★阿修羅♪ > 戦争b17 > 354.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ETV特集 「名前を失くした父〜人間爆弾“桜花”発案者の素顔〜」
http://www.asyura2.com/16/warb17/msg/354.html
投稿者 gataro 日時 2016 年 3 月 21 日 01:07:13: KbIx4LOvH6Ccw Z2F0YXJv
 

ETV特集 「名前を失くした父〜人間爆弾“桜花”発案者の素顔〜」



語り(語り手) : 三浦貴大 
朗読 : 園部啓一 
声の出演 : 佐々木啓夫 、樫井笙人 、土田大

http://www.nhk.or.jp/etv21c/archive/160319.htmlその男は生きていた。人間爆弾と呼ばれた特攻兵器"桜花"を発案した元海軍中尉の大田正一。終戦直後、ひとり零戦に乗って海に飛び込み、自殺を遂げたはずだった。

"桜花"は太平洋戦争中、海軍が零戦の特攻に先駆けて開発を進めた特攻専用の有人飛行爆弾で、人間が操縦したままロケットを噴射し敵艦に体当たりする。この非情な兵器を考え出し、海軍上層部に提案したのが大田正一だった。しかし現実の桜花は、母機が敵艦に近づく前にアメリカの戦闘機に撃ち落とされ、ほとんど戦果を挙げられなかった。発案者の大田正一は終戦の3日後、零戦に乗って海に飛び込み、自殺を遂げたとされていた。しかし、その大田正一は生きていた。偽名を使い大阪で新しい家庭を作っていた。

息子の大屋隆司さん(63)が父の本当の名前を知ったのは中学生の時だった。子煩悩でやさしかった父と、非情な兵器を考え出した父とが結びつかず、それ以上詳しい話を聞くことはできなかった。父は本当はどんな人間だったのか。父が背負い続けたものはいったい何だったのか。戦後70年の節目を迎え、隆司さんは戦争中の父を知る元桜花搭乗員を訪ね、その人生の痕跡を探り始めた。知らなかった父の過去と向き合おうとする息子の姿を通して、今なお残る戦争の傷跡を探る。

3月19日(土)23:00放送












 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年3月21日 04:06:38 : oiq3xAIRjY : bZ7dLBw3Zpw[4]
一人でも多くに見てほしい。とくにネトウヨ君たち、これを見てよく考えてほしい。

2. 2016年3月23日 12:37:51 : 4XDKrNSC1g : so0uSXnIt9s[40]
桜花については↓が詳しい。ウィキペディア↓

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E8%8A%B1_%28%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A
9%9F%29


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b17掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b17掲示板  
次へ