★阿修羅♪ > 中国11 > 761.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国の新4大発明とは?多くの国の人が「自国に持ち帰りたい」と絶賛―中国メディア
http://www.asyura2.com/17/china11/msg/761.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 7 月 25 日 22:59:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

23日、中国メディア・cnBetaによると、中国の進める「一帯一路」構想に関係する20カ国の若者が「中国の新4大発明」として、「高速鉄道」、「アリペイ」、「シェア自転車」、「ネット通販」を選出した。写真は中国の鉄道。


中国の新4大発明とは?多くの国の人が「自国に持ち帰りたい」と絶賛―中国メディア
http://www.recordchina.co.jp/b182897-s0-c30.html
2017年7月25日(火) 12時50分


2017年7月23日、中国メディア・cnBetaによると、中国の進める「一帯一路」構想に関係する20カ国の若者が「中国の新4大発明」として、「高速鉄道」、「アリペイ」、「シェア自転車」、「ネット通販」を選出した。多くの国の若者がこの新4大発明を自分の国に持ち帰りたいと考えているという。

アリペイ(支付宝)はアリババグループが提供している中国最大のオンライン決済サービス。「中国で生活するのに、現金はもう必要ない」と言われるほど、中国での生活はハイテク化しており、変哲もないおばさんの屋台ですらアリペイに対応しているほどだ。

シェア自転車にもハイテクが使われている。自転車への回帰は単に利便性が高く健康的だというわけではない。自転車の位置情報を管理する位置情報システムやモバイル決済、ビッグデータなどがサービスの土台にある。

モバイル決済もネット通販も、もとは米国で生まれたが、そのさらに上を行き成長させたのは中国。モバイル産業のさまざまな分野で中国はトップランナーの立場にあるという。

高速鉄道もまたハイテクのかたまり。多くの国で中国の力を借りて自国経済を発展させようとしている。300キロ移動するのに8時間かかる既存の鉄道路線を中国の高速鉄道に置き換えることで、経済活性化を促すことができるという。

日本の専門家も高速鉄道やアリペイ、シェア自転車などを例に挙げ、ここ10年はイノベーションの面で日本は中国に及ばないと語っているという。(翻訳・編集/岡田)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年7月25日 23:32:14 : UaM7rfsSzM : xT_ZpGXQLbE[83]
シェア自転車は、中国では破綻してるってニュースがあったけど。

2. 2017年7月26日 15:04:15 : neFP851ejs : oH7mSGhFt2Y[3]
シェア自転車はちゃんと営業してるよ。
破綻してるってのは怒涛のような新規参入による淘汰、混乱を喧伝しただけ。

3. 2017年7月27日 01:05:24 : UaM7rfsSzM : xT_ZpGXQLbE[84]
そっか、ありがと。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国11掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国11掲示板  
次へ