★阿修羅♪ > 経世済民121 > 897.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本:完全雇用の隠された面(RFI)
http://www.asyura2.com/17/hasan121/msg/897.html
投稿者 無段活用 日時 2017 年 6 月 05 日 06:32:10: 2iUYbJALJ4TtU lrOSaYqIl3A
 



(La face cachée du plein emploi japonais: RFI)
http://www.rfi.fr/emission/20170531-face-cachee-plein-emploi-japonais


今日の経済


RSS Itunes Deezer


日本:完全雇用の隠された面


記者 ドミニク・バヤール


放送:2017年5月31日



アベノミクスは成長を刺激したが、日本がデフレの脅威から抜け出ることはなかった。
REUTERS/Thomas Peter



日本は失業率2.8%とほぼ完全雇用の状態だ。ただ、この特別な景気が雇用主にとってまさに頭痛の種だ。


埋まらない求人の数が先月頂点に達した。148件の求人数に対して求職数が100件しかない。さらに、求人と求職が相変わらずマッチしていない。不足は建築と医療の分野で明らかだ。人材不足のために企業は一部サービスの停止を強いられるか、労働時間を制限しなければならない。

日本には経済が活況だった1970〜80年代と同様の好景気が既に認められる。しかし、今日の状況は当時と確かに違う。アベノミクスは成長を刺激したが、日本がデフレの脅威から抜け出ることはなかった。物価の全般的な低下のために消費が麻痺している。


この完全雇用という危機は人口動態からどのように説明されるか?


確かに出生率の低下は先ず労働市場に大いにマイナスの影響をもたらしている。人口は今や後退しており、この傾向は強まっていく。生産年齢人口は低下する一方だが、日本国民はこの危機を解決するために移民に頼ることをいまなお拒否している。

安倍晋三首相は隠居世代に再び職に就くよう促した。また、結婚後は家に留まる傾向にある女性にもだ。このため今日、働く日本人はどんどん増えている。


非正規労働者の急増は完全雇用の代償か?


実際には家庭の主婦が仕事を再開するようになり、年金世代も同様に軽い仕事に戻っている。ただ、その多くはパートタイム労働だ。なぜなら、彼らは自由な時間を子供や孫のために取っておきたい。なぜなら、フルタイムの職に就くには彼らは年を取りすぎているし、既に収入を得ているので給与の水準についてあまり多くを求めていない。

こうして、失業の消滅と就業人口の増加が都合良く同時に発生したが、雇用状況の悪化も同様に発生した。さらに、給与もごく僅かしか増加せず中央銀行はこれに大きく失望した。消費を促すために地を這うような金利水準を続けたが、その政策が無駄になったことがここに示された。というのも、昨年は家計の購買力が低迷を続け家計収入も低下したのだ。


日本の雇用主たちはなぜ給与を上げないのか?


実際には雇用市場が2重構造となった。一方で、稀少な人材を探すためにさらにお金を使わなくても、低コストで利用可能な人材の新しいプールが雇用主の必要とする一部分を満たせるようになった。もう一方で、有利な諸条件を伴う終身雇用が日本企業の生産性を削いでおり、そのため、昇給を可能にするための利鞘が削られている。

この制度は日本型モデルの一部を成しているが、問題の一部でもある。終身雇用の対価として、圧縮された給与・割高な製品・家計の購買力にとって有害な諸規定が存在するのだ。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年6月05日 11:50:18 : sXxBFDoOwQ : sOECURrn4oo[34]
>有利な諸条件を伴う終身雇用が日本企業の生産性を削いでおり、

生産性を削いでいるのでなく、人材の有効な活用ができず、いたずらに他を後追いする低生産性の低い仕事を続けているからだ。経営陣が大きく姿勢を変えなければいけないだけ。


2. 2017年6月05日 12:42:42 : Aq7FRm7SXc : 6l4hCxMsuTk[46]
今の米国経済と日本経済は具材がびっしり詰まった弁当箱のようなものだろう。生産性を上げるために具材を動かすことは思った以上にコストがかかる。完全雇用を達成したら、完全雇用が新たな課題を生み出したことになる。

ぜいたくな悩みはいつまでも続かない、金融システムに内在する要因で需要不足がおこり、自然に解消する。どんなに中央銀行が努力しても、理論通りに経済は進行する。民間の債務問題をすべて国家の債務に丸投げして、金融危機を起こさない日本型デフレを目指すのか。古典的な恐慌を受け入れるのか。

米国と中国の大規模な金融緩和の後で、どのようにして世界経済が奈落の底に突き落とされるのかを説明しよう。この過程の説明はバブルの生成と崩壊の中心理論だ。

結論を先に言うと、一つの原因は企業部門で起こり、企業の過去の借金の借り換えという行為が大規模な金融緩和の後に需要が増えて行かない最大の理由だ。また個人部門では借金の長期の返済によって個人の購買力が長い期間、減少することも大きな要因だ。この二つの原因により、需要は長期にわたって低迷する。まず、企業部門で起こる借り換えの弊害を分析してみよう。
Posted by 星野 at 2017年05月30日 09:52
企業が借り換えでない新規の借り入れにより調達した資金は自社の増産のために積極的に使われて、支出に見合った財やサービスの需要を増やすとともに、企業の支出した通貨は市場に流れ、乗数効果によって、さらに経済全体の需要を増やす。大規模な金融緩和の時期はこのような行動をとる企業が爆発的に増える。

好調な経済とともに企業の債務は膨らむ一方で、ほとんどの企業は膨らんだ債務を返済できるほどの収益は達成できていないが、企業は期限を区切って借り入れしているので、企業部門での債務の借り換えは必然的に起こる。

ここで一つの疑問がわいてくる。金融緩和が終了した後で、借り換えがスムーズにいくのだろうかという疑問だ。企業に盛んに資金を提供してきた貸し手は企業からの返済がないと、新たに企業に貸し付ける必要な資金を調達できないのだ。こうなると、借り換えが必要な企業も容易に借り換えができなくなる。やっと借り換えができても、しょせん借り換えは借り換えである。企業の借金は減らず、使える資金も入ってこない。もはや、企業は増産に回す新たな資金を得られるどころか、過去の借金の返済が重くのしかかってくる。こうなると、経済全体の需要は増加しないどころか減少してしまうことが理解できるであろう。実質金利が高止まりすることになれば、もはや株式市場の暴落だけにとどまらない。
Posted by 星野 at 2017年05月30日 09:52
個人部門の膨らんだ債務はどうなるだろうか。大規模な金融緩和とともに個人の借金が急激に膨らむときは、直ちに個人が借り入れた通貨は市場に流れて、乗数効果によって、さらに経済全体の需要を増やす。

金融緩和の終了によって、企業が容易に借金ができなくなるころには、長期の返済計画をもって借金する個人も激減し、個人の新たな借金が経済全体の需要を増やす効果は消滅する。生産性を伴わない個人の借金は手持ちの資産が値上がりしなかったなら、単にその人の人生の消費の前倒しの意味しかならないことになってしまう。不動産デフレが起これば、個人消費は信じられないほど長期にわたって低迷するだろう。

以上のように金融の仕組みに内在する要因によって、経済全体が暗くなってしまえば、資産デフレが起こらないわけにはいかないことも理解できるだろう。こうして資産デフレが先導するデフレになることは約束されている。

足りなくなる需要を必死に支え民間の借金返済に貢献する主体は財政支出しかない。財政支出がないとしたら、経済は需要減によるデフレと信用危機が共存する大不況に簡単に陥る。民間の借金返済に貢献するために国家の債務が膨らんでゆくことは、最終最大バブルが国債になることを意味している。


3. 2017年6月05日 18:00:10 : ePHlrbibUL : V4bJqYLrL8o[4]
>求人と求職が相変わらずマッチしていない。

明治維新以来求人と求職がマッチした事など一度もなかったはずだが。
全て企業が人を集め、企業が人を訓練して使役して来た。
学校は職業訓練の場ではなかったし、今もそうではない。

それを今になって求人と求職がマッチしていないなどと、何を寝ぼけた事を言っているのか。明らかに人を雇う気がないだろう。あるいは運が良ければ経験者を安値でゲットできるくらいの意欲しか感じられない。

日本は既得権に胡坐をかいたやる気のないゾンビ組織を一掃しないと、滅ぶのは免れ得ないのではないか。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民121掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民121掲示板  
次へ