★阿修羅♪ > 経世済民123 > 231.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「年金75歳受給」導入なら生活保護を受給する世帯が増加か(週刊ポスト)
http://www.asyura2.com/17/hasan123/msg/231.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 8 月 17 日 16:15:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

           介護が必要となったとき、家計は危機に晒される(イメージ)


「年金75歳受給」導入なら生活保護を受給する世帯が増加か
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170817-00000002-moneypost-bus_all
週刊ポスト2017年8月18・25日号


 政府が目論む「75歳年金受給開始」導入。そうなれば、定年の65歳から75歳までの10年間は収入がなくなることになる。介護が必要となった場合、家計は危機に晒される。淑徳大学教授の結城康博氏が危惧するのは、被介護者に「基礎疾患」があるケースだ。

「痰の吸引やインスリン注射などの医療行為が必要な場合はヘルパーが対応できず、看護師を呼ぶケースが多い。看護師はヘルパーと比べて1時間あたり約6000円も費用が多くかかり、介護保険で賄える金額をオーバーすることがある」

 自宅の老朽化などで大掛かりなリフォームをする場合も費用がかさむ。

「在宅介護のために住宅をリフォームする場合、家中すべてをバリアフリーにして玄関にリフトなどを設置すると、数百万円かかることもある。それでも妻を思う夫が大枚をはたき、結果的に家計が苦しくなることもある」(介護・暮らしジャーナリストの太田差惠子氏)

 頼みの綱である介護保険の認定を得られないケースも想定できる。

「自治体によって介護認定の基準はまちまちで、場合によっては認定が取れない『非該当』になることもある。たとえば体に不自由があるのに認定調査員の前で元気に振るまってしまい、非該当になり、介護保険が使えず、自腹負担になったケースもある」(同前)

 だが国は、苦しむ人々をさらに叩こうとする。

「国は介護保険の国民負担を増やす一方で、提供する公的サービスを縮小する方向です。今後、介護保険料が上がることも確実。年金の75歳受給が導入されて、無年金、無収入の時期に家族が要介護になれば、生活破綻の可能性が高まります。介護保険の1割負担すら払えず、生活保護を受給する世帯が増加する可能性があります」(介護に詳しいファイナンシャル・プランナーの新美昌也氏)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年8月17日 16:34:55 : jXbiWWJBCA : zikAgAsyVVk[667]

今後、年金75歳受給にしようが、しまいが、生活保護受給世帯は増加し続ける。

ただし生活保護受給には預貯金条件があり、心理的コストもかかる。

そして今後、よほどAIやロボット化が進展しない限り、労働需要は増大するので、

高齢者の雇用も促進されることになる。

つまり、高齢者への負担強化を前倒しすることで、

トータルでの財政コストは年金受給を遅らせた方が改善するし、

生産も刺激されるので、インフレ率も抑制され(デフレ脱却速度は遅くなり)、将来世代の負担抑制にもなる。


2. 2017年8月17日 18:08:58 : 0BBt7AE74k : JogXtNLBrxQ[10]
悪魔カルトの皇政官財が保身のためのばら撒き外交を止め、日本国内は悪魔カルト
宗教団体に課税すればよい。企業にも多数いるだろうが他人を真似て改竄し悪用す
る悪魔カルトの金融詐欺システムを無くせばよいだけの話。
穴の開いたバケツの中身を議論させられていることに気づかないといけない。
国会議員なんて年俸300万の価値も無いんじゃないか?経費をいくら垂れ流した
ところで偽装民主主義じゃ何も結果は出ないだろうから。
奴隷労働で儲けてもいいが奴隷を満足させる知恵も無いんだよ。日本支配層は。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民123掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民123掲示板  
次へ