★阿修羅♪ > 戦争b17 > 391.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
テロ攻撃で「切断された」体を「戦場」医療で治療、ベルギー  AFP
http://www.asyura2.com/16/warb17/msg/391.html
投稿者 ダイナモ 日時 2016 年 3 月 24 日 19:25:15: mY9T/8MdR98ug g1@DQ4Npg4I
 

【3月24日 AFP】「切断された」体、激しく損傷した手足、黒こげの肌――ベルギーの首都ブリュッセル(Brussels)で22日に発生した連続テロ事件で、病院に急送された犠牲者たちは、通常は戦闘地域でみられる種類の外傷を負っているという。医師らが23日、明らかにした。

 ブリュッセルにあるエラスムス病院(Erasmus Hospital)の集中治療室長、ジャック・クルトゥール(Jacques Creteur)氏は「これは戦争だ」と話す。「これは戦場でみられる種類の外傷だ」

 犠牲者16人の治療に当たったクルトゥール氏の病院を含む国内各所の病院は、ザベンテム(Zaventem)の空港と地下鉄でテロ実行犯らが爆弾を爆発させた後、次々と搬送される死傷者であふれた。この爆発で、31人が死亡、270人が負傷した。

 エラスムス病院では23日、3人の患者が依然として瀕死(ひんし)の重体となっている。

 クルトゥール氏は、負傷者リストをチェックしながら「手足切断、爆風で飛び散ったガラスの破片や爆弾、もしくは調度品等の金属片の衝撃による頭部外傷、血管損傷、骨折」と読み上げた。

 結果的に、犠牲者の命を救うためには、欧州連合(EU)の象徴的な心臓部である近代的大都市より、戦場の野戦病院でより広く実践される種類の医療技術が必要とされた。

「今回の患者の多くに対して、大量出血を止めるために1回目の手術が行われる場合や、手足の1本が完全に破壊されている場合などに用いられる、いわゆる『ダメージコントロール』を適用した。これがその医療技術だ」とクルトゥール氏は説明する。

 重傷患者の場合、1回の手術で治療を試みる負傷箇所が多すぎると、失血や合併症などの問題が生じるリスクが非常に高くなり、患者を生命の危機に陥らせる可能性がある。医師らは後に、患者の状態の安定するのを待ち、さらなる問題に対処する。

「これは戦闘での外科処置だ。軍隊はダメージコントロールの専門家だ」と同氏は付け加えた。

 事態をさらに悪化させるのは、大規模な爆発によって体のあらゆる部位に及ぼされる影響が、一見しただけではわからないことだ。大きな爆発で放出される爆風は、外傷を残さずに、脳、肺、腸などに損傷を与える可能性がある。

 医師らにとって、このような損傷を見つけることは時間との戦いになる。手遅れにならないうちに損傷箇所を特定するために、手術や全身スキャンなどのさまざまな技術が用いられる。

 最も重い傷を負った人々の場合、テロ攻撃を生き延びることだけで、自身の生活に及ぶ影響が終わりになるわけではないと、医師らは指摘する。重傷患者は、数年に及ぶ可能性のある体のリハビリに立ち向かうことになるが、これは通常のけがから回復中の患者にも耐え難く感じられる場合がある。

 さらにテロ攻撃の犠牲者の場合、こうした回復のための苦闘に、うつや心的外傷後ストレスとの闘い、混雑した場所に行ったり、地下鉄に乗ったりして再度テロに遭うのではないかという恐怖との闘いが加わることになる。(c)AFP/Joshua MELVIN


http://www.afpbb.com/articles/-/3081566  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b17掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b17掲示板  
次へ