★阿修羅♪ > 中国11 > 356.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本人男性が南京大虐殺記念館に寄贈した作戦文書を公開、中国軍司令官が「死守」命じる内容―中国
http://www.asyura2.com/17/china11/msg/356.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 4 月 01 日 23:16:50: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

31日、澎湃新聞によると、日中戦争中の南京戦(1937年)で中国軍を指揮した唐生智(タン・シェンチー)司令官らによる作戦文書とみられる資料がこのほど、80年ぶりに南京で公開された。


日本人男性が南京大虐殺記念館に寄贈した作戦文書を公開、中国軍司令官が「死守」命じる内容―中国
http://www.recordchina.co.jp/b174018-s0-c10.html
2017年4月1日(土) 16時20分


2017年3月31日、澎湃新聞によると、日中戦争中の南京戦(1937年)で中国軍を指揮した唐生智(タン・シェンチー)司令官らによる作戦文書とみられる資料がこのほど、80年の時を経て南京で公開された。

公開されたのは、南京戦中央軍校教導総隊の作戦計画、作戦命令、防御工事説明など。日本人男性から南京大虐殺記念館の館長に寄贈された。専門家らは「歴史的な資料価値が高い」と評価している。

中には中国軍を指揮した唐司令官が12月11日付で署名した作戦命令も。行間からは緊迫した様子が漂っており、青字ではっきりと「各陣地ともあきらめてはならない」と書かれている。江蘇省社会科学院研究員の王衛星(ワン・ウェイシン)氏は「何に代えても南京を死守するとの信念が伝わってくる」と話す。

資料は07年、寄贈した男性が佐賀県唐津市の古書店で発見したという。(翻訳・編集/大宮)





 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国11掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国11掲示板  
次へ