★阿修羅♪ > アジア23 > 510.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
死んだと思われていた日本のコウノトリ、お隣の韓国で見つかる=韓国ネットもほっこり「日本から幸せを運んできた」
http://www.asyura2.com/17/asia23/msg/510.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 1 月 24 日 23:54:00: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

21日、韓国メディアによると、絶滅危惧種のコウノトリ2羽が韓国北東部の江原道江陵市で発見され、このうち1羽は日本で放鳥された後、死んだものと思われていた個体であることが分かった。写真は江原道。


死んだと思われていた日本のコウノトリ、お隣の韓国で見つかる=韓国ネットもほっこり「日本から幸せを運んできた」
http://www.recordchina.co.jp/b560725-s0-c30.html
2018年1月23日(火) 21時40分


2018年1月21日、韓国・SBSによると、絶滅危惧種のコウノトリ2羽が韓国北東部の江原道(カンウォンド)江陵(カンヌン)市で発見され、このうち1羽は日本で放鳥された後、死んだものと思われていた個体であることが分かった。

コウノトリ2羽は昨年11月に初めて発見された後、2カ月以上同じ場所に滞在している。この中の1羽の左足には赤と黄色の、右足には黄色と黒の足輪が付いていた。確認の結果、このコウノトリは16年春に兵庫県養父市で人工ふ化し、小学生らによって「進」と名付けられ放鳥された雄だった。放鳥後1年以上行方不明になり死んだものと思われていたが、海を渡って江陵まで飛んできていたということだ。また、足輪の付いていない1羽はロシアから飛来してきたものと推定されている。

韓国教員大学コウノトリ生態研究院のユン・ジョンミン博士は「日本から来た個体は韓国で留鳥(年間を通じて移動しない鳥)化の過程にあると見られる。ロシアから来た個体は韓国で越冬するために飛来してきたもの」と述べている。

世界的に繁殖可能と推定されているコウノトリは2400羽。韓国内では15年以降17羽を放鳥し、現在21羽が生存しているという。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「コウノトリが日本から幸せの手紙を運んできてくれたんだ。健康に過ごしてくれたらと思う」「野生動物には学ぶことが多いな」「いいニュースだね」など好意的な意見が多く寄せられている。

また「日本の小学校ではこんなおもしろいこと(コウノトリの名付け)をやっているんだね。うらやましい」との意見も見られた。

その他「子どもの頃はコウノトリをよく見たように思うけど、最近は確かに見ないな」「17羽放鳥して21羽生存しているということは、子どもはあまりできていないということか」などのコメントもあった。(翻訳・編集/三田)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > アジア23掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > アジア23掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
アジア23掲示板  
次へ