★阿修羅♪ > 自然災害22 > 250.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
台風21号22日にかけ沖縄接近 広範囲で大荒れに
http://www.asyura2.com/17/jisin22/msg/250.html
投稿者 taked4700 日時 2017 年 10 月 21 日 08:44:40: 9XFNe/BiX575U dGFrZWQ0NzAw
 

https://mainichi.jp/articles/20171021/k00/00e/040/235000c
台風21号

22日にかけ沖縄接近 広範囲で大荒れに

毎日新聞2017年10月21日 06時19分(最終更新 10月21日 06時19分)

 気象庁は21日、超大型で非常に強い台風21号が、21日から22日にかけて沖縄地方に、22日から23日にかけて西日本から東日本、北日本にかなり接近する見込みであると発表した。

 同庁によると、超大型で非常に強い台風21号は、午前3時には日本の南を1時間におよそ15キロの速さで北北東へ進んでいる。中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで中心から半径280キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 台風を取り巻く発達した雨雲や本州付近に停滞する前線の影響により、南西諸島や西日本、東日本の太平洋側を中心に、21日から23日にかけて、非常に激しい雨が降り、局地的に猛烈な雨の降るおそれがある。

 同庁は、南西諸島から西日本、東日本を中心とした広い範囲に、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫への厳重な警戒を呼び掛け、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意を求めている。【デジタル編集部  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. taked4700[6538] dGFrZWQ0NzAw 2017年10月21日 08:50:39 : 51pG51dq42 : 1YnTke3oYHs[1]
http://www.eorc.jaxa.jp/cgi-bin/adeos/modis_frame.cgi?prov=eoc&type=1km&year=2017&month=10

で海水面温度を見れます。SSTです。

日本列島の太平洋側はかなり高い様子で、今後、台風21号はより勢力を大きくする可能性があります。

伊勢湾台風との比較をしてください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E6%B9%BE%E5%8F%B0%E9%A2%A8
>伊勢湾台風(いせわんたいふう、昭和34年台風第15号、国際名:ヴェラ〔Vera〕)は、1959年(昭和34年)9月26日に潮岬に上陸し、紀伊半島から東海地方を中心とし、ほぼ全国にわたって甚大な被害を及ぼした台風である。

>台風は26日18時過ぎ、930 mb の勢力を持って潮岬の西 15 km 付近に上陸した。


2. 2017年10月21日 12:58:56 : TzM0ZgEBTA : 6CmGMTYykh0[1]
選挙のたびにケムちゃんwwww
ご苦労様です。www

3. taked4700[6539] dGFrZWQ0NzAw 2017年10月21日 14:16:15 : 51pG51dq42 : 1YnTke3oYHs[2]
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171021/k10011184871000.html?utm_int=news_contents_news-main_001
超大型で非常に強い台風21号接近へ 大雨など厳重警戒
10月21日 13時56分
超大型で非常に強い台風21号は、21日夜から22日未明にかけて沖縄県の大東島地方にかなり接近する見込みで、暴風や高波、大雨に厳重な警戒が必要です。さらに台風は22日以降、西日本や東日本、北日本にかなり近づき、広い範囲で雨や風が強まって大荒れの天気となる見込みで、気象庁は早めの対策を呼びかけています。
今夜以降 大東島にかなり接近
気象庁の発表によりますと、超大型で非常に強い台風21号は、午後2時には日本の南の海上を1時間に15キロの速さで北東へ進んでいると見られます。
中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から南東側280キロ以内と北西側220キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風は、21日夜から22日未明にかけて沖縄県の大東島地方にかなり接近し、その後も非常に強い勢力を保って、22日から23日にかけて西日本や東日本、北日本にかなり近づく見込みです。

大東島地方では次第に風が強まっていて、21日夜からは猛烈な風が吹くおそれがあり、22日にかけての最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルと予想され、海上の波の高さも13メートルと猛烈にしける見込みです。

22日にかけては雨も強まり、雷を伴って、多いところで1時間50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあり、22日昼までの24時間に降る雨の量は250ミリと予想されていて、暴風や高波、大雨に厳重な警戒が必要です。
前線など影響 局地的に猛烈な雨のおそれ
一方、前線などの影響で、西日本や東日本の太平洋側を中心に広い範囲で雨が降っています。

23日にかけては、台風を取り巻く発達した雨雲や、本州付近に停滞する前線の活動が活発になる影響で、鹿児島県の奄美地方や、西日本と東日本の太平洋側を中心に、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、局地的には猛烈な雨が降るおそれがあります。

22日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽九州南部と奄美地方、近畿、東海で250ミリ、
▽四国と伊豆諸島で150ミリ、
▽九州北部と北陸で120ミリ、
▽関東甲信で100ミリと予想されています。

その後、台風の接近に伴って、西日本や東日本を中心に雨が強まる見込みで、23日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽東海で400ミリから600ミリ、
▽近畿と関東甲信、伊豆諸島で300ミリから400ミリ、
▽中国地方と四国、北陸、それに東北で200ミリから300ミリ、
▽九州北部で100ミリから200ミリなどと予想され、大雨となるおそれがあります。
広い範囲で大荒れに
台風の接近に伴って、22日以降は西日本と東日本でも次第に風が強まり、猛烈な風が吹くほか、22日にかけての海上の波の高さは、近畿と東海で10メートルと猛烈にしける見込みで、広い範囲で大荒れの天気になる見込みです。

気象庁は、台風の進路にあたる地域を中心に、大雨による土砂災害や浸水、川の増水や氾濫、それに暴風、高波、高潮に警戒し、今後の情報に十分注意して、早めに対策をとるよう呼びかけています。


4. taked4700[6540] dGFrZWQ0NzAw 2017年10月22日 01:36:34 : 51pG51dq42 : 1YnTke3oYHs[3]
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171022/k10011185611000.html?utm_int=word_contents_list-items_001&word_result=%E5%8F%B0%E9%A2%A8%EF%BC%92%EF%BC%91%E5%8F%B7
超大型で非常に強い台風21号 大東島地方が暴風域に
10月22日 1時05分
超大型で非常に強い台風21号は沖縄県の大東島地方を暴風域に巻き込みながら北上しています。台風はこれから23日にかけて本州にかなり近づき、広い範囲で雨や風が強まり大荒れとなる見込みで、特に東海や関東などでは記録的な大雨となるおそれがあります。気象庁は、土砂災害や川の増水、暴風や高波に厳重に警戒するとともに、安全な場所に移動するなど早めの対策を取るよう呼びかけています。
気象庁の発表によりますと、超大型で非常に強い台風21号は、22日午前1時には沖縄県の南大東島の東南東220キロの海上を1時間に30キロの速さで北北東へ進んでいると見られます。

中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から南東側280キロ以内と北西側220キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風は、沖縄県の大東島地方を暴風域に巻き込みながら北上していて、これから23日にかけて非常に強い勢力を保ったまま本州にかなり近づく見込みです。

鹿児島県や沖縄県では風が強まり、21日午後11時前に鹿児島県屋久島町尾之間で31.2メートル、22日午前0時すぎには那覇市で25.8メートルの最大瞬間風速を観測しました。

沖縄県の大東島地方では、22日朝にかけて猛烈な風が吹くおそれがあり、22日の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルと予想され、海上の波の高さも13メートルと猛烈にしける見込みです。

22日は雨も強まり、局地的に雷を伴い1時間50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。
22日夜遅くまでの24時間に降る雨の量は150ミリと予想されています。
前線の影響などで猛烈な雨のおそれも
一方、台風を取り巻く発達した雨雲や、本州付近に停滞する前線の活動が活発になっている影響で、西日本や東日本の太平洋側を中心に断続的に激しい雨が降っています。

鹿児島県の奄美地方や、西日本と東日本の太平洋側を中心に、これから23日にかけて、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。

これから22日の夜遅くまでの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽東海で500ミリ、
▽近畿で400ミリ、
▽四国と関東甲信、それに伊豆諸島で300ミリ、
▽九州南部と北部、中国地方、北陸で200ミリ、
▽鹿児島県の奄美地方で180ミリ、
▽東北で100ミリと予想されています。

その後、台風の接近に伴って西日本や東日本を中心にさらに雨が強まる見込みで、22日夜遅くから23日夜遅くまでの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽北陸で300ミリから400ミリ、
▽近畿と東海、関東甲信、東北で200ミリから300ミリ、
▽伊豆諸島で100ミリから200ミリ、
▽中国地方と四国、北海道で100ミリから150ミリと予想され、東海や関東などでは記録的な大雨となるおそれがあります。
風や波 高潮にも警戒を
台風の接近に伴って、これから23日にかけて西日本と東日本でも次第に風が強まり、猛烈な風が吹くほか、22日の海上の波の高さは近畿と東海、それに伊豆諸島で10メートルと猛烈にしける見込みで、広い範囲で大荒れの天気になる見込みです。

また、今は大潮の時期にあたるため、満潮の時間帯を中心に高潮による浸水が発生するおそれがあります。

気象庁は、土砂災害や川の増水、低い土地の浸水、暴風、高波、それに高潮に厳重に警戒し、早めに安全な場所に移動するなど対策を進めるよう呼びかけています。


5. taked4700[6541] dGFrZWQ0NzAw 2017年10月22日 07:23:31 : 51pG51dq42 : 1YnTke3oYHs[4]
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171022/k10011185751000.html?utm_int=news_contents_news-main_001
超大型で非常に強い台風21号 あす上陸のおそれ
10月22日 6時07分
超大型で非常に強い台風21号は日本の南の海上を北上し、22日夜遅くから23日 月曜日にかけて西日本と東日本にかなり近づいたあと、23日には上陸するおそれがあります。特に近畿、東海、関東などでは気象庁は、土砂災害や川の増水、暴風や高波に厳重に警戒するとともに、早めに安全な場所に移動するなど対策を進めるよう呼びかけています。
気象庁の発表によりますと、超大型で非常に強い台風21号は、午前7時には沖縄県の南大東島の東北東280キロの海上を1時間に35キロの速さで北北東へ進んでいると見られます。中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径220キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風はこれから速度を上げながら北上し、22日夜遅くから23日にかけて西日本と東日本にかなり接近したあと、23日には強い勢力を保ったまま上陸するおそれがあります。

沖縄県の大東島地方はさきほど台風の暴風域から抜けましたが、このあと数時間、猛烈な風が吹くおそれがあるほか海上は猛烈なしけが続く見込みです。

台風の接近に伴って沖縄県や鹿児島県では風が強まり、午前5時半ごろに沖縄県の南大東島で34メートル、午前5時10分ごろに鹿児島県屋久島町尾之間で33.6メートルの最大瞬間風速を観測しました。
前線も活発 断続的に激しい雨
一方、本州の南岸に停滞する前線の活動が活発になっている影響で、西日本と東日本の太平洋側を中心に発達した雨雲がかかり、午前6時までの1時間には千葉県茂原市で31.5ミリの激しい雨が降りました。

西日本と東日本の太平洋側を中心に、これから23日にかけて、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に100ミリの猛烈な雨が降るおそれがあります。

23日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで東海で600ミリ、近畿で500ミリ、北陸で400ミリ、四国と関東甲信、伊豆諸島で300ミリ、中国地方で250ミリ、東北で180ミリなどとと予想されています。

その後、さらに雨量が増える見込みで、23日朝から24日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで北陸と東北で200ミリから300ミリ、関東甲信で200ミリ、近畿と東海、北海道で100ミリから150ミリと予想され、とくに近畿、東海、関東などでは記録的な大雨となるおそれがあります。
風や波 高潮にも警戒を
台風の接近に伴って、西日本と東日本では22日夜から23日にかけて、北日本では23日、猛烈な風が吹く見込みで、23日にかけての最大風速は、東海と伊豆諸島で35メートル、近畿と関東甲信、北陸、東北、北海道などで30メートルと予想され、最大瞬間風速は45メートルから50メートルに達する見込みです。

23日にかけての波の高さは東海と関東、伊豆諸島で12メートル、沖縄で11メートル、近畿と東北で10メートル、四国で9メートルと猛烈なしけとなり、広い範囲で大しけになる見込みです。

また、今は大潮の時期にあたるため、満潮の時間帯を中心に高潮による浸水のおそれがあります。

気象庁は、土砂災害や川の増水、低い土地の浸水、暴風、高波、それに高潮に厳重に警戒し、早めに安全な場所に移動するなど対策を進めるよう呼びかけています。


6. taked4700[6544] dGFrZWQ0NzAw 2017年10月22日 10:40:34 : 51pG51dq42 : 1YnTke3oYHs[7]
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171022/k10011185751000.html?utm_int=news_contents_news-main_001
超大型で非常に強い台風21号 あす上陸のおそれ
10月22日 10時17分
超大型で非常に強い台風21号は日本の南の海上を北上し、22日夜遅くから23日にかけて西日本と東日本にかなり近づいたあと、23日には上陸するおそれがあります。特に近畿、東海、関東甲信などでは記録的な大雨となるおそれがあり、気象庁は、土砂災害や川の増水、暴風や高波に厳重に警戒するとともに、早めに安全な場所に移動するなど対策を進めるよう呼びかけています。
気象庁の発表によりますと、超大型で非常に強い台風21号は、22日午前10時には日本の南の海上を1時間に35キロの速さで北北東へ進んでいると見られます。中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心の南西側280キロ以内と北東側220キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風はこれから速度を上げながら北上し、22日夜遅くから23日にかけて西日本と東日本にかなり接近したあと、23日には強い勢力を保ったまま上陸するおそれがあります。

台風の北上に伴って沖縄県や鹿児島県では風が非常に強まり、午前7時前に鹿児島県屋久島町尾之間で36.2メートル、午前9時ごろに高知県の室戸岬で35.1メートルの最大瞬間風速を観測しました。
前線も活発 激しい雨も
一方、本州の南岸に停滞する前線の活動が活発になっている影響で、西日本と東日本の太平洋側を中心に発達した雨雲がかかり、午前9時までの1時間には伊豆大島で34.5ミリの激しい雨を観測しました。

これまでに降った雨で、大分県では、大分市と別府市、豊後大野市で、奈良県では五條市、御所市、大淀町で土砂災害の危険が非常に高まり、自治体が避難勧告などを出す目安とされる「土砂災害警戒情報」が発表されています。

また、三重県の松阪市を流れる愛宕川と伊賀市を流れる木津川で氾濫の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えています。

西日本と東日本の太平洋側を中心に、これから23日にかけて、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に100ミリの猛烈な雨が降るおそれがあります。

23日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで東海で600ミリ、近畿で500ミリ、北陸で400ミリ、四国と関東甲信、伊豆諸島で300ミリ、中国地方で250ミリ、東北で180ミリなどとと予想されています。

その後、さらに雨量が増える見込みで、23日朝から24日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで北陸と東北で200ミリから300ミリ、関東甲信で200ミリ、近畿と東海、北海道で100ミリから150ミリと予想され、とくに近畿、東海、関東甲信などでは記録的な大雨となるおそれがあります。
風や波 高潮にも警戒を
台風の接近に伴って、西日本と東日本では22日夜から23日にかけて、北日本では23日、猛烈な風が吹く見込みで、23日にかけての最大風速は、東海と伊豆諸島で35メートル、近畿と関東甲信、北陸、東北、北海道などで30メートルと予想され、最大瞬間風速は45メートルから50メートルに達する見込みです。

23日にかけての波の高さは東海と関東、伊豆諸島で12メートル、沖縄で11メートル、近畿と東北で10メートル、四国で9メートルと猛烈なしけとなり、広い範囲で大しけになる見込みです。

また、今は大潮の時期にあたるため、満潮の時間帯を中心に高潮による浸水のおそれがあります。

気象庁は、土砂災害や川の増水、低い土地の浸水、暴風、高波、それに高潮に厳重に警戒し、早めに安全な場所に移動するなど対策を進めるよう呼びかけています。


7. taked4700[6545] dGFrZWQ0NzAw 2017年10月22日 10:41:37 : 51pG51dq42 : 1YnTke3oYHs[8]
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/
台風21号
2017年10月22日10時30分発表 超大型で非常に強い台風第21号は、22日9時には日本の南にあって、北北東へ毎時35kmで進んでいます。中心気圧は925hPa、中心付近の最大風速は50m/sです。この台風は、22日21時には日本の南を北上して、23日9時にはいわき市付近に達するでしょう。その後、温帯低気圧に変わり、24日9時には千島の東に達する見込みです。台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は猛烈なしけに厳重な警戒が必要です。次回の台風情報は、22日13時30分の予定です。

8. taked4700[6548] dGFrZWQ0NzAw 2017年10月22日 14:29:26 : 51pG51dq42 : 1YnTke3oYHs[11]
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171022/k10011185751000.html?utm_int=realtime_contents_news-related_001_001&word_result=%E5%8F%B0%E9%A2%A8%EF%BC%92%EF%BC%91%E5%8F%B7
超大型で非常に強い台風21号 あす上陸のおそれ
10月22日 14時14分
超大型で非常に強い台風21号は、日本の南の海上を北上し、22日夜遅くから23日にかけて西日本と東日本にかなり近づいたあと、23日に上陸するおそれがあります。
特に、近畿、東海、北陸、関東などでは記録的な大雨となるおそれがあり、気象庁は土砂災害や川の氾濫、暴風や高波に厳重に警戒するとともに自治体の出す避難勧告などの情報に従い、状況が悪化する前に早めに避難するよう呼びかけています。
気象庁の発表によりますと、超大型で非常に強い台風21号は、午後2時には日本の南の海上を1時間に40キロの速さで北へ進んでいると見られます。
中心の気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルで、中心から半径280キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風はこれから速度を上げながら北上し、22日夜遅くから23日にかけて西日本と東日本にかなり接近したあと、23日には強い勢力を保ったまま上陸するおそれがあります。
大雨に厳重警戒を
今回の台風で厳重な警戒が必要なのが、まず大雨です。
特に、近畿、東海、北陸、関東などでは記録的な大雨となるおそれがあります。本州の南岸に停滞する前線に向かって、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、東日本と西日本の太平洋側を中心に発達した雨雲がかかり、千葉県銚子市では午後1時半までの1時間に44.5ミリの激しい雨を観測しました。

これまでに降った雨で、千葉県、大阪府、奈良県、徳島県、大分県では、土砂災害の危険が非常に高まり、自治体が避難勧告などを出す目安とされる「土砂災害警戒情報」が発表されています。

また、▽千葉県いすみ市を流れる落合川と、▽三重県伊賀市を流れる木津川、▽広島県三原市を流れる和久原川、▽山口県田布施町を流れる灸川で氾濫の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えています。

西日本と東日本を中心に、これから23日にかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。

23日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで東海で600ミリ、近畿と北陸で400ミリ、関東甲信で300ミリ、四国と中国地方、それに東北で250ミリと予想されています。

その後、北陸では、さらに雨量が増える見込みで、23日昼から24日昼までの24時間に降る雨の量は、多いところで100ミリから150ミリと予想されています。
暴風や高波・高潮に警戒を
次に警戒が必要なのは暴風や高波、高潮です。
台風の北上に伴って西日本の太平洋側を中心に風が非常に強まっていて、山口県柳井市では正午ごろに30.6メートル、和歌山市では午後1時前に24.9メートルの最大瞬間風速を観測しました。

西日本と東日本では22日夜から23日にかけて、北日本では23日に猛烈な風が吹く見込みで、23日にかけての最大風速は東海と関東甲信で35メートル、近畿と北陸、東北、北海道で30メートルなどと予想され、最大瞬間風速は45メートルから50メートルに達する見込みです。

23日にかけての波の高さは東海と関東で12メートル、近畿と東北、沖縄で10メートル、四国で9メートルと猛烈なしけとなり、広い範囲で大しけになる見込みです。さらに、今は大潮の時期にあたるため、満潮の時間帯を中心に高潮による浸水のおそれがあります。
状況が悪化する前に早めの避難を
気象庁は土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水、暴風、高波、それに高潮に厳重に警戒するとともに、自治体の出す避難勧告などの情報に従い、状況が悪化する前に早めに避難するよう呼びかけています。

雨が強まってから屋外で作業したり、田畑の様子を見に行ったりするのは危険です。雨や風が強まってきたら不要不急な外出を控えるとともに、増水した川や用水路には絶対に近づかないでください。

また、都市部では道路が舗装されて雨水がしみ込みにくいことなどから、河川の水位が急激に上昇するほか排水が追いつかなくなって浸水被害が出るおそれがあり、特に、アンダーパスなどの低い場所や地下鉄の駅や地下街などは警戒が必要です。
首相 早めの対策を指示
安倍総理大臣は超大型で非常に強い台風21号が近づいていることを受けて、小此木防災担当大臣と会談し、被害を最小限に食い止めるため、国民に具体的な情報提供を行い避難指示など早めの対策を講じるよう指示しました。

会談は22日午前、総理大臣公邸で菅官房長官も出席して行われました。この中で安倍総理大臣は、超大型で非常に強い台風21号による被害を最小限に食い止めるため、小此木防災担当大臣に対し国民にタイムリーに具体的な情報提供を行うこと、避難指示等早め早めに対策を講じること、自衛隊をはじめ実動部隊の対応準備に万全を期すことの3点を指示しました。

このあと、安倍総理大臣は記者団に対し「国民の命を守るため、安倍内閣一丸となって災害応急対応に全力を尽くしてまいりたい」と述べました。


9. taked4700[6549] dGFrZWQ0NzAw 2017年10月22日 16:37:03 : 51pG51dq42 : 1YnTke3oYHs[12]
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/
台風21号
2017年10月22日16時30分発表 超大型で非常に強い台風第21号は、22日15時には日本の南にあって、北へ毎時40kmで進んでいます。中心気圧は945hPa、中心付近の最大風速は45m/sです。この台風は、23日3時には浜松市の南約60kmを北上し、23日15時には宮古市の東約190kmに達した後、温帯低気圧に変わり、24日15時には千島の東に達する見込みです。台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は猛烈なしけに厳重な警戒が必要です。次回の台風情報は、22日17時30分の予定です。

10. taked4700[6550] dGFrZWQ0NzAw 2017年10月22日 16:39:32 : 51pG51dq42 : 1YnTke3oYHs[13]
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171022/k10011185751000.html?utm_int=news_contents_news-main_001
大阪 和泉市 3491世帯に避難指示 一部に避難勧告も10月22日 16時37分
大阪 泉佐野市 214世帯に避難指示10月22日 16時35分
千葉 君津市 64世帯に避難指示 一部避難勧告も10月22日 16時33分
広島 三原 天井川で氾濫危険水位超える10月22日 16時29分
大阪 泉南市 469世帯に避難指示10月22日 16時25分
広島 尾道 御調川で氾濫危険水位超える10月22日 16時17分

超大型で非常に強い台風21号 あす上陸のおそれ
10月22日 16時23分
超大型で非常に強い台風21号は、日本の南の海上を北上し、22日夜遅くから23日にかけて西日本と東日本にかなり近づいたあと、23日に上陸するおそれがあります。
特に、近畿、東海、北陸、関東などでは記録的な大雨となるおそれがあり、気象庁は土砂災害や川の氾濫、暴風や高波に厳重に警戒するとともに自治体の出す避難勧告などの情報に従い、状況が悪化する前に早めに避難するよう呼びかけています。
気象庁の発表によりますと、超大型で非常に強い台風21号は、午後4時には日本の南の海上を1時間に40キロの速さで北へ進んでいるとみられます。
中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径280キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風はこれから速度を上げながら北上し、22日夜遅くから23日にかけて西日本と東日本にかなり接近したあと、23日には強い勢力を保ったまま上陸するおそれがあります。
大雨に厳重警戒を
今回の台風で厳重な警戒が必要なのが、まず大雨です。
特に、近畿、東海、北陸、関東などでは記録的な大雨となるおそれがあります。

本州の南岸に停滞する前線に向かって、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、東日本と西日本の太平洋側を中心に発達した雨雲がかかり、午後3時までの1時間には、千葉県が旭市に設置した雨量計で53ミリの非常に激しい雨を観測したほか、和歌山県の南紀白浜空港で31ミリの激しい雨が降りました。

和歌山県ではこの24時間に降った雨の量が300ミリを超え、平年の10月1か月分に達している地域があります。

これまでに降った雨で、千葉県と神奈川県、茨城県、大阪府、奈良県、徳島県、大分県それに熊本県では土砂災害の危険が非常に高まり、自治体が避難勧告などを出す目安とされる「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

また、千葉県いすみ市を流れる落合川と、千葉県一宮町を流れる一宮川、千葉県君津市を流れる小糸川、茨城県古河市を流れる西仁連川、三重県伊賀市を流れる木津川、広島県三原市を流れる和久原川、広島県福山市を流れる箱田川、山口県田布施町を流れる灸川で氾濫の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えています。

西日本と東日本を中心に、これから23日にかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。

23日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで東海で600ミリ、近畿と北陸で400ミリ、関東甲信で300ミリ、四国と中国地方、それに東北で250ミリと予想されています。

その後、北陸では、さらに雨量が増える見込みで、23日昼から24日昼までの24時間に降る雨の量は、多いところで100ミリから150ミリと予想されています。
暴風や高波・高潮に警戒を
次に警戒が必要なのは、暴風や高波、高潮です。
台風の北上に伴って、西日本と東日本の広い範囲で風が非常に強まっていて、熊本県高森町で午後1時半すぎに32.7メートル、千葉県銚子市で午後3時半前に31.6メートルの最大瞬間風速を観測しました。

西日本と東日本では22日夜から23日にかけて、北日本では23日に猛烈な風が吹く見込みで、23日にかけての最大風速は東海と関東甲信で35メートル、近畿と北陸、東北、北海道で30メートルなどと予想され、最大瞬間風速は45メートルから50メートルに達する見込みです。

23日にかけての波の高さは東海と関東で12メートル、近畿と東北、沖縄で10メートル、四国で9メートルと猛烈なしけとなり、広い範囲で大しけになる見込みです。さらに、今は大潮の時期にあたるため、満潮の時間帯を中心に高潮による浸水のおそれがあります。
状況が悪化する前に早めの避難を
気象庁は土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水、暴風、高波、それに高潮に厳重に警戒するとともに、自治体の出す避難勧告などの情報に従い、状況が悪化する前に早めに避難するよう呼びかけています。

雨が強まってから屋外で作業したり、田畑の様子を見に行ったりするのは危険です。雨や風が強まってきたら不要不急な外出を控えるとともに、増水した川や用水路には絶対に近づかないでください。

また、都市部では道路が舗装されて雨水がしみ込みにくいことなどから、河川の水位が急激に上昇するほか排水が追いつかなくなって浸水被害が出るおそれがあり、特に、アンダーパスなどの低い場所や地下鉄の駅や地下街などは警戒が必要です。
首相 早めの対策を指示
安倍総理大臣は超大型で非常に強い台風21号が近づいていることを受けて、小此木防災担当大臣と会談し、被害を最小限に食い止めるため、国民に具体的な情報提供を行い避難指示など早めの対策を講じるよう指示しました。

会談は22日午前、総理大臣公邸で菅官房長官も出席して行われました。この中で安倍総理大臣は、超大型で非常に強い台風21号による被害を最小限に食い止めるため、小此木防災担当大臣に対し国民にタイムリーに具体的な情報提供を行うこと、避難指示等早め早めに対策を講じること、自衛隊をはじめ実動部隊の対応準備に万全を期すことの3点を指示しました。

このあと、安倍総理大臣は記者団に対し「国民の命を守るため、安倍内閣一丸となって災害応急対応に全力を尽くしてまいりたい」と述べました。


11. 2017年10月23日 00:49:07 : FjEcLXYuyU : dJnDHGpkIGM[267]

とうとう、900mm降ったっしょ。

 どっしゃどっしゃ崩れて、ぐっじゃぐじゃにぃ〜〜〜成るべさぁ。

 ===============

 これは、まだまだ前奏曲の第一楽章に過ぎない。

  そのうちにスーパー台風に、山火事だらけにと・・・さぁ大変!!

 ===============

  
  【 正常な気象変動 】や地震や火山活動を舐めてると犬死だねぇ。

   
    舐めなくとも、農家なんぞ、これからは修羅場だねぇ・・・回復する暇がないさぁ。

 =============


これからが震災塗れの本番に向かうのに、

   戦争に参加してる場合じゃないし、

    原発再稼動や新設してる場合じゃない・・・・


▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
自然災害22掲示板  
次へ