★阿修羅♪ > アジア22 > 569.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
韓国大統領選有力候補の歴史観が物議「慰安婦は韓国政府がない時に起きた」=韓国ネット「情けない」「日本で政治をしたら?」
http://www.asyura2.com/17/asia22/msg/569.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 4 月 14 日 22:25:00: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

14日、韓国メディアによると、5月9日に実施される韓国大統領選で、最大野党「共に民主党」の文在寅候補と支持率トップを争っている「国民の党」の安哲秀候補が、「慰安婦は韓国政府がない時に起きたこと」と発言し、物議を醸している。写真は韓国・釜山の慰安婦像。


韓国大統領選有力候補の歴史観が物議「慰安婦は韓国政府がない時に起きた」=韓国ネット「情けない」「日本で政治をしたら?」
http://www.recordchina.co.jp/b175222-s0-c10.html
2017年4月14日(金) 12時40分


2017年4月14日、韓国・国民日報によると、5月9日に実施される韓国大統領選で、最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補と支持率トップを争っている「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)候補が、「慰安婦は韓国政府がない時に起きたこと」と発言し、物議を醸している。

安氏は13日、韓国記者協会とSBSが主催した大統領選の初のテレビ討論会で、「(元慰安婦らは)韓国政府が存在しない時に被害を受けた」と述べた。その上で「今は政府があるではないか。それならその方たちと交流し、意思を反映して(日韓慰安婦合意を)見直さなければならない」と主張した。

同発言は「正しい政党」の劉承ミン(ユ・スンミン)候補の「日韓慰安婦合意についてどう考えるか」という質問への回答。当時、劉候補は安候補の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対する立場の変化を集中的に攻撃し、「THAAD配備が政府間の合意であるため尊重しなければならないという論理なら、日韓慰安婦合意も尊重しなければならない」と指摘した。

テレビ討論会が放送された後、韓国のネット上では安候補の歴史観をめぐって論争が巻き起こった。「韓国政府が存在しない時」という表現が臨時政府を否定するものともとれるためだ。「共に民主党」のチェ・ミニ元議員も自身のツイッターで「安候補は大韓民国臨時政府に対する認識が不足しているようだ。大韓民国の大統領候補の歴史認識がその程度だとは」と批判した。2016

歴史学者の多くが1919年4月の臨時政府の樹立により大韓民国が建国されたと考えている。一方で一部の学者は「南朝鮮単独政府ができた1948年8月15日に大韓民国が建国された」と主張している。朴槿恵(パク・クネ)前大統領も昨年8月15の光復節の祝辞で「今日は71周年光復節であり、建国68周年を迎える歴史的な日」と述べ、物議を醸していた。

この記事にも韓国のネットユーザーから多くのコメントが寄せられているが、「臨時政府を否定するのか?こんな人が大統領選挙に出るとは世も末だ」「情けない」「支持率が急低下するだろうね」「韓国の大統領に一番ふさわしいのは国民と同じ歴史観を持つ人」「支持していたのに残念。親日派の子孫なのでは?」「韓国には韓国語のうまい日本人がとても多い。日本で政治をしたら?」など、安氏に批判的な声が多数の共感を得ている。

一方で「初めての討論会で緊張していたようだ。誰にでもミスはある」「臨時政府を否定するとは言っていない。揚げ足を取るな」と安氏を擁護する声もみられた。(翻訳・編集/堂本)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > アジア22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
アジア22掲示板  
次へ