★阿修羅♪ > アジア23 > 869.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本の弁護士ら、「強制動員判決は被害者の人権問題」と強調する本を出版(人権無視を隠ぺいするのは社会全体主義国以下)
http://www.asyura2.com/17/asia23/msg/869.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2019 年 9 月 02 日 10:54:08: N0qgFY7SzZrIQ kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo
 

 問題は戦時中とはいえ、日本側が人権を無視した事。労働者確保の方法が日本軍直接の徴用なのか、ブローカーを用いた詐欺的方法なのかは二次的な問題。
この国で「徴用工で無く志願労働」「文句を言うが解決済み」と、被害を訴える人を黙殺することは、社会全体主義国の人権無視と同等かそれ以下であること。
この国の地デジ大マスゴミは「韓国ケシカラン」としか報道しないが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(ここから)
日本の弁護士ら、「強制動員判決は被害者の人権問題」と強調する本を出版
9/2(月) 7:43配信 ハンギョレ新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00034243-hankyoreh-kr

日本の弁護士ら、「強制動員判決は被害者の人権問題」と強調する本を出版

*日本弁護士連合会の弁護士たちが出版した『徴用工裁判と日韓請求権協定-韓国大法院判決を読み解く』=山本晴太弁護士提供http://www.genjin.jp/images/book/472819.jpg

*韓国最高裁判決の意味を分析した初の大衆書 執筆に参加した山本晴太弁護士https://amd.c.yimg.jp/im_siggV4mCXvlr.FHXfvkw50ZEkA---x400-y350-q90-exp3h-pril/amd/20190902-00034243-hankyoreh-001-1-view.jpg

  「国家同士で対立する政治事案ではないのに 日本の保守政権が支持率を高めるため煽った」
 日本の弁護士たちが韓国強制徴用被害者に対する韓国最高裁(大法院)勝訴判決を分析した本を日本で出版した。日帝強制占領期(日本の植民地時代)の強制動員問題と韓日請求権協定などについて、日本の社会に広がった“誤解”と“偏見”を正すためだ。昨年10月、最高裁の判決が出た後、その意味を多角的に読み解く本が出版されたのは、韓日両国で今回が初めてだ。

 日本弁護士連合会人権委員会所属の弁護士6人は『徴用工裁判と日韓請求権協定-韓国大法院判決を読み解く』(現代人文社)というタイトルの教養書を、先月末に日本で出版した。日本政府を相手にした韓国強制徴用被害者の損害賠償請求訴訟を代理してきた山本晴太弁護士(66)など、日本人弁護士3人と在日コリアンの人権運動の先頭に立ってきた金昌浩(キム・チャンホ)弁護士など在日コリアンの弁護士3人が執筆に参加した。

 先月31日、ソウル汝矣島(ヨイド)でハンギョレのインタビューに応じた著者の山本晴太弁護士は「日本政府とマスコミが語らない真実を伝えるため」、本の執筆を決心したと明らかにした。彼は「ほとんどの日本人は、現在の韓日の軋轢が韓国最高裁の判決以来、韓国人が始めた紛争だと思っている。しかし、実は、日本の保守政権が支持率を高めるためにそう煽った」と指摘した。彼は、強制動員の補償問題が「国と国が対立する政治的事案ではなく、25年間も裁判をしてきた被害者たちの人権問題」であることを伝えたかったと強調した。

 4章で構成された本文は質疑応答(Q&A)の形で、やさしく解説するために努力した。第1章では、最高裁の判決内容と強制動員被害者が日本と韓国で20年以上裁判を行ってきた“闘争記”を紹介する。徴集や勤労挺身隊制度が朝鮮人たちに法的・肉体的に強要された労役だという点を明確にし、「徴用は、朝鮮人が自発的に参加したもの」という日本政府の主張を批判した。

 日本政府が最高裁の判決を批判する際、根拠にする1965年の韓日請求権協定の「個人請求権の消滅」主張に対しても反論した。「日本のマスコミを含め、日本では(賠償問題が)請求権協定で完全に解決済みたが、韓国がそれを覆したと考える人が多い。請求権協定で受け取った資金を朴正煕(パク・チョンヒ)政権が他のところに使い果たしたと、韓国を非難している。しかし、日本政府も、安倍政権以前には同協定で個人請求権が消滅していないと解釈してきた」と指摘した。

 同書は最近、韓国政府が日本企業や韓国企業が共同で基金を作る案を提示したように、解決策を模索することに重点を置いた。そして「(安倍政権が)心から謝罪する考えがないなら、賠償責任のある日本企業を妨げてはならない。被害者中心のアプローチが必要だ」という立場を示した。

 ヤン・スンテ最高裁長官時代に遅れた強制徴用裁判の様子について、「司法壟断の影響で、裁判の進行が止まり、日本で訴訟中だった不二越強制徴用被害者2人が裁判の結果を見ることなく亡くなった」として、残念な気持ちを表現した。

 彼は「韓国最高裁の判決が出た後、日本の輸出規制で企業も被害者になったことを受け、(遅まきながら)韓国政府が積極的に乗り出したという印象を受けた。しかし、問題の核心は被害者の人権だ。韓国と日本はこの点を忘れてはならない」と強調した。

チャン・イェジ記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(ここまで)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年9月02日 11:20:30 : FGnOQRqLW9 : YS5jVE1jd2NjWS4=[73] 報告
>しかし、日本政府も、安倍政権以前には同協定で個人請求権が消滅していないと解釈してきた

そうだね。
だから韓国政府に対して個人請求権があるのだから、韓国政府が支払うべきだと訴えている韓国人は既に1800人以上に上っている。
つまりこの問題は「韓国の人権問題」だ。

2. 2019年9月02日 14:44:22 : VJSQKDzFbM : SFdHeU05R0FrS0E=[4] 報告
ネトウヨは嘘しか言わねえからな
3. 2019年9月03日 20:18:45 : iFn8MDLkzI : MDE3MTROVWk5anc=[380] 報告
>>2

在日韓国民潭からいくらもらってコメントしているのでしょう?

4. 2019年9月03日 20:34:55 : iFn8MDLkzI : MDE3MTROVWk5anc=[381] 報告

>日弁連副会長に白承豪・外国籍で初 - 産経ニュース

>2019/03/08 - 日本弁護士連合会は8日の代議員会で、15人いる副会長の1人に兵庫県弁護士会所属で韓国籍の白承豪(はく・しょうごう)…
>(57)を選出した。日弁連関係者によると、外国籍弁護士が副会長に就任するのは初めてとみられる。

h◆ttps://www.sankei.com › affairs › news › afr1903080028-n1 抜粋

どちらかわからない在日コリアンが日本で工作活動し続けている以上、碌なことにならないのは確かでしょうね。

韓国籍でも本人かそうでないかの区別できる方法が無い限り
在日コリアンは工作員扱いされるのは当然ですから

いまだに日本の参政権よこせと言わんばかりに
日本の法律問題を指摘していることを表立って
内政干渉して工作活動しているのだから尚更。

5. 2019年9月03日 22:48:19 : EI4iKeL2Cs : LkQ3Nm5XU3RBZXM=[4] 報告
韓国側の基本条約、及び、付随協約の議事録の一部に
日本と韓国間の個人賠償請求について当該諸条約の本文に「完全かつ最終的に解決した」と「1945年8月15日以前に生じたいかなる請求権も主張もすることができないものとする。」の文言が明記されている

とかく経済運営が旨く行かなくなってくると、持ち出すのが韓国政府だから
ほっときゃいいのよ

しかも、国際社会では
2009年8月14日、ソウル行政裁判所による情報公開によって韓国人の個別補償は日本政府ではなく韓国政府に求めなければならないことがようやく韓国国民にも明らかにされてから、日本への徴用被害者の未払い賃金請求は困難であるとして、韓国政府が正式に国際社会に表明するに至った訳

だから、彼らが信用を失うだけだね

6. 2019年9月16日 07:52:16 : uw9lsfWsbo : RjU4M3dWcmpMVXM=[2] 報告
>>1

君は馬鹿かね。
なぜ加害者でない韓国政府が払うのか?

>>3,4

そういうお前は安倍教信者だろwww
人間の屑め。ゴキブリ。

>>5
>日本への徴用被害者の未払い賃金請求は困難であるとして、韓

未払い賃金に関しては今回の判決でも支払い請求を認めていない。
慰謝料という名目での支払いが判決の内容。
いわば協定の「ぬけ穴」を探しているだけだから、協定を無視しているわけではない。

7. アフターバーナー[1] g0GDdINegVuDb4Fbg2mBWw 2019年9月16日 07:55:34 : uw9lsfWsbo : RjU4M3dWcmpMVXM=[3] 報告
ttps://president.jp/articles/-/29790?page=2

橋下徹「日韓は完全かつ最終的に解決したか」

韓国国内の日本企業に賠償命令を下し、その財産の差し押さえを認めた韓国大法院のいわゆる徴用工判決について、日本における議論では、「1965年の日韓請求権協定があるのだから、全て終わりだ!」と単純に叫ぶ者も多いが(それでも最近はこのメルマガの影響なのか(笑)、そのような者が減ってきたようだ)、請求権協定のような「政府間の取り決め」だけでは、国民個人の「裁判に訴える権利」や、国民個人の「財産権・請求権」を直ちに消滅させることはできないという大原則をしっかりと認識すべきだ。

(略)

もし友人が加害者と勝手に和解したらどうするか

和解契約にあたる講和条約や日韓請求権協定には、「今後一切の請求はできない(しない)」「完全かつ最終的に解決された」という文言があるので、韓国国民個人の請求は消滅し、以後韓国国民個人はいかなる請求もできない、という意見が大勢である。

しかし、これは法的には甘い主張だ。

弁護士の世界で結ばれる和解契約にも、必ず最後に、「今後一切の債権債務関係は存在しない」という文言が入り、これを「清算条項」というが、これは道徳的なものであって法的な意味はないというのが、法律家の当然の認識である。端的に言えば、あってもなくても、あまり意味のない文言なのである。しかし、いわゆる徴用工判決をめぐる現在の議論においては、この文言がことさら強調されて、韓国国民の個人的な請求権が消滅した根拠に使われている。これは法的には間違いだ。

和解契約は、この清算条項の「前までの」和解文言が重要で、そこに紛争当事者の権利義務関係がどうなるのかを詳細に明記しておかなければならない。つまり最後の、「今後一切の請求はできない(しない)」「完全かつ最終的に解決された」などの清算条項はあってもなくてもどうでもいいのである。

このような清算条項があるからといって、和解契約関係者の個人的な権利が直ちに消滅するものでないことは、法律家の常識である。もしあなたの権利が、あなたのいないところで、勝手に消滅させられていたら怒り狂うのではないか?

 ・・・・・

▲上へ      ★阿修羅♪ > アジア23掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > アジア23掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
アジア23掲示板  
次へ