★阿修羅♪ > 経世済民123 > 888.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<アップル>“成長神話”の復活なるか「二つのiPhone」の賭け(週刊ダイヤモンド)
http://www.asyura2.com/17/hasan123/msg/888.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 10 月 07 日 19:06:10: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

【アップル】“成長神話”の復活なるか「二つのiPhone」の賭け
http://diamond.jp/articles/-/144654
2017.10.6 週刊ダイヤモンド編集部 


iPhoneを世に送り出してから10年。売り上げの約6割をiPhoneに依存するアップルは、2種類の新機種を同時に発表するという異例の手段で、成長神話の復活をもくろんでいる。(「週刊ダイヤモンド」編集部 大矢博之)

 年に1度の“お祭り”としては、寂しい光景だった。9月22日、米アップルのスマートフォン最新機種、iPhone8の発売日。通信大手3社は恒例のセレモニーで発売を盛り上げようと努めたが、店外に例年のような長蛇の列はなかった。

 世界でも類を見ない「iPhone好き」の日本ですらこのありさまなのだから、世界各地でも8の初速は低調。中国のあるアップルストアでは行列がたった2人だったことが報じられ、「恥ずかしい」との声まで上がっている。

 ただ、出足が低調なのも当然だろう。なぜなら、8は現行のiPhone7の改良版。有機ELを採用した全画面ディスプレーや、顔認証によるロック解除などの新機能は、11月発売のiPhoneX(テン)に搭載されるからだ。

「予約の半分以上はXになるだろうと予測しており、案の定その通りになりそうだ」とKDDIの田中孝司社長が語るように、8は発売時点で既に“旧機種”のような存在。新し物好きのユーザーは皆、Xを待っている状態なのだ。

 約7900億ドル(約88兆円)と世界最大の時価総額を誇るアップルは、2007年のiPhone発売でスマートフォンという新たな製品分野を開拓。以降、iPhoneの世界的なヒットの波に乗って躍進を遂げ、“成長神話”を紡ぎ続けてきた。

 その成長神話に陰りが見えたのが、16年度の決算だった(図(1))。売上高は2156億ドル(約24兆円)と前年度から約8%ダウン。売上高の約63%(1367億ドル、約15兆円)を稼ぐiPhoneの販売台数の伸びが鈍化したため、15年ぶりに減収減益となったのだ。



 今や世界で毎年2億台以上売れるiPhoneへの依存度の高さは、アップルの季節別の売上高にもゆがみを生み出した。

 9月下旬に新機種が発売されることが恒例となっているiPhoneは、クリスマス商戦を含む第1四半期(10〜12月期)に最も売れる(図(2))。その後、販売台数が減少していき、新機種の発表が迫り買い控えが起きる第3四半期に最も落ち込むのだ。

 アップルにとって、第1四半期の3カ月こそが、年間売上高の約3分の1を稼ぐ最大の書き入れ時。この3カ月の売り上げが年間業績の命運を握るのだ。

 しかし、一部の時期に売り上げが集中することは、デメリットも大きい。部品調達や輸送などのコストが膨れ上がるからだ。

 年間を通してiPhoneを売り続けたい。アップルとしては当然、そう考えるはずだが、苦い失敗がある。16年3月に投入した廉価版のiPhoneSEである。

 15年9月に発売したiPhone6sの販売不振を受けて急きょ投入したような形になったが、販売台数の減少を食い止められないどころか、iPhoneの平均販売単価の下落を引き起こした。

 アップルの高収益体質を支えているのが、強気な価格設定だったのだが、廉価版を投入したことで16年度第3四半期の平均単価は600ドルを割り込む事態になり(図(3))、15年ぶりの減収減益を引き起こす一因となっている。

 こうした視点から見ると、ティム・クックCEO(最高経営責任者)が今回、8とXを同時発表した意図が伝わってくる。

 まず最大の稼ぎ時のど真ん中でXを投入し、8とXの“2段ロケット”効果での売り上げ増を狙う。そして、最安でも999ドル(約11万円)というXを敬遠する人には、廉価版や旧機種ではなく、8を代替案として選んでもらうことで端末価格の下落を抑え込む。

 発売10年の節目で初めて仕掛けた「二つのiPhone」というクックCEOの“賭け”の裏には、そんな狙いが透けて見える。

 「二つのiPhone」戦略で成長神話復活をもくろむアップルにとって、アキレスけんになりそうなのが、成長市場と見込んでいた中国で苦戦が続いていることだ。

中国市場で苦戦
頼みの綱は買い替え需要


 中国での大ブレークのきっかけとなったのは、14年9月に投入したiPhone6である。大画面化の波に乗り、15年度の中華圏(台湾を含む)での売上高は前年度からほぼ倍増の587億ドル。地域別売上高で欧州を抜き、米国に次ぐ第2の市場へと浮上した。

 ところがその反動か、16年度第2四半期以降は6四半期連続で減収が続いている(図(4))。

 アップルが伸び悩む中で、存在感を増しているのが地場メーカーである。米調査会社IDCによれば、16年の中国市場ではOPPO、ファーウェイ、vivoと中国勢がトップ3を占め、4位に沈んだアップルは1年で23.2%も出荷台数を落とし、シェアは10%を割り込んだ。

 アップルの頼みの綱は、大ブレークした6の買い替え需要だ。高級志向で新し物好きの中国人ユーザーの流出を「二つのiPhone」で食い止めることができるか。11月のXの発売時に、クックCEOの賭けの成否が分かるだろう。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年10月07日 20:56:37 : SqLe6kFooX : IPvoarX9W4k[165]
 
 アップルの時価総額は 約100兆円やで〜〜〜

 こりゃ〜〜 どう考えても おかしいで〜〜〜〜

 ===

 以前 愛は 2015年が アップルの頂点だろうと予想していたのだが

 見事に外れた それは サムスンのチョンボも 大いに影響してるのだが〜〜

 ===

 アップルとしても 何かやらないと 株価は 急降下してしまう 

 ===

 有り余る金で どデカい商品を開発するとしたら EVしかないよね〜〜〜
 
 ===

 今は AIスピーカーが 売れている様で アップルも AIスピーカーを

 スマホに入れてくる(すでに入ってるシリの高機能化)のかな〜〜
 


2. 2017年10月07日 23:17:53 : jIl0lbCP2M : eZ86r9pZyds[33]
うち、スマートフォンすら持っていないんだけど、iPhone持っている人見ると画面がバキバキに割れているのが多いね。アップル直営店に頼むと高いんで、非正規店に修理を頼んでいる人が多いけど、非正規店に一度でも出すとメーカーの保証が効かなくなる。

iPhoneのバッテリー交換も高くつくし、あまりの悪徳商法に嫌気が差しているんじゃないか。


3. 2017年10月08日 20:40:59 : McO0iOUv5s : 7cBfXYhkot0[97]
残念ながら天才ジョブス亡き後、日本人の心の琴線に引っかかる商品を生み出すのが難しいのではないか?

俺はOldMacは持っているけど、最新の機材は興味がないので購入してない。
iPhoneもスマホも必要性を感じないので持ってない。

やはり持ちたいと思わせる商品を生み出せないと、如何とも仕難いだろう。
それを生み出せない。 →残念だがアップルのシェアはドンドン縮小するだろう。
 


4. 2017年10月09日 08:51:20 : fN49t61XCI : FElYK1RoPUo[167]
時代遅れの囲い込み戦略で自滅してるだけにしか見えない。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民123掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民123掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民123掲示板  
次へ