★阿修羅♪ > 経世済民123 > 240.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「中国政府は不公平だ」と海外の自動車メーカーは文句を言うが…―英紙
http://www.asyura2.com/17/hasan123/msg/240.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 8 月 17 日 23:45:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

14日、環球時報は、「文句を言いながらも、外国の自動車企業は中国で大きな利潤を獲得し続けている」とする、英メディアのコラムを紹介した。写真は北京。


「中国政府は不公平だ」と海外の自動車メーカーは文句を言うが…―英紙
http://www.recordchina.co.jp/b171433-s0-c20.html
2017年8月16日(水) 23時0分


2017年8月14日、環球時報は、「文句を言いながらも、外国の自動車企業は中国で大きな利潤を獲得し続けている」とする、英メディアのコラムを紹介した。

英紙フィナンシャル・タイムズは13日に掲載したコラムで、「貿易障壁や中国政府が出す新たな監督管理措置も、外国の自動車メーカーが中国市場で大儲けを止める理由にはならない。彼らは不平等な扱いを受けていると文句を言いながらも稼ぎ続けているのだ。最近の分析では、多くの大手メーカーが少なくとも4分の1の利益を中国から得ていることが明らかになった。中国での利益が半分を超えている企業さえある」とした。

各国メーカーは、中国政府が輸入車に対して課している最大25%の関税を逃れるべく、中国に法人を設置して現地生産を進めている。中国での法人設立は現地企業との合弁形態が必須となっており、その利益は出資比率に応じて現地企業と分け合わざるを得ない。しかし、各メーカーは特許権、合弁企業への部品販売などの分野で大きな利益を得ているという。業界関係者からは「クルマを売るよりも自動車を売った方が利益率が高い」との分析が出ているようだ。

ドイツや米国の政府は外国メーカーへの規制緩和に向けて中国政府に圧力をかけているが、メーカー自身は「事を荒立てないで欲しい」と考えているという。記事は「EU商会の調査では、52%の企業が『中国自動車メーカーは外国のライバルよりも優遇を受けている』と回答している。文句はあるが、それも大きな利益によって帳消しになっている。業界関係者は、中国市場に留まるには政府の友だちでいることがとても重要だと語っている」と伝えた。(翻訳・編集/川尻)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年8月20日 10:29:29 : nCB5BtahRA : nmmh8zhEt1E[281]
西欧の自動車メーカーにとって、中国大陸市場は「ドル箱」ならぬ「ユーロ箱」なんですよ。文句を言っても、ここから撤退したら企業存続に関わるので、絶対に出て行かない。

このようになったのは、1970年代末期の日本製工業製品(特に自動車)の、西欧に対する集中豪雨的輸出が原因の一つですね。日本製自動車の輸出急増で、西欧の自動車メーカーは経営不振に陥った。彼らは政府を動かし、日本製自動車の輸入制限を実現させたが、自らも生き残りをかけて新規市場の開拓を行なった。それで目をつけたのが、「改革・開放経済」を開始した中国大陸であった。

中国大陸に進出するにはまず国交だが、中国大陸を統治する中華人民共和国政府は、「ひとつの中国原則」を条件にしている。すなわち、中国における唯一の合法政権は中華人民共和国政府であり、台湾を統治する中華民国中央政府ではないと言うこと。このことから、西欧諸国で中華民国中央政府と国交を結んでいるのは、バチカン市国だけである。

中国大陸では人権を制限しているが、それでも西欧諸国は問題視しないのは、もしこの問題を持ち出そうものなら、中華人民共和国政府から「内政干渉」と言われかねないからで、ただちに国交問題に発展する。西欧諸国の経済界は、中国大陸から追い出されたら死活問題なので、自分の国の政府に圧力をかけている。だから、西欧諸国は何も言わないのである。

中国大陸市場に力を入れるのはドイツの自動車メーカーのイメージが強いが、フランスのシトロエンも中国大陸専用車種を開発して投入している。

Citroen C6 2017 commercial 1 (china)
https://www.youtube.com/watch?v=IEdgO0Fwjek

●昔からのシトロエンマニアに言わせると、全然シトロエンらしいデザインではないが、中国大陸市場の嗜好に合わせて開発された車種なのだそうだ。

Citroen Timeless innovation commercial (china)
https://www.youtube.com/watch?v=d1poqYPRcFs

●上海を舞台に、歴代のシトロエン各車が登場する、中国大陸向けコマーシャルです。

history of CITROEN croisiere jaune www.passion-citroen.com
https://www.youtube.com/watch?v=tU2MTg3cJZ0

●シトロエンは1931年、ベイルートから北京に向けてユーラシア探検旅行を行なった。それは「黄色い巡洋艦隊」と呼ばれた。彼らは、昔から中国大陸と縁があることを、この歴史上の大イベントを根拠に主張しています。

この探検旅行は、直前になってソ連政府が自国領通過禁止を言ってきたので、標高7,000メートルのパミール高原越えを余儀なくされました。

Citroen DS-23 on Rally "Peking to Paris 2013" part 1
https://www.youtube.com/watch?v=8WL-aBkrq-o

●2013年に開催された北京〜パリ・ラリーの参加車です。1974年のUDTワールドカップラリー参加時の塗装ですが、現在はオーストラリアの愛好家が所有しています。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民123掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民123掲示板  
次へ