★阿修羅♪ > 経世済民123 > 181.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
起業家が陥る8つの失敗 手遅れになる前に学ぶべき教訓とは(Forbes JAPAN)
http://www.asyura2.com/17/hasan123/msg/181.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 8 月 13 日 19:19:40: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

起業家が陥る8つの失敗 手遅れになる前に学ぶべき教訓とは
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170813-00017295-forbes-bus_all
Forbes JAPAN 8/13(日) 18:00配信


失敗から学ぶのは素晴らしいことだが、他人の失敗から学べればなお良い。起業家にとっては、特にそうだ。ストレスもなく成功し、聡明な起業家でさえ犯してしまうような手痛い間違いを避けられれば、どんなに良いことだろう?

私も自分の漫画シリーズを成功させるまでには苦労したが、厳しい教訓を得ることができて幸運だったと感じている。一方で多くの起業家は、以下の8つの教訓を学ぶころにはもう手遅れ、という状況に陥ってしまう。これらを今から学んでおけば、時間を大幅に節約できるだろう。

1. 事業計画を「聖典」としない

ビジネスはスカイダイビングのようなものだ。安全に着地するには準備が重要だが、難しいのは飛び降りること。一度飛び出せば、勢いに身を任せられる。事業計画は重要だが、それに固執してはいけない。

イーロン・マスク、ジェフ・ベゾス、マーク・ザッカーバーグは全員、その場その場の判断で事業を進めてきた。不確実でも一歩踏み出し、不安定さを受け入れ、前進しながら学んでいこう。

2. ネットワーク作りのイベント参加を減らす

時間は世界で最も貴重なリソースだ。多くのイベントに参加すれば「忙しい」とは感じても、生産性は高まらない。商品やサービスの改善に取り組み、現在の顧客から話を聞く方が、成功により大きな影響を与えられる。

3. 標的を絞る

全員を満足させることはできない。少なくとも駆け出しのころは無理だ。今では「何でも屋」になったアマゾンも起業当初は書籍が中心だったように、小さく始めてから最終的に拡大を図る方が賢明だ。あなたの事業を気に入ってくれた少数の人々に焦点を当て、商品の改善を続ければ良い。

クレジットスコア(クレジットカード使用歴などを元に計算される信用偏差値)改善サービスを提供する米企業、クレジットリペアの起業に成功したスコット・スミスはこう語る。「私たちは、非常に的を絞った隙間市場向け金融サービスを提供した。このグループのみに焦点を当てることで、事業は成功した。万人受けを目指していれば、ここまで成功できなかったかもしれない」と述べている。

--{自尊心を手放す}--

4. 自尊心を手放し、人を頼る

自分は何でもできると思っている人はあまりにも多い。素晴らしい製品が作れる人が、その製品のマーケティングやPR管理、サプライチェーンの最適化もできるとは限らない。アイデアを成功に変えるには他者の支援が必要だ。

理解できないことを自力で学ぼうとせず、質問し、話を聞き、仕事を振り分けること。他者のアイデアや専門性を活用すれば、より速く前進できる。

5. 休暇を取る

起業家としての成功は血と汗と涙の結晶だ(血は流さない方がいいと思うが)。だがそれでも最終的には、自分の時間も必要だ。休暇を取って家族や友人と過ごすことには何も問題はないし、その方が良い。仕事から離れて大切な人と過ごす時間ほど、英気を養うのに効果的な方法はなかなかない。

6. 回り道を受け入れる

成功する起業家は、目的を柔軟に捉え、攻略できそうな隙間を探し、見つけたらそこに入り込む。ツイッターも実は「オデオ」と呼ばれるポッドキャスト作成・共有サイトから始まった。成功までの過程では、都合が悪く予想外な回り道に直面することが多いが、その道を進むことを恐れてはいけない。

7. 即座に行動する

自分のやり方を改善できると思ったら、それまでのやり方を続ける理由はない。待てば待つほど、競争に乗り遅れてしまう。だが新しい手法を即座に導入すれば、必要な競争力が得られる。

フィットネス指導者向けにビジネス支援サービスを提供する企業、ウェルシー・コーチ・アカデミー(Wealthy Coach Academy)を起業したスターリン・グリフィンはこう語っている。「多くの人は、結果が出るまで時間がかかると考えているが、それは違う。人は行動を起こすまでに不必要な時間をかけているだけで、今すぐ行動すれば結果は即座に出る」

8. 挑戦過程に喜びを見出す

「〇〇を達成すれば成功して幸せになれる」と考えるのは簡単だが、自分の幸福度が目的地によって左右されるようでは、幸せになること自体が難しいだろう。目標達成の計画は時間とともに変わるものだし、ひいては目標自体も変わるかもしれない。

目的地からの距離で幸福度を決定してはいけない。発見と努力の過程を楽しめば、自分のしていることに対してはるかに大きな満足感を得られる。

Jon Youshaei
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民123掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民123掲示板  
次へ