★阿修羅♪ > 中国12 > 404.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国の村が米国マフィアの得意先になる仕組み―中国メディア
http://www.asyura2.com/17/china12/msg/404.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 12 月 15 日 00:02:55: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

11日、捜狐網は「中国の村が米国マフィア得意先になる仕組み」と題する記事を掲載した。


中国の村が米国マフィアの得意先になる仕組み―中国メディア
http://www.recordchina.co.jp/b230100-s0-c30.html
2017年12月14日(木) 11時20分


2017年12月11日、捜狐網は「中国の村が米国マフィア得意先になる仕組み」と題する記事を掲載した。

記事によると、米国のマフィアは毎年、名画の複製品を大量に購入しているが、それらはすべて中国広東省深セン市龍崗●(山かんむりに岡)区大芬村、通称「油絵村」で描かれたもの。米連邦捜査局(FBI)は、この場所が新たなマネーロンダリングの拠点になっていると疑いをかけているという。

FBIの関係者によると、米国やイタリアのマフィアは毎年、レンブラント、ダ・ビンチ、ラファエロなど巨匠の名画の複製品を大量に購入。取引額は年300万ドル(約3億4000万円)以上になるとみられる。

一方、大芬村には狭い地域に約2000人の画家が住み、画商200店以上がひしめきあっている。村では年間100万枚以上の油絵が作られ、輸出額は3000万元(約5億1400万円)以上。世界に存在する油絵の7割が中国から輸出されているとみられ、うち8割は大芬村で描かれたものとされている。

記事は「米国などのマフィアは、組織に新たなメンバーを迎え入れる際、絵画の上に血をたらす宣誓式を行っている。米国では年に約8000人が新たにマフィアになるとみられ、大芬村は宣誓式で使われる絵画の主要な輸出元となっている」と伝えている。(翻訳・編集/大宮)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国12掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国12掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国12掲示板  
次へ