★阿修羅♪ > 中国11 > 205.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
一人っ子政策撤廃で、米国に赴き体外受精試みる中国人女性が増加―米華字紙
http://www.asyura2.com/17/china11/msg/205.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 28 日 23:22:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

24日、米華字紙・世界日報によると、昨年より第2子の出産が認められるようになった中国で、米国に渡って体外受精を試みる女性が増加している。写真は試験管ベビー。


一人っ子政策撤廃で、米国に赴き体外受精試みる中国人女性が増加―米華字紙
http://www.recordchina.co.jp/a170706.html
2017年2月28日(火) 1時20分


2017年2月24日、米華字紙・世界日報によると、昨年より第2子の出産が認められるようになった中国で、米国に渡って体外受精を試みる女性が増加している。

ニューヨークにあるノーブル不妊治療センターの張立澄(ジャン・リーチョン)医師によると、「2016年6〜7月ごろに中国からの患者が増え始め、以前よりもだいたい30%は増えた。センターには毎週2〜3人の新たな患者がやって来る」という。

また、同じくニューヨークのニューホープ不妊治療センターの楊明学(ヤン・ミンシュエ)医師も「毎日のべ200人の診療をする。年間で3000〜4000人がやって来るので、忙しい。患者の30%は中華系米国人だが、昨年から中国の患者が10%増えている」と語った。

張医師は「中国の患者の年齢は40歳以上で、最年長で55歳の患者もいる。卵巣機能が低下した場合は卵子の提供を受ける、あるいは代理出産の必要があるが、中国での卵子提供はすべてブラックマーケットで、法的な保障がない。そして多くの人が性別の選択を求めるが、これは中国の法律で禁止されている。それゆえ米国にやってくるしかないのだ」と語る。また、技術に優れ、薬品の信頼性が高いことも「試験管ベビー」を求めて米国に赴く中国の女性が増えている理由のようだ。(翻訳・編集/川尻)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国11掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国11掲示板  
次へ