★阿修羅♪ > 中国12 > 160.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本人の道徳の高さをうらやんだり、自らを卑下する必要はもうない―中国メディア
http://www.asyura2.com/17/china12/msg/160.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 9 月 19 日 23:55:35: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

15日、中国メディアの観察者網は、世界第二のエコノミーへと成長した中国はもはや、日本人の環境保護や道徳に対する意識の高さをうらやんだり、自らを卑下する必要はないと指摘している。資料写真。


日本人の道徳の高さをうらやんだり、自らを卑下する必要はもうない―中国メディア
http://www.recordchina.co.jp/b190863-s0-c60.html
2017年9月19日(火) 7時50分


2017年9月15日、中国メディアの観察者網は、世界第二のエコノミーへと成長した中国はもはや、日本人の環境保護や道徳に対する意識の高さをうらやんだり、自らを卑下する必要はないと指摘している。

「日本は自分たちで割り箸を生産せず、完全に輸入に頼っている。日本の割り箸の96%が中国から輸入されたものだ。日本人は割り箸の回収にも意を注いでおり、紙パルプ不足の中国に逆輸出している」

これは筆者がよく聞かされてきた話だ。日本人の進んだ環境保護意識と賢明なビジネスマインド、それと対照的な中国人の無知と醜さ。すべてがここに凝縮されている。

だが先ごろ台湾メディアは、こうした印象に「平手打ち」を食らわせている。

14日付の中時電子報によると、中国は現在、世界最大の木材輸入国となり、日本はその最大の輸入元になっている。16年の日本から中国への木材輸出額は98億元(約1666億円)で、前年に比べて48%も増えているという。

こうした背景には、中国での環境保護意識の高まりや、森林回復の努力がある。

日本に関連する「伝説」はほかにもある。中国で行われたサマーキャンプの話は有名だ。参加した中国の子どもは本の虫で、頭でっかちの役立たず。それに対し、日本の子どもはとてもたくましかったというものだ。これを受け、中国のある校長は授業から数学を廃止したなどと報じられた。

日本の飲食店で皿洗いのアルバイトをしていた中国人留学生が、店側から食器を7回洗うように指示されていたのに5回しか洗わなかったためクビになったという話も拡散された。

中国は世界第二の経済大国へと成長した。中国人が長年、日本人の頭にかぶせてきた「道徳」という冠は、もう外すべきだ。

あるネット利用者は次のように述べている。「こうした作り上げられた、国民の自負心をくじこうとする外国のストーリーは、往々にしてその国を物語の中の外国と同様に変える効果がある。話を作った本人は想定していなかったに違いないが」。(翻訳・編集/柳川)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 中川隆[-6360] koaQ7Jey 2017年9月20日 00:20:46 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

2017年09月19日
中国の環境汚染進む 大気汚染と河川の汚染

川は赤青ピンクと毎日色が変わるという。
こうした川から取水し飲料水にしている
引用:http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201611/20161121-04667329.jpg


中国の大気汚染

中国の環境汚染は度々問題になっていたが最近は報道量が少なくなり、収まった観がある。

だが実際には中国の環境汚染は沈静化するどころか、近年ますます悪化しているのが分かりました。

シカゴ大学などの研究によるとハルビン市など東北部の都市では、大気汚染で平均寿命が6.9年短くなっていた。

          
工場などから排出される粒子状物質は、心臓病や脳卒中、肺がんなどを引き起こす原因になっている。

中国全体では大気汚染によって寿命が3.5年縮んでいて、世界保健機関(WHO)の基準を満たす工業都市はほとんど無かった。

中国では毎年、110万人が大気汚染によって亡くなっていると言われており、黄海に面する河北省は特に深刻です。


中国の大気汚染レベル上位5都市はすべて河北省で、北京の風上に位置しているので、北京の大気汚染の原因といわれている。

大気汚染の原因は工場ばかりではなく、石炭による冬季の暖房で、冬の大気汚染が特にひどい。

製鉄や発電所は中国重工業の根幹だが、残念な事に大気を汚染する石炭が最もコストが安い。


中国が世界の工場と呼ばれていた時より工業は弱くなったが、環境対策でコスト増になったのも原因の一つとされている。

中国はパリの地球温暖化会議でCO2削減を約束したが、実は言葉の遊びであって、CO2を今後50%「増やす」事になっている。

中国が減らすと言ったのはGDPあたりのCO2排出量で、GDPが増える限りCO2も増やせる事になっている。


年に数日しか太陽が見えないとされる汚染地域で、青い空が見れるようになるのは、当分先でしょう。


工業都市や風下では、年間数日しか太陽が見えない
2016-12-16T_CHINA-POLLUTION-thumb-720xauto
引用:http://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2016/12/2016-12-16T_CHINA-POLLUTION-thumb-720xauto.jpg


中国の水の汚染

水は人間の生活に必ず必要だが、中国では汚染されていない水を手に入れるのは、ほとんど不可能です。

輸入したミネラルウォーターで風呂を沸かせば安全かも知れないが、バカバカしすぎる。

大半の河川には汚染物質が垂れ流されていて、赤い川や緑の川になっているのは、現在も改善されていない。


赤や緑の川から水をくみ上げて、ろ過して飲料水にしているのだが、汚染物質をすべて除去しているとは考えられない。

汚染しきった水を完全にろ過するには莫大な費用が掛かるし、そんなお金を掛けるくらいなら、最初から排出させないでしょう。

浙江省長興県では最近、300トンもの大量の病死したブタを焼却せず山に埋め、その山から流れている川から取水していた。


同じ浙江省長興県の夾浦鎮では、水源地である川沿いの繊維工場がベンゼンなどの化学物質を垂れ流し、川は赤い色に染まっている。

この川から取水した飲料水を飲んでいたが、町民の1割がガンになり、半数は既に亡くなっていた。

沿岸部の発展した都市の全てがこうであり、川の色はその日の汚染物質によって、赤青ピンク緑と色が変わる。


地下水の汚染も進んでいて、安全な地下水はどこにもなくなってしまった。
http://www.thutmosev.com/archives/72656839.html



[32初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数、規定違反多数により全部処理

2. 2017年9月21日 07:01:18 : 3E5d2h6VWQ : eHnFFADRH3Q[51]
なんだか論旨が支離滅裂な気がするんだが?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国12掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国12掲示板  
次へ