★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK218 > 794.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
元アメリカ海兵隊員「今の日本はイラク戦争前のアメリカと酷似しています」(週刊女性PRIME)
http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/794.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 10 日 03:10:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

元アメリカ海兵隊員「今の日本はイラク戦争前のアメリカと酷似しています」
http://www.jprime.jp/articles/-/8852
週刊女性PRIME 週刊女性2017年1月17・24日号


「平和を前向きに構築していくには、過去に犯した過ちをきちんと認めて謝罪するというプロセスが不可欠です」

 そう言って原爆投下や東京大空襲について謝罪し、反戦平和を訴えるアメリカの退役軍人がいる。元海兵隊員でイラク戦争への派遣経験をもつマイク・ヘインズさん(40)だ。

 昨年11月、『安保法制に反対する海外在住者・関係者の会(OVERSEAs)』の招きで来日。各地で講演を行い、市民と交流し戦争の実態を伝え歩いた。遡ること'15年12月に沖縄・辺野古を、'16年8月には高江を訪問。所属する米退役軍人らで作る団体『ベテランズ・フォー・ピース』のメンバーとともに市民と一緒になって座り込み、米軍基地建設に抗議している。

   
    元アメリカ海兵隊員のマイク・ヘインズさん

■私こそテロリストだった

 生粋の平和運動家に見えるマイクさんだが、自身をこう表現してはばからない。

「テロリスト掃討のためにイラクへ派遣された私こそが、現地で暮らす人たちの生活を破壊するテロリストだった」

 熱心なキリスト教徒が多いジョージア州の出身。プラスチック製の銃や『GIジョー』の人形、カウボーイ映画に囲まれて育ち、愛国心から高校卒業後の1994年に海兵隊へ。沖縄駐留を経て'03年3月、イラク戦争に出兵した。

「テロリストがいるとの通報を受け踏み込んだ先は一般家庭がほとんど。恐怖のあまり失禁した少女の叫び声が今も耳に焼きついて離れません」

 大量破壊兵器はなかった。自由と平和をもたらすため─、その大儀も嘘だった。

「戦闘に入れば敵と味方の区別は困難。両方に死者が出ますし、仲間からの誤射で亡くなる兵士も多い。一般市民も巻き込まれます。そうした危険は自衛隊が派遣されている南スーダンでも同じです。

 そもそも “緊張と暴力が前例のないレベル” と国連が警告するように、参加条件の『PKO5原則』で最も重要な停戦合意が成立していないのだから、派遣自体が違法では?」

■国のリーダーが危険をあおって恐怖心を高め世論を操る

 イラク戦争は泥沼と化した。マイクさんの戦いも、帰国してなお終わりが見えない。PTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症したのだ。

      
       アフガニスタン駐留経験をもつ元米兵ロリー・ファニングさん(右)とともに会見するマイクさん

「どこへ行っても帰還兵はヒーロー扱いされましたが、とんでもない。怒りにさいなまれ、ひきこもるように。人も自分も非難して、誰とも一緒にいられなくなって2年ほどホームレスを経験しました」

 農業と平和運動を支えに、人前で話せるようになるまで10年かかった。戦争体験を何度も振り返ることは痛みを伴う。それでもマイクさんは、伝えずにはいられない。

「今の日本を見ていると、国のリーダーが危険をあおって恐怖心を高め世論を操る手法が9・11後のアメリカとよく似ています。

 中国や北朝鮮の脅威が強調されていますが、考えてもみてください。狭い土地に54基もの原発が並び、地震リスクの高い、天然資源がない国を征服したところでどんな利益が得られるのか」

 恐怖にかられると、自分たちとは異なる相手を敵とみなし、同じ人間と思わないようになる。そう仕向けることが戦争遂行の常套手段。

「次期大統領のドナルド・トランプは人種差別を公言してはばからない人物。戦争とヘイトスピーチは切り離すことのできない要素ですから、彼は本当に危ない。

 そんなアメリカは日本を守っていると言い、また日本側もそう思い込んでいるようですが、大きな間違い。基地が集中する沖縄は標的となって、むしろ危険にさらされます。

 建国以来、戦争にまみれてきたアメリカから見れば日本の憲法9条は希望の光。70年以上も戦闘をしていない記録をみなさんで守り抜いてほしいです」





























 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年1月10日 04:02:15 : 0fOMU2j88I : sn6h6RRmPfg[4]
武器を持つものは皆テロリストになります。

おっしゃるように日本を征服してのメリットはありません。
過労死するほど働く民族が住んでいる国です。
石油でも噴き出すなら、その金を世界中にばらまくのもいいでしょう。
しかし過労死までして稼いだ金を安部総理が世界に配っている。
そして戦争のできる大国ズラして日本は世界の真ん中だあなんて叫んでいる。
ばかみたい。


2. ピッコ[1181] g3ODYoNS 2017年1月10日 04:45:31 : GJJuGZxsFs : @EcljS0yhKI[10]
最後の「戦争にまみれてきたアメリカから見れば日本の憲法9条は希望の光。70年以上も戦闘をしていない記録をみなさんで守り抜いてほしいです」がいいですね。

3. めんたいこ[963] gt@C8YK9gqKCsQ 2017年1月10日 05:08:56 : 8prlIaCbts : 2RI@i4z0UpA[8]

狂人・アベが本物のテロリストだな。あっつ、日本を駄目にする会議の日本会議

つうロクでもないのもあったな。確か、濃い毛揺り子も信者だった気がする。

コイツら邪悪でカルトな病巣を、まず日本から叩き出さないと駄目だな。


4. 2017年1月10日 05:20:18 : 75YVg3T2Nw : sh6VneES8FY[57]

 
 
 日本の集落又は都市の一部分(町)において、

 その住民等によって組織される

 親睦、共通の利益の促進、地域自治のための任意団体・地縁団体

 その集会・会合である町内会、

 その管轄地域を利用した日本会議 

 町内会費が 資金源

 イヤと言えず 金を払って 更に徴兵


 


5. 2017年1月10日 06:51:24 : 6qwEpnHCSw : JMh55ootVDU[2]
4さん然り

6. 2017年1月10日 13:34:33 : Qc7Ydfmb5w : Joi8F6QojAE[2]
米軍ですら嵩む予算と経費に頭を抱えている。しかし、戦争バクチ狂いの財閥共は政府を操り、世界に破壊と混乱、混沌と殺戮をもたらす害虫。

こういう大企業に入ると、生活は良くなるかもしれんが、地獄行きになるかもしれんよ。

三菱、東芝、日立、トヨタがしっぺ返しを喰らっているが、いっそこれらの会社は全部潰れて欲しい。


7. 2017年1月10日 14:49:58 : kDVop4u7Ig : htN6NjVH0Kc[311]
「戦争の惨禍」を体験した元海兵隊員と元米兵の『反戦平和活動』に感謝します。本物の正義を語ってるね。
沖縄駐留を経て'03年「イラク戦争」に出兵した。『米軍基地』に思いやり予算を出す日本も間接当事者です。
善は善で、悪は悪であり、正しく向き合わねばならない。良き隣人同士であることが最善の“安全保障”だ。

米ケーリ国務長官が超重大発言<アメリカはシリアのアサド政権を打倒する為にISIS(イスラム国)を結成した>

自国の価値観と利益のために、他国民を虫けらの様に殺伐する国は≪悪魔の国≫としか言いようがないね!
ほんの一握りの悪党に振り回される人間も愚か者ですよ!真実を見抜く知力がないから。未来は?暗いか!


8. 2017年1月10日 18:23:44 : liLuSlNc5w : 7WfOxTEAtW8[15]
(日本のご年輩だけでなく、米兵の方も) 戦争経験者から見ると、
やはり今の政権は危なく見えるんですね。

下記の意見、
的を得た、非常に大事な警告だと思いました。


「今の日本を見ていると、国のリーダーが危険をあおって恐怖心を高め世論を操る手法が9・11後のアメリカとよく似ています。

 中国や北朝鮮の脅威が強調されていますが、考えてもみてください。狭い土地に54基もの原発が並び、地震リスクの高い、天然資源がない国を征服したところでどんな利益が得られるのか」

 恐怖にかられると、自分たちとは異なる相手を敵とみなし、同じ人間と思わないようになる。そう仕向けることが戦争遂行の常套手段。


 建国以来、戦争にまみれてきたアメリカから見れば日本の憲法9条は希望の光。
70年以上も戦闘をしていない記録をみなさんで守り抜いてほしいです」


9. 2017年1月11日 03:11:05 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[1351]
  日米軍産政複合体関係者が、韓国も共に軍事訓練をし対北朝鮮に対して強大な軍事力を以て対抗しよう、と声を掛けているが、韓国民は100万人規模のデモを以て異議を唱えているようだ。
  日本には中国の脅威を、韓国には北の脅威を煽る日米軍産政複合体ロビイストは、米国で持てあまし始めた巨大兵器を、今度はアジアに押し付けるべく、隣国の襲撃を口実にしているようである。
  だが、韓国にとって北は兄弟国であり、韓国が強力な軍事能力を誇示すればするほど北も緊張し一触即発の危険が増す。
  同じ言葉を喋る同胞に対して、他国と集団的自衛権を行使して武力行使の準備をするほど愚かなことは無い。
  また、日本の場合は、北もさることながら、中国が危ない、と言う。
  年中国際会議で顔を合わせ、貿易交流を民間人同志がしている水面下で双方が闘いに備えているのであり、これは専ら、「油断すれば敵が襲撃してくる」という不信感と疑心暗鬼に因るものである。
  安倍首相らは、「集団的自衛権行使で、積極的平和主義を構築する」などと言うが、積極的平和主義を言うからには、戦闘の後には平和が来る、と考えているのだろう。
  だが、そもそも、不信感や疑心暗鬼に因って始まった戦争に終わりが有るかといえば、停戦も休戦も相手を信頼する事で成るものであるところ、「油断すれば相手が襲って来る」が動機で始まった戦争が、停戦、休戦で収まる訳が無いのであり、結局のところ、不信や疑心暗鬼の状態が永遠に続き、戦闘は終わらない、従って、積極的平和は来ない、と見るべきである。
  それにしても、米国は戦争経験も長いから裾野が広く、様々な体験をして、真摯に取り組む人がいることは確かであろう。
  沖縄県知事が米国でトランプ氏との面会を試みるようだが、米国議会が予算承認しなければ米軍産政複合体は動けないのであり、そこは、議会と軍需産業やペンタゴンは違う、と認識した方が良いようだ。
  結果はともあれ、果敢に取り組むのは安倍首相の得意分野であるのだとすれば、本来は、安倍首相が、自国民である沖縄県民が、観光立県として生きて行きたいとし、環礁地帯は埋め立てにより珊瑚の死滅を意味するから、環境変化がもたらす周辺への影響も考えれば辺野古の埋め立ては止めるべきだとトランプ氏と交渉してもおかしくないのである。
  尖閣が日本の領土であるとして、武力行使も辞さない、の与党の勢いならば、同じ日本の領土である沖縄の環礁の危機であり、生態系保護の必要有りとして、安倍首相自ら、翁長知事と共に、基地建設の是非について、軍産政複合体関係者では無い米議会人とも真摯に話し合い、日米軍産政複合体とは一線を画すべきなのである。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK218掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK218掲示板  
次へ