★阿修羅♪ > 戦争b18 > 588.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米海軍、イラン高速艇の「群れ」どう打ち負かすか イラン艦艇がまた米軍艦に異常接近  ペルシャ湾
http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/588.html
投稿者 軽毛 日時 2016 年 9 月 07 日 22:40:37: pa/Xvdnb8K3Zc jHmW0Q
 

コラム:米海軍、イラン高速艇の「群れ」どう打ち負かすか

8月31日、ペルシャ湾を哨戒航行する米艦艇に対し、イランのイスラム革命防衛隊の高速艇が異常接近する状況が繰り返されており、この事件は実際の武力紛争においてイラン政府が用いる可能性のある手法を垣間見せてくれる。写真はホルムズ海峡で米艦隊に接近したイスラム革命防衛隊の軍艦。米海軍が7月提供(2016年 ロイター)
David Axe

[31日 ロイター] - ペルシャ湾を哨戒航行する米艦艇に対し、イランのイスラム革命防衛隊(政府公認の民兵組織)に所属する高速艇が異常接近する状況が先週だけで4回発生した。

緊迫したものの、流血の事態は避けられた。だがこの事件は、実際の武力紛争においてイラン政府が用いる可能性のある、壊滅的な効果を引き起こしかねない手法を垣間見せてくれる。

米国の圧倒的に大規模で先進的な軍事力に太刀打ちできないイラン軍は、ここ数十年にわたり、米国の技術的な優位を削り取る可能性のある、いわば「スウォーム(群れ)戦術」を磨き上げてきた。

つまり、1対1で米軍に対抗しようと試みる代わりに、イランは陸・海・空のいずれにおいても、さほど洗練されていないシステムを多数運用している。人間にとって1匹の蜂がぶんぶん飛んでいても迷惑なだけだが、膨大な数の大群になると生命に関わりかねないように、米軍を数で圧倒しようという発想だ。

しかし、米国防総省もイランのこの作戦がもたらす危険については十分に承知しており、小型の精密誘導ロケット弾からレーザー砲に至るまで、これに対抗するための新兵器を考案している。

8月の事件は、きわめて短い間隔で発生した。23日にはホルムズ海峡近くでイランの武装哨戒艇が、米海軍の駆逐艦「ニッツェ」から300ヤードの至近距離まで接近した。「ニッツェ」が警告の意味で発煙弾を発射したところ、イラン舟艇は離れていった。

その翌日、同様の舟艇3隻が米国の哨戒艇「テンペスト」「スコール」の近くを周回したうえ、1隻が「テンペスト」に対し、衝突コースで突進してきた。このため僚艦「スコール」が機関砲で警告射撃を与えざるをえなかった。

イラン舟艇は撤退したが、同日中に戻ってきて、米駆逐艦「スタウト」に対する嫌がらせを行った。数時間後にはイラン舟艇1隻が「テンペスト」に対して正面から突っ込んでくるという挑発を行った。

米海軍は「テンペスト」との遭遇について特に激怒している。

「この状況は、衝突リスクが劇的に高まっていることを示している。無線で数回にわたり要請や警告を送り、両艦から視覚と聴覚に訴える警告を行ったにもかかわらず、イランの舟艇は、国際的に承認された海上交通規則に沿った安全な航行を行おうとしなかった」。米第5艦隊の報道官ビル・アーバン中佐はこう述べている。

イランの高速艇が、米艦艇と衝突あるいは衝突寸前の状況となったのは、これが初めてではない。7月には5隻のイラン舟艇が米海軍の強襲揚陸艦「ニューオーリンズ」から500ヤード以内に接近した。8月15日には、イラン舟艇が演習中にロケット弾を発射しているが、このときわずか数マイルの距離には米国の船舶2隻がいた。

同様の事件は過去数十年にわたって定期的に発生しており、ペルシャ湾内外におけるイランの主な挑発手段の代表例となっている。イスラム革命防衛隊は、空・陸においても似たような作戦を採用している。

革命防衛隊は、低空飛行可能な小型航空機を多数購入している。これによって敵による防空網を突破できると期待しているようだ。

こうした戦術は、イラン軍本体の戦術を補完するものだ。革命防衛隊の海上部隊と混同してはならないのだが、イラン海軍はその貧弱な戦力(大型のミサイル搭載艦)を温存しており、近年ではシリアや中国の港湾を訪問するなど、不定期・長距離の遠洋航海に派遣している。

イラン海軍の艦隊は、もっぱら外交上の役割を担っている。つまり、海上における他国とのやり取りにおいて、イラン海軍は「良い警官」を演じている。一方、イスラム革命防衛隊は「悪い警官」役であり、ペルシャ湾に不確実な要素を持ち込み、イラン政府のライバルを不安定な状態にさせておくことに貢献している。

ただ米国も、革命防衛隊の海上での嫌がらせに直面して、ただ手をこまねいていたわけではない。

これまで米海軍は、自らと同じように大型の艦艇を用いる重武装の他国海軍との戦闘に備えて訓練を行い、装備を調えてきた。そのような戦闘に向けた主力兵器は大型の数百万ドルもする巡航ミサイルであり、ほとんどの艦艇ではそうしたミサイルを数発搭載できるだけだ。これに対して、イランの革命防衛隊は機敏で低価格の高速艇を多数揃えており、米軍としては考えを改めざるをえない。

1980年代、米海軍はペルシャ湾に展開する一部の艦艇に、米陸軍の攻撃用ヘリコプターを搭載し始めた。陸軍の攻撃ヘリが持つミサイルと機関砲は、イランの舟艇を破壊するのに理想的だった。1998年、両国の海軍は短時間だが激しい戦闘を行い、複数のイラン舟艇が損傷、もしくは破壊された。

米軍の艦艇は、自艦のヘリにも陸軍のヘリと同じようなミサイルを装備し始めた。2012年、海軍はさらに一歩踏み込んだ。多数の舟艇の撃破に最適化された独自開発の専用誘導ロケットをようやく配備したのである。この「先進精密攻撃兵器」(APKWS)は、レーザー誘導装置を備えた直径2.75インチ(70ミリ)のロケット弾である。

海軍及び海兵隊のヘリなどの機体は、このAPKWSを7発収容する発射ポッドを搭載することができる。ヘリは敵の舟艇その他のターゲットにレーザーを照射した後に、APKWSを発射する。各ロケットはそれぞれ別の舟艇をめざし、実質的に、多数の舟艇に対し、小型だが破壊力の強い兵器の大群をぶつけることになる。

米軍によれば、この誘導ロケット弾の命中率は95%だという。防衛産業の専門誌である「ジェーンズ」は、「これを搭載したヘリは、沿海域の多数の高速攻撃艇に対する強大な能力を持つことになる」と指摘している。

それだけではない。2014年、米海軍は揚陸艦「ポンス」に、新たに大型レーザー砲を配備した。ペルシャ湾に常駐し、ヘリや小型舟艇、特殊部隊のための海上基地として行動している「ポンス」は、そのままでは大型・低速で軽武装なので、革命防衛隊の多数の舟艇に対しては特に脆弱である。

いわゆる「レーザー兵器システム」(LaWS)では、ビデオゲームのようなコントローラーを操作するオペレーターが狙いを定め、30キロワットのレーザーを数マイル先の標的に照射する。LaWSは従来のようなミサイルや弾丸を発射するわけではなく、発電機からの電力に頼るため、実質的に弾切れの恐れがない。「大群」を一掃するには最適である。

このレーザー兵器システムは1基しかなく、4000万ドルとコストも高い。だが、現場でもレーザーが機能すると分かったことで、米海軍はより大型のレーザーを量産し、前線に展開されているすべての艦艇に配備することを計画している。もしこれが現実になれば、イスラム革命防衛隊の「大群」は、ついに対等の相手に直面することになるだろう。

*筆者は軍事情報サイト「War Is Boring」の編集者で、ニュースサイト「Daily Beast」に定期的に寄稿している。またWIREDのウェブサイト「Danger Room」や雑誌「Popular Science」でも執筆している。
http://jp.reuters.com/article/us-navy-iran-column-idJPKCN11813X

イラン艦艇がまた米軍艦に異常接近 ペルシャ湾
2016.09.07 Wed posted at 17:24 JST


ペルシャ湾で米哨戒艇にイラン革命防衛隊の艦艇7隻が異常接近

イラン艦艇がまた米軍艦に異常接近 ペルシャ湾
(CNN) ペルシャ湾でイラン革命防衛隊の艦艇7隻が米海軍の哨戒艇に異常接近し、1隻は前方100メートル以内まで迫って停止していたことが分かった。米国防当局者が6日、CNNに語った。
同当局者によると、乗員約30人を乗せた米哨戒艇「ファイアボルト」に4日、イランの艦艇が接近して挑発的な動きを見せた。米軍はこれを「衝突につながりかねない危険な行為」と断定した。
ペルシャ湾では今年、米軍艇に対するイランの危険行為がすでに31回も確認されている。昨年は1年間の合計が23回だった。
8月にはペルシャ湾北部で革命防衛隊の艦艇が米哨戒艇「スコール」から200メートル以内まで接近し、スコールが3発の警告射撃を行った。
米中央軍のボテル司令官は先週、イランの革命防衛隊や海軍の艦艇にますます挑発的な活動がみられるとして懸念を表明。イラン側には「地域での影響力と権威」を誇示する狙いがあるとの見方を示していた。
• イラン、核科学者の死刑を執行 「米国に情報提供」 08/08
• ロシア爆撃機、イラン基地から初の出撃 シリア空爆で 08/18
• まるで昔の玩具? イランの最新鋭戦闘機がネットで話題に 02/11
• 北朝鮮が見せたくなかった写真――西側唯一のジャーナリストが見た風景とは 11/24
• マックに強盗、特殊部隊員11人が食事中と知らず フランス 06/10
http://www.cnn.co.jp/world/35088681.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月08日 04:24:42 : no31X615y2 : MLXvQrwDTgc[101]

>米海軍、イラン高速艇の「群れ」どう打ち負かすか

このメンタリティーの表現で馬鹿さ加減が十分過ぎるほど証明されている。

さっさと自国に帰れば何も問題はないのだが、クルクルパーは度し難い。


2. 2016年9月08日 14:21:52 : k1LYSpt8X6 : T1zZCpleeRg[1]
アメリカが世界中で戦争をして勝てばいいわけか。アメリカはイスラム革命以来40年以上イランを敵視し経済制裁をしてきたが結局イランの政権は倒せなかった。

3. 2016年9月08日 16:51:45 : ZQaUpuhUK2 : cc0dtlqGZdo[14]
地球のほぼ裏側の遠く離れた戦争屋アメリカが、なんでイランのお膝元ペルシャ湾にいるのよっ! そりゃ、イランも警戒して異常接近するわっ!
ほんとうに、世界を破壊しまくる戦争屋アメリカが出没するって、卑劣な工作以外にないんだから!
ロシアのお膝元の黒海にも何度も出没して「ロシア機が米偵察機の行く手を阻んだ」って喚いてるし。
▼米国防総省:ロシア機が黒海上空で米偵察機の行く手を阻んだ
http://jp.sputniknews.com/russia/20160908/2744124.html
↑遠方のアメリカの偵察機が、わざわざ湖のようなロシアのお膝元に入ってきてること自体が犯罪者丸出しで、「きゃー! チカン! なんでこんな所にいるのよっ?」って、誰でも思うわよね。 ロシア機が出てくるのはアタリマエ。

4. 2016年9月09日 17:57:12 : FOmo2vOhiA : KRKeus4kSps[4]
アメリカはまたトンキン湾事件を起こすつもりか、あれもヤラセだったことはもうわかっているが。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b18掲示板  
次へ