★阿修羅♪ > 経世済民124 > 362.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国の配車サービス大手・滴滴出行、第一交通と組んで日本市場へ進出
http://www.asyura2.com/17/hasan124/msg/362.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 11 月 02 日 23:59:55: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

1日、中国メディアの参考消息は日本メディアの報道を引用し、中国の配車サービス大手、滴滴出行が第一交通と連携して日本でサービスを開始すると伝えた。資料写真。


中国の配車サービス大手・滴滴出行、第一交通と組んで日本市場へ進出
http://www.recordchina.co.jp/b195648-s0-c20.html
2017年11月2日(木) 6時10分


2017年11月1日、中国メディアの参考消息は日本メディアの報道を引用し、中国の配車サービス大手、滴滴出行が第一交通と連携して日本でサービスを開始すると伝えた。

滴滴出行は登録ユーザーが4億4000万人に達しており、米国Uberの中国事業であるUber Chinaも買収した。1日当たりの利用回数は2100万回で、配車サービスでは世界最大の企業の一つだ。

配車サービスは、アプリの地図上で出発地と目的地を指定し、運営会社の登録運転手が迎えに来るというシステムだ。日本では、自家用車で料金を徴収しての運営は、違法行為として原則的に禁止されているため、滴滴出行は配車アプリを通してタクシー利用者の囲い込みを目指す。

報道によると、滴滴出行は8700台のタクシーを所有する日本最大のタクシー会社・第一交通と連携し、早ければ来春にも東京で約500台のタクシーが滴滴出行のアプリを通して配車できるようになる。将来的には数千台の規模にしていく予定だという。また、日本各地のタクシー業者とも連携して全国規模で事業を展開し、日本のネット配車の主導権を握りたい考えだ。

滴滴出行にはソフトバンクグループも出資しており、日本法人の設立も検討している。滴滴出行の配車アプリは現在、中国語版が中心だが、日本語にも対応するとみられる。第一交通は、滴滴出行との提携で中国からの訪日客のタクシー需要を取り込みたいとしている。

しかし滴滴出行によると、開放されたプラットフォームとして滴滴出行は、日本の各方面との連携を模索しており、まだ具体的なタイムスケジュールは決まっていないという。(翻訳・編集/山中)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民124掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民124掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民124掲示板  
次へ