★阿修羅♪ > 戦争b19 > 267.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
最新鋭は「蚊」型、世界中で熾烈化するドローン戦争〈週刊朝日〉
http://www.asyura2.com/16/warb19/msg/267.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 09 日 07:55:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

来日したゲド・ドハティ氏 「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」12月23日からTOHOシネマズ シャンティほか全国公開。配給ファントム・フィルム


最新鋭は「蚊」型、世界中で熾烈化するドローン戦争〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161207-00000200-sasahi-soci
週刊朝日 2016年12月16日号


 ニューヨーク・タイムズによると、ブッシュ政権下、ドローンによる攻撃数は50回、殺害したテロリストは296人、オバマ政権下では506回、3040人と10倍以上になっている。机上で行われる戦争の闇をリアルに描いた映画「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」のプロデューサー、ゲド・ドハティが明かすドローンの最前線とは──。

*  *  *
 俳優コリン・ファースと一緒に2011年に制作会社を作り、政治問題を扱う映画を作ろうと脚本を探していたところ、ドローン戦争を描いた脚本が持ち込まれ、メッセージ性があり、非常におもしろかった。読んだ時点でドローンが戦場で使われている事実はあまり知られていなかったからね。

 米軍、英国軍、政府関係者に取材し、映画の製作顧問になってもらって正しい情報を得て脚本を練った。映画ではケニアのナイロビに潜み、自爆テロを計画する指名手配中のテロリストらを追う英米軍事作戦が描かれている。主人公の女性大佐はロンドン郊外から作戦を指揮し、その指令を受け、ドローンを実際に飛ばすのは米軍のネバダ州のクリーチ空軍基地。操縦士は基地内のコックピットから遠隔操作する。現場の映像がハワイ基地の画像解析班によって瞬時に送信される中、テロリストへドローンによるミサイル攻撃が敢行されるが、殺傷圏内に幼い少女がいたことから、作戦が迷走。軍人、政治家たちの間で論争が起こる。

 イラク、アフガニスタンなど戦闘地域では指揮命令系統のルールは確立されているが、ケニアのような欧米の友好国がテロ現場になり、民間人が巻き添えになる危険があると英国政府、ホワイトハウスなど政治家もその責任を負わざるを得ない。もし、あなたの国で同じことが起こったらどうする?と考えてもらう作品だ。

 劇中では工作員がテロリストの動向を探るために飛ばす、小型ドローン(鳥型、昆虫型などでスマホで操作できる)も登場するが、実際に軍で使われているものをモチーフにした。ホワイトハウスでは毎週火曜日、世界中のテロリストが載った暗殺リストの中から今週は誰を殺すかを大統領が決める、「恐怖の火曜日」といわれる会議がある。裁判官、検察官、弁護士、死刑執行人とすべての役割を大統領が担う。私の個人的な意見だが、トランプが大統領になり、これからその役目をどう果たすのか。考えただけでも恐ろしい。彼の判断次第で戦争が起こる。映画の取材過程で、テロリストとみなされ、リストに名前が載って実際、2回も攻撃された人をインタビューした。その人はたまたま現場にいただけでテロとは無関係と言っていたが、いまだに狙われている。

 近年はドローンの誤爆などで民間人の犠牲者が増加。その影響でドローン操縦士がPTSDになるなど問題化している。日本も「駆けつけ警護」などで自衛隊が海外で本格的に活動するのであれば、ドローンをどう扱うか、真剣に議論すべきときでしょう。(構成 本誌・森下香枝)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. taked4700[5872] dGFrZWQ0NzAw 2016年12月20日 09:07:58 : 452mYDPM3c : jiwI4lL4IME[4]
>米軍、英国軍、政府関係者に取材し、映画の製作顧問になってもらって正しい情報を得て脚本を練った。映画ではケニアのナイロビに潜み、自爆テロを計画する指名手配中のテロリストらを追う英米軍事作戦が描かれている。主人公の女性大佐はロンドン郊外から作戦を指揮し、その指令を受け、ドローンを実際に飛ばすのは米軍のネバダ州のクリーチ空軍基地。操縦士は基地内のコックピットから遠隔操作する。現場の映像がハワイ基地の画像解析班によって瞬時に送信される中、テロリストへドローンによるミサイル攻撃が敢行されるが、殺傷圏内に幼い少女がいたことから、作戦が迷走。軍人、政治家たちの間で論争が起こる。

要するに、イギリス・アメリカはいつも正義で、それ以外はテロリストという仕組み。馬鹿じゃないかと思う。イギリス・アメリカは宣伝と武力で世界支配が出来ると本気で思っている。世界を、地球を壊しているのは彼らだ。ほんとのアホ!!


2. taked4700[5873] dGFrZWQ0NzAw 2016年12月20日 09:17:24 : 452mYDPM3c : jiwI4lL4IME[5]
>「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」

このタイトルに表現されている考え方は本当に卑怯極まるというか、下劣でしかない。

自分は安全な立場に居て、相手を好きなようにいたぶる。この精神構造の背後にあるのは、徹底した自己不信だ。自信のなさ、自尊心の喪失がこういった世界を作り出している。

相手と自分は共に生きている、平等な世界なのだという感覚が無くなってしまった結果、彼らは自分自身を破壊して、世界の支配者になったつもりでいるのだ。実態は、しかし、世界も、自分自身も破壊しているのだ。

生命の基本機構は基本的に共生にある。弱肉強食という側面だけを英米人は取り上げているが、それは事実ではない。食物連鎖の頂点にいる人間も、個々の人間を取れば、誰でもが死をまのがれないからだ。生命の連鎖は微生物から高等生物まで、連鎖、共生で支えられている。その時、共感こそが、その生命を万全のものにするのだ。

「世界一安全な戦場」というタイトルは、生命の退化、生命の腐敗をまさしく表している。ボンボンがのうのうと生きている様を連想させるが、その実態はバカ、アホを通り越して、どうしようもないほど腐っていると思う。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b19掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b19掲示板  
次へ