★阿修羅♪ > アジア22 > 191.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
慰安婦被害者が知らない間に現金支給、市民団体が「和解・癒やし財団」解体要求=韓国ネット「韓国の全てに問題あり」
http://www.asyura2.com/17/asia22/msg/191.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 22 日 23:15:31: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

21日、韓国・オーマイニュースによると、慰安婦問題日韓合意に従って韓国政府が設立した「和解・治癒財団」を、「解体しなければならない」とする市民団体の声が高まっている。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。


慰安婦被害者が知らない間に現金支給、市民団体が「和解・癒やし財団」解体要求=韓国ネット「韓国の全てに問題あり」「10億円を日本に返せ」
http://www.recordchina.co.jp/a161646.html
2017年1月22日(日) 12時10分


2017年1月21日、韓国・オーマイニュースによると、15年末の慰安婦問題日韓合意に従って韓国政府が設立した「和解・治癒財団」を、「解体しなければならない」とする市民団体の声が高まっている。

「和解・治癒財団」は、15年12月28日の慰安婦問題日韓合意に基づいて、16年7月に韓国女性家族部所管で設立された組織だ。日本政府は昨年「和解・治癒財団」に10億円を出捐し、財団は生存する元被害者に1億ウォン(約976万円)ずつ支給してきた。

市民団体「慰安婦ハルモニ(おばあさん)とともにする統営・巨済市民の集まり」のソン・ドチャ代表は、キム・ボクドク氏の事例をあげて「財団は、被害者に対してお金の支給を強要することは、止めなければならない」と述べ、財団の解体を促した。財団は16年、キム氏の甥名義の通帳に2回に渡って合計1億ウォンを入金したが、キム氏がその事実を知らずにいたことが論議となっていた。

一向に収まる気配のない慰安婦問題に「こんな悲しいことをする国だが、これが私の国だ」「韓国の全てに問題がある。被害者には申し訳ない気持ちだ」「当事者が生きているのに、なぜ甥に入金するのだ」などと、国の行動を非難する声が多く寄せられたほか、「もう今の韓国は国民のための国家ではなく、既得権者のための国家だ」など国の在り方に疑問を呈する意見もあった。

また「密室で行われた慰安婦合意は無効」「10億円を日本に返せ」「日本政府はお金ではなく、被害者に会って謝罪をしろ」など慰安婦合意自体を批判する声もあった。(翻訳・編集/三田)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > アジア22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
アジア22掲示板  
次へ