★阿修羅♪ > 自然災害22 > 784.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来予測 食料生産量は大幅に減り、10億人以上が他の地域への移住 人類の文明はあと30年で滅亡 釣りタイトルもほどほどに、という話
http://www.asyura2.com/17/jisin22/msg/784.html
投稿者 鰤 日時 2019 年 11 月 25 日 21:36:37: CYdJ4nBd/ys76 6dw
 

2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来予測
2019年6月7日(金)17時50分
松岡由希子

480
3

食料生産量は大幅に減り、10億人以上が他の地域への移住...... BenGoode-iStock

<オーストラリアのシンクタンクが、今後30年の気候変動にまつわるリスクを分析し、最悪の場合、人類文明が終焉に向かうかもしれないという衝撃的な方向書を発表した>

2050年には、世界人口の55%が、年20日程度、生命に危険が及ぶほどの熱波に襲われ、20億人以上が水不足に苦しめられる。食料生産量は大幅に減り、10億人以上が他の地域への移住を余儀なくされる。最悪の場合、人類文明が終焉に向かうかもしれない──。

気候変動が人間社会や自然環境にもたらす影響について、このような衝撃的な未来のシナリオが明らかとなった。

「気候変動は人類文明の脅威である」
豪メルボルンの独立系シンクタンク「ブレイクスルー(Breakthrough-National Center for Climate Restoration)」は、今後30年の気候変動にまつわるセキュリティリスクをシナリオ分析し、2019年5月、報告書を発表した。

この報告書では「気候変動は短中期的にみて人類文明の脅威である」とし、「気候に関するセキュリティマネジメントにおいては、最悪のケースやファット・テール現象(正規分布の両端が実現する可能性が高いこと)を考慮した新たなアプローチが必要だ」と説いている。

2015年12月12日に採択された「パリ協定」では、世界の平均気温の上昇を産業革命前に比べて2度未満に抑えることを目標に掲げているが、報告書は、この目標値が未達に終わると予測する。

永久凍土が消失し、アマゾン熱帯雨林は干ばつに
報告書のシナリオによると、人為的な温室効果ガスの排出量が2030年まで増え続け、2030年までに気温が1.6度上昇する。

温室効果ガスの排出量は2030年をピークに減少するものの、炭素循環フィードバックやアイス・アルベド・フィードバックなど、気候プロセス上の要因も加わり、2050年までに気温が3度上昇する。1.5度の気温上昇で西南極氷床が融解し、2度の気温上昇でグリーンランド氷床が融解する。

気温が2.5度上昇すると、永久凍土が広範囲にわたって消失し、アマゾン熱帯雨林は干ばつに見舞われて立ち枯れる。ジェット気流が不安定となることで、アジアや西アフリカの季節風にも影響が及び、北米は熱波や干ばつ、森林火災など、異常気象の被害を受ける。陸地面積の30%以上で乾燥化がすすみ、南アフリカ、地中海南岸、西アジア、中東、米国南西部、豪州内陸部で砂漠化が深刻となる。

ゼロ・エミッションベースの産業システムを構築すべき
元オーストラリア国防軍最高司令官のクリス・バリー氏は、報告書の序文で「この世の終わりを避けられないわけではないが、直ちに思い切った行動をとらなければ望みは薄い。政府、企業、地域コミュニティがまとまって行動するべきだ」と訴えている。また、この報告書では、一連のリスクを軽減し、人類文明を維持するために、廃棄物をゼロにするゼロ・エミッションベースの産業システムを早急に構築するべきだと提唱している。

次のページ衝撃的な報告書にまつわる動画はこちら
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/06/2050-2.php

 

 

衝撃すぎる…豪研究機関が「2050年人類滅亡」を予測と発表
オーストラリアの政府研究機関から人類滅亡という衝撃的な発表がなされました。 更新日: 2019年06月08日
この記事に関するお問い合わせ
49
お気に入り

134589
view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

まひろちゃんぶーさん
■豪シンクタンクから衝撃的な内容の発表が…

アマナイメージズ
指を指すビジネスマン by アマナイメージズ
オーストラリアのシンクタンクが、今後30年の気候変動にまつわるリスクを分析し、最悪の場合、人類文明が終焉に向かうかもしれないという衝撃的な方向書を発表

出典
2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来予測 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

これは、オーストラリア・メルボルンに拠点を置くブレークスルー気候復旧ナショナルセンターが公表した文書

出典
人類終了のお知らせ。現在の文明は2050年までに崩壊すると予測した文書が発表される(オーストラリア研究) (2019年6月7日) - エキサイトニュース

2050年までに地球の平均気温が3℃上昇し、文明が崩壊するという恐ろしいシナリオが指摘されている。

出典
【ガチ】2050年までに地球滅亡へ! 人類絶滅のプロセス完全判明、たった3℃の気温上昇で終わるほど脆い人類

■2050年の時点で3℃気温が上昇していれば人類は終焉に向かう

GettyImages
もし2050年の時点で3度以上地球の全体気温が上がっていれば、人類の文明は終焉に向かう

出典
「2050年までに人類が滅亡する」という文書をオーストラリアが発表 | ニコニコニュース

2050年には、世界人口の55%が、年20日程度、生命に危険が及ぶほどの熱波に襲われ、20億人以上が水不足に苦しめられる

出典
2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来予測 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

気候変動がもたらす破壊的な影響を抑えたいのであれば、我々は電力生産、交通、工業、農業、そして他の産業が生み出す温室効果ガスをドラスティックに、かつ今すぐ、削減しなければならない

出典
100年後の地球はどうなる? ただし人類がラッキーならば…… | BUSINESS INSIDER JAPAN

■永久凍土は融解し、アマゾンは干ばつに

GettyImages
気温が2.5度上昇すると、永久凍土が広範囲にわたって消失し、アマゾン熱帯雨林は干ばつに見舞われて立ち枯れる。

出典
2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来予測 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

アジアでは巨大河川の水量が激減し、2億人が影響を受け、メキシコや中米では降雨量が半減し、農業が不可能になる

出典
【ガチ】2050年までに地球滅亡へ! 人類絶滅のプロセス完全判明、たった3℃の気温上昇で終わるほど脆い人類

陸上面積の35パーセント――人口でいえば55パーセントにあたる人たちが、年に20日以上もはや人が生存不可能なほどの致死的な熱波に襲われる

出典
人類終了のお知らせ。現在の文明は2050年までに崩壊すると予測した文書が発表される(オーストラリア研究) (2019年6月7日) - エキサイトニュース

■そして「人間性が崩壊」していく

GettyImages
地球環境が劇的に変化していることは事実である。また、地球温暖化により2050年〜2099年の間に北アメリカで大干ばつが起こるリスクは98%

出典
【保存版】ノストラダムスの「まだ実現していない9の予言」が恐すぎる! 第三次世界大戦、大地震、人類滅亡… 絶望的未来がズラリ

ここまで深刻化すると、次に起こるのが人間性の崩壊だという。アメリカや中国などの大国で内部分裂や紛争が起こり、これまで築き上げてきた国家や法の秩序が崩れ去る

出典
「2050年までに人類が滅亡する」という文書をオーストラリアが発表 | ニコニコニュース

人口は1900年頃と比較しても少なくなり、生活の質も非常に下がるという。そして、2040〜2050年にかけ、現在の文明は崩壊の危機にさらされる

出典
【悲報】「2040年に人類滅亡、2020年から“変化”始まる」MITのプログラムが算出した“アポカリプスの日”が恐すぎる!|BIGLOBEニュース

■気象変動による文明衰退は過去の歴史からも証明されている

アマナイメージズ
朝焼けのピラミッド by アマナイメージズ
文明衰退に大きな役割を果たした要因(つまり今の崩壊リスク特定に役立つ要因)を特定した。これが人口、気象、水、農業、資源だ。

出典
やっぱり人類は滅亡することがNASA出資の調査で判明。資源浪費と貧富二極化で | ギズモード・ジャパン

1970年から2012年の間に脊椎動物が約58%も減少したと報告されているという。生態系のバランスが崩れることで人類の存亡が脅かされる

出典
【悲報】「マジで世界滅亡2分前」世界中の有名科学者が“人類滅亡寸前”を指摘! 21世紀で終了の確率は50%! (2017年5月9日) - エキサイトニュース

ノストラダムスは地球環境が劇的に変化すると予言しており、40年の洪水と40年の干ばつが起こるという。

出典
【保存版】ノストラダムスの「まだ実現していない9の予言」が恐すぎる! 第三次世界大戦、大地震、人類滅亡… 絶望的未来がズラリ

■このニュースはヤバい…

アマナイメージズ
テーブルでリラックスする女性 by アマナイメージズ


岩立盛郷@iwatachi

フォローする
たしかに衝撃的 2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来予測 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト newsweekjapan.jp/stories/world/…

返信 リツイート いいね 2019.06.08 10:29

俊樹@sanjou007

フォローする
こうなったのも全ては人間が作り出した代償に過ぎない。 人間が自然を破壊し 最後は人間が自然に破壊される! 2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来予測 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト newsweekjapan.jp/stories/world/…

返信 リツイート いいね 2019.06.08 09:31

(⌒‐⌒)@xiongmao9000

フォローする
これは十分あり得る。 2050年砂に埋まる大都市が出てくるかもしれない。 #環境 2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来予測(ニューズウィーク日本版) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

返信 リツイート いいね 2019.06.08 09:30


 
この記事に関するお問い合わせ
49
お気に入り

134590
view
お気に入り追加


Green Flash@EastSNW

フォローする
2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来予測|ニューズウィーク日本版 newsweekjapan.jp/stories/world/… 30年なんてアッと言う間だけど、深刻に考えてる人がどれだけ居るかな?トランプやアベなんかは完全に無視だし。

返信 リツイート いいね 2019.06.08 01:36

Haruyoshi KAWAI/河合晴義@yumegondou

フォローする
2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来予測 newsweekjapan.jp/stories/world/… [この世の終わりを避けられないわけではないが、直ちに思い切った行動をとらなければ望みは薄い] まだ希望はあるとか、今なら間に合うとか表現されてきた温暖化対策も、いよいよ最終段階にきた感。

返信 リツイート いいね 2019.06.08 00:49

■今すぐアクションを起こす必要がある

GettyImages
技術革新で資源使用効率を高めても、人口ひとりあたりの資源消費量と資源採取の規模も同時に増えてしまう傾向がある

出典
やっぱり人類は滅亡することがNASA出資の調査で判明。資源浪費と貧富二極化で | ギズモード・ジャパン

二酸化炭素の排出を全世界的にゼロにすることが唯一の解決策

出典
(2ページ目)【ガチ】2050年までに地球滅亡へ! 人類絶滅のプロセス完全判明、たった3℃の気温上昇で終わるほど脆い人類

今、脚光を浴びているのは、大気中のCO2を除去する技術です。ネガティブ・エミッション・テクノロジー(NET)

出典
東大名誉教授が警告「人類に残された時間は20年」―地球温暖化の猛威が現実化、急がれる対策(志葉玲) - 個人 - Yahoo!ニュース

徹底した社会の省エネ化、そして人口増加の待ったなしの抑制が求められている。この機会に個人レベルで何ができるのかを考えてみてもよい

出典
【警告】科学者15,000人が連名で"地球滅亡”を主張「人類は7つの危機に直面している」! 今行動すべき解決策5つとは!? (2017年11月30日) - エキサイトニュース

■「伝染病も大流行」も懸念されている

アマナイメージズ
考えるビジネスマン by アマナイメージズ
現代の医療はあらゆる場面で抗生物質に頼りきっているため、どんな抗生物質も効かないスーパー耐性菌の存在が脅威になる

出典
【悲報】「マジで世界滅亡2分前」世界中の有名科学者が“人類滅亡寸前”を指摘! 21世紀で終了の確率は50%! (2017年5月9日) - エキサイトニュース

2050年以降には耐性菌が原因で死亡する人は、現在の年間約70万人から14倍の1000万人以上に上る恐れがある

出典
全文表示 | 人類滅亡映画の世界が2050年に来る? 伝染病大流行で年間1000万人が死亡 : J-CASTニュース

これは、がんによる死亡者を超える数に相当するため、「WHO(世界保健機関)も注目し、すべての国に対策を取るように呼びかけている」

出典
年間約70万人が死亡…「薬剤耐性菌」の恐怖と抗生物質の正しい服用法 | ニコニコニュース
https://matome.naver.jp/odai/2155996002863954601?page=2


「人類の文明はあと30年で滅亡する」衝撃的な結果が報告される
2019年6月5日14:20 by 深海 | カテゴリー ライフ | タグ 地球, 気候変動, 環境

コメント 2

「な、なんだってーーー!!!」と叫びたくなるようなお話ですが、荒唐無稽なオカルト話とは言えません。詳細は以下から。

今ある人類の文明が滅亡する…映画やSF小説だけの話だと思いますか?1999年の「ノストラダムスの大予言」が見事に外れた後、そんな滅亡の話は誰もが話半分にしか聞かないようになりました。

ですが現実に気候変動は起こっており、日本でも耐えがたい猛暑や豪雨、台風や豪雪などの災害が各地で発生しています。

こうした傾向がこれからも改められなければ、今後30年で人類の文明は終焉を迎えるという衝撃的な結果をオーストラリアのシンクタンク「Breakthrough - National Centre for Climate Restoration」が報告しました。


それによると、現在発生している気候変動が人類の生存を脅かす域にまで達する可能性があるとのことで、その危険は30年後にまで迫っているとしています。

この方向をおこなった研究者らによると、現在の地球の気温は(編集部注:人類が誕生してから)これまでになく高く、70億人を超える人間が地上に存在しているという、人類史上に例のない状況にあります。

では、このまま行くと地球にはどのような影響が起こるのでしょうか?

・2020〜2030年
各国政府はパリ協定の目標値では気温の上昇を止めるのに不十分だというエビデンスに沿って行動することに失敗し、二酸化炭素レベルは437ppmに至る。これは過去2000万年で最も高い数値となり、気温は1.6度上昇する。


・2030〜2050年
二酸化炭素排出量は2030年頃にピークを迎えて減少に向かう。しかし炭素循環はフィードバックし、化石燃料も継続的に使用されることから2050年までに気温の上昇は3度に至る。


・2050年〜
グリーンランドと南極西部の氷床は2度の、そして永久凍土は2.5度の気温上昇で融解が始まると考えられています。そして溶け出せば当然気温や海流などに大きな影響を与えます。


2050年以降では、全人類の55%が年間20日以上に渡って生存を脅かすレベルの熱波に襲われることになります。北米では山火事や旱魃、熱波といった気象災害が頻発し、中国では季節風が衰えてアジア諸国の大河が干上がり、中米の降雨量は半分になります。

西アフリカの強烈な熱波は100日以上に及び、発展途上国では国民に生存のために十分な冷房設備を供給できなくなります。食料生産にも大きな影響が及び、世界人口を賄うことができなくなります。また、10億人以上がこうした影響から移住を余儀なくされます。


こうした状況は連鎖的に安全保障にも影響を及ぼします。疫病の拡大といった問題の規模が大きくなる他、資源を巡っての武装蜂起が現実のものとなり、核使用に至る懸念も。

最悪のシナリオではこうした破壊は予測モデルを大きく超えてしまい、「人類の文明の滅亡」と呼ばざるを得ない状況が訪れる可能性が指摘されています。


まるで「マッドマックス 怒りのデス・ロード」そのもののような未来予測ですが、昨年の日本での凄まじい猛暑や豪雨、台風による被害を思い出せば、一笑に付する事はできません。

これから30年間毎年あのような災害が世界中に起こり続けたら…滅亡までには至らずとも各地で甚大な被害が発生し、それに伴う経済的な停滞や武力衝突などが起これば、私たちの生活も今まで通りとはいかなくなります。

早急な対策が必要ですが、まずは多くの人がそのことを認識する必要がありそうです。

気候変動 瀬戸際の地球 (ナショナル ジオグラフィック 別冊)
気候変動 瀬戸際の地球 (ナショナル ジオグラフィック 別冊)
posted with amazlet at 19.06.05

日経ナショナルジオグラフィック社 (2017-11-06)
売り上げランキング: 81,284
Amazon.co.jpで詳細を見る
マッドマックス <ハイオク>コレクション(初回限定生産/8枚組) [Blu-ray]
マッドマックス <ハイオク>コレクション(初回限定生産/8枚組) [Blu-ray]
posted with amazlet at 19.06.05
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2017-02-08)
売り上げランキング: 36,347
Amazon.co.jpで詳細を見る
・関連記事
二酸化炭素濃度と年間増加幅が過去最高を更新、地球温暖化が加速か | BUZZAP!(バザップ!)

「空気中の二酸化炭素を直接吸収して資源として販売できるシステム」の商用第一号機がスイスで稼働 | BUZZAP!(バザップ!)

「人類に起因する気候変動」否定論者、華麗に完全論破される | BUZZAP!(バザップ!)

オーガニックフードは「地球の気候に優しくない」事が判明 | BUZZAP!(バザップ!)

ビールの値段が最悪2倍に、気候変動で世界的な大麦不足と価格高騰の恐れが指摘される | BUZZAP!(バザップ!)

【動画】1900年から2016年の世界各国の気温の変化を35秒で見るとこうなっていた | BUZZAP!(バザップ!)

植物の「光合成の根源的欠陥」を遺伝子組み換えで補正し、成長を40%以上増幅させることに成功 | BUZZAP!(バザップ!)

世界銀行が化石燃料への融資を2019年以降停止すると表明、気候変動サミットにて | BUZZAP!(バザップ!)

https://buzzap.jp/news/20190605-human-civilization-end-2050/


 

「2050年人類滅亡!?」釣りタイトルもほどほどに、という話(江頭教授)
2019.06.20 解説 | 固定リンク 投稿者: tut_staff
 少し前の話になりますが、ニューズウィーク日本版のウェブサイトに「2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来予測」という正に衝撃的な記事が掲載されていました。

Photo_11

 この記事は本当に衝撃的でした。なぜならこの刺激的なタイトルと象徴的なイラストの直下に

<オーストラリアのシンクタンクが、今後30年の気候変動にまつわるリスクを分析し、最悪の場合、人類文明が終焉に向かうかもしれないという衝撃的な方向書を発表した>

という要約があるのです。

 「人類滅亡」と「人類文明が終焉」は全く違う話やないかー!

という、誰かをハリセンで叩いて思いっきりツッコミを入れたくなるような衝撃のボケ展開には正直愕然としてしまいます。私はニューズウィーク日本版はまっとうなメディア、もっというと権威のある情報源だと思っていたのですが、これは酷い。いくら何でも酷すぎる釣りタイトルだと思います。

 人類滅亡というイメージはおそらく「人類」という概念が広がった当初からある、といえるほど古いイメージでしょう。それが現実感をもって語られる様になったのは核の脅威が切迫した冷戦時代であり、そのイメージは映画「渚にて」のような作品でも印象的に描かれていました。(ちなみに「渚にて」は1959年の映画です。)

 一方、「人類文明が終焉」に向かう、という予測は以前このブログでも紹介したローマクラブの「成長の限界」で示されたシナリオと類似のイメージです。ただ、「成長の限界」は1972年の出版だということを少し思い出してもらいたいところです。

 今回紹介されていたオーストラリアのシンクタンクの未来予測は気候変動が大部分の人々の想定以上の被害をもたらし、その影響を社会が受け止め切れずに人類文明が終焉に向かうかも知れない、という予測を示しています。これは「成長の限界」では資源の枯渇や汚染物の蓄積と言った漠然とした言葉で表現されていた人間活動による環境への負の影響を、より具体的なものとして示した、という意義はあると思います。ですからこの記事のタイトルが「2050年文明崩壊!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来予測」であったらな新規性はあるものの予想の範囲内の記事だったでしょう。

 今回のタイトルにある「人類滅亡!?」を見て、私は気候変動によって人類が滅亡するような(少なくとも私は知らない)全く新しい危機の可能性が示されているのかと思ってしまいました。それが記事のはじめの1文でいきなりずっこけたという次第です。

 まあ、ここで本当に衝撃的なのは日本版とはいえニューズウィークというレベルのメディアですら、「人類滅亡」と「人類文明が終焉」とを区別しない程度の認識で報道を行っているという事実でしょうか。


江頭 靖幸

« 大学教員の「便所サンダル」は定番か?(江頭教授) | トップページ | 金星の温室効果(江頭教授) »

「解説」カテゴリの記事
災害発生時の通信手段について(片桐教授)(2019.03.15)
湿度3%の世界(江頭教授)(2019.03.08)
歯ブラシ以前の歯磨き(江頭教授)(2019.03.01)
環境科学の憂鬱(江頭教授)(2019.02.26)
購買力平価のはなし(江頭教授)(2019.02.19)
http://blog.ac.eng.teu.ac.jp/blog/2019/06/post-509722.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年11月25日 23:37:38 : HmMURyrUhk : WC5xMjFoNGczZFU=[268] 報告
衝撃的な未来予測なるタイトルをつければ人々の注目を浴びて記事が読まれる。その手は。もう飽きたよ。

コマーシャルも同じだ。ハゲが治る画期的な方法がみつかりましたとかと同じだな。

2. 2019年11月26日 10:12:47 : Y47TpioqrQ : czVlQm5CL2owSWM=[21] 報告
Newsweek はここ5,6年非常に記事の内容が劣化をしてると思います。 全く何も知らない人であれば信じ込んでしまうような記事がよく載っている様子だと思います。
しかしながらある程度世界のことについて関心を持っている人が読むと明確な違いや嘘が多く含まれてる記事が多くなっていると思われます。
現状の世界の変動は、客観的に証明がされている太陽黒点数の減少から言える日射量の減少、そしてもう一つは M 9地震が2004年、2011年にあったことから、海のプレートの動きが非常に活発化をしていて、そのために 海溝付近から熱が発生をし、海面温度が上がっていることによる 蒸し暑さがあるということだと思われます。
基本的に海面から蒸発する水蒸気量が増え、しかしながら気温は、日射量が少なくなっているために低下傾向にあり、それか大雨を招いているわけです。
3. 2019年11月26日 12:25:24 : WqG1Y9Mkik : MkVncTJQeGRqQWc=[1] 報告
「人類滅亡」というと、地球上の人間がすべて死に絶えるという意味になりますが、
地球上のどこかで「何かが発生」しはじめるということでしょう。

何かとは、気候変動によって、その地域が海水でおおわれる(これはすでに始まっている)とか、雨がいっさい降らず砂漠化し水が枯渇するとか、その反対に雨ばかりで太陽が照らないとか、まあ、いろいろあるでしょう。

これは何を意味しているのでしょうか。食料を手に入れられないその地域の人々が餓死するということです。人々の移動が始まる。

この状況が30年後に、どこかの地域から始まりだすということです。

たとえば、米国大陸の広大な南部の畑作地域、あそこは何処から水を得ているのでしょう、地下からです。その水が枯渇しはじめているということは、もう20年以上もまえから言われていることです。

米国にかぎらず自国の土地がだめになれば、他国の土地を略奪すればいいと考えるでしょう。大国はします。米国が一番狙っているのは日本ではないでしょうか。
水道民営化はもちろん、日本を守ってきた種子法や森林法の変更などはその一端ではないでしょうか。なにしろ、ネイティブアメリカンから命と土地をとりあげたという前科がありますから。

日本政府は来るべき状況を見込んで政策をしなければなりませんが、彼らが見ているものは自分たちの懐だけです。少子高齢化もおなじことが言えます。30年以上も前に分かっていたことです。来るべき状況を見て、政治をしていくのが彼らの仕事ですが、残念ながら、彼等を選んでいるのは国民です。

日本には香港と違って、国民主権をうたう日本国憲法があります。国民には投票権があります。それなのに、貴重な権利を50%が放棄している。

残念です!


4. 2019年11月26日 20:18:43 : wOKW9xmngQ : VC5SZjVMQ1VmLlU=[21] 報告
地球温暖化詐欺発祥地はイギリス。今回はオーストラリア?
ともに英連邦王国ですね。もうお腹一杯。
5. 2019年11月27日 03:24:58 : qW5770aSac : ZHBpTDdEcXlON1U=[1787] 報告
で、人類滅亡を避けるために、CO2の出ない原子力を推進しろと?

どうせ、原子力業界・ロスチャイルドが書かせた煽り記事だろう。

6. 2019年11月27日 10:40:28 : wBsmNH0J4Q : eTFHeDY0S2xxc1U=[6] 報告
太陽が活動停止してるからな。

人類以前に,地球ごと失くなる可能性すらある。

7. 2019年11月27日 11:13:47 : Y47TpioqrQ : czVlQm5CL2owSWM=[24] 報告
太陽活動の低下、つまり黒点の数の減少は繰り返し起こってきていることです。 海のプレートの動きの活発化も地球の歴史から見れば既に何回となく起こっていることであって、 どちらかといえばこれ今後起こる気候の荒れ、つまり大気温の低下または上昇、または嵐の増加、 地震や噴火の増加と言ったことは 何億年という地球の歴史から見れば決して珍しいことではなく、多分どちらかというと以前のものよりは規模の小さなものになるはずです。
その意味できちんと準備をしておけばあまり大きな損害を出すことなく乗り切れるもののはずです。
8. 2019年11月27日 18:29:50 : JOcbJRHyww : VWJrLlFCNWZBL1U=[6] 報告
(´Д`)ハァ…まだ温暖化って言ってんですか?

地球の気候の緩衝材として機能してきた森林が少なくなってきたから、
夏は暑くなって、冬は寒くなった。ってことです。
二酸化炭素が犯人と言うよりも、植物量が不足してます。

畜産が多くの森林を破壊しています。
先進諸国が肉食を止めれば、徐々に地球は立ち直りますよ。

あなたは、肉食やめれますか?

9. 2019年11月27日 19:01:54 : LFNDjcv3Co : YzdaSkhmblJJMi4=[105] 報告
驕る日々 来たる地獄に 目を背け

背負い込む 自業自得の 十字架を

10. 2019年11月27日 20:13:29 : yS5XGtozkA : WEpGZ0JUeVk3aWc=[253] 報告

太陽の活動低下は最近だが,昔は人が飲める水の枯渇を指摘され,そんな理由から「人口削減計画」が実施されたんだけどね。

実施計画の指針を計画する専属組織・ローマクラブは,現存する機関で,現在はスイスのウィンタートゥールに本拠を移している。

日本からは,池田大作が第一回からメンバーになっていたし,旧社会党系・緑の会は現在でも関係がある。

だいたい社会主義インターナショナルでもそうだが,国際秘密結社との関係は旧社会党・公務員労組のお箱と言える。

実施された人口削減計画は,けっこう生々しい直接減らせる内容を伴っていたため,最近はニュースにならなくなってきている。

11. 2019年11月28日 12:45:07 : 98s5zo7qsk : UDBJMEx0eGFrUUk=[1] 報告
9に座布団!

まさに、温泉につかっている井戸のなかの蛙。
いい湯だな、なんて言っているうちに、ゆで蛙、息の根がとまるっている。

原因が何だではない。原因は一つではない。
複合である。バランスである。

しかし、原因を追究し、つきとめたところで、すでに臨界はこえている。

「嘘だ、ありえない!」と叫びながら、
地球を私物化している文明人間という生き物は絶えていく。

徐々に、徐々に。

兆候はすでに出始めているのでは?

たとえば、放射能とか、環境ホルモンとか…、
そして、電磁波も、地場状況は徐々に、徐々に…。


12. 2019年11月29日 05:08:00 : syoID3ywmo : ei90ZldySjdXbi4=[284] 報告
6>>。ヨ太陽が活動停止してるからな。
    人類以前に,地球ごと失くなる可能性すらある」

   そうだ、いつかは太陽も燃え尽きる。 太陽系の大変動

   地球は全体が凍る。 終わりはいつか来る。

   先の話だ相当何十億年とか、そこまで心配してもしょうがない。

   形あるものはすべていつか崩壊する、これが真理だ。

   真理だからじたばたしてもどうにもならんよ。

だけども問題は今日の雨、傘がない 陽水でも歌え。

13. 2019年11月30日 17:14:45 : MGcKNEx4QQ : RzJnUDdRcDVMb0E=[7] 報告
とにかく、「滅亡する」とか「C02で大変なことになる」とか
騒がないと、その筋に大金が入って来ないということだよ。

戦争やってボロ儲けしたい連中が「平和に対する脅威だ」とか
「安全が脅かされてる」とか叫んで国民を戦争に煽るのと同じ
やつさ。

歴史上、大金をボロ儲けしたいときには必ずこういう煽りが行
われてる。そのためにでっち上げの理論や科学的見解をこれで
もかというほど、撒き散らしてくる。

14. 2019年12月02日 18:37:06 : HmMURyrUhk : WC5xMjFoNGczZFU=[316] 報告
13コメントが結論である。

ただし原発は止めるべきである。核融合の破壊力は実際軍事利用しか役に立たない。

15. 2019年12月03日 01:31:56 : wSsqX34zYM : LlZGQksyVWN1ZGM=[4] 報告
>>14
のコメ後半は核心を突いている。

>>13
のコメ全般は、カネのスケールしか持たない、科学には無用のアタマである。

16. 2019年12月03日 15:25:47 : VGhdXu70no : cXJFaTBtLm5sWUU=[6] 報告
>>15
やれ「温暖化だ恐慌だ脅威だ」と煽る連中は金がすべてだよ。
それ以外の動機は何も無い。
そりゃそうだ。「連中にとって」は科学など無用だ。金稼ぎの
でっち上げ道具に過ぎない。科学的理由付けなど何とでも言え
るのさ。連中の考えでの真理は「金が稼げるか否か」だけだ。
17. 中川隆[-15230] koaQ7Jey 2019年12月03日 22:59:28 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[-2297] 報告
2019年12月03日
10年後に温暖化が限界を超え、今世紀中に地球に人間が住めなくなる

国連会議では10年後に地球温暖化は臨界点に達すると報告されている

画像引用:IPCC「1.5℃特別報告書」の全く不都合な真実 | RealCrazyClimate https://realcrazyclimate.wordpress.com/

地球の臨界点とは

地球の環境サイクルは温暖化がある段階を超えると加速度的に進み、もはや後戻りできなくなる。

現在は人間が温暖化ガス排出を制限したり、森林や自然を保護すれば後戻りできるが、次の段階では不可能になる。

ナショナルジオグラフィックの記事(地球が「臨界点」超える危険性、気候科学者が警鐘)によるとそれはわずか10年後にやってくる。


温暖化や環境破壊が不可逆的つまり回復や後戻りが不可能になる臨界点は、従来ずっと後の時代と考えられてきた。

だが最近の研究では地球はすでに臨界点を超えつつあり、もしかしたらもう超えたのかも知れない。

国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)によると、もう1度か2度地球の平均気温が上昇すると臨界点を超える。


気候変動の30の項目のうち、わずか1度の気温上昇で9つの項目で臨界点を超えつつあると報告された。

2030年時点の地球の気温上昇を1.5度に抑えるには、co2排出量を毎年7.6%減らす必要があるが、現実は増え続けている。

これは2030年までに地球の気候が確実に臨界点を超えるのを意味し、ホットハウス・アース(温室地球)状態になる。


ホットアースになると両極の氷は完全に溶けて海面は9mも上昇し、地球の平均気温はさらに上昇する。

2040年代には2000年代より夏の最高気温が10度近く上昇する地域もでてきて、赤道直下では人が住めなくなるでしょう。

アマゾンなどの森林は失われ多くの場所は砂漠化し、大気組成そのものが変化してしまう。


10年後に地球環境の大変化が始まる

不可逆的な環境破壊による温暖化とは、例えば北極海の氷が解けて海面が露出すると海が熱を吸収してさらに温暖化してしまう。


南極でも同じで一度地表が露出すると、もしかしたら数万年は氷で覆われることがなくなる。

凍土が露出すると地中に閉じ込められていた温暖化ガスが放出され、さらに温暖化してしまう。


大陸中心部は雨が降りにくく砂漠化しやすいが、一度砂漠化するとやはり数万年は緑地にならず周囲を砂漠化させる。

大陸沿岸部の緑地は残るがそこは人間がコンクリートで固めてしまうので、僅かな緑地がさらに少なくなる。

海の温度が僅かに上昇すると、深海に低温で固体の状態で閉じ込められていた温暖化ガスが大気中に放出され、さらに温暖化が進行する。


最近ブラジルのアマゾンでは毎年北海道の半分の面積が森林火災で焼失している。

アフリカでは毎年日本列島2個分の面積が森林火災で焼失していて、すべて人間による放火が原因とみられている。

放火する事で自分の土地を増やし、農地や開発地に変えて金儲けをするのが目的で、政府も焼失した跡地を開発して加担している。


これで森林が吸収するco2が減少し酸素供給量が減るので、また温暖化が進行してしまう。

こうした加速度的な環境破壊を止めるには、人類の人口を短期間で急激に減らすくらいしか方法が無い。

地球が破壊されると人間が住めなくなり急激な人口減少が始まるので、今のうちに減らした方が良いのかも知れません。
http://www.thutmosev.com/archives/81626269.html


[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

18. 2019年12月07日 16:12:10 : T6gHqbwP6Y : QmZoQjQxcWxLQVE=[4] 報告
連中の考えでの真理は「金が稼げるか否か」だけだ


 金を稼ぐのが真理と考える、守銭奴に天誅を。

19. しんのすけ99[1014] grWC8YLMgreCrzk5 2019年12月13日 12:52:48 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[776] 報告
全然 衝撃的じゃありませんぞ ついこの間まで人類は明日にも滅亡するって騒ぎまくっていたではないか

1999年のノストラダムス 2012年のマヤ予言 まあ 当たる訳がないと思ってましたが 懲りずに
いや2012年は計算間違いで2015年だったとか2019年だったわ とか もう支離滅裂だったぞよ

「2050年まで滅亡しない」 こう言っているようなもんで じゃあ今までのオカルトごっこは何だったの?
って言いたくなるではないか いや この投稿だって ノストラダムスがどうこうって本文にあるだろ

>ノストラダムスの「まだ実現していない9の予言」が恐すぎる!

↑↑↑ やっぱり オカルトじゃないか ノストラダムスうんぬん言うてる時点で立派にオカルトでっせ。

20. 2019年12月18日 23:55:56 : vV7lIDqbHA : SjRpT2IxemVvc1k=[2] 報告
リンゴ農家の木村秋則さんは、宇宙人から人類の滅亡する年を告げられた。
宇宙船の中の地球のカレンダーが、その年から先がなかった。
すぐではないが、そう遠くはないとのこと、だから2050年も十分ありえる。
彼は自分のできることとして、自然農法を実践し、普及に懸命だ、が
それを上回る自然破壊と資源の浪費が滅亡の時期を刻々と早めているのではないか。
たぶんもう後戻りできないときに来ているのだと思う。
21. 2019年12月22日 14:28:19 : qALAjtz7qA : L2p4T3V3Ny9xOEU=[2] 報告
↑↑↑ やっぱり オカルトじゃないか
宇宙人うんぬん言うてる時点で立派にオカルトでっせ

もっとも本人の頭の中じゃ整合性とれてんだろうなあ
キの字は、オレは狂っていないというのが常だからな

22. 2019年12月27日 19:21:04 : yS5XGtozkA : WEpGZ0JUeVk3aWc=[319] 報告

◯◯年に◯◯が滅亡するとか言うのは,カルトだな。

そもそもマヤ暦による予言というのは,マヤ文明が未来のカレンダーとして建築したトーテムポールが,2012年までしか造ってなかったというだけで,そこで地球が滅ぶとの予言すらない。

暦がそこまでだから,これは暦の最終日で地球が滅亡するとの予言だとは,言い出した者によるただの思い込みでしかない。

しかし,オーパーツと現代科学との比較の場合。

これは現代科学の方が,圧倒的にオカルト的である。

ダーウィンの進化論はじめ現代科学自体も,その時の断片的事実に基づいて,全体を予測したものでしかなく,これら,ノストラダムスの予言と50歩100歩である。

西洋医学もそうだ。

まあ西洋医学といっても,欧米はすでに西洋医学を捨てさって,予防医学中心に方針転換しており,[西洋医学とは今や日本でだけで信じられる宗教]であるわけだが,,,

23. 2020年1月10日 09:06:27 : 6Vs2hZ7pzc : czlucFNUcUVDZEU=[19] 報告
人類滅亡とか、誠に結構な事ではないですか
彼らの言う「人類」に、我々黄色人種や黒人種は含まれてはいないのですから、われらには全くかかわりの無い話ですな
彼らの様な「自分たちだけが人類だと思っている愚か者」たちがいくら死のうと、私らが気に病む必要はありません
勝手に滅びてください、自称「人類」の皆々様
24. 2020年1月13日 11:34:53 : PsjtAT4FTg : RllRU2ovMEY1UEk=[9] 報告
時期的にグレタさん一味が関わってるみたいな

最近のグレタさん日本に文句いいに行きたいらしい世界一の大気汚染国の中国さしおいてる時点で出資者がみえるw

▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害22掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
自然災害22掲示板  
次へ