★阿修羅♪ > 中国12 > 872.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国・深圳、イノベーションが躍る街(IN FOCUS) /日経デジ
http://www.asyura2.com/17/china12/msg/872.html
投稿者 仁王像 日時 2019 年 7 月 27 日 16:20:11: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

                        小学校の校門に設置された顔認証ゲートを通って登校する児童(中国・深圳)

中国・深圳、イノベーションが躍る街(IN FOCUS) /日経デジ
ファーウェイ IN FOCUS 中国・台湾 アジアBiz AI 2019/7/27 4:11
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47675010T20C19A7M12900/

6月末の平日朝、中国・広東省深圳市の小学校を訪れると、日本にはない光景が広がっていた。登校してきた児童は校門で顔認証用の黒い画面をのぞき込み、門が開くのを待つ。不審者の侵入を防ぐだけでなく、保護者のスマートフォンに無事に登校したことを知らせる機能がある。

この顔認証システムは人工知能(AI)を教育に応用する一環で、深圳に本社を置く中国IT(情報技術)大手、騰訊控股(テンセント)が開発した。市内の有力学校が2018年夏から順次導入。外国語会話の能力、運筆の正確さなどをAIで測定する教材も実用化している。

スマホなどIT機器の工場が集積する深圳は「世界の工場」の中心だった。人件費が高騰した10年ごろから工場は内陸へと徐々に移り、世界でも有数のイノベーションの街へと変貌している。得意のITを生かした無人コンビニエンスストア、自動運転バスなどの新サービスの社会実装が街をあげて進む。

小さな漁村だった深圳は1980年に中国初の経済特区に指定され、発展の軌道に乗った。改革・開放の「実験場」には、中国全土から人材が集まった。このため深圳市民は平均年齢が低く、「新しい技術への許容度が高い」(無人コンビニ「11分便利店」の担当者)という特徴がある。

深圳はテンセント、通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)など民営のIT大手を送り出してきたが、現在もスタートアップ企業が続々と生まれている。米国も警戒する中国のイノベーションの力は共産党・政府の支援策ばかりでなく、こうした現場での取り組みが一翼を担っている。

文 アジアテック担当部長 山田周平
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年7月29日 06:43:59 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[2342] 報告
深りゆく中国!深刻さの度合いを深める中国経済、やはり・・・
.
ch 国際政経
2019/07/28 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=aj0X0jvSeQA

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国12掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国12掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国12掲示板  
次へ