★阿修羅♪ > 経世済民118 > 769.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
遠すぎた日経2万円&1ドル120円。「暴落注意デー」の2/13に備えよ=長谷川雅一(MONEY VOICE)
http://www.asyura2.com/17/hasan118/msg/769.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 07 日 15:34:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


遠すぎた日経2万円&1ドル120円。「暴落注意デー」の2/13に備えよ=長谷川雅一
http://www.mag2.com/p/money/32887
2017年2月7日 MONEY VOICE


僕は、日米首脳会談は日本にとって厳しいものとなり、円高・株安の流れが加速すると予想しています。今の状況では1ドル120円以上の円安も日経平均2万円も「ない」でしょう。(『長谷川雅一のハッピーライフマガジン』2017/2/6号より)

プロフィール:長谷川雅一(はせがわまさかず)
1959年、岐阜県生まれ。株式会社プレコオンライン(金融商品取引業)代表取締役社長。2000年より株式投資の研究を始め、日本で初めて「株の自動売買」という言葉を使った著書を出版。株式投資の世界では、「株の自動売買」ブームの火付け役として知られている。現在は、自動売買ソフトの開発、投資教室、メルマガの執筆など、多忙な日々を送っている。

1ドル120円の円安も日経平均2万円も「ない」厳しい冬が続く

■トランプは必ず日本の金融政策をやり玉に挙げる

2月10日に、日米首脳会談が行われます。これに先駆けて、トランプ大統領は、「日本は何年も円安誘導をやってきた」と日本を名指しで批判しました。

これに対して日本政府は、「そもそも為替介入はやっていない(身に覚えがない)。もしも金融政策のことを言っているのなら、各国の了承のもとにやっているし、円安誘導ではない」などと反論していますが、相手はトランプです。いくら正論を述べてもムダです。

来る10日の日米首脳会談で、トランプ大統領は、おそらく(ほぼ100%)日本の金融緩和を「円安誘導」と決めつけて厳しく批判し、「これはアンフェア(不公平)だ。やめろ」と言うに違いありません。

■トランプは一歩も引かない

今回、日本政府は、いろいろな「貢ぎ物」を持ってアメリカに赴くようです。不自然なまでにアメリカに対して低姿勢な日本政府は、トランプの「金融緩和=為替操作だ」とする批判に、どう対応するつもりでしょうか。

さすがに、「ごめんなさい。即刻、金融緩和はやめます」と言うこともできないでしょう。かといって、「これは為替操作ではありません。今後も続けます」と開き直ることもできそうにありません。

おそらくは、「金融緩和は続けさせていただきますが、代わりに『コレ』で何とかご勘弁を」と、用意した貢ぎ物で、お許しを請う形になるでしょう。

しかし、トランプ氏は、「ふむふむ。貢ぎ物はもらっておこう。しかし為替操作はまた別の話だ」と、納得しないに決まっています。

為替相場が円高方向に動くよう、日本が何か具体的な行動をとるまで、トランプは一歩も引かないでしょう。

安倍総理は「ゴルフ外交」で、トランプ大統領と仲良しになって、勘弁してもらおうとするのでしょうか?

これについても、彼は、「ゴルフはゴルフ。交渉は交渉」と線を引くでしょう。安倍総理がいくら、ごまをすりすり「よいしょ」してもムダです。

■2月13日(月)に暴落が起きる?

トランプ大統領のお許しが出ない限り、マーケットには、「日本の金融緩和は、今まで通り継続できないかもしれない」というムードが漂います。

また、そういった「ムード」がある限り、「ドル買いのポジションは、積極的には持てないよね」ということになり、円安が抑制され、為替相場は円高に進みやすくなります。

すでに、10日の首脳会談を控えた今(6日の時点で)、相場には円高圧力がかかっていますが、10日にトランプ氏がハッキリと日本の金融緩和を批判すれば、一気に円高が進む可能性があります。

その場合、週明けの2月13日(月)に、米ドル/円が1ドル=110円付近まで下落する(円高になる)可能性があります。そうなれば、日経平均も18,500円付近までは下落するでしょう。

もちろん、首脳会談がうまく行って、「安倍、トランプが微笑みながら握手」となれば、逆に、2月13日(月)は、円安、株高になるでしょうが、そうなる可能性は低いと見ています。

僕は、日米首脳会談は日本にとって厳しいものとなり、10日以降「円高・株安」の流れが加速するだろう、と予想しています。なぜなら「為替の円高誘導」こそが、首脳会談における、トランプ大統領の大きな目的であり、重要なテーマだからです。

■為替は1ドル=105円以下に向かっている

為替の水準について言えば、たびたび本メルマガで述べているように、110円は「通過点」であり、さらなる円高がありえると考えています。

前回も書いたように、アメリカが(トランプが)嬉しいのは「1ドル=105円以下」です。つまり「日本が困る為替水準」を、彼は望んでいるのです。

トランプ大統領は、とにかく「わかりやすい政策」を実行して、「わかりやすい結果」を示したい人です。

貿易赤字にしても、総合的に見たら、そもそも大した問題ではありません。しかし彼は、貿易赤字だけを、ことさらクローズアップして問題にしています。それは、「わかりやすい」からです。

為替も「わかりやすい」指標です。今、1ドル=何円か?誰でも知っています。

今後、為替相場が、1ドル=105円以下になれば、「私の交渉により、為替の水準が『正常化』された」と、トランプは成果を強調するでしょう。

トランプは何が何でも為替(米ドル/円)を、わかりやすい円高水準である、105円以下にしたいのです。

■トランプは本当に政策を実行に移せるか?

為替(米ドル/円)については楽観論もあります。

「トランプ大統領は『減税』と『公共投資』を行うと言っている。これにより、どうしても金利が上昇する。結果として、じりじりと円安が進み120円を超える。皮肉にもトランプの政策により、トランプ自身が望む円高にはならないだろう」という見方です。

これについては、「彼の政策が実行されれば」という仮定が付いています。トランプ政権は、表向きには大統領令の連発で「ハデ」なスタートを切っていますが、閣僚人事が進んでいないなど、政権運営は、かならずしもうまく行っていません。

「減税」の規模や内容も、「公共投資」の規模や内容も、いまだ「わからない」のが現実です。

昨年末の「トランプ相場」は、単なる「期待」で買われたに過ぎませんが、今も「期待しかない」という状況に変わりはないのです。

トランプが政策(公約)を実行に移せるか?勝負は「これから」という状況です。

■本当に国境に壁を作るのか?

トランプの政策について言えば、たとえば、メキシコとの国境に建設されるという「壁」についても、まるで幼児のような発想であり、一国が巨費を投じてやるべき政策であるとは思えません。

壁の建設が本当に「国家プロジェクト」として実行されるのか?僕は疑問視しています。

毎日新聞のサイトによれば、メキシコとアメリカの国境には、メキシコからアメリカに通じるトンネルがあるそうです。

そのトンネルは、不法移民をサポートする「業者」によって掘られたもので、その業者に通行料を払えば、簡単にアメリカに入国できてしまうとのこと。

トンネルの通行料は、トランプ政権になって150ドルから500ドルに「値上げ」されたそうです。不法移民サポート業者は、「国境の壁ができてもトンネルを掘るだけさ」と笑っているとか。

このように、効果のない「壁」に、これから何兆円もかけるのでしょうか?

トランプ氏の政策は、すべてがこの調子で、本当に彼の政策に意義があるのか、本当に実行に移されるのか、疑問です。

また、実行に移されれば、こんどはアメリカの財政赤字が問題になります。アメリカの財政赤字はリスクオフ要因ですから、結局、相場は「円高・株安」に動きやすくなります。

■7,000億円使った指値オペの円安効果はわずか60銭

2月3日、長期金利が上昇したことを受け、日銀が指値で無制限に国債を買う「指値オペ」を実施しました。これに投じられた費用は約7,000億円だったと、テレビ東京(WBS)が報じていました。

指値オペ前に、112.60円だった米ドル/円は、指値オペによって113.20円付近まで、60銭ほど上昇しました。しかし週末の米ドル/円の終値は112.60円付近に戻ってしまいました。

いったい、この指値オペに何の意味があったのでしょうか?日銀が、なんとかして円安に持って行こうとがんばっても、マーケットに「円高」の流れができてしまえば、もう、どうしようもないのです(日銀は、金利の操作であり為替の操作ではないと言うでしょうが、金利もまた戻るでしょう)。

7,000億円を投じても、一時的に60銭、円安方向に動かすのが「やっと」という現実。円高の流れを止めるのは容易ではありません。

■1ドル=120円を超える円安も日経平均の2万円も「ない」

現在、為替はまだ1ドル=113円付近にあります(※編注:本稿執筆時点)。やや円高とは言え、日本の輸出企業が「青くなる」水準ではありませんから、日経平均も19,000円付近で耐えています。

しかし、さらに円高が進み、トランプの思惑通り、1ドル=105円付近までくれば、日経平均も18,000円付近までの下落は避けられないでしょう。いったん相場が大きく売りに傾けば、政府の買い支えも効かなくなります。

僕は、状況に何か大きな変化がない限り、今年の為替相場で1ドル=120円以上の円安は「ない」と予想しています。また、前々号で述べた通り、日経平均の2万円も「ない」でしょう。

■吹き止まぬ「アメリカファースト」という嵐

トランプ大統領就任直後、僕は本メルマガに、「これからはアメリカが株高になっても、日本株は上がらない可能性がある」と書きました。

今日(6日)の相場が、まさにそのパターン。アメリカが186ドル高だったのに、日本株はわずか58円高にとどまりました。

僕はまた、「安倍政権を壊すのは、民進党ではなくトランプかもしれない」とも書きました。

10日の日米首脳会談の結果しだいでは、この日を起点に「安倍政権の崩壊」が始まる可能性があります。今後、安倍政権が揺らげば、これまた「リスクオフ(円高・株安)」要因となります。

春の訪れが待ち遠しい今日この頃ですが、トランプ大統領の「アメリカファースト」という嵐が吹き止まぬ今、相場の世界では、まだまだ「厳しい冬」が続きそうです。

【関連】なぜ個人FXトレーダーは「爆上げトランプ相場」に乗り遅れたのか?

【関連】数十万円の「格安リゾートマンション」を絶対に買ってはいけない理由=姫野秀喜


長谷川雅一のハッピーライフマガジン』2017/2/6号より一部抜粋
※記事タイトル・太字はMONEY VOICE編集部による



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. スポンのポン[5683] g1iDfIOTgsyDfIOT 2017年2月07日 20:46:39 : ub3Hx2T5Ns : HiNKVHdYRfQ[336]
 
 
>「安倍政権を壊すのは、民進党ではなくトランプかもしれない」

■悪政の天下は続かず!

 黒船が来なければ徳川の天下が続いていたであろうに。
 
 


2. 2017年2月07日 21:31:52 : D6krU6Bl66 : m9omeSIdamU[6]
安倍政権を壊すのは習近平じゃないか。今やアメリカが世界の中心じゃないのだよ。

3. 2017年2月09日 03:46:07 : FyrKyMB9lk : vt0vtX5u9cc[23]
これまでの、ブレグジット・米大統領選においては、結局アク抜けとなり、イベント通過後株価が上昇している。
今回も同様になると考えます。

それから、日経2万円超えについては、米レパトリ減税が実現すれば、一時的にドル高となり、軽く2万円を超えると考えます。


4. 2017年2月09日 06:51:43 : EGxB2LrF1s : RQm5FvLl22k[49]
機密費寿司食いね〜マスゴミ報道予測、トランプ大統領とゴルフを通じて信頼を深め日米同盟のさらなる強化になった訪米でした
また米国経済問題では米国雇用に協力する姿勢をトランプ大統領は大いに歓迎した様子でした

実りある訪米だったのではないでしょうか。

by寿司食った食ったゴミ報道


5. 2017年2月09日 21:22:37 : W6Ovr0MsRE : Uj2p1Kn3EMI[1]
「株価は、恒久的に高い高原のようなものに到達した」
かの有名な経済学者の名言である。
その後何が起こったかは言うまでもない。

6. 2017年2月10日 19:45:49 : 3VgSfWN4Ms : x52FwdRvjNg[8]
かの有名な経済学者って誰のこと?
経済学者って皆駄目なんですがね。

7. 2017年2月10日 22:40:06 : KWfyBzJzWY : 0tvumUqKplA[10]
>>3.
日経2万円超えについては、米レパトリ減税が実現すれば、一時的にドル高となり、軽く2万円を超えると考えます。

米レパトリ減税が実現すれば」

トランプのマイナスノイズはある程度織り込み済み、
問題はアベノミクスだ、
アベノミクスに邪魔され為替と相場だから、
アベノミクスの解消となれば、、長期のドル高で、2万5千は軽い。



8. 2017年2月11日 01:42:34 : HDsOS1WldI : 6@Yox123pV8[19]
トランプ大統領のお許しが出ない限り、マーケットには、「日本の金融緩和は、今まで通り継続できないかもしれない」というムードが漂います。

米国債買ってもいいが、国民に袋叩きにされる。

それならこうゆうことにしよう。

直ぐヤメロというから、

すぐ辞めたら「ハイパーインフレの到来」となるし、

資金繰りが困るからいま辞めるわけにはいかない。

そう言わせて、


それなら、と、俺が、、特別使わしてやるから、米国債を買え!

これならどうだ?


こんな幼稚な芝居受けますかな?

まずはゴルフをやって見せようじゃないか。
ダメで元々だ。



9. 2017年2月11日 02:07:23 : tuCcqdWRn6 : ztaSHAoAy1A[5]
8.
すぐ辞めたら「ハイパーインフレの到来」となるし、

http://www.asyura2.com/17/hasan118/msg/789.html
止めても資金繰りこまんないよ、
ハイパーインフレにもなりません。
でも、直ぐヤメロとは、
あまりにも余裕がないんじゃない。
裏が見えちゃうよ。


10. 2017年2月11日 12:31:15 : UbPdD7IlI2 : YrxsgFg_UPA[1]
トランプ大統領が米国債を踏み倒せば長年米国を支配してきた連邦準備銀行は崩壊する。
そして金保有量が僅かで米国債しか裏付けのない日本円は暴落しハイパーインフレは起こりうる。
同時にアメリカは新たに金本位制を採用して復活するだろう。

11. 2017年2月12日 18:27:21 : 4K5V6N8xGw : pvRopVzrnCY[29]
長年米国を支配してきた連邦準備銀行は崩壊する

それはありえない、
トランプを擁立したのはFRB「連邦準備銀行」の奥。


12. 2017年2月12日 21:20:01 : XPXijYOQns : DXsWTfve26U[6]
トランプも安部も同じ勢力が作った。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民118掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民118掲示板  
次へ