★阿修羅♪ > 中国11 > 330.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
女性人権家が中国政府の人口政策を批判、「恐怖で社会をコントロールしようとしている」―米メディア
http://www.asyura2.com/17/china11/msg/330.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 3 月 24 日 23:51:10: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

23日、米女性人権保護団体の代表者が「中国の強制的な計画出産政策は実質的に変わっていない」と批判した。写真は中国の母子。


女性人権家が中国政府の人口政策を批判、「恐怖で社会をコントロールしようとしている」―米メディア
http://www.recordchina.co.jp/b173253-s0-c10.html
2017年3月24日(金) 22時30分


2017年3月24日、ボイス・オブ・アメリカ(VOA)中国語版によると、米女性人権保護団体の代表者が「中国の強制的な計画出産政策は実質的に変わっていない」と批判した。

「国境なき女性の権利」のレジー・リトルジョン代表は23日、国連女性の地位委員会開催期間に合わせて主催したNGOフォーラムで、「中国が一人っ子政策を改めて第2子出産を認めたのは、人口の高齢化がすでに深刻な状態になっているから。政府が第2子出産を認めても中国にベビーブームは起こっておらず、政府は第2子の出産を報償制度を設けてまで奨励している」と指摘した。

VOAのインタビューを受けた同氏は、「もし中国が本当に多くの子どもを望むのなら、どうしてなおも強制的な計画出産政策を残すのか。問題のカギは、恐怖を抱かせる強制的手段が中国政府の社会コントロールの上で非常に役に立つという点だ。彼らは強制的な計画出産措置を継続し、強制中絶という恐怖を残して社会をコントロールしようとしている」と中国政府への批判を展開している。

同氏はさらに、フォーラムの中で「中国の計画出産政策の強制性は実際変わっていない。未婚の出産は依然として違法だし、男児を好んで女児を捨てる状況は終わっていない。第2子の女児も大きなリスクにさらされている」とも発言した。(翻訳・編集/川尻)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年3月25日 03:13:12 : 2H6LlzvVZE : AiGL1KGkdGk[15]
米メディアの書く中国の情報は中国が出す情報以上に
信用しておりません。

そのような時間があるなら
米国内の人権蹂躙状況を、歴史を遡り、調べ、
公平に報告・公開したほうがよほど有益であるはずです。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国11掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国11掲示板  
次へ