★阿修羅♪ > カルト18 > 694.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ネトゲ・北海・米ソフラ作戦。戦争詐欺全てが鬼畜米英の仕業、北方・テポ・慰安婦像・南京全てである
http://www.asyura2.com/17/cult18/msg/694.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2017 年 12 月 30 日 18:10:50: 4sIKljvd9SgGs j6yR8pPginSR0pZdmF8
 

一言で言えばマッチポンプで、今年の漢字一文字なら全ては偽ユダヤに始まり偽ユダヤに終るという事で、日本での手先が明治背乗りに始まる背乗りと通名キムチという事である。
それと戦っているのが、プー習トラであり、ロシアで言えばオルガルヒという偽ロシア人を中国で言えば江派を米で言えばゴールドマンサックスを掃討中という事である。
陰謀論というレッテル詐欺もケネディ暗殺はオズワルドな訳ねーだろという声が高まった時にCIAが作った言葉だそうだが、このハゲー、陰謀論じゃなくて陰謀そのものやんけー、このプロレス野郎というのが偽ユダヤに対する世界の世論となってきたようである。
私が学会に、あれもこれもそれも全部偽ユダヤの法則を発表した時は、いやその背後の王族がとかベルギーの商人がとか突っ込まれると、背乗りシステムを知らなかったので劣勢に追い込まれる事があったが、泥棒というのは相手の財産だけでなく身分まで泥棒する訳で、これを解明するのは至難に思われたが、やはり血や育ちは争えないもので、連中も血統ロンダリングは下っぱだけで、ご丁寧に泥棒の血統を守り続けてくれたお陰で、案外、簡単に決着しそうである。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年12月31日 11:31:25 : 3yasgNtVEI : qXltMd2v0O0[92]
火事場泥棒実行犯ソ連のボスはアメリカ
野次馬 12月30日
 敗戦直後の北方四島占領作戦で、アメリカがソ連を完全バックアップして、訓練のみならず、実際の作戦にも艦艇10隻を提供し、協力していた、というんだが、孤立した日本がいいように食い物にされていたわけです。イケイケの軍人どもに振り回されて、政治も外交もマトモに機能しなかった。
 (1945年8、9月に行われた旧ソ連軍による北方四島占領作戦に、米国が艦船10隻を貸与していたことを、根室振興局が米国とロシアの専門家による研究成果などを突き合わせ、明らかにした。米国はソ連の対日参戦に備え、大量の艦船の提供だけでなく、ソ連兵の訓練も行っており、米国の強力な軍事援助が四島占領の背景にあったことが浮かび上がった。)

2. 全てはひとつ[515] kVOCxILNgtCCxoLC 2017年12月31日 16:34:35 : qwiRNrzhX6 : zi8JBoK2zUA[3]
少し前に気付いたが、宇の言う世界帝国世界覇権の時代から多極化の時代ってのは、間違いです。
投稿者さんの言う、中露印時代がそれを示しているように、元から多極化していただけでしょう。
陰謀も金融も戦力も技術力も宗教も能力も、それぞれの国がどれかを担当していただけです。
従って、アメリカは既に覇権国ではないのではなく、建前上覇権国から元々覇権国じゃないと、自国が
認めて他国も知らされている段階なのでしょう。
新しい時代に、仲間に入れない泥棒連中と、アメリカンプロレスラーのトランプも含んだ全世界人類と
との単純で分かり易い闘いになっただけです。
確かにもう、手垢のついた工作作戦宣伝で誰も騙されないので、決着は早いでしょう。


▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト18掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
カルト18掲示板  
次へ