★阿修羅♪ > 中国11 > 178.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
子どもを売った金で家具や携帯購入した夫婦、「やっぱり子どもを返してほしい」と警察に通報―中国
http://www.asyura2.com/17/china11/msg/178.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 24 日 23:07:10: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

23日、新快報によると、広東省広州市で、1歳5カ月のわが子を5万元で友人へ売り渡した夫婦が逮捕された。


子どもを売った金で家具や携帯購入した夫婦、「やっぱり子どもを返してほしい」と警察に通報―中国
http://www.recordchina.co.jp/a165560.html
2017年2月24日(金) 8時50分


2017年2月23日、新快報によると、広東省広州市で、1歳5カ月のわが子を5万元(約82万円)で友人へ売り渡した夫婦が逮捕された。

広州市白雲区に住む謝(シエ)容疑者と妻の江(ジアン)容疑者には3人の子どもがいたが、生活は苦しく、3番目の子どもは中国の計画出産政策(1組の夫婦に子どもは2人まで)に違反するため、友人の楊(ヤン、女性)容疑者に悩みを打ち明けた。楊容疑者は自分の親戚夫婦が子どもを欲しがっていることを伝え、相談の結果、16日夜に謝容疑者らは5万元と引き換えに1歳5カ月になるわが子を楊容疑者に引き渡した。

その後、後悔した江容疑者は楊容疑者に連絡して子どもを取り戻そうとするが、5万元の返金以外に手間賃5000元(約8万2000円)を要求される。5万元はすでに家具や電化製品、携帯電話の購入に使ってしまっていた。

19日午前11時、江容疑者は白雲区の太和派出所へ通報し、子どもの捜索を依頼。警察は直ちに対策本部を設置した。28時間にわたる懸命な捜査の結果、20日午後3時、広州市内の住宅地で相手方の夫婦を逮捕、子どもも無事保護された。通報した謝、江両容疑者も同時に逮捕され、20日午後6時には仲介役の楊容疑者も太和派出所へ出頭した。現在、5人は白雲警察署内で取り調べを受けているという。

自分の子を売り渡すことや、人身売買の仲介・資金提供は中国でも犯罪だ。2010年に最高人民裁判所、最高人民検察庁、公安部、司法部が合同で発行した『法による婦女児童人身売買罪の処罰に関する意見』では、「不法に利益を得る目的で、自分の子を売り渡した場合は、婦女児童売買罪として処罰する」と規定されている。(翻訳・編集/村崎)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年2月25日 01:19:41 : JW4kQkOW9o : dSI7DqbtatE[586]

12歳で売られ、監禁→輪姦→出産……中国農村に今なお残る「女児買い」の壮絶

http://www.cyzo.com/images/akushu-1.jpg
幼少期から壮絶な人生を歩んできた馬さん。端正な顔立ちに、悲しみがにじんでいるようだ

中国では古代から「童養媳」(トンヤンシー)という習慣があった。
これは、幼女を引き取り(多くの場合は、貧しい家から買い取った)、大きくなるまで育てたら、息子の嫁にするというものである。
もちろん、現代は法律で禁止されているが、一部の農村ではまだ行われているようだ。

重慶市の農村出身の女性、馬泮艶(マ・ハンエン)さんは、家庭の事情で9歳の時に伯父の家で養われることになった。
ここから、馬さんにとって悪夢のような人生が始まる――。

伯父の家でこき使われた末、馬さんは12歳の時に、今度は陳学生(チン・ガクセイ)という29歳の男の家に売られる。
その後、馬さんは陳一家と共に福建省に出稼ぎに連れ出され、そこで陳に無理やり犯されたという。

福建省では、まだ12歳の馬さんを雇ってくれるところなどなく、3カ月後には重慶の故郷に戻された。
そこで親戚にこれまでのことを打ち明け、一緒に警察に行き、陳に強姦されたと訴えた。
しかし、馬さんを売った伯父が警察に来て「姪っ子は陳と結婚している」と証言したため、警察は家庭内のモメ事と判断。
それ以上は不介入という姿勢を取ったので、馬さんは再び陳一家のもとに連れ戻されてしまった。

その後、陳は馬さんの足に鎖をつけ、家から逃げられないようにしたが、2カ月後に妊娠し、ようやく足の鎖は外された。
出産後、馬さんは何度か家から逃げ出そうとしたのだが、そのたびに捕まって連れ戻されてしまう。
陳の枕元にはムチが置いてあり、馬さんは常にそれで叩かれていたという。

19歳になった馬さんは、2人目の子どもを産んだ。
実はその2年前から、陳の弟も馬さんを強姦するようになっており、生まれた子の父親がどちらなのかさえわからないような状態だった。

翌年、ついに馬さんは陳の家から逃げ出すことに成功。
2カ月ほど旅館で働いて金をため、広東省の省都・広州へと移り住んだ。
その後、自分の戸籍を調べてみると、知らぬ間に陳との婚姻届が出されており、婚姻関係が成立していることを知った。

絶望の中、偶然知り合った公務員の女性の助けを得て、裁判所に離婚の手続きを申し立て。
この件が新聞で報道されたこともあって、審理は迅速に進み、昨年6月、裁判所により正式に離婚が認められたのだった。

http://www.cyzo.com/images/akushu-2.jpg
馬さんが昨年5月に地元の公安局に訴え出た時の調書

これで一件落着となるところだが、馬さんは自分の一生を狂わせた者たちにその代償を支払わせるため、さらなる行動に出た。
未成年の自分を犯した陳、自分を売った伯父、強姦の捜査をしなかった地元の警察、結婚届を受理した役人といった者たちを、重慶の公安局に訴えたのだ。
しかし馬さんによると、それから8カ月がたってもなお、公安局からはなんの音沙汰もないという。

一体いつの時代のことかと思ってしまう話だが、中国の田舎では、まだまだ前時代的な悪習が残っているようである。

以下ソース
http://www.cyzo.com/2017/02/post_31657_entry.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国11掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国11掲示板  
次へ