★阿修羅♪ > 経世済民124 > 693.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<所得税改革>増収1000億円、政府検討 軽減税率穴埋め(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/17/hasan124/msg/693.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 11 月 28 日 10:26:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

<所得税改革>増収1000億円、政府検討 軽減税率穴埋め
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171128-00000003-mai-bus_all
毎日新聞 11/28(火) 6:30配信


  
   2018年度税制改正で検討中の所得税改革の方向性


 2018年度税制改正で焦点となっている所得税改革で、政府は増減税の差し引きで1000億円程度の税収増となるよう調整する検討に入った。増収分は、19年10月の消費税率10%への引き上げ時に導入する軽減税率の減収分約6000億円の穴埋めに充てる。しかし、与党内には所得税改革で国の税収を増やすことへの慎重論もあり、自民・公明の与党税制調査会は慎重に議論する方針だ。【中島和哉】

 所得税の控除は、納税者の状況に応じて収入から一定額を差し引いて税負担を軽くする制度。政府・与党は、会社員に適用される給与所得控除、収入がある全ての人に適用される基礎控除、年金収入に適用される公的年金等控除の三つの控除見直しを検討している。

 給与所得控除は、高所得者を中心に控除額を減額、基礎控除は低所得者の控除額を引き上げる一方、年収が一定額を超える高所得者は段階的に減額し年収2500万〜3000万円程度でゼロにする方向で検討。公的年金等控除は、年金以外で高収入がある年金受給者の控除額を減額する方針だ。その結果、高所得の会社員らを中心に増税となり、会社に属さないフリーランスらは減税となる見込み。

 一方、消費税の軽減税率は、税率10%への引き上げ時に食品など生活必需品の税率を8%に据え置く制度。制度の導入で税収が想定より約6000億円減少する見込みで、減収分は増税実施までに財源を確保することが決まっている。

 安倍晋三政権は、消費税増税分の使途変更などで幼児教育の無償化などに2兆円規模を投じる方針を打ち出している。使途変更で1.7兆円程度、経済界の拠出増で0.3兆円程度を確保する予定。1.7兆円は軽減税率の減収分を穴埋めすることが前提だが、確保のメドが立たないまま使い道の議論が先行している。そのため、政府は所得税改革で1000億円程度、たばこ税の増税で2000億〜3000億円程度を確保する方針。それでも残る数千億円の確保が課題となる。

 政府・与党は、控除見直しの目的を、所得再分配や働き方の多様化に対応するためとしている。そのため、与党内には「税収増では納税者の反発を招きかねない」との声もあり、調整は難航する可能性もある。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年11月28日 16:27:56 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[4466]

>年収が一定額を超える高所得者は段階的に減額し年収2500万〜3000万円程度でゼロにする

この手の所得税増税は、最初は増収になるから、全否定すべきでもないが

結局、3000万クラス以上の高額所得者は、ごく少ない上に、彼らはマネジメントにかかわり、

会社の支払いシステム自体に干渉して、福利厚生など、別名目で受け取れるので

長期的には、結局、多くの負担を既にしている、最も生産性の高い中の上クラスの労働者世帯の生活が厳しくなるだけで

彼らの労働意欲の低下は、かなりの生産性の低迷を招くので、あまり効果的ではない



2. 2017年11月28日 16:31:09 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[4467]

ま、いずれにせよ金持ちというのは、狡猾だから、彼らから搾り取るのは、そう簡単ではないということだw

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-11-27/P034A8SYF01T01
グリニッチやマンハッタンから金持ち脱出、税制優遇なくなる見込みで
Simone Foxman、Patrick Clark、Sridhar Natarajan
2017年11月28日 06:03 JST

関連ニュース
【米国株・国債・商品】S&P500がほぼ変わらず、原油安で伸び悩む
【NY外為】ドル5日ぶり上昇、朝方の下げから反転−ユーロ下落
パウエル次期FRB議長:利上げ継続を予想、規制の中核は維持
ノルウェー政府系ファンド、投資先企業の経営陣報酬巡り要求強める

コネティカット・ヘッジファンド協会の創立者ブルース・マクガイア氏は税制改革を理由に富裕層が米北東部を出て行くのが理解できる。「移動を考えない方がむしろ無責任だろう」と同氏は話す。

ブルース・マクガイア氏

写真家:Qilai Shen / Bloomberg
  コネティカット州に住むヘッジファンド業界人、さらにウォール街の金融業界人が直面している問題は、上院・下院ともに共和党の税制改革案がニューヨーク市周辺に住む高額所得者の税負担を高めることだ。州と自治体の税控除がなくなることで、年俸100万ドル(1億1100万円)の人間の税負担は2万1000ドル増えると、会計事務所のマーカムが予備的に分析した。
  億万長者のヘッジファンド運用者の デービッド・テッパー氏や ポール・チューダー・ジョーンズ氏、エディ・ランパート氏は個人所得税を課さないフロリダ州に引っ越している。
  最終的な税制改革案がどうなるかはまだ分からないし、この記事のためにインタビューに答えた誰も、引っ越す計画を明らかにはしなかったが、 ゴールドマン・サックス・グループはこの法案が成立した場合はニューヨーク市だけでも高額所得者のトップ4%を失う可能性があると見積もっている。フロリダ州としては、これは税難民を受け入れる機会になる。
  マイアミ・ダウンタウン・デベロップメント・オーソリティーは来月パーティーを開く予定で、不動産開発業者のニティン・モトワニ氏は北東部の富裕層を招待している。税制改革案は金持ちに引っ越せと言っているようなものなので、大勢が参加するだろうと同氏は予想している。

原題:In Greenwich and Manhattan, Tax-Hike Fears Fuel Talk of Exodus(抜粋)


3. 2017年12月02日 14:16:37 : djFWX9hGRs : VtSaXnFweWs[5]
>>1
そもそも高額所得者は勤労所得より金利配当などの金融所得が多いだろう。

>>2
離州税を取ればよし。



▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民124掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民124掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民124掲示板  
次へ