★阿修羅♪ > 自然災害22 > 839.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
科学者が警告する巨大な カナリア諸島の火山による大規模な津波 (Rense.com)
http://www.asyura2.com/17/jisin22/msg/839.html
投稿者 こーるてん 日時 2021 年 10 月 04 日 18:36:21: hndh7vd2.ZV/2 grGBW4LpgsSC8Q
 

画像は消されたブログ
A Mega-Tsunami Is Coming; Can the East Coast Even Prepare?
メガ津波がやってくる:東海岸は準備出来てるのか?
https://riskandinsurance.com/mega-tsunami-wipes-out-east-coast/
より転写

https://rense.com/general13/tidal.htmより機械翻訳転写

科学者が警告する巨大な
カナリア諸島の火山による
カナリア諸島の火山による大規模な津波
スティーブ・コナー
科学編集者
インディペンデント紙 - ロンドン
8-29-1(2001年8月29日付けか?)


ネルソンの列柱よりも高く、ジェット機よりも速い波が、アメリカの東海岸を荒廃させ、英国南部の大部分を浸水させるだろうと、カナリア諸島で将来起こる火山噴火の影響を分析した科学者は言う。

マン島の2倍の体積を持つ巨大な岩盤がラ・パルマ島から離脱して大西洋に衝突し、これまでに記録されたことのない巨大な津波を引き起こすだろうと、科学者たちは昨日警告した。

アメリカの発電所の6ヶ月間の総出力に相当する波のエネルギーの大部分は、西に向かってアメリカの海岸に到達するが、英仏海峡に向かって北に飛ばされ、海岸に壊滅的なダメージを与えるには十分であるとのことである。

スペインの島々の西端に位置するラ・パルマ島のクンブレ・ビエハと呼ばれる火山が噴火した後、津波がどのように発生するかを示すコンピュータモデルが作成されました。これは、科学者たちが予見可能な将来のうちにいつ起こってもおかしくないと言っている現象の、ほとんど想像を絶する規模を表しています。

ロンドン大学のベンフィールド・グレッグ災害研究センターのサイモン・デイ氏は、「数十年から百年先に起こるかもしれない現象を見ていますが、事前にある程度の警告があるでしょう」と語っています。

クンブレ・ビエハの岩石の多い西側斜面の大部分は、次の大噴火ではずれてしまうほど不安定である。前回の大噴火は1949年だった。

このような噴火による地滑りは、ラ・パルマ島の海岸から60kmもの距離を移動し、高さ900m、幅数十kmの水のドームの形成と崩壊を引き起こす可能性があります。この崩壊した水のドームの船首は巨大な波となるが、地滑りが水中で動き続けると、山と谷が連続して発生し、やがて津波の「波列」となる。

津波は、先頭の波とそれを後押しする波とで、アメリカ東海岸までの9時間の旅を支える力となった。

津波は日本語では「港の波」を意味し、潮の満ち引きとは関係がないにもかかわらず、英語ではしばしば「Tidal Wave」と呼ばれる。歴史上、津波は広範囲に渡って壊滅的な被害をもたらしてきましたが、イギリスが最後に津波の被害を受けたのは1755年、リスボンで起きた地震によって異常に大きな波が南部の港を襲ったときでした。

カリフォルニア大学サンタクルーズ校のスティーブン・ウォード教授と共同で作成したコンピュータモデルによると、津波が北西アフリカの海岸に衝突する際の高さは、山から谷までの高さが100メートルになると予測されている。津波が最終目的地であるフロリダ州の東海岸やカリブ海の島々に到達する頃には、津波の高さはまだ50メートルほどになっているでしょう。

フロリダ州の低地は、本土から数キロメートル内陸まで浸水する津波の被害を受けやすい。コンピュータモデルは、津波が到達する場所にあるすべてのものが平らになると予測しています。

デイ博士によれば、英国に到達する時には波ははるかに小さくなっているにもかかわらず、防波堤が設計された時の最大の高潮よりも大きいため、防波堤を破壊してしまうという。「南海岸の低地では、1マイル(約1.6km)もの高さまで浸水する可能性があります」。

ラ・パルマ島の地滑りが火山噴火の後に起こることは疑いの余地がありませんが、難しいのはそれがいつ起こるかを正確に知ることです。「クンブレ・ビエハの噴火は、数十年から100年程度の間隔で発生し、崩壊するまでに何度も噴火があるかもしれません」とデイ博士は言う。「そのため、1年ごとの崩壊の確率は低いものの、その結果発生する津波は世界中に間接的な影響を与える大災害となるでしょう。

科学者たちは、津波の影響を受ける可能性のある他の地域に警報を出すために、切迫した噴火を迅速に検知できるよう、ラ・パルマ島に優れた警報装置を設置することを求めています。

「クンブレ・ビエハは、差し迫った火山活動の兆候がないか、崩壊に先立つ変形がないか、注意深く監視する必要があります。崩壊は、数日から数週間の前駆的な変形と地震の後、将来の噴火の際に起こるだろう」とデイ博士は予測している。

「効果的な地震モニタリングシステムがあれば、崩壊の可能性を事前に警告することができ、初期の緊急管理組織が計画と対応を行うための貴重な時間を確保することができます」と彼は述べています。

津波の歴史

太平洋は、環太平洋火山群によって引き起こされる地震による津波が発生しやすい海域です。過去100年の間に、日本、ハワイ、アラスカ、チリ、ニカラグア、ニューギニアを襲った致命的な大津波は10回にも及びます。

最も恐ろしい津波の一つは、1792年に日本の雲仙火山の一部が海に崩れ落ち、100メートルの高さの波が発生し、近くの漁村で1万5千人が死亡したというものです。

1868年、ペルーの海岸に衝突した強力な津波は、アメリカの軍艦を3km(1.9m)内陸に運ぶほどのエネルギーを持ち、1万人の命を奪いました。

1883年にインドネシアのクラカトア火山が自壊した際には、ジャワ島とスマトラ島の住民3万6千人が死亡した。

その13年後の1896年には、日本の深海漁業者が港に戻ってみると、家が破壊され、船のキールの下をすり抜けたはずの津波によって2万6千人の死者が出ていました。

http://news.independent.co.uk/world/africa/story.jsp?dir=69&story=91098&host=3&p rintable=1 ___

科学者は巨大な津波を警告する

This Is London.com 8-29-1

カナリア諸島での火山噴火の後、フロリダやブラジルの海岸を荒廃させると予測されている巨大な波が英国を襲うかもしれない。

科学者たちは、英国がこの災害から無傷ではいられないだろうと警告している。英国の大西洋沿岸を襲う可能性があるのは、弱くても破壊力の大きい波です。


津波の速度は時速500マイルにも達し、その威力はとどまるところを知りません。


最初の標的はモロッコの西サハラ沿岸と予想され、波の高さは山から谷までの高さが330フィート(約3.5メートル)にもなるという。


しかし、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのベンフィールド・グレイグ災害研究センターのサイモン・デイ博士が発表した予測によると、フロリダ、ブラジル、カリブ海の先進的な沿岸地域が最大の被害を受けると予想されています。


この地域では、波の高さが130フィートから164フィート(ネルソンの円柱よりも高い)に達し、内陸に向かって4、5マイル進み、進路上のすべてのものを平らにします。


デイ博士の以前の研究では、将来クンブレ・ビエハ火山が噴火すると、山の西側が海に向かって滑り落ちる可能性が高いと予測されていました。


崩壊によって放出されるエネルギーは、米国全体の6カ月間の電力消費量に匹敵するという。


デイ博士は、カリフォルニア大学のスティーブン・ウォード博士と共同で、津波の大きさや発生場所をより正確に予測する新しいモデルを作成しました。

© Associated Newspapers Ltd.
http://www.thisislondon.c

   転写終了


元記事の原文

Scientists Warn Of Massive
Tidal Wave From
Canary Island Volcano
By Steve Connor
Science Editor
The Independent - London
8-29-1

A wave higher than Nelson's Column and travelling faster than a jet aircraft will devastate the eastern seaboard of America and inundate much of southern Britain, say scientists who have analysed the effects of a future volcanic eruption in the Canary Islands.

A massive slab of rock twice the volume of the Isle of Man would break away from the island of La Palma and smash into the Atlantic Ocean to cause a tsunami - a monster wave - bigger than any recorded, the scientists warned yesterday.

Most of the wave's energy, equivalent to the combined output of America's power stations for six months, would travel westwards to the American coast but enough would be flicked north towards the English Channel to cause catastrophic coastal damage.

A computer model has been designed to show the way the tsunami will build after the volcano, called Cumbre Vieja, erupts on La Palma, at the western end of the Spanish island chain. It describes the almost unimaginable scale of an event that the scientists say could happen at any time within the foreseeable future.

"We're looking at an event that could be decades or a century away - but there will be a degree of warning beforehand," said Simon Day, of the Benfield Greg Hazard Reseach Centre at Univeristy College London.

Most of the rocky western flank of Cumbre Vieja is unstable enough to be dislodged in the next big eruption of the volcano, which is active enough to explode at least once or twice a century. Its last big event was in 1949.

Such a landslide from a future eruption could travel up to 60 kilometres (37 miles) from La Palma's coast, causing the formation and then collapse of a dome of water 900 metres (3,000ft) high and tens of kilometres wide. The bow of this collapsing dome of water would become a giant wave, but also, as the landslide continued to move underwater, a series of crests and troughs would soon generate the "wave train" of the tsunami.

With the leading wave in front and crests pushing it on behind, it would sustain the power for the nine-hour journey to the American east coast.

Tsunami means harbour wave in Japanese and, though the occurrence has nothing to do with the tides, it is often called a tidal wave in English. Throughout history they have caused widespread devastation, with Britain last being affected by one in 1755 when an earthquake in Lisbon caused an unusually large wave to hit southern ports.

The computer model, compiled in collaboration with Steven Ward of the University of California, Santa Cruz, predicts that the tsunami will have a height of 100 metres (330ft) from crest to trough when it crashes into the shores of nearby north-west Africa. By the time it reached its final destination, the east coast of Florida and the Caribbean islands, the tsunami would still be up to 50 metres high.

Low-lying land in Florida would be vulnerable to a sea wave that would inundate the mainland for several kilometres inland. Everything in its path would be flattened, the computer model predicted.

Even though the wave would be much smaller when it reached Britain, it would still breach sea defences because it would be larger than the biggest storm waves for which they were designed, Dr Day said. "For low-lying land along the south coast it could penetrate up to a mile," he said.

Although there is little doubt that the landslide on La Palma will happen after a volcanic eruption, the difficulty is knowing exactly when it will occur. "Eruptions of Cumbre Vieja occur at intervals of decades to a century or so and there may be a number of eruptions before its collapse," Dr Day said. "Although the year-to-year probability of a collapse is therefore low, the resulting tsunami would be a major disaster with indirect effects around the world."

The scientists are calling for better warning instruments to be placed on La Palma so that an impending eruption can be detected quickly enough to alert other areas that might be affected by a tsunami.

"Cumbre Vieja needs to be monitored closely for any signs of impending volcanic activity and for the deformation that would precede collapse. The collapse will occur during some future eruption after days or weeks of precursory deformation and earthquakes," Dr Day predicted.

"An effective earthquake monitoring system could provide advanced warning of a likely collapse and allow early emergency management organisations a valuable window of time in which to plan and respond," he said.

A history of tsunamis

The Pacific Ocean is prone to earthquake-induced tsunamis caused by the so-called ring of fire volcanoes that girdle it. Ten lethal big waves have struck Japan, Hawaii, Alaska, Chile, Nicaragua and New Guinea over the past 100 years.

One of the most terrifying tsunamis occurred in 1792 when part of the Unzen volcano in Japan collapsed into the sea, setting up 100m (330ft) waves that killed 15,000 people in nearby fishing villages.

In 1868, a powerful tsunami killed 10,000 people when it smashed into the coast of Peru with enough energy to carry an American warship 3km (1.9m) inland.

When the Indonesian volcano of Krakatoa blew itself apart in 1883, it generated a wave that killed 36,000 inhabitants of Java and Sumatra.

Just 13 years later, in 1896, Japanese deep-water fishermen returned to their home ports to find their homes destroyed and 26,000 dead from a tsunami that must have slipped below the keels of their ships without them noticing.

http://news.independent.co.uk/world/africa/story.jsp?dir=69&story=91098&host=3&p rintable=1 ___

Scientists Warn Of Massive Tidal Wave

This Is London.com 8-29-1

Britain may be hit by a monster wave predicted to devastate the coasts of Florida and Brazil following a volcanic eruption in the Canary Islands.

Scientists warn that the UK would probably not escape the disaster unscathed. A weaker, but still hugely destructive, wave is likely to hit Britain's Atlantic coastline.


Travelling at speeds of up to 500mph, the tsunami would be an unstoppable force.


Its first target was expected to be the West Saharan coast of Morocco, where the wave would measure an awesome 330ft from crest to trough.


But the built up coastal areas of Florida, Brazil and the Caribbean were expected to suffer the greatest destruction, according to a new forecast by Dr Simon Day, of the Benfield Greig Hazard Research Centre at University College London.


Here, the wave would reach heights of 130ft to 164ft - higher than Nelson's column - and travel four or five miles inland flattening everything in its path.


Previous research by Dr Day predicted that a future eruption of the Cumbre Vieja volcano was likely to cause the western flank of the mountain to slide into the sea.


The energy released by the collapse would be equal to the electricity consumption of the entire US in six months.


Working with Dr Steven Ward, from the University of California, Dr Day has now produced a new model which predicts more accurately how big the tsunami will be and where it will strike.

© Associated Newspapers Ltd.
http://www.thisislondon.com/  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2021年10月12日 16:28:51 : cBfwg1MdE2 : bGFaUDJXTW5OclU=[1] 報告
津波シミュレーション動画。

> Tsunami La Palma (Cumbre Vieja) - Legendado PT-BR

https://www.youtube.com/watch?v=3OY-X7RLB_Q

▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
自然災害22掲示板  
次へ