★阿修羅♪ > 戦争b18 > 737.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米国が北朝鮮を先制攻撃する日、韓国と日本は? 早読み 深読み 朝鮮半島 軍事衝突が起きても起きなくても不幸だ 
http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/737.html
投稿者 軽毛 日時 2016 年 9 月 30 日 00:13:48: pa/Xvdnb8K3Zc jHmW0Q
 

米国が北朝鮮を先制攻撃する日、韓国と日本は?

早読み 深読み 朝鮮半島

軍事衝突が起きても起きなくても不幸だ
2016年9月30日(金)
鈴置 高史

カーター国防長官曰く「準備はできている」。米国が北朝鮮への「先制攻撃」を口にし始めた(写真:ロイター/アフロ)
(前回から読む)

 米国が北朝鮮を先制攻撃したら、韓国はどうするのか。日本はどうするのだろうか。

今晩にも戦う準備ある

前回は、韓国人がうっぷん晴らしで「北朝鮮への先制攻撃」を言って回っていたら、米国が本当にやりそうだと気づいて慌てている、という話でした。

鈴置:9月16日、マレン(Mike Mullen)元・米統合参謀本部議長が「北朝鮮が核で米国を攻撃できる能力を持ったら、先制攻撃も辞さない」と述べました(「朴槿恵は『北爆』を決意できるのか」参照)。

 北朝鮮の核の脅威にどう対応するかを論議するシンポジウムでの発言でした。「Report Launched of CFR-Sponsored Independent Task Force on U.S. Policy Toward North Korea」(9月16日、音声付き)で読むことも、聞くこともできます。

 3日後の9月19日、今度はカーター(Ashton Carter)国防長官が北朝鮮との戦争を辞さない姿勢を明確に打ち出しました。在韓米軍のスローガン「fight tonight」(今晩にも戦う)を引用したうえ「その準備はできている」と語ったのです。

 フーバー(Hoover)研究所のシンポジウムでの発言でした。発言は米国防総省のサイト「Remarks by Secretary Carter on Innovation in Defense Policy at the Hoover Institution, Washington, D.C.」(9月19日)で読めます。ポイントは以下です。

the slogan of U.S. Forces Korea, as many of you probably know, is fight tonight. Not because that's what we want to do but because that's what we have to be able to do. And we are ready to do.
 そのまた3日後の9月22日、ホワイトハウスのアーネスト(Josh Earnest)報道官が「北朝鮮を先制攻撃(preemption strikes)する計画はあるか」と聞かれ「一般論だが、先制的な軍事行動に関しては事前に論議しないものだ」と答えました。

 ホワイトハウスのサイトの「Press Briefing by the Press Secretary Josh Earnest, 9/22/16」の最後のくだりです。

Just in general -- not specifically to North Korea -- as an operational matter, we’re not going to discuss any preemptive military actions in advance.
 表「米国の『先制攻撃論』(2016年9月)」を見れば一目瞭然、米国の威嚇は矢継ぎ早です。

米国の「先制攻撃論」(2016年9月)
5日 北朝鮮、高速道路から3発の弾道ミサイル連射、1000キロ飛び日本のEEZに落下
9日 北朝鮮が5回目の核実験を実施し「戦略ミサイルの核弾頭の生産が可能になった」
10日 稲田朋美防衛相、韓民求国防相に電話会談で、GSOMIA締結を呼び掛ける
12日 韓国国防相報道官「日本とのGSOMIAは必要な雰囲気。ただ、国民の理解必要」
16日 マレン元米統合参謀本部議長「北の核の能力が米国を脅かすものなら先制攻撃しうる」
19日 カーター国防長官、在韓米軍のスローガン「fight tonight」を引用「その準備はできた」
20日 北朝鮮「推力重量80トンの静止衛星運搬用ロケットの新型エンジン燃焼試験に成功」
20日 ハイテン米戦略軍次期司令官「北朝鮮はいずれICBMを持つ。すぐに備えるべきだ」
22日 米大統領報道官、対北攻撃を聞かれ「一般に先制的軍事行動に関し事前に論議しない」
24日 ヴィクター・チャ教授、中央日報に「北朝鮮のICBMの破壊も検討」と寄稿
26日 米韓海軍、日本海で合同訓練。韓国軍「北朝鮮の核・ミサイル施設や平壌が攻撃目標」
北のICBMが最優先課題

なぜ突然、米国は北朝鮮への先制攻撃を匂わせ始めたのでしょうか。

鈴置:北朝鮮の脅威が「限界」を超えたと見なしたからです。いくら核爆弾を持っても、米国まで運んで来なければさしたる脅威ではなかった。

 が、北朝鮮は5回目の核実験(9月9日)の直後に「核弾頭の成功を確認した。生産に入る」と宣言しました(「北朝鮮、5回目の核実験」参照)。ミサイルに載せられるほどに小型化したということです。

 米国まで届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発に関しても、北は近く持つと米国は判断しました。

 9月20日に北朝鮮は「推力重量80トンの静止衛星運搬用ロケットの新型エンジン燃焼試験に成功した」と発表しました。

 静止衛星は高度約3万6000キロの軌道を回ります。衛星をこれほどの高さにまで打ち上げられる推力を持つロケットとは、すなわちICBMを意味します。

 「静止衛星用のロケットエンジン成功」に関し、9月20日にハイテン(John Hyten)米戦略軍次期司令官が「時期は断定できないが、北朝鮮はいずれICBMを持つ」と上院軍事委員会の公聴会で語りました。

 「北が核を搭載するICBMを保有して何をするのか懸念しており、司令官に任命されたらこの問題を最優先課題に据える」とも述べました。

 以上は、聯合ニュースの「米戦略軍次期司令官『北朝鮮いずれICBM開発する』」(9月21日、日本語版)が報じています。

 USNINEWSの「Stratcom Nominee Gen. Hyten Warns Of North Korean Nuclear Advances」(9月20日)は、ハイテン次期司令官が「最も懸念すべきは北朝鮮とイランである」と語ったとも伝えました。

「戦争の危険」と朴槿恵

なるほど、「限界を超えた北朝鮮」に米国が怒り出した。それを見た韓国人が「戦争になる」と困惑し始めたのですね。

鈴置:東亜日報の社説「米は『戦略的忍耐』から『先制打撃論』へ…韓国は共助しているのか」(9月24日、韓国語版)が、その「困惑」を率直に語りました。

ホワイトハウスが北朝鮮に対する先制打撃に言及した。敏感な事案に対しては「現時点では答えるのが難しい」と答えてお茶を濁すホワイトハウスが、奇襲攻撃の可能性に言及したこと自体が異例である。
5回目の核実験の後、米政府は北朝鮮に実質的な打撃を与える方向に転じた。来月、韓米空軍はアラスカで寧辺の核施設を精密打撃する訓練を実施する。12日に我がF15戦闘機の編隊が在日米軍の空中空輸機と夜間給油訓練を実施したことも、北朝鮮の核基地打撃能力を確認するものだった。
敵の攻撃が差し迫った際に、先制打撃でウラニウム濃縮施設などを軍事的に無力化するのは米国の作戦の1つである。そんなカードを見せつけなければ、金正恩に核を放棄させられない。
このような状況を念頭に(9月12日)、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が与野党代表に「戦争の危険があり得る」と語ったのかもしれない。だが、韓国軍の内部には懐疑的な見方もある。戦争の拡大を憂慮する我が政府が、米国の対北先制打撃に同意する可能性は低いとの指摘だ。
軍当局者は「韓国の同意なしに北朝鮮を奇襲攻撃するとは考えにくい」と言う。しかし米国は「戦略的な忍耐」政策を立てた時も、それを捨てる時も我々の同意を求めなかった。
アジア太平洋地域に展開した米軍が北の脅威に晒されるというのに、米政府がそれを座視するわけがない。それに比べ我が軍には、命がかかっているとの覚悟があるのかも分からない。
株安恐れ「攻撃するな」

北朝鮮を奇襲攻撃する前に、米国は韓国に通報するのですか、しないのですか。

鈴置:確かにこの記事はそこが分かりにくい。両方の可能性があって、韓国もどちらか判断できないということでしょう。日本のある専門家も「日本に対しても、事前通告があるかは分からない」と語っています。

 韓国の、そして日本の直面する問題は2つあります。自分が知らないうちに米国が北朝鮮を攻撃し、戦争に巻き込まれるリスク。

 もう1つは、仮に知らされて「戦争につながる対北攻撃はしないでくれ」と米国に答えれば「では、アジアから兵を引く」と米国から宣言されかねないことです。

 韓国の保守言論を代表する、朝鮮日報の楊相勲(ヤン・サンフン)論説主幹が筆を取りました。韓国人に「覚悟」を求めたのです。「『北爆から核の人質まで』――心の準備を」(9月22日、韓国語版)を訳します。

米国人は「軍事力を使う以外にない」と判断した時には躊躇しない。米国の都市が北朝鮮のような国の核の脅威に晒され、これによる政治的、外交的、軍事的な副作用が甘受できない水準を超えたとの分析が出れば、F22ステルス爆撃機が大量に北朝鮮の空を舞うことになる。
私たちの社会には「国家の決定的な問題を解決するためには血を流すことも辞さない」との合意が全くない。株が下がっただけで騒動になる。米国の空襲により北の核の根源を断つことができるとしても、ソウルに砲弾が落ちれば、絶対だめだと言い出すだろう。
我々は完全に北の核の人質になっている。時に警察は人質の犠牲を覚悟し鎮圧作戦を展開する。(北の核に関し)そんなことが本当に、絶対にないのか。心の準備をせねばならない。
昔は気合いが入っていた韓国人

韓国人は案外と弱気なのですね。

鈴置:ソウル五輪(1988年)頃までだったら、多くの国民が北爆に賛成したと思います。しかし、10年間にわたった左翼政権が南北融和ムードを演出したため、韓国人はすっかり「平和的」になってしまいました。

 五輪の頃までは、戦前の日本を知る韓国人が健在で、彼らから「最近の日本人は気合いが足りない」と叱られたものでした。韓国人が日本人並みの平和ボケに陥るとは当時、想像もできませんでした。

 さて、楊相勲論説主幹は「もう1つの心の準備」を呼び掛けました。米国からの「見捨てられ」に対しての覚悟です。

米国が最終的に北への空襲を放棄すれば、遠くない時期に米国と北朝鮮との直接対話が始まるだろう。交渉の結果の予測は難しいが、北の体制が強固になる一方、韓米同盟は弱体化に向かうだろう。
その中で最善の結果は、北の核の廃棄と米朝の国交正常化、国連と米中の保証による朝鮮半島の平和体制樹立だ。最悪は在韓米軍撤収を条件にした北の核の凍結である。
最善と最悪の間のどこであろうと、米国に安全保障を全面的に依存し生きてきた大韓民国の国民の生きざまは激変する。それに対する心の準備もせねばならない。
北のミサイルを要撃

戦争が起きても、起きなくてもいいことはなさそうだ、という悲愴な覚悟ですね。

鈴置:私は韓国人よりも、日本人の方が先に「心の準備」をする必要があると思います。朝鮮半島の安全保障の枠組みが変われば、もちろん韓国の方が大きな影響を受けます。

 ただ、その前に日本が「同盟を試される」可能性があります。「北に対し軍事行動を発動」と言えば、米国、あるいは韓国があらゆる弾道ミサイルや長距離砲、空軍部隊で北を攻撃する――とのイメージが湧きます。

 でも米国には、まずは北朝鮮が発射した弾道ミサイルを艦船の「SM3」――海上配備型の迎撃ミサイルで撃ち落とす手があるのです。

 軍事力によって北の核・ミサイル開発に歯止めを掛ける方針に転換したにしろ、とりあえずは北の人命に被害を及ばさない、こうした「比較的軽い手段」から始める可能性があると思います。

 米国がこの作戦に出た時、日本はどうするのでしょうか。日本海には常時、米海軍と海上自衛隊のSM3を装備したイージス艦が展開しています。

 海上から撃ち落とす段階では、北の弾道ミサイルが米国に向かうのか日本に向かうのかほとんど判別できません。米艦がSM3を発射した時、自衛艦は何もしないでいいのでしょうか。最近、北は同時に複数発の弾道ミサイルを発射します。米艦だけでは手が回らないかもしれません。

発射台を攻撃するか……

米軍はそんな作戦を実施するのでしょうか。

鈴置:米ジョージタウン大学のヴィクター・チャ(Victor Cha)教授が中央日報に「北朝鮮は米国の先制攻撃を自ら招いているのか」(9月24日)を寄稿しました。翻訳します。

 なお、日本語版(9月24日)でも読めます。英語版「Invitation to a pre-emptive attack?」は9月26日に掲載されました。

北朝鮮はいずれICBMを発射実験するだろう。それは労働党創建記念日の10月10日になるかもしれない。
北がミサイルを発射台に据えた際、米国はその本当の目的を把握できない。人工衛星が搭載されるのか、偽弾頭(dummy warhead)か、それとも北朝鮮の政権が5回目の核実験で自慢した新しい「標準デザイン」の核弾頭なのか。
北朝鮮の政権はよくミサイルを幕で覆う。発射準備が完了するまで衛星映像で把握できないようにするためだ。責任ある米国の国家安保当局者なら、ミサイルが威嚇用でないとの北朝鮮の主張をそのままに解釈することはできない。
米当局は様々な案を検討するはずだ。発射台に設置されたミサイルを攻撃するか、あるいはミサイル防衛システム(ballistic missile defense system)で発射後のそれを空中で要撃するだろう。
日米海軍が展開中

なるほど確かに、北のミサイルを撃ち落とせと言っていますね。

鈴置:それが米国の常識でしょう。日本のように自国の排他的経済水域(EEZ)に何発もミサイルを撃ち込まれても「断固抗議する」だけ、という国がおかしいのです。

 チャ教授の「ICBM撃墜案」は米国の安全保障専門家の間で練られたものと思います。マレン元議長も「先制攻撃」が話題になったシンポジウムで「米海軍と海上自衛隊がミサイル防衛の能力を展開中だ」「発射前でも後でも(北のミサイルを)撃ち落とせばよい」と述べています。

 「Report Launched of CFR-Sponsored Independent Task Force on U.S. Policy Toward North Korea」(9月16日、音声付き)から、その前後を引用します。

Certainly THAAD is a part of that, the missile defense capabilities that actually we have deployed in the region on our U.S. Navy ships are a part of that, as well as the Japanese Self-Defense Force, Maritime Self-Defense Force. And so we also urge the continuing evolution of those regional self-defense, if you will, capabilities to neutralize that.
it is to prevent that threat from actually being effective, either before it’s launched or after it's launched.
And we’re very clear in the report, that certainly―and Adam said this earlier―could include, you know, attacks in North Korea.
 このシンポジウムは米外交問題評議会(CFR)が主催したもので「A Sharper Choice on North Korea」という報告書のお披露目が目的でした。マレン元議長もチャ教授もその執筆メンバーです。

軍事的選択を排除せず

どんな報告書ですか。

鈴置:一言で言えば、これまでの対北政策「戦略的忍耐」は大失敗だった。もっと本腰を入れて取り組もうとの訴えです。だから「先制攻撃論」まで語られたのです。北朝鮮がICBMを実用化する段階に入って、遅ればせながら米国にも気合いが入った感じです。

 この報告書の巻頭の辞はCFRのリチャード・ハース(Richard Haass)会長が書いています。「これから米国も本気になるから、関連国もいい加減なことはやめろよな」とのくだりもあります。

 中国に対しては「もし、北朝鮮の非核化に真剣に取り組まなければ、地域と世界の責任あるプレーヤーになる意思があるのか真剣に疑う」と厳しい言葉を投げています。

 そして韓国と日本に関しては「米国は両国と緊密に協議し、核兵器を世界に向けて振り回す北朝鮮に対し、軍事的な選択肢も排除しない新しい戦略的な役割を受け入れることも検討せねばならない」と呼び掛けました。本気です。原文は以下です。

If the United States does so and the Chinese government declines to go along, it would raise serious questions as to China’s willingness to be a responsible regional and global actor. It would also necessitate that the United States consult closely with both South Korea and Japan and consider adopting a new strategic posture, one that did not rule out military options against a nuclear-armed North Korea with global reach.
大好評シリーズ第8弾!
Amazon【韓国・北朝鮮の地理・地域研究】【朝鮮半島のエリアスタディ】カテゴリ1位獲得!
『米中抗争の「捨て駒」にされる韓国』

米国と中国を相手に華麗な二股外交を展開し、両大国を後ろ盾に、日本と北朝鮮を叩く――。朴槿恵政権が目論んだ戦略は破綻した。
「北の核」と「南シナ海」をどうするか。米中が本腰を入れ、手持ちの駒でせめぎ合う。その狭間で右往左往する韓国は「離米従中」路線を暴走してきた末に「核武装」「米軍撤退」論で迷走を始めた。その先に待つのは「捨て駒」にされる運命だ。
日本も他人事ではない。「オバマ後」の米国がアジアから遠ざかれば、極東の覇権を狙う中国と、きな臭い半島と、直接に対峙することになる。岐路に立つ日本が自ら道を開くには、必死に手筋を読み、打つべき手を打つしかない。

『中国に立ち向かう日本、つき従う韓国』『中国という蟻地獄に落ちた韓国』『「踏み絵」迫る米国 「逆切れ」する韓国』『日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う』 『「三面楚歌」にようやく気づいた韓国』『「独り相撲」で転げ落ちた韓国』『「中国の尻馬」にしがみつく韓国』に続く待望のシリーズ第8弾。6月13日発行。

このコラムについて

早読み 深読み 朝鮮半島
朝鮮半島情勢を軸に、アジアのこれからを読み解いていくコラム。著者は日本経済新聞の編集委員。朝鮮半島の将来を予測したシナリオ的小説『朝鮮半島201Z年』を刊行している。その中で登場人物に「しかし今、韓国研究は面白いでしょう。中国が軸となってモノゴトが動くようになったので、皆、中国をカバーしたがる。だけど、日本の風上にある韓国を観察することで“中国台風”の進路や強さ、被害をいち早く予想できる」と語らせている。
日経BP社
Copyright © 2006-2016 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226331/092600071  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月30日 11:18:27 : aIjrukObbg : 0l871mygoFE[68]
米国の北朝鮮を核先制攻撃する件で

キリスト教徒の欺瞞を支配する側に『罪』を擦り付ける現われかな、

所詮『罪』というのは社会的ルールの中にあって支配する側の都合、

神のルールには『罪』は『幻』、

『そんなの最初からねぇ〜よ』と曝け出していますね、

ゆえに米国の核先制攻撃のやるは小国の言う『やる』ではなく、

『止まらない』+『まぁついでに』の

キリスト教徒の暴虐無人を宣言したと見るべきだろう。

いよいよ第三次なのかな?


2. 2016年9月30日 13:32:39 : s5VdpVcFeU : 40I2Ht5yCWw[3]
>中国に対しては「もし、北朝鮮の非核化に真剣に取り組まなければ、地域と世界の責任あるプレーヤーになる意思があるのか真剣に疑う」と厳しい言葉を投げています。


なにをエラソーにアメリカごときがw

冷戦崩壊後の勝ち組アメリカとして、いったいオマエラはなにをやったのか?

世界中にテロと戦争をばら撒き、不安定に乗じて支配の固定化を衛星国(同盟国)に俺が守ってやるからと嘯き、その実自分たちだけが美味しい果実を得ようと取り分のパイを広げるために災厄を煽り続けてきただけではないか。

別に中国の肩など持ちたくもないが、オマエラに中国のことをとやかく言う資格など鼻毛の先ほどもないわ。


3. 2016年9月30日 15:28:43 : RTWWw8j8P6 : 0[127]

アメリカは居座るだろうから、中国もロシアも許すまい(笑)


4. 2016年9月30日 21:56:36 : Zaot5uym7Q : dqVyav6Q0hw[1]
迎撃ミサイルが本当に当たると思っているのか。北朝鮮がミサイルを打上げるとかのとき迎撃迎撃と騒いで当たるどころかどこかに落ちたあと発射が確認されたとか。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b18掲示板  
次へ