★阿修羅♪ > 自然災害22 > 512.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<注意>霧島連山・硫黄山の西側で新たな噴気を観測!噴火から1週間、川も灰色に変色! 
http://www.asyura2.com/17/jisin22/msg/512.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 4 月 26 日 21:53:35: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

【注意】霧島連山・硫黄山の西側で新たな噴気を観測!噴火から1週間、川も灰色に変色!
http://johosokuhou.com/2018/04/26/3942/
2018.04.26 12:00 情報速報ドットコム




先週に噴火した霧島連山の硫黄山ですが、今度は山の西側でも新たな噴気を観測したことが分かりました。

気象庁によると、4月20日以降に火口から250メートルほど西側の場所で新しい噴気が観測されたとのことです。硫黄山の噴火は今月19日に発生していることから、噴火活動によって山全体の活動が活発化していると見られています。

更に大きな大噴火が控えている可能性もあり、気象庁は噴火警戒レベル3を継続し、山からおおむね2キロの範囲では噴火に伴う大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼び掛けていました。
硫黄山の周囲を流れる長江川も「濁っている」という報告があり、霧島連山の広い範囲で今後も火山活動に注意が必要です。

↓噴火前と噴火後の衛星写真


↓硫黄山周囲の状況




↓ネットに投稿された濁った川




国土地理院
http://www.gsi.go.jp/BOUSAI/h30kirishima_ebino.html

硫黄山 噴火から1週間 火口西側でも新たな噴気
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180426/k10011417581000.html
4月26日 5時10分 NHK



霧島連山の一つで、宮崎県にある硫黄山で噴火が発生し、噴火速報が発表されてから26日で1週間になります。火口からは今も噴気が勢いよく上がっているほか、その西側でも新たに噴気が上がっているのが確認され、専門家は注意深く監視を続ける必要があると指摘しています。



霧島連山のえびの高原にある硫黄山では、1週間前の今月19日の午後4時前に山の南側に新たにできた複数の火口で噴火が発生し、気象庁は噴火速報を発表したあと噴火警戒レベルを3に引き上げました。

気象庁によりますと、噴火は、翌20日の朝には停止したということですが、25日の時点でも火口から白い噴気が勢いよく上がり、黒や灰色の泥水が断続的に噴出しているのが確認されています。

一方、20日の夕方以降は、火口から250メートルほど西側にある県道1号線付近からも噴気が勢いよく上がっているのが新たに確認されました。

この県道の付近や1週間前に噴火が起きた火口の周辺では、地盤が隆起しているのが国土地理院による解析でわかっていて、最大で15センチ前後に達しているということです。

これについて、火山噴火予知連絡会の会長で、京都大学の石原和弘名誉教授は「地下水が熱せられて上昇することで地盤が膨らんでいると見られる。今後の活動の状況によっては、火口の西側でも新たに噴火が起きて噴石や土砂が周辺に飛ぶ可能性がある」と述べ、引き続き注意深く監視する必要があると指摘しています。

硫黄山について気象庁は、噴火警戒レベル3を継続し、山からおおむね2キロの範囲では、噴火に伴う大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。

国土地理院「同規模の噴火起きる可能性も」

国土地理院は、地球観測衛星「だいち2号」が今月23日に観測したデータを、先月のデータと比較して硫黄山の地盤の変動の解析を行いました。

その結果、1週間前に噴火が起きた場所の周辺とそこから250メートルほど西側の県道1号線の付近でも地盤が隆起し、その範囲が徐々に広がっていることが確認されました。地盤が隆起している範囲は、全体で東西およそ500メートルに達し、特に噴火が起きた火口や県道1号線の付近では、最大で15センチ前後に達しているということです。

国土地理院が公表した図では、地盤が隆起した領域が黄色などで示され、特に隆起量が多い場所は、青や紫で示されていて、気象庁の監視カメラの映像などからいずれの領域でも複数の場所から白い噴気が勢いよく上がっているのが確認できます。

国土地理院の藤原智地理地殻活動総括研究官は「1週間前の噴火から、硫黄山で隆起が続いているので、地下からの熱水の供給があれば1週間前に噴火した火口の西側でも前回と同じような規模の噴火が起きる可能性はある」と話しています。

京大「注意深く監視を」

硫黄山の火山活動について、火山噴火予知連絡会の会長で京都大学の石原和弘名誉教授は、現時点では地下のマグマが上昇し大きな噴火が発生するような兆候は見られないとしたうえで、「地震や地殻変動、それに噴気に火山灰が混じることで黒っぽくならないかなど、火山活動に変化がないか注意深く監視する必要がある」と指摘しています。

また、1週間前に噴火が発生した火口から250メートルほど西側にある県道付近から噴気が勢いよく上がり、この周辺の地盤が隆起していることについては、「地下水が熱せられて上昇することで、地盤が膨らんでいるとみられ、噴気の状態を監視する必要がある。今後の活動状況によっては、この西側からも噴火が起きて、噴石や土砂が周辺に飛ぶ可能性は十分考えられる」と話しています。

そのうえで、「霧島連山全体で活動が高まっていることは確かで、新燃岳や御鉢も含め、少なくとも、数年単位の長期的な視野で活動を監視する必要がある」と指摘しています。

























 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年4月27日 19:02:12 : FYv369TSRU : QnzxUAAntQQ[275]
霧島を 揺らす噴火の スパイラル

2. 2018年4月27日 23:51:19 : Cl4PAcyXRI : k_v5_HyDXlw[14]
国が怒りに燃えている。

3. taked4700[7005] dGFrZWQ0NzAw 2018年4月28日 14:03:46 : 6jQ3X6B6k2 : UWOAeAJwNuU[1]
火の国九州は

>火口からは今も噴気が勢いよく上がっているほか、その西側でも新たに噴気が上がっている

という程度はごく普通であるはずです。あるいは、この600年とか1000年ぐらいが静穏過ぎたのだと思います。小規模噴火は日常の風景として今後数十年以上続くと思います。

地熱発電の適地なのですから、地熱発電を大規模にやるべきです。


4. 2018年5月01日 14:03:21 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2646]
2018年5月1日(火)

噴火後白濁 河川調査

宮崎・えびの 田村貴昭氏 市長から聞き取り

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-01/2018050104_01_1.jpg
(写真)白く濁った河川を調査する田村議員(左)と西原市議=30日、宮崎県えびの市

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-01/2018050104_01_1b.jpg
(写真)村岡市長(左)から聞き取りをする(右側奥から)田村議員、来住県議、西原市議=30日、宮崎県えびの市

 宮崎県えびの市の硫黄山の噴火後に同市の河川が白く濁りヒ素が検出されている問題で30日、日本共産党の田村貴昭衆院議員は来住一人県議、西原政文市議とともに、現地調査と市からの聞き取りを行いました。

 田村議員は、えびの市役所で村岡隆明市長から汚濁した赤子川・長江川水系への市の対策、国への要望などを聞き取りました。市の要請に応えて県が実施した水質調査では、基準値の約200倍のヒ素が検出された地点もありました。宮崎県西諸県農林振興局は「少なくともこれだけ検出されれば、農業用水には使えないだろう」と話しました。

 村岡市長は「今年はコメは諦めてもらって、経営保障をしていった方が良いと思うが、連休明けには水入れ時期なので早く方向性を定めないといけない」と話しました。

 市の職員からは「国から除染の専門家や河川の専門家を派遣してもらえないのか」と切実な要望も出されました。

 田村議員は、昨年法人化した、地元の株式会社「西郷営農」で働く人たちから聞き取りました。社員らは「設立して1年で借金もしていて、収入が無ければ払うあてもなくなる」と語りました。

 田村議員は「営農と取水に対する政治判断、汚濁原因の特定とブロック、英知の集中をしなければいけない。党議員団とも情報を共有し、知見と対策の限りを、えびの市に振り向けてもらえるよう国に求めたい」と話しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-01/2018050104_01_1.html


▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
自然災害22掲示板  
次へ