★阿修羅♪ > 経世済民123 > 893.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国や欧州の流れに乗らず、日本はどうして電気自動車時代の到来に躊躇しているのか―中国メディア
http://www.asyura2.com/17/hasan123/msg/893.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 10 月 08 日 23:44:50: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

7日、新華社は、中国や欧米諸国が将来的な燃油車禁止計画を打ち出す中で日本が躊躇している理由について論じた、日本企業(中国)研究院執行院長・陳言氏のコラム文章を掲載した。資料写真。


中国や欧州の流れに乗らず、日本はどうして電気自動車時代の到来に躊躇しているのか―中国メディア
http://www.recordchina.co.jp/b193051-s0-c20.html
2017年10月8日(日) 6時20分


2017年10月7日、新華社は、中国や欧米諸国が将来的な化石燃料車禁止計画を打ち出す中で日本が躊躇(ちゅうちょ)している理由について論じた、日本企業(中国)研究院執行院長・陳言(チェン・イエン)氏のコラム文章を掲載した。

文章は「6月13日に中国政府が自動車メーカーに対し『2020年までに新エネルギー車の割合を12%以上とすること』を求める規定の草案を発表。欧州でも7月以降、オランダとノルウェーが2025年まで、ドイツ・スイス・ベルギーが30年まで、英国とフランスが40年まで、スウェーデンが50年までに燃油車を廃止する計画を示した」と伝えた。

その一方で、日本企業は「昨年時点で世界ではなおも8000万台の化石燃料車が売れている。石油は国際政治においても重要な資源であり、2030年や40年にそのような変化が起こる可能性は本当に大きいのか」と懐疑的な姿勢を持っていることを指摘している。

そして「日本企業が化石燃料車と新エネ車の間でさまよっている理由は、実際のところ中国に対する根深い不信感があるのだ。中国が提起した電気自動車の将来的なトレンドに対し、日本企業は『子どもだましであり、本当に技術がわかっている人はこんな話はしない。そして化石燃料車技術とは異なる電気自動車技術で中国が日本を追い抜くなど、口先だけの話にすぎない』と認識しているのだ」と論じた。

文章は同時に、日本企業が電気自動車の将来に懐疑的なのは、日本が電気自動車の技術を持っていないからではないと指摘。「バッテリーにしろ、モーターにしろやはり世界先進レベルの技術を有しており、市場拡大が必要な日本の部品企業と、技術のレベルアップが必要な中国企業は協力の範囲をより拡大すべきだ」としている。

そして、8月以降、日産とNECのバッテリー生産企業が中国資本に売却される、日産がルノーとともに東風自動車と電気自動車の新合弁企業を立ち上げるなど、日本企業の中国に対する態度に変化の兆しが出ていると紹介。「日本企業はなおも数年、十数年、躊躇(ちゅうちょ)するかもしれないが、最終的には電気自動車の道を進むことになるはず。日中企業の協力分野がさらに広がることが待たれる」と結んだ。(翻訳・編集/川尻)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年10月09日 10:04:29 : SqLe6kFooX : IPvoarX9W4k[169]
 
 焦ってEVに手を出すような企業は

 三菱や日産のように なってしまう    by  マツダ・トヨタ
 
 


2. 2017年10月09日 22:11:12 : jIl0lbCP2M : eZ86r9pZyds[42]
電気自動車事業は三菱自工、日産自動車どちらも赤字です。まず世界初の量産型電機自動車アイミーブを出した三菱自工ですが、アイミーブを登場以来、全面改良していない。しかも販売している国が減っている。2014年夏でイギリス圏(イギリス、オーストラリア、ニュージーランド)から撤退。2017年夏で北米(アメリカ、カナダ)から撤退。売れないからです。

三菱アイミーブは、駆動用蓄電池が劣化しても無料交換してくれます。その費用は、三菱自工持ち。その交換が相次いでいる。つまり出費ばかり。この赤字は、他の収益源で補っているのです。日本国内で販売していないSUVのパジェロ・スポーツ。UTEのトライトン。大排気量エンジンを搭載し、高い価格でも販売は世界各国で好調です。

三菱自工は、アウトランダーPHEVに力を入れている。基本は電気で走りますが、エンジンを搭載している。このため、航続距離の心配をしなくていい。欧州では高い価格でも売れています。室内も広くて快適。アイミーブは小さすぎて、窮屈です。

三菱自工が電気自動車に進出すると決めたのは、三菱商事からやってきた益子社長。彼は自動車の免許がない。つまり自分で運転できない。だから運転して全然面白くない電気自動車の商品力の欠如を見抜けなかった。これに対してトヨタの御曹司社長は、根っからの自動車マニア。自分で自動車の下に潜って整備するのが大好き。しかもレースにも出られます。

実はトヨタが電気自動車関連の特許を最も多く所有している自動車メーカー。御曹司社長が決断すれば市場に出せます。しかし社長は消極的。運転して面白くない電気自動車は、人々の心を夢中にさせない。これではダメだと見抜いているのです。

●日産に至っては、親会社ルノーのために電気自動車を開発しているのが実情。つくりたい自動車を親会社にいちいちお伺い立てないとつくれない。植民地の悲劇です。GMですら、いすゞやスズキにそこまではしなかった。(註 1970年代、1980年代のことです。)

その日産の電気自動車リーフは、駆動用蓄電池の劣化が異常な速度で進むことで有名。新車で買っても、4年経てば走行距離50kmです。それでも日産は駆動用電池交換しない。中古車の値崩れが日本の歴史上、最悪なのです。

電池交換しないのは、やれば大赤字を出すからでしょう。日産リーフの生産台数は、三菱アイミーブとは比べ物にならないほど多い。そのため、絶対に交換しない。今や世界的に大問題になっています。

交換したら大赤字。交換しないと会社の信用失墜。日産自動車は電気自動車に手を出したばっかりに、行き詰ってしまった。それをつぶさに観察していたのがトヨタです。

●日産自動車は、ここにきて電気自動車リーフ以上に会社の根幹を揺るがせる大問題が発覚しました。新車検査を不正していたと言うのです。これについて、日産リーフで騙されたユーザーのブログで厳しく断罪されています。

電気自動車の電池寿命は厳しい! リーフユーザーへ (ここを押すとホームへ戻る)
http://blog.livedoor.jp/toshi_792t/

(不正編1)日産の不誠実な体質に、過去の項目も一部復活公開する。
2017年10月01日 02:54
http://blog.livedoor.jp/toshi_792t/archives/1068035079.html

(一部、引用します。)

最も端的に表している事例が、
ゴーンを強力にサポートしてきた叩き上げの温厚な
志賀氏に、業績下方修正の責任(リーフ販売低迷も
含めて)を押しつけて、辞任に追い込んだゴーンの
経営手腕に社員が動揺した事は想像に難くない。

(不正編2)「不正は不正だ!」、自工会トップの日産西川氏が糾弾(追加)
2017年10月03日 21:16
http://blog.livedoor.jp/toshi_792t/archives/1068080424.html

不正編3)悪質、帳簿で偽装用印鑑を貸し出し管理
2017年10月08日 22:13
http://blog.livedoor.jp/toshi_792t/archives/1068168274.html

(一部、引用します。)

そして、リーフの時も、熱のこもる設計上の欠陥によって、早期熱劣化を来した車両のバッテリー容量メーター戻しや、メーター戻し後による転売疑い。そして、容量低下を呈しても、保証を受けられないためのメーター表示プログラムの搭載などへの追求も、今後、必要である。

そして、欠陥バッテリーの事実を、発売1年後にはすでに認識していたにもかかわらず、販売を継続した責任も非常に重い。

性善説に基づいた解決方法が、日産には無意味であり、日産お抱えの弁護士を第三者とする調査委員会の結果を待つ必要など全くない。
西川CEO希望の1ヶ月以上の調査期間と称する猶予期間を与える必要など全くない。

即刻、特捜の捜査も必要ではないだろうか。

●このような企業体質だから、電気自動車をつくってもリーフのような欠陥車になるのである。リーフが欠陥車だから、そのまま電気自動車の評判が落ちる。これが日本メーカーが電気自動車に力を入れない原因である。


3. 2017年10月10日 06:58:26 : H88kxiwsvk : 2IiFGPrgsuo[85]

日本の優位性が失われてしまうから。

TVのアナログ⇒デジタルと似ている。

そして、裾野産業といわれる関連サプライヤーが大打撃を受けるため。

ちなみに、EVで最も技術・ノウハウを持っているのはGMのはず。

この映画で見ました⇒邦題『誰が電気自動車を殺したか?』

20年も前にEV1を世界初量産(当時、圧倒的に速かった)、ウィキによると

2017年9月現在、電気自動車の燃費指標であるMPGeでは未だに205MPGeであり、テスラモデルSの98MPGeに比べると倍以上の効率を誇っていた。参考までに、日産リーフは128MPGeである。残念ながら最初の量産電気自動車が、未だに圧倒的な最高効率を誇っているという不思議な現状がある。

ご参考まで…


▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民123掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民123掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民123掲示板  
次へ