★阿修羅♪ > 経世済民124 > 493.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
皮肉な時代!大学生の2人に1人が就職内定辞退! 
http://www.asyura2.com/17/hasan124/msg/493.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 11 月 13 日 13:23:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

皮肉な時代!大学生の2人に1人が就職内定辞退!
http://85280384.at.webry.info/201711/article_73.html
2017/11/13 10:44 半歩前へ


▼皮肉な時代!大学生の2人に1人が就職内定辞退!


 世の中、不公平なものですね。今40代の皆さんは就職氷河期で意欲と能力があっても嫁ぎ先が極端に狭く、多くの優秀な人材が涙を飲みました。

 彼らの責任でも何でもありません。時代が若者たちを非正規と貧困に追いやりました。ロスト・ジェネレーションなどと言う言葉まで飛び出しました。

 その人たちはキャリアを積む機会もなく、今も厳しい生活を強いられています。彼らを救うのは政治の仕事だと私は考えます。しかし、政治の目が氷河期世代に向いておりません。

********************

 共同通信によると、就職活動で企業の内定を得た2018年春卒業予定の大学生のうち、内定を辞退した割合を示す「内定辞退率」が10月時点で64・6%となったことが13日、就職情報サイトを運営するリクルートキャリアの調査で分かった。

 同社が集計したこの6年間で最も高い。人手不足を背景に学生は売り手市場で就職先の選択肢が拡大する一方、企業は特に中小の新卒確保が一段と厳しくなっている。

 辞退率は、内定を得た学生のうち、企業に辞退を申し出た割合。不況で採用が減ると下がる一方、景気が改善すると求人は増え、辞退率は上がる傾向にある。



























 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年11月13日 14:05:02 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[4384]

>彼らを救うのは政治の仕事だと私は考えます。しかし、政治の目が氷河期世代に向いておりません

誤魔化すなよ

つまり政治家を選ぶ国民(大多数の勤労世帯、年金高齢者など)の目が若年世代に向いておらず

自分の既得権の維持ばかりを優先したということだよ


2. 2017年11月13日 22:06:46 : MZ70PFjktM : 1EFoReqmtQY[3]
*1
まーた、客観的根拠のない罵詈雑言
恥ずかしい男だな

3. 2017年11月14日 02:25:48 : hyGRhJQIZw : @q9I5SRTcYY[3]

共同工作新聞の工作集計でしょう。



4. 2017年11月14日 09:00:08 : RxvWmneUqE : 3tU1A_vDrYw[71]
どういう会社を辞退したのか、その報告がない。

流通関係、飲食関係、介護関係にはブラックが多い。

学生だとて選んで当然。


5. 2017年11月14日 15:46:18 : F3wzprZRMQ : lZGlqfgdYp0[116]
断るしかないような労働条件の悪い会社しか無いということ。
入社したら最期、一生給料が上がらない。
まだ多少なりとも昇給のあった氷河期世代の方がまし。
アメリカの国策としてやっている日本殺しの一環なので、人不足でも絶対改善することはない。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民124掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民124掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民124掲示板  
次へ