★阿修羅♪ > 戦争b19 > 241.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
15人の兵士が女性を輪姦…日本人だけが知らない南スーダンの惨状 米調査機関・アフリカ専門家が明かす(現代ビジネス)
http://www.asyura2.com/16/warb19/msg/241.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 06 日 08:29:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


15人の兵士が女性を輪姦…日本人だけが知らない南スーダンの惨状 米調査機関・アフリカ専門家が明かす
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50374
2016.12.06 山田 敏弘 ジャーナリスト 現代ビジネス


「俺とセックスをするか、ここにいるすべての男にレイプされてから頭を撃ち抜かれるか、どちらかを選べ!」――。
 
2016年7月11日、南スーダンの首都ジェバのホテルでは地獄のような光景が広がっていた。武装した南スーダン軍兵100人近くが、市内のテレイン・ホテルを急襲、次々と部屋に侵入し、宿泊客から金品や携帯電話などを奪って回った。

その後、兵士の一部が、ホテル内の長期滞在向けエリアにいた欧米人20人ほどを拘束。そして兵士の1人は、AK-47ライフルを欧米人の女性救援活動者に向け、冒頭のように告げたのだ。この女性は結局、次々と15人の兵士にレイプされ、ようやく解放された。

これが、南スーダンの現実である。


■「平和維持活動」という言葉のむなしさ

11月21日、日本の陸上自衛隊の先遣隊約130人が、自衛隊の宿営地があるジュバに到着した。この部隊には、安全保障関連法に基づき、国連平和維持活動(PKO)で武器使用が可能になる新たな任務「駆け付け警護」が付与された。日本ではこの「駆け付け警護」をめぐり、自衛隊が戦闘に巻き込まれる恐れがあるとして今なお賛否が飛び交っている。

一方で、稲田朋美防衛相は南スーダンの治安情勢について「ジュバ市内は比較的安定している」と主張している。しかし、多くの日本人はいまの南スーダンの「惨状」を知らされていない。そのため、この派遣をどう見ればいいのかきちんと判断できないのではないだろうか。

筆者は国際問題の取材を中心に行っているが、はっきり言って南スーダンの現実はあまりにひどい。「駆け付け警護」の議論をする以前の破綻国家である。南スーダンがどんな現状にあるのかを正しく理解し、南スーダンにおける国際社会の使命について、理想と現実のバランスを考えることは重要である。
 
筆者は今回、著名な米シンクタンク「アトランティック・カウンシル」の副理事で、アフリカ・センター長のJ・ピーター・ファム氏に、そんな南スーダンの現実と、新たな任務が付された自衛隊の南スーダン派遣について見解を聞くことができた。ファム氏は、米議会や国連などでアフリカの現状や政策について証言するだけなく、米国をはじめ様々な国家に対アフリカ政策のコンサルティングも担当している専門家だ。
 
スーダン情勢のエキスパートでもあるファム氏はこう断言する。

「自衛隊は南スーダンで平和維持活動をするというが、そもそも南スーダンには『平和』なんてものが存在しない」 


■各国が女性を救出できなかった理由

簡単にスーダンの現状をおさらいしておきたい。南スーダンがアメリカのサポートを受けて、スーダンから分離・独立したのは2011年のことだ。世界で最も新しい国である南スーダンには誕生当時から国づくりを見守るために国連南スーダン派遣団(UNMISS)が派遣された。

だが2013年に、初代大統領のサルバ・キールが、リエック・マチャル副大統領と権力争いを始め、さらにキールの出身部族ディンカ族とマチャルの出身部族ヌエル族の有力部族同士の対立も激化し、国は事実上の内戦状態になり、現在も混乱は続いている。

南スーダンでは、政府の国庫も空になり、公務員や警察、兵士に給料すら支払えない状態にある。国内では2014年から戦闘に巻き込まれて5万人ほどが殺害され、250万人が家を追われた。殺害された多くが民間人だ。11万人以上がウガンダに逃れ、20万人以上がジェバやマラカル周辺の難民キャンプに押し寄せている。2016年7月にも、建国5周年記念日を祝う数日前から、武力衝突が起きている。



冒頭のレイプ事件には続きがある。実は襲われた欧米人たちは、アメリカ大使館や2キロ圏内にいるPKO部隊に繰り返しSOSの連絡やメッセージを送っていたのだ。にもかかわらず、連絡を受けた中国、ネパール、エチオピアの部隊は救助要請を拒絶していた。その理由は、「現場があまりにも危険すぎる」というものだった。

ファム氏も、「南スーダン・キール政権の国民に対する完全なまでの軽視を考えれば、南スーダンのどんな国連のミッションも最悪のシナリオを想定する必要があります」といい、キール政権の暴状ぶりについてこう憤る。

「キール政権が国際社会に対してほとんど敬意を示していないことを忘れてはいけません。事実、ここ最近も、米大使館の副領事の車が、はっきりとアメリカ政府関連の車両だと分かるようにマークをつけていたのに、政府軍の部隊から2度にわたって銃撃を受けている。アメリカは世界で最も南スーダンに支援金を寄付している、にもかかわらずです」

日本の自衛隊は、そんな政府軍すら信用できない場所に、命をかけた任務に就くのである。ファム氏はその状況について悲観的だ。

「世界でもっとも新しい国家として独立してわずか5年、南スーダンは完全に破綻国家になった。指導者たちは国にあった財産を略奪してしまっただけでなく、民族的な分断を利用することで国をバラバラに引き裂いてしまった。そして自分たちが築き上げたがれきの山を支配するという野心を追い求めている」
 
さらにこうも主張する。

「結局、誰も本気で平和を望んではいないのです。指導者たちは、国民のために何かを達成しようということよりも、お互いを破壊することのほうに興味があるからです。お互いを破壊する能力すらないのに、そんな目的を持ったから、事態は泥沼化するのです」


■なぜ楽観的でいられるのか

南スーダンでPKO活動に参加しているのは50カ国以上にもなり、これまでに何人もの国連治安部隊員が殺害されている。冒頭のホテル事件が起きた2016年7月の武力衝突の際には、ドイツ、イギリス、スウェーデン、ヨルダンが安全を確保するために派遣していた文民警察の一部を撤退させた。またケニア政府も11月に同国部隊の撤収を命じている。

そんな状況にある南スーダンへ派遣される自衛隊だが、ファム氏は日本政府の対応をどう見ているのか。

「この絶望的な国に自衛隊が存在するということは、通常の国際的な人道支援としてだけでなく、アフリカにおける日本の外交政策にとっても重要な貢献となるでしょう。というのも、日本はアフリカで、利己的ではない取引に直接的にはつながっていない長期的な開発援助で優れた歴史がありますから。

UNMISSは民間人、特に援助活動に従事する人たちを守り、人道的な支援の流れを円滑に進める手助けをするという非常に重要な使命を負っている。人道的援助がなければ、南スーダンでは何百万人という市民が飢えに苦しむことになるのです」

国際貢献への姿勢そのものをこう評価する一方で、こんな現実を指摘する。

「先ほど申し上げた通り、最悪のシナリオを想定しなくてはなりません。『防衛的』なものとはいえ、自衛隊が武器を使わなければいけなくなる可能性は十分にあります」



日本の選択が誤りだったのかどうかはまだ分からないが、少なくともその現状について国民はしっかりと知らされるべきだったのではないだろうか。「ジュバ市内は比較的安定している」なんていう大臣の認識が楽観的すぎることだけは、間違いない。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年12月06日 10:16:00 : 2RcIJgwo4k : w698touoFY0[3]
>「自衛隊は南スーダンで平和維持活動をするというが、そもそも南スーダンには 『平和』なんてものが存在しない」 

>ドイツ、イギリス、スウェーデン、ヨルダンが安全を確保するために派遣してい た文民警察の一部を撤退させた。またケニア政府も11月に同国部隊の撤収を命じ

−PKO派遣の前提となる条件(PKO5原則)が破綻しているにもかかわらず
 自衛隊を派遣した現政権の憲法違反行為は断罪されるべきです。

−7月以降這いつくばって生活していた10次隊はなんとか撤収出来るようですが
 11次隊は、即撤退しか選択肢は無いですね。

 


2. 戦争とはこういう物[1653] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年12月06日 20:36:47 : 9PG0M0b68Q : jKnbezZWN40[296]
 人道支援で貢献できるのなら非武装で行けばよい。武装隊員を誤った認識で送り込んでも平気で居られるのは、何が起きてもマスゴミ操作で隠蔽できる補償が有るから。
 人質事件で何度誤っても揉み消し、支持率6割で自信を付けたのか。

■南スーダンPKOについて安倍首相「首都ジュバで7月に発生した事態は武力紛争とは考えておらず、現在、現地の情勢は比較的落ち
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/603.html
投稿者 gataro 日時 2016 年 9 月 29 日 09:08:21: KbIx4LOvH6Ccw Z2F0YXJv

■防衛・安全保障 〔スクープ〕南スーダン「国連PKO代表」が不在の異常事態! 自衛隊は、本当に無事でいられるのか?
http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/889.html
投稿者 gataro 日時 2016 年 12 月 03 日 21:38:37: KbIx4LOvH6Ccw Z2F0YXJv


3. 2016年12月06日 22:55:05 : 1V0P7JHE4g : wCImHZQPcVY[5]
南スーダンという国をスーダンから分離独立させたのは誰だろうか? スーダンに豊富な原油や鉱物資源が見つかってから急速に治安は悪化した。その理由はそれこそ日本人はもとより現代ビジネスなる御用雑誌も知らないだろう。

外国が絡んでいることは間違いない。外国にはその資源を狙った西欧諸国、中国を含む。ただ報道をそのまま見ると現地の人や指導者だけが悪く、諸外国は正義の味方であるかのように受け止めてしまう。


4. 晴れ間[1304] kLCC6orU 2016年12月07日 22:29:58 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[427]
これがアフリカ、ないし後進社会一般の「現実」の一端なのだろう。
第二次大戦後、特に「アフリカの年」と呼ばれる1960年前後に、多くの国が植民地支配からの「独立」を果たした。しかし独立後は多くの国が、腐敗と汚職、部族争い、政敵の投獄と処刑に明けくれてきた。(その中には豊かな地下資源を有する国もある。)
中部アフリカ、ルワンダやブルンジ、ジンバブエ等での内戦の記憶もいまだ新しいままである。
私は最近顕著になった「イスラム・テロ」も、その延長ないし一部なのではないか、と考えている。「敵対する者」「邪魔になる者」は殺してもよいという思想。
ここでの対立の要因は、宗教というよりも(∵キリスト教徒も同じ)、やはり社会の退嬰性と「人権意識」の欠如のためだろう、と思う。基本的に「原始社会」からさほど「進化」していないのだ。

「民主主義」や「人権」を「西洋イデオロ」などと呼んで、バカにする人間はいったいどういう神経をしているのだろう。
とはいえ、日本も民主主義や人権の先進国ではない。日本にもアルカイックな社会関係が根強く存在し、「閥」や「族」が跋扈している。

とはいえ、アフリカにも明るいニュースがないわけではない。サハラ砂漠の南部(だったかな?)に新技術で巨大な「緑の壁」を作ろうという緑化計画も進められているし、豊かな太陽を利用した太陽光発電による電化計画も始まっている。
https://www.google.co.jp/search?q=grand+muraille+verte&biw=933&bih=481&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwic4dSz1eHQAhWFu7wKHSXVDRUQ_AUIBigB#tbm=isch&q=grande+muraille+verte
「衣食足りて礼節を知る」と言うが、まず生活を豊かにせねば、紛争の種はなくならない。

日本が貢献すべきは、その分野だろう。
おそらく安倍内閣は、自衛隊を送り込むことが「国際貢献」だと考えているのではなく、危険地帯を「訓練場」にして、自衛隊を「戦争を厭わない軍隊」に仕立て上げることを狙っているのだと思う。「殺し殺されてこそ一人前」という発想だ。日本国内でできる訓練ではない。


5. 2016年12月10日 23:38:58 : FmBIoN96WM : TIhT9ZrCUtA[4]
悲惨は欧米が持ち込んだものだよね、

戦っている双方に武器を売りつけるものだから破壊行為も拡大する。
原始的な戦いでは起こり得なかった悲惨が訪れている。

日本でも幕府と薩長が本気で戦えば同じようなことが起きたでしょう。


虐殺が起きようがもうほっとくしかないでしょう。
彼らの国は彼らの自治に任せるしかない。

これまでの経緯があるから欧米が巻き込まれるのはしょうがない。

日本が出て行って欧米の付けを払わされるのは勘弁して欲しい。

現地へ派遣された日本人の生命が奪われるのはしょうがないと諦めるのが最善の策。
行く決断をした人に償ってもらいましょう。


6. 2016年12月11日 00:07:35 : FmBIoN96WM : TIhT9ZrCUtA[5]
記事を読んでステレオタイプの強姦シーンという印象が残った。

CSISシンクタンクのシナリオライターが書いたとしても不思議ではない記事。

こういう情報操作に踊らされて負けたのが大東亜戦争。

嘘八百と思っていれば間違いはない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b19掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b19掲示板  
次へ