★阿修羅♪ > カルト18 > 874.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
毎日・支持33不支持47、日テレ・支持30不支持53、ネトゲ・支持率の三割下駄、週朝・村上・退陣すべき。である。
http://www.asyura2.com/17/cult18/msg/874.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2018 年 3 月 18 日 18:40:18: /puxjEq49qRk6 g3yDWINnlcSJcI6ekeM
 

(回答先: ネトゲ・自民調査・自民25立憲22、アッキード・また行事参加、シャン・NHKが安倍を見限った。デモは大盛況である 投稿者 ポスト米英時代 日時 2018 年 3 月 18 日 06:26:20)

電通マンサックスの下駄も限界のようである。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年3月18日 19:31:54 : FRF9qiGtZo : gQJ9aZQjpOw[96]
米英先生に特別にスレを立てて戴き、ツイッターから紹介します。長いですが。

やのっち(。・ɜ・)d‏ @_yanocchi0519
https://twitter.com/_yanocchi0519/status/975267560319889408
【安倍晋三、加計考太郎、同じ血流による支配の終わり❗️】戦後のGHQ統治下で、ワシントンのディープ・ステートによって創られたのが、CIAエージェント・岸信介らの自民党。彼らは戦後日本の占領状態を維持するために、同じ血流の二世、三世を育成してきた。
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-5450.html?sp

https://twitter.com/_yanocchi0519/status/975268907794685952
続》「血流」による支配構造は欧州貴族と同様、日本も同じ。例えば、安倍晋三、加計考太郎、浜田マキ子。彼らは岸信介の孫と庶子である。森友・加計疑獄の深い闇に光を当てるためには「血流」を抜きにはできない。森友・加計疑獄の解明は、日本のディープ・ステートの漆黒の闇に光を当てることになる。

https://twitter.com/_yanocchi0519/status/975271901181362176
安倍晋三から森友公文書の改竄を指示された財務省理財局の職員2名の死は、自殺ということにされた。うちの一人、赤木俊夫氏の妻の消息が分からなくなっている。今もなお、彼女の安否を伝える情報が全く出て来ない。日本はナチス以上の恐ろしい国になってしまった。
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-5450.html?sp

https://twitter.com/_yanocchi0519/status/975272754369896448
続》国税庁長官の佐川宣寿が証人喚問に応じる意向を固めて麻生太郎に辞意を示した。見立てたとおり、彼は身の危険を感じて自分で決断したのだ。佐川の恐怖は証人喚問ではなく、安倍一派のヒットマンである。そして、自殺者2名、自殺未遂1名を出した財務省は、態度を変えて組織防衛に入った。

https://twitter.com/_yanocchi0519/status/975273760470196229
改竄前の決裁文書も公となった。8億円値引きの根拠も虚偽だったことが証明された。地中ごみの鑑定文書の問題の個所の全てが削除され、森友側との協議内容も削除されていたことも分かった。つまり、安倍晋三が言ってきたことの全てが「大嘘」だったことが決定づけられた。
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-5450.html?sp

●自民党はディープステートが日本支配を続けるためにCIAがつくらせた組織ですから、本気で批判すると暗殺されます。実はうちがそう。高校出て入った国鉄を解体した自民党とイルミナティ・ナカソネ。このままじゃ危ないと、うちはJRやめて外国に行きましたから。今だから書くけど、ある時、労組で内ゲバが起こり、何人か死んだと報道されたニュース。あれは黒社会を使って殺害したのです。


2. 2018年3月18日 19:40:46 : FRF9qiGtZo : gQJ9aZQjpOw[97]
続き
https://twitter.com/_yanocchi0519/status/975277090718171137
安倍昭恵が事実を述べていれば、死人は出なかった。そういった意味で、昭恵は恐ろしいほど凶悪な人間である。仲間を死に追いやり、これからも出てくるであろう官僚の不審死に、官僚たちは「昭恵は、極悪な精神異常者」と怒りを隠さなくなっている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180315-00000013-pseven-soci
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-5450.html?sp

https://twitter.com/_yanocchi0519/status/975278152850186240
続》安倍昭恵が逃げ回っている間に多くの人間が死に、さらに安倍晋三のバックの闇の勢力によって命を狙われている人々の危険が増大している。昭恵は決して精神異常などではない。安倍晋三の数倍も狡猾で計算高く、次々と犯罪を犯しても何の痛痒も感じない図太い人間である。

https://twitter.com/_yanocchi0519/status/975280914010746880
自殺した(ということにされてしまった)赤木俊夫氏は、「自分に全ての罪を追い被せようとしている」と複数ある遺書には、どのような経緯で、「トップから」森友公文書の改竄を命じられたかが記されているという。
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180315/soc1803150005-n1.html
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-5450.html?sp

https://twitter.com/_yanocchi0519/status/975281708823015424
続》赤木俊夫氏の遺書の所在が分からないことから、これを追及している野党議員は、「安倍晋三が雇ったヒットマンによる口封じ」ではないかと疑っている。赤木氏の抗議の遺書を読んだはずの赤木夫人を安倍晋三の背後にいる闇の勢力が殺害しようとしている可能性も考慮すべき。

https://twitter.com/_yanocchi0519/status/975284675382923265
1月29日に「自殺」したことになっている、30歳代の係長・青木隆氏は、公共財の債権管理に当たっていた男性で、「安倍首相や佐川局長の国会答弁を作成する仕事にあたっていた人間である」との証言がある。
全てが「安倍晋三」に繋がってくる。
http://tanakaryusaku.jp/2018/03/00017766
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-5450.html?sp

●ベンジャミン・フルフォードさんも暗殺の危険に晒されていますが、JRP Televisionで朝堂院大覚総裁が、「ベンジャミンは、わしが守る ! 」と断言されました。総裁と一緒に行動することで、安倍の魔の手から守られているのです。


3. あずみ[1] gqCCuILd 2018年3月18日 22:40:20 : SBpMmwpu5c : t4y4HLD1cLQ[2]
まろ様元気?

おととい東京へ電気グルーヴのライブに行ったら、石野卓球さんに仄かしされて、驚いたよ。
おかげで具合が悪くなって、途中で帰ったよ。
東京にまで工作員をつけるだなんて、酷いね。

ところで、安倍総理は辞めそうですが、最近ラプトさんがYouTubeで自民党が野党になれば大震災がおこると発表したよ。

今年の8月に日月神事の予言とおりに人工地震でもやる気かい?


電通なんかスポンサーの力でいくらでも出来るでしょ?
ハゲにハゲって言うのは失礼だよ。TOYOTAさん。

もう私達別れたんだから、集団ストーカーするのはやめてくれ。


▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト18掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
カルト18掲示板  
次へ