★阿修羅♪ > 原発・フッ素49 > 463.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「津波小さく」と東電がデータ改ざん依頼を証言! 
http://www.asyura2.com/17/genpatu49/msg/463.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 2 月 28 日 22:21:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「津波想定小さくできないかと東電が依頼」グループ会社社員
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180228/k10011346431000.html
※キャプチャー
 



「津波小さく」と東電がデータ改ざん依頼を証言!
http://85280384.at.webry.info/201802/article_316.html
2018/02/28 20:43 半歩前へ


▼「津波小さく」と東電がデータ改ざん依頼を証言!

 フクイチ(東電福島第一原発)の原発破裂の伴う放射能汚染は、私が繰り返し主張している通り「人災」である。

 東日本大震災が起きる前から、東電内外から再三、「このままでは大惨事が起きる恐れがある」との指摘があった。

 だが、当時の東電経営者どもは「無駄な経費は使えない」と安全対策を拒否し続けた。その結果が世界の暗黒史に名を残す、あの悲劇である。 (敬称略)

*********************

 東電の旧経営陣3人が原発事故をめぐって強制的に起訴された裁判で、グループ会社の社員が証人として呼ばれた。

社員は、事故の3年前に巨大な津波の想定をまとめた際、東電の担当者から「計算の条件を変えることで津波を小さくできないか」と依頼されたと証言。

東電の元会長の勝俣恒久、元副社長の武黒一郎、元副社長の武藤栄の3人は、原発事故をめぐって業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴された。

28日東京地方裁判所で東電のグループ会社の社員は、高さ15.7メートルの津波が押し寄せる可能性があるという想定を東電に報告していたことを証言した。

 その際、東電の担当者が「計算の条件を変えたり津波の動き方を変えたりすることで、津波を小さくできないか」と検討を依頼。

 これ対して社員は「専門家の学会で使われている手法なので条件は変えられない」と答えた。  (以上 NHK)


「津波想定小さくできないかと東電が依頼」グループ会社社員





























 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 茶色のうさぎ[-4228] koOQRoLMgqSCs4Ks 2018年3月01日 14:39:43 : RoZ7WsF8XA : m5vOaJ4YTH8[2]

>原発事故をめぐって業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴された。

 ↑ 計画的な犯行と思うけど? <死刑にしろー♪ぺっ

 なお、事故時、吉田と、

 配管破断の隠蔽と、4号機、プルト密造の隠蔽を指図したと思います。 <重要

 まぁ、今回は、津波対策ですね。 今後が楽しみだー♪wばか 死刑♪ うさぎ♂



[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数により全部処理

2. 2018年3月01日 17:41:04 : ARfuqYt8sU : VLs6J08JG30[12]
「津波想定小さくできないか」 強制起訴公判、東電が子会社依頼
2018年03月01日 08時45分  福島民友ニュース

 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された勝俣恒久元会長(77)ら旧経営陣3人の第4回公判は28日、東京地裁(永渕健一裁判長)で開かれ、福島第1原発に最大15.7メートルの津波が来る可能性があると事故前に計算した東電子会社の男性社員が証人として出廷した。男性は、東電が計算結果を受け「解析方法の変更で(津波高の)数値を小さくできないか」などと再計算を依頼していたことを明らかにした。

 男性は原子力施設の設計・調査などを行う子会社「東電設計」で、第1原発に関する津波試算の責任者を務めた。東電側は初公判で「計算結果はあくまで試算にすぎなかった」と主張したが、男性は2008(平成20)年3月に結果を東電側に報告した際、「(東電とのやりとりで)何らかの対策は必要との話題は出た」と証言した。

 検察官役の指定弁護士はこの計算結果が、東電が大津波を予測できた証拠の柱とみており、同社の計算結果の取り扱い方が注目されそうだ。

 男性によると、東電は07年7月の新潟県中越沖地震を受け、本県沖の津波の高さについて東電設計に計算を委託。同社が、津波地震に関する政府見解(長期評価)で採用された明治三陸沖地震(1896年)をモデルに計算すると、最大15.7メートルの津波が第1原発に来るとの結果が出た。

 結果を報告した男性は08年5月に東電から〈1〉数値が小さくなるよう摩擦係数などの条件を変更〈2〉沖合に防波堤を設置―した場合での再計算を依頼された。男性は「係数の変更は計算の前提が崩れる」として、明治三陸沖地震とは違う大地震をモデルに再計算。その結果も第1原発1〜4号機の敷地高(海抜10メートル)を超す大津波になったという。

 護岸を防潮壁で囲う想定では、被告の一人の武藤栄元副社長(67)が出席した08年6月の社内会議の資料と同じく、敷地への浸水を防ぐには10メートルの壁が必要との結果が出たとした。男性は「自分は津波の高さや広がりを計算したが、壁の厚さや実際に建設できるかどうかを考慮したものではなかった」と述べた。

 次回は4月10日午前10時から証人尋問を行う。

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180301-248243.php

勝俣恒久らは有罪判決が必至だ。


3. 2018年3月01日 19:40:59 : gDuJsjuxdc : b1x@ShChRGI[844]
■『「津波小さく」と東電がデータ改ざん依頼を証言!』

 盗電って会社の体質

 生きざまをまざまざと示す

 事例である!

 こんなのが我が日本の

 リーディングカンパニーだったの・・・?

 ふざけんな・・・!

 と言っておく!



▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素49掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素49掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素49掲示板  
次へ