★阿修羅♪ > 中国11 > 677.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
子どもが吹っ飛ぶほどひっぱたいた日本のママを、中国ネットユーザーが称賛
http://www.asyura2.com/17/china11/msg/677.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 7 月 01 日 23:30:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

30日、日本のある映像が中国の動画サイトに投稿され、ネットユーザーの注目を集めている。資料写真。


子どもが吹っ飛ぶほどひっぱたいた日本のママを、中国ネットユーザーが称賛
http://www.recordchina.co.jp/b183071-s0-c60.html
2017年7月1日(土) 0時10分


日本でも中国でも、子どもの教育をめぐってはさまざまな論争がある。中でも体罰の可否については、その程度なども含めて意見が分かれるところだ。30日、日本のある映像が中国の動画サイトに投稿され、ネットユーザーの注目を集めている。

動画サイト・陽光寛頻網に投稿されたのは、「日本のママはどうやっていたずらっ子を教育するのか見てみよう」と題された1分弱のドライブレコーダーの映像。車が住宅街を走っていると、戸建ての駐車場に止められた車の陰から突然、3歳くらいの子どもがランニングバイク(ペダルのない自転車)に乗って飛び出してくる。車が急停車したため、何とか事故は免れた。直後に家の方から慌てて出てきた母親らしき女性は、ドライバーに向かって頭を下げてから子どもに駆け寄り、横っ面をビンタ。子どもは反動でバイクから転げ落ちた。

この動画に対して、中国のネットユーザーからは「どうやら、(こういう状況で子どもをたたくのは)世界中どこでも同じようだ」「ひっぱたくべきだ。でないと次は命がなくなるかもしれないからな」といった声や、「俺のおじさんもそうだった。川で泳いで遊んでいたら、おじさんが棒を持ってやってきた。川の真ん中の方に逃げる俺を見て『たたかないから、こっちおいで』って言うので岸に上がったら、めちゃめちゃたたかれた。それから川では二度と遊ばなくなったよ」といった体験談を語るユーザーもいた。

また、母親の対応について、「中国のママならまずドライバーを責めるだろうね」「たたく親の子どもは将来それをしなくなる。ドライバーを罵倒する親の子どもは将来はねられる」「30数年前は中国もこうだったんだけどなあ。昔は子どもがけんかしてるのを見たら、まず自分の子どもをたたいたもんだ。でも、今は一緒になってけんかする」と、最近の過保護すぎる中国の保護者を皮肉ったコメントも少なくない。

このほか、「なんと、先にドライバーに頭を下げるとは。この民度よ」「(これが)素養教育。まずドライバーに謝ってから子どもをしかる」「日本の文明レベルはアジア最強」と母親がすぐにドライバーに謝罪の意思を示したことを称賛するコメントも寄せられた。

日本では昨今、教育現場などでの体罰への批判が高まっている。中国でも以前に比べて体罰に批判的な声が増えてきているものの、「たたかなければ一人前にならない」と言われるように、日本と比べると容認派が多い印象だ。(編集/北田)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年7月06日 02:48:16 : UaM7rfsSzM : xT_ZpGXQLbE[63]
布団じゃないんだ!
吹っ飛ぶまでひっぱたくな!
と、おいらは言いたい。

何らかの凝らしめを与えるのはいい。
でも、感情任せってのは良くないと思います。
だよね?


2. 2017年7月06日 20:07:37 : bLrsnrlmfU : ujG1HNhCMtc[1]
暴力からは悲劇しか生まれないと思う。
この子が普段から虐待を受けていなければいいが。

もし普段から何かと暴力を受けているとしたら、この子が親になったときに暴力で我が子をしつけようとしてしまうだろうな。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国11掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国11掲示板  
次へ