★阿修羅♪ > アジア23 > 299.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
朝鮮労働党中央委員会第7期第2回総会に関する報道 (ネナラ)
http://www.asyura2.com/17/asia23/msg/299.html
投稿者 無段活用 日時 2017 年 10 月 09 日 18:20:51: 2iUYbJALJ4TtU lrOSaYqIl3A
 



http://www.naenara.com.kp/ja/news/?22+2411


[2017-10-08]


朝鮮労働党中央委員会第7期第2回総会に関する報道





朝鮮労働党中央委員会第7期第2回総会が、チュチェ106(2017)年10月7日、革命の首都平壌ピョンヤンで行われた。

朝鮮労働党委員長である金正恩キムジョンウン同志が総会を指導した。

総会には、党中央委員会委員と委員候補が参加した。

総会にはまた、党中央検査委員会委員が参加した。

総会には、党中央委員会と省、中央機関、道(市)、郡の責任幹部、重要工場、企業の幹部がオブザーバーとして参加した。





総会には次のような議題が上程された。

1.醸成された情勢に対処した当面のいくつかの課題について

2.組織問題

総会では、第1議題が討議された。

朝鮮労働党委員長である金正恩同志が第1議題に関する報告を行った。

朝鮮労働党委員長は報告で、今日わが共和国を取り囲んだ複雑な国際情勢と提起される重大な問題について分析、評価し、醸成された情勢に対処したわが党の当面の活動と経済発展方向、その実現のための戦略的課題と方途を示した。

朝鮮労働党委員長は、アメリカ帝国主義が追随勢力を糾合して国連安全保障理事会「制裁決議」なるものを相次いでつくり上げ、われわれの自主権と生存権、発展権を完全に抹殺するために最後のあがきをしていることについて指摘した。




















朝鮮労働党委員長は、われわれの核兵器が長期間にわたるアメリカ帝国主義の核威嚇から祖国の運命と自主権を守るためのわが人民の血みどろの闘争がもたらした貴い結実であり、朝鮮半島と東北アジア地域の平和と安全を固く守り、朝鮮民族の自主権と生存権、発展権を頼もしく保証する威力ある抑止力、人類に残酷な災禍を被せようとする暴制の核雲を追い払い、人民が青い空の下で自主的で幸せな生を営ませていける正義の霊剣であると厳かに闡明した。

朝鮮労働党委員長は、今年アメリカ帝国主義とその追随勢力の増大する制裁の中でも国の科学技術が飛躍的に発展し、その威力をもって人民経済が成長したと評価した。

朝鮮労働党委員長は、朝鮮労働党第7回大会決定貫徹を目指す今年の闘争を通じて、敵がいかなる制裁を加えるとしても国の経済構造が自立的に完備されており、その強固な土台があるかぎり、われわれの前途をゆうに開拓できるという貴重な経験を積んだと指摘した。

朝鮮労働党委員長は、醸成された情勢と今日の現実を通じて、わが党が経済建設と核兵力建設の並進路線をとらえて、チュチェの社会主義の道に沿って力強く前進してきたことが至極正当であり、今後とも変わることなくこの道を進むべきであると確言した。

朝鮮労働党委員長は、アメリカ帝国主義の核恐喝・威嚇を終わらせ、自立的民族経済の威力をさらに強化して社会主義経済強国建設の活路を開くためのわが党の原則的立場と革命的対応戦略を明示し、自主の旗、自力更生の旗を高く掲げて自力をいっそう強化して敵の無謀な核戦争挑発策動と卑劣な制裁・圧殺策動を断固と粉砕することについて強調した。

朝鮮労働党委員長は、わが党がその正しい指導力を残らず発揮して世紀をついできた反米対決を総決算し、社会主義偉業の勝利を早めるであろうと確言し、革命を新たな高揚へと引き上げるための闘争方向と課題を示した。

朝鮮労働党委員長は、党と人民大衆の一心団結の威力をさらに打ち固めることについて強調した。

朝鮮労働党委員長は、党の並進路線を引き続き徹底的に貫徹して国家核兵力建設の歴史的大業を立派に完遂することについて言及した。

朝鮮労働党委員長は、自力自強の偉大な原動力と科学技術の威力をもって社会主義経済強国建設において新たな高揚を起こすことについて強調した。

朝鮮労働党委員長は、人民経済の主体化路線、自力更生のスローガンをさらに高く掲げて国の経済をわれわれの力、われわれの技術、われわれの資源に依拠する自立的な経済に発展させるための闘争を頑強に展開して、今日の厳しい難局を打開する過程、すなわち自立経済強国建設で画期的転換をもたらす契機になることについて言及し、その実現のための人民経済部門別課題を具体的に明示した。

朝鮮労働党委員長は、党の革命的路線と戦略を実現するために各級党組織の戦闘的機能と役割を全面的に強化することを重要な方途として提示した。

朝鮮労働党委員長は、今日の情勢は厳しく、われわれの前には試練が横たわっているが、わが党はすべての軍隊と人民の絶対的な支持と信頼を受けているがゆえに、つねに魂胆は強く、いかなる風波の中でも自主的な路線を確固と堅持し、百戦百勝の道を開いていくであろうと強調した。

朝鮮労働党委員長は、金日成キムイルソン主席と金正日キムジョンイル総書記によって積み上げられた強固な自立的経済土台があり、わが党が育んだ科学者大軍とわが党の革命精神で武装された軍隊と人民、自力更生の闘争伝統があるがゆえに、われわれの偉業は必勝不敗であるとして、こぞって党中央の周りにより固く結束して革命の最後の勝利のために力強くたたかって行こうと呼びかけた。

総会では、第1議題に関する決定書が採択された。

総会では、第2議題である組織問題を討議した。

党中央委員会政治局委員、委員候補を召還、補選した。

朴光浩パクグァンホ、朴泰成パクテソン、太宗秀テジョンス、安正秀アンジョンス、李容浩リヨンホ同志を党中央委員会政治局委員に補選した。

崔輝チェヒ、朴泰徳パクテドク、金與正キムヨジョン、鄭敬沢チョンギョンテク同志を党中央委員会政治局委員候補に補選した。

党中央委員会副委員長を解任、選挙した。

朴光浩、朴泰成、太宗秀、朴泰徳、安正秀、崔輝同志を党中央委員会副委員長に選挙した。

党中央軍事委員会委員を召還、補選した。

崔龍海チェリョンヘ、李炳哲リビョンチョル、鄭敬沢、張吉成チャンギルソン同志を党中央軍事委員会委員に補選した。

党中央委員会委員、委員候補を召還、補選した。

党中央委員会の一部の部署部長と労働新聞社責任主筆を任命した。

党中央委員会検閲委員会委員長を解任及び選挙した。

道党委員長を任命した。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年10月11日 21:19:07 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-4107]
[2017-10-11]

朝鮮労働党創立72周年祝賀公演が
中央と地方で行われる

http://www.naenara.com.kp/contents_j/periodic/news_daily/2017/10/11/a1-0.htm
http://www.naenara.com.kp/contents_j/periodic/news_daily/2017/10/11/a2-0.htm
http://www.naenara.com.kp/contents_j/periodic/news_daily/2017/10/11/a3-0.htm
http://www.naenara.com.kp/contents_j/periodic/news_daily/2017/10/11/a4-0.htm
朝鮮労働党創立72周年に際して、中央と地方で祝賀公演が行われた。

首都平壌の各劇場で中央芸術団体の芸術家たちの公演が行われた。

牡丹峰劇場では、朝鮮労働党創立72周年祝賀国立交響楽団の音楽会『母なる党に奉げる歌』が、国立演劇劇場と平壌大劇場では革命演劇『血噴万国会議』、革命歌劇『革命の勝利が見える』の公演が行われた。

出演者たちは、各演目で朝鮮労働党の創立者であり永遠なる領袖である金日成同志と金正日同志の不滅の党建設業績を高くたたえた。

意義深い祝日に際して、青年中央芸術宣伝隊員たちが出演する祝賀公演が党創立記念塔の広場で行われた。

平壌サーカス劇場と国立サーカス団奇術劇場では体力サーカス、動物曲芸、機能奇術、交感奇術、幻像奇術などの演目が行われた。

両江道、咸鏡北道、慈江道、黄海北道、黄海南道をはじめ、各道の芸術団体の芸術家たちも意義深い祝賀公演の舞台を披露した。

http://www.naenara.com.kp/ja/news/?0+100253

[2017-10-11]

朝鮮労働党創立72周年祝賀
芸術公演が行われる

朝鮮労働党創立72周年祝賀芸術公演「偉大な母なる党に奉げる歌」が10月10日、東平壌大劇場で行われた。

崔龍海同志をはじめ朝鮮労働党と国家、軍隊の責任幹部、友党委員長、党および武力機関、勤労者団体、省・中央機関の幹部、平壌市内の機関、工場、企業の幹部、労働革新者たちが公演を観覧した。

社会主義祖国に滞在している海外同胞が公演を観た。

駐朝外交および国際機構代表夫婦、武官夫婦と外国の賓客が招待された。

プロローグ詩と合唱『母なる党に奉げる歌』で幕を上げた公演の舞台には合唱『母の誕生日』、『朝鮮労働党万歳』、混声4重唱『党を歌う』など多彩な演目が上がった。
http://www.naenara.com.kp/contents_j/periodic/news_daily/2017/10/11/q1-0.htm
http://www.naenara.com.kp/contents_j/periodic/news_daily/2017/10/11/q2-0.htm
http://www.naenara.com.kp/contents_j/periodic/news_daily/2017/10/11/q3-0.htm
http://www.naenara.com.kp/contents_j/periodic/news_daily/2017/10/11/q4-0.htm
http://www.naenara.com.kp/contents_j/periodic/news_daily/2017/10/11/q5-0.htm
http://www.naenara.com.kp/contents_j/periodic/news_daily/2017/10/11/q6-0.htm
http://www.naenara.com.kp/contents_j/periodic/news_daily/2017/10/11/q7-0.htm
http://www.naenara.com.kp/contents_j/periodic/news_daily/2017/10/11/q8-0.htm
出演者たちは、革命の激しい嵐をついて70余星霜の長きにわたる行路に勝利と栄光だけを記し、この地の千万の息子と娘を懐に抱いて革命の主人、偉勲の創造者として育て上げた朝鮮労働党の偉大さを格調高くたたえた。

http://www.naenara.com.kp/ja/news/?0+100252


2. 2017年10月12日 06:27:49 : 3E5d2h6VWQ : eHnFFADRH3Q[119]
北朝鮮と取引のある機関は制裁することになった。
日本政府は朝鮮総連の口座を凍結しなければならない。

3. 2017年10月12日 14:45:50 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-4092]
〈声をつなぐ―共生へのまなざし〉ジャーナリスト・津田大介さん
“ファクトの軽視、感情優越の時代”

ネット社会となりつつある日本で、その影響力を軽視できないソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)。誰もがニュースの発信者となり、リアルタイムでさまざまな「事実」が瞬く間に世界中へ拡散される。そんなSNSの主流ともいえるツイッターで「シンポジウム中継をする第一人者」として名を馳せ、「TSUDAる」という造語まで生むなど、近年テレビや雑誌、新聞などあらゆる媒体で注目されるジャーナリスト。津田大介さん。
http://chosonsinbo.com/jp/files/2017/10/bbe2d7de99cbaa4dc96938b0c6c295d3.jpg
ネットが爆発的な発展を遂げる90年代から00年代まで、インターネット雑誌や週刊誌等でフリーのライターとして活躍。1999年に自ら会社を立ち上げ、現在は有限会社ネオローグの代表取締役を担いながら、ジャーナリストと言う立場から鋭い視点で世間へ警鐘を鳴らしている。

本来、時代の変化に伴うSNSという新しいメディアの登場に、「感情によって人々がつながり、具体的な行動を起こすことで社会変革を起こせる」ツールとして広まることを期待していたと津田さん。しかしその期待とは裏腹に、彼がいま、最も懸念するのは、「SNSの発達によって変化するメディア環境」だという。

「ネットの情報が力を持つことで、ファクト(事実)が軽視され、事実やロジックよりも感情が優越する時代になりつつある」

高校時代には、学生運動をやっていた父親の影響からか、社会への興味を抱き新聞部へ。その後も関心は途絶えることなく、音楽やITなど広範な分野で経験を積み、日本社会におけるメディアのあり方を考察してきた。

そんな彼にとって、現在につながる大切な視点を得たのが大学時代。入ったゼミで「部落差別」をテーマにゼミ論を書いたことだった。

「あの当時、(部落差別の)歴史をたどる過程で、『なぜこのようなことが起きるのか』という疑問が浮かんだ。見つめなおすべきファクトとしてそれらが目に入ってきてから、過去の歴史と向き合うことが重要だと考えるようになった」

それからというもの、あらゆる現場を訪れては「現場に行ったものとして、その現場の息づかいを感じられる、そんな感覚を発信できるように努めている」。

昨今、沖縄における米軍基地問題についても、「占領下の69年、戦闘機が小学校に突っ込んで児童11人らが亡くなるという事件が沖縄では起きている。米軍のパラシュート訓練で、市民が踏み潰されて亡くなったり。まだまだ新しい記憶ですよ。そういう文脈を、本土の人々は知らなすぎなんです」と、現地の人々の声を軽視する日本社会の傾向に苦言を呈す。

沖縄のみならず、文脈を取り除いた日本における報道のあり方が、デマや差別を醸成し、現実社会における差別意識や行為をエスカレートさせると話す津田さん。それを象徴するかのように、SNSが憎悪をかきたてる道具となっている状況や、日本社会で蔓延するヘイトスピーチにも絶えず関心を寄せてきたという。

「そもそも、自分は制服や校則が一切ない都立北園高校出身でそこで大きく人格形成された。十条の朝鮮高校の真裏にあり、クラスには在日コリアンの友人もいた。うちの高校はいじめもなく、あの当時のびのびと自由な環境で育ったこともあって、社会人になったとき、不条理な差別が日本にはたくさんあるけれど、何かをくくり語ることは愚かだなと思った」

他方で、右にならえとばかりに、現政権のもとで自主規制に走る日本の主要メディアの状況についても、「14年原発問題の吉田調書・『慰安婦』問題の吉田証言というダブル吉田事件以降、触れるのが難しい問題については、両論併記の報道が増えている。はっきりいって萎縮している」ときっぱり。

「相手のことばを聞き、聞いたうえで言葉を尽くして踏み込んでいく。その繰り返しで、相手が本音を言ってくれると思う。福島や沖縄、在日コリアンの問題にしても、なぜ彼らがそういう主張をするのか、なぜそう思うのか、その背景にあるものに耳を傾ける努力をしなければならない。自分にとってはマイノリティや表現の自由の問題は、一生かけて向き合っていくテーマだと思っている」

真実に迫るうえで大事なことは何かとの筆者の問いに、こう語ったジャーナリストに二言はなかった。(文・韓賢珠、写真・盧琴順)


プロフィール

1973年生まれ。京都出身。早稲田大社会科学部卒。早稲田大文学学術院教授。大阪経済大情報社会学部客員教授。テレ朝チャンネル2「津田大介 日本にプラス+」キャスター。一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)代表理事。メディア、ジャーナリズム、IT・ネットサービス、コンテンツビジネス、著作権問題などを専門分野に執筆活動を行う。世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2013」選出。主な著書に「ウェブで政治を動かす!」(朝日新書)、「動員の革命」(中公新書ラクレ)ほか。2011年9月より週刊有料メールマガジン「メディアの現場」を配信中。

http://chosonsinbo.com/jp/2017/10/171012hj/

[32初期非表示理由]:担当:関連が薄い長文

▲上へ      ★阿修羅♪ > アジア23掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > アジア23掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
アジア23掲示板  
次へ