★阿修羅♪ > 中国11 > 622.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国が欧米文化をただ受け入れるだけの時代は終わった―独紙
http://www.asyura2.com/17/china11/msg/622.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 6 月 20 日 23:15:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ドイツの南ドイツ新聞は15日、中国が欧米文化をただ受け入れるだけの国だった時代は終わったとし、中国は自らの要求を前面に出し、文化を生み出す側になろうとしていると伝えている。写真は米中合作映画「グレートウォール」のポスター。


中国が欧米文化をただ受け入れるだけの時代は終わった―独紙
http://www.recordchina.co.jp/b181517-s0-c60.html
2017年6月20日(火) 9時20分


2017年6月17日、環球時報によると、ドイツの南ドイツ新聞は15日、中国が欧米文化をただ受け入れるだけの国だった時代は終わったとし、中国は自らの要求を前面に出し、文化を生み出す側になろうとしていると伝えている。

過去数十年にわたり、経済のグローバル化は欧米から他の地域への輸出が続いてきた。だがその構図が変わろうとしている。中国などの新興工業国が力をつけ、自信も備えるようになり、これまで一方通行だった文化の輸出入が双方向になってきている。

そうした変化は映画産業で顕著となっている。米国のハリウッドは最大の市場になるであろう中国市場を獲得すべく全力で動いており、その結果、ハリウッドは多くの譲歩や中国マネーの参入を余儀なくされ、中国での撮影や中国人スターの起用が相次いでいる。

アートの分野でも欧米の妥協が進んでいる。香港のアートフェア「ART HK」が世界最大の現代アートフェアであるスイスの「アート・バーゼル」に買収されて以降、「文化的帝国主義だ」と指摘する声の高まりを受け、アート・バーゼル香港のローカライズが加速し、展示の半数を中国本土や香港の作品が占めるようになった。

ベルリンの「世界文化の家(HKW)」でも1990年代から中国人アーティストの作品が展示されるようになっており、それらアーティストの中には「超スター級」になった人も少なくない。

その一方で、欧州のアーティストたちは徐々にマイナーな存在になりつつある。問題なのは、欧州の人々が欧州文化中心主義の終焉(しゅうえん)にどう対応していくかだ。(翻訳・編集/岡田)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年6月22日 09:01:40 : HRhdJtnxgM : KtsCU8y_eoM[22]
中国の文化は深いですから。自然な(当然な)ことだと思います。
歴史や文化を扱ったものは、文明の長さから言って
欧米を凌駕する可能性を秘めていますから
ぜひ頑張ってください。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国11掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国11掲示板  
次へ