民が選んだものだし

なんでも国民投票すればよいというものではない


2. 日高見連邦共和国[3513] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2017年1月06日 18:19:54 : pYBiRhRShY : JUWRjmwQc1E[359]

>>01

その選んだ筈の内閣が“民意”と乖離してるのが問題なんだ。

・・・というよりは、選挙で争点にならない(しない)ことに執着するような連中に
“権力”を与えてしまっている選挙民こそが問題なんだが・・・。(苦笑)

誰が、『何でもかんでも国民投票せよ!』って言ってる?

私は、最大で以下の3つは“国民投票に図るべき”だと思っている。

@原発と“高レベル放射性廃棄物”の処理を含むエネルギー政策

A基地負担の“不公平”を含む、日米軍事同盟(安保)の是非

B天皇の“ご意志”を最大限に尊重する為の譲位問題

これらは、“民主主義国家の国民”が果たすまっとうな“主権の発動”であり、
本来ならば、国政選挙での“最大且つ最優先”の政策的イシューとなるべき物だ。

それを、安倍が、愚かにも、また恥ずかしげも無く“逃げ”まくってるから、
極論として『国民投票に諮ろうぜ!』という意見が出て来るのは当然である。

そうは思わんかね、キミ?(笑)


3. 2017年1月06日 20:15:52 : yRVsRLcFCA : sGI0PhPXkFc[1]
>>2
本当に乖離しているといえるだろうか?
正確に言えば国民全体の意見からの乖離だが…

過半数とは言わないが、多く見積もったとして四割は
関心無いのではないか?

それはもちろん国民の責任だがね


4. なか[60] gsiCqQ 2017年1月06日 21:33:07 : xRGGi7BEcE : Hd2GFosXQq8[29]
今やると国民投票で不正やられるぞ

5. 日高見連邦共和国[3519] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2017年1月07日 06:07:13 : pYBiRhRShY : JUWRjmwQc1E[365]

>>03

その“無関心”も含めて、安倍のやる事なす事すべてが『国民全体の意見からの乖離』なのは確かでしょう。

ところで貴方は、>>01さん ですか?


6. 2017年1月07日 09:08:31 : LtiAvRr0wo : eHd6zxbI0Vo[19]
>>5
無関心な人は乖離してるとも思ってないと思いますよ
だから、国民も与党もいまだに平気な顔をしてる

7. 2017年1月07日 11:26:15 : YjLq0Xsg52 : Cp3xB_zA4Nw[223]
選ぶべき法案と、とても容認できない法案を組み合わせてひとつの法案としていくつか用意して選ばせるに決まってる。

8. 日高見連邦共和国[3525] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2017年1月07日 12:17:16 : pYBiRhRShY : JUWRjmwQc1E[371]

>>06

うん、そしていずれ、上手くいかなかった原因の全てを安倍に押し付けて、
自らの不徳や不勉強には口をつぐむという、そういう連中なのでしょう。

私は、中学時代の“痛切な”ごく私的体験により、この世の中を悪くする連中は、
『意図して核心的に悪巧みする連中』よりも、『無関心で不勉強な大多数の中立派』だ、
って事はよ〜く学んだつもりです。

ですから、案外“絶望”はしていません。

この現実を踏まえて、『さあ、どうしようか!』と腕まくり、です。


9. 嫌韓[625] jJmK2A 2017年1月07日 14:02:23 : tSNLCVcMCY : qH1SrhuW2l4[3]
>>2. 日高見連邦共和国

>私は、最大で以下の3つは“国民投票に図るべき”だと思っている。

 @原発と“高レベル放射性廃棄物”の処理を含むエネルギー政策
 A基地負担の“不公平”を含む、日米軍事同盟(安保)の是非
 B天皇の“ご意志”を最大限に尊重する為の譲位問題

原発の是非に関しては、前々回の東京都知事選で明らかになったのでは?
脱原発を主張した細川元首相が守銭奴・舛添ごときに
徹底的に負けたのでは無かったか?

日米安保条約に関しては、2015年に内閣府が行った
世論調査の結果が出ている。
その内容は、現状の日米安保体制の維持が望ましいとする意見が84.6%。
安保の撤回と自衛隊のみによる国防や安保撤回に加え
自衛隊も縮小すべきであるとの意見は少数に留まる結果が出ている。

さて、皇室典範の変更に関しては、天皇の生前退位を言うと、当然、
女性宮家、女性天皇、女系天皇、旧宮家の皇族復帰など色々な問題を
同時に論じる必要がある。

これをいきなり国民投票に掛けると言うのは余りにも乱暴だ。
広く会議を興し万機公論に決すべし。
十分にに議論し、国民が多くの情報を得た後、初めて可能と思う。

陛下のご高齢を考えると、今の結論が最適ではないか。


11. 日高見連邦共和国[3537] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2017年1月07日 18:24:17 : pYBiRhRShY : JUWRjmwQc1E[383]

>>09 『嫌韓』

>原発の是非に関しては、前々回の東京都知事選で明らかになったのでは?

だったら、高レベル放射性廃棄物の最終処分地も、『東京都内』で決めなさい。
広瀬隆さんはずっと前から、『東京に原発を』と『最終処分(保管)は東電本社地下へ』
と言い続けてきたんだが、東京都民の“ご英断”に期待する。(何故東電の原発が新潟と福島に?)

>日米安保条約に関しては、2015年に内閣府が行った世論調査の結果が出ている。

ほう、それはいったいドレくらいのサンプル数?勿論、性別・年齢・居住地・支持政党党、
すべて母集団(すべての日本人)を“代表するに相応しい”ご立派な世論調査なんだったら、
その調査結果にまつわる、世論調査を行った対象の情報を全て開示せよ。

>陛下のご高齢を考えると、今の結論が最適ではないか。

陛下のご意向を内々に伝えられてなお、数年に渡って“ほったらかし”にしていた自民党と安倍シンゾーが
“どの口”でそのような『時間が無い』などと言える?

陛下は既に、皇太子や秋篠宮と『これは長い戦いになる』と明確に語っておられる。

安倍がやろうとしているのは“拙速”以外の何物でもないが、陛下は全て“お見通し”だよ、最初から。

安倍や安倍を支持する連中なんぞ、露かなピエロ、腐敗臭がする貧相なハイエナに過ぎない。

>これをいきなり国民投票に掛けると言うのは余りにも乱暴だ。

陛下のご意向や国民の声を無視しまくる安倍の政権運営こそが“乱暴”だろうが!

顔を洗って出直して来い!だっ!!!


12. 2017年1月07日 21:44:25 : 2LiKY8ftgY : PTfAaIrqs6s[887]
もしやれば 意識の薄さ 仇となり


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK218掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK218掲示板  
次へ