★阿修羅♪ > 中国11 > 193.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
バックに米国がいる日本の尖閣諸島での優位性は揺るがない、日本メディア報道に中国ネット「バックに誰がいようと関係ない」
http://www.asyura2.com/17/china11/msg/193.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 26 日 23:00:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

26日、中国メディアの環球網は、日本メディアが尖閣諸島における日本の優位性は今のところ揺るがないとする記事を掲載したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。


バックに米国がいる日本の尖閣諸島での優位性は揺るがない、日本メディア報道に中国ネット「バックに誰がいようと関係ない」
http://www.recordchina.co.jp/a170670.html
2017年2月26日(日) 21時30分


2017年2月26日、中国メディアの環球網は、日本メディアが尖閣諸島における日本の優位性は今のところ揺るがないとする記事を掲載したと伝えた。

記事によれば、海上保安庁は現在、12隻の巡視船で構成する「尖閣専従部隊」が中国公船に対応している。一方の中国公船は4隻にすぎず、海保の優勢が覆ることはないという。

また記事は、日米両首脳が尖閣諸島は日米安全保障条約の適用範囲だと明言したことを紹介。これは、もしも中国が武力行使した場合、米国が兵を派遣することを意味していると説明した。

これに対し、中国のネットユーザーから「われわれのバックには強大な祖国がいる」「中国軍は、バックに人民がいるから中国軍の優位性は揺るがないと言っている」など、対抗するようなコメントが多く寄せられた。

また、「バックに誰がいようと関係ない。中国のものは中国のもの」「歴史的に見て米国は中国に戦争で勝てたことはあるのだろうか」など、強気な意見も少なくなかった。

他にも「人はいつか自立するものだ。お父さんは永遠には保護してくれないぞ」「米国だって万能薬ではないんだぞ。本当に戦争になったら二言ほど吠えて調停に回るのだろう」などのコメントもあった。(翻訳・編集/山中)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年3月10日 10:38:53 : czCYyOyp1Y : lmCseXQZI4w[12]
『毛沢東主席のお墨付き』
中国よ恥を知れ!。尖閣列島は中華人民共和国の建国の父
毛沢東主席も認めたれっきとした日本固有の領土なのだ。
当時毛主席は『日本よ早く米軍から沖縄を返してもらえ』と
言ってくれたのだ。中国外交部は毛主席の指示に従って
在外公館へ『沖縄及び米軍支配地域は日本領土である』と打電したのである。
だから中国の古地図は尖閣列島は日本領土として表記されているのだ。
このことのいきさつを記した文章が北京の公文書館で発見されたのだ。

 中国は王朝文化の国なのだ。国のトップが代われば自分たちに
都合のいいように書き換えて平然としている。
文化に連続性が無いから教育によって若い世代を洗脳する恐ろしい国家なのだ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国11掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国11掲示板  
次へ