★阿修羅♪ > 中国11 > 559.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国の宝なのに…重視した日本が成功し、軽視した中国は失敗した―中国コラム
http://www.asyura2.com/17/china11/msg/559.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 5 月 31 日 23:35:55: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

中国メディア・網易は30日に掲載したコラムで、中国の思想家・魏源の著書「海国図志」を軽視した中国が失敗し、重視した日本が成功したと伝えた。写真は魏源の像。


中国の宝なのに…重視した日本が成功し、軽視した中国は失敗した―中国コラム
http://www.recordchina.co.jp/b179713-s0-c30.html
2017年5月31日(水) 8時30分


中国メディア・網易は30日に掲載したコラムで、中国の思想家・魏源の著書「海国図志」を軽視した中国が失敗し、重視した日本が成功したと伝えた。

清朝の政治家の林則徐は当時中国で横行していたアヘンの取り締まりの全権を任され、厳しい取り締まりを実施。これに対し英国の商人が猛反発し、結果的にアヘン戦争が勃発した。林則徐はこの一件により解任され新疆に左遷されるのだが、祖国の危機を感じ左遷される途中で思想家の魏源に自身が収集した外国の資料を託した。魏源は十数年かけ西洋諸国の地理や歴史、政治状況をまとめた「海国図志」を完成させた。

「海国図志」は他国の先進技術や兵器のほか、気候や文化などかなり多くの分野に関して詳細に記し他国を研究する重要性を説いていたが、当時の中国の役人や有識者は軽視し、相手にしなかった。一方、「海国図志」を知った日本の有識者や政治家は書籍の重要性を認識し、多くの人が参考とした。

「海国図志」は19世紀の各国の政治や経済をわかりやすく詳細に説明した国宝級の書籍と言えるが、軽視した中国はその後衰退し、重視した日本にとっては暗闇を照らすあかりの存在となり、明治維新やその後の発展に貢献したのだ。(翻訳・編集/内山)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年6月01日 01:45:56 : 4FmfbSrN3U : 35sb58kG0Wk[34]
貴重な情報をありがとうございました。

2. 2017年6月01日 01:59:39 : 4FmfbSrN3U : 35sb58kG0Wk[35]
欲を言えば、当然ながらこの時代は
国家としての中国は成立していませんので、
きちんと清国または清朝としていただきたいものですね。
清朝の驕りと頑迷さが衰退を招いたということでしょうか。

3. 2017年6月01日 06:28:34 : jbDvKkAmsQ : WBKM_dUGbuE[67]
中華思想=夜郎自大 だからね。

4. やもめーる[-859] guKC4ILfgVuC6Q 2017年6月01日 18:03:33 : 85nyBW95iE : NCItWr4FBZc[-42]
>>4
お前の似非ウヨ排他的で偏狭的な島国根性考えもな。(笑)


[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理
5. やもめーる[-858] guKC4ILfgVuC6Q 2017年6月01日 18:04:51 : 85nyBW95iE : NCItWr4FBZc[-41]
訂正
誤:>>4→正:>>3


[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理
6. 2017年6月11日 08:12:18 : DmJcG1r9M6 : t2zgxHfcOwI[156]

>中国の宝なのに…

その宝は地球上の人類の宝でもあることを日本人が中国から学んだということですよ。

宝は誰のものでもないが人類を益する叡智が凝縮されて世界中の人間を魅了するはず。

敢えて言うとインド発祥の仏道は中国を偉大な国であることを証明せずにはおかない。

日本はアジアの同胞として隣国関係を重視してアジアの繁栄を最第一に掲げるだろう。

アジア・ファーストってかあ!? hahahahahahahaha〜



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国11掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国11掲示板  
次へ