★阿修羅♪ > 中国11 > 648.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
なぜ中国には日本メーカーのようなトランスミッションが造れないのか?―中国ネット
http://www.asyura2.com/17/china11/msg/648.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 6 月 26 日 18:18:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

24日、中国のポータルサイト・今日頭条が、なぜ中国には日本メーカーのようなトランスミッションが造れないのかについて分析する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。


なぜ中国には日本メーカーのようなトランスミッションが造れないのか?―中国ネット
http://www.recordchina.co.jp/b182265-s0-c60.html
2017年6月26日(月) 9時30分


2017年 6月24日、中国のポータルサイト・今日頭条に、なぜ中国には日本メーカーのようなトランスミッションが造れないのかについて分析する記事が掲載された。

記事は、最近いくつかの中国メーカーでトランスミッションの不具合のため、新車の販売時期が遅れるという事態が発生したことを紹介。中国国内のメ―カーには独自にトランスミッションを研究開発する実力がまだなく、日本のアイシン、ドイツのZFとゲトラグだけがその能力を持っているとした。

そのため、多くの自動車メーカーがこれらの自動車部品メーカーからの供給を受けており、上記の3メーカーでほぼ独占状態だという。中国でもトランスミッションの研究開発は行われており、デュアルクラッチトランスミッション(DCT)や無段変速機(CVT)は製造できるものの、オートマチックトランスミッション(AT)は製造できないのだという。

その理由について記事は、1つに「設備的な制限」があると分析。トランスミッションは高い技術と精度が求められるが、国内で生産する部品の精度は低いため信頼性の高いトランスミッションの製造が難しいと指摘した。

もう1つの理由は「材料が基準に達しないこと」だ。ATは原材料に対する要求が高く、中国の鉄鋼精製技術は日本やドイツと比べると劣るため、製造するのが難しいという。

それで、トランスミッションそのものを造ることは難しくないものの、レベルが高くて耐久性のあるものは、現在の中国の技術では難しいと結んだ。

これに対し、中国のネットユーザーから「中国の技術で一番遅れているのはマンホールのふただと思う。道路より数センチ高いか低いのどちらかだ」とのコメントがあったが、確かに中国のマンホールは日本と異なりでこぼこしている。

また、「こういうものが作れなくても気にするな。高級酒と高級たばこと異様に高い不動産さえあればいい」と、皮肉を込めた意見もあった。(翻訳・編集/山中)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年6月27日 04:47:10 : UfJSXBm8fA : o_jepxd3GyU[1]
もはや来たるべき電気自動車に研究資源を集中すべきで今更成熟したガソリンエンジン、トランスミッションに資源を割くのは愚の骨頂!
 外国の名門から購入するのが合理的である.

2. 2017年6月28日 01:26:44 : UaM7rfsSzM : xT_ZpGXQLbE[43]
いや、加工技術が遅れてるってことを嘆いていてるのよ。
この先も組立工場に地位に甘んじてていいのかと。

3. 2017年6月29日 14:53:36 : i3Ndt2rWYq : S_Vy_E9Efhw[73]
まあノウハウが足りて居ないだけだ。
続ければその辺りは改善するよ。

部品単体では「中国の製品わー」って言い続けていた国内のメーカーが、
部品制度で中国メーカーに負ける事が多々出てきている。
まあ、設備投資をケチって属人的な技術でカバーするのにも限度がある上、
バブル時に鍛えられた職人も引退時期だからな。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国11掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国11掲示板  
次へ