★阿修羅♪ > 中国12 > 505.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
北京新空港における「最強ブレーン」の建設が開始―中国メディア
http://www.asyura2.com/17/china12/msg/505.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 1 月 18 日 03:02:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ターミナルビルの屋根と壁が完成すると、北京新空港の建設が再びペースを上げた。北京新空港建設指揮部はこのほど、新空港情報センター及び指揮部センターの施工・建設部門に落札通知書を伝達した。写真は新空港の完成予定図。


北京新空港における「最強ブレーン」の建設が開始―中国メディア
http://www.recordchina.co.jp/b531414-s10-c20.html
2018年1月17日(水) 21時40分


ターミナルビルの屋根と壁が完成すると、北京新空港の建設が再びペースを上げた。北京新空港建設指揮部はこのほど、新空港情報センター(ITC)及び指揮部センター(AOC)の施工・建設部門に落札通知書を伝達した。これはこの「スマート空港」の「最強ブレーン」の建設が認められたことを意味する。北京日報が伝えた。

ITCとAOCの建設先は、北京新空港ターミナルビルの北東方向約1キロに位置し、建築面積は約3万2000平方メートル。新空港建設指揮部によると、ITCとAOCは北京新空港の情報センター、通信中枢センター、運用指揮センターとなる。同プロジェクトにおける工期期日以内と品質を保証した竣工は、新空港開港にとって極めて必要な条件となっている。

なかでも情報センターデータコンピュータールームビルは、新空港のビッグデータセンターで、新空港内の60以上の弱電情報システム中心設備の運用センターとして、全システムの計算、保存、情報交流・共有などのコアとなる業務を進めていく。また、同ビルは新空港全体の通信中枢センターでもあり、中国電信・中国聯通・中国移動の3大通信事業者、鉄塔会社、有線テレビ運営業者の新空港内のメインコンピュータールームが含まれることになる。

ターミナルビルや飛行エリア、作業エリアの個別の建築物内の有線・無線・ブロードバンド通信は、いずれもITCの通信中枢コンピュータールームと双方向接続することで、空港全体の通信カバー及び空港と外部の通信情報リンクを実現する。また、指揮センターは新空港全体の運行・管理、指揮・調整、緊急処置の中心地となる。新空港運営機関は開港前にAOC指揮センターに入居し、運用のシミュレーションを行い、新空港の順調な開港を保証する計画だ。(提供/人民網日本語版・編集/YF)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国12掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国12掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国12掲示板  
次へ