★阿修羅♪ > 国際17 > 663.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
≪注目≫「オバマは史上最悪の爆弾魔」英・ジャーナリスト協会まとめ 
http://www.asyura2.com/17/kokusai17/msg/663.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 31 日 12:17:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

【注目】「オバマは史上最悪の爆弾魔」英・ジャーナリスト協会まとめ
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/26445
2017/01/31 健康になるためのブログ


  



さようなら、オバマ「あなたは史上最悪の爆弾魔でした」

言ってたこととやってたことが違う

つい先日、バラク・オバマ前大統領がこの2年間で5万発近い爆弾を世界中でばら撒いたことが、米外交問題評議会のサイトで明らかにされた。2016年は2万6171発、15年は2万3144発を投下した。1回の爆撃で複数の爆弾が落とされることや、発表されている国々以外への投下を考えれば、より増える可能性は高い。

英国の調査報道ジャーナリスト協会のまとめでは、ブッシュ政権の8年間でパキスタンにおける無人機攻撃は51回、民間人を含む死亡者は少なくとも410人であった。一方、オバマ政権では373回、2089人となっている。イエメンやソマリアを追加すればさらに増える。

第3に、オバマの美しいレトリックを見て、「平和の使徒」であるかのように称賛する一方、トランプ新大統領の荒々しく激しいレトリックを見て「破壊の魔王」とするのは間違いの可能性が高いということだ。



以下ネットの反応。


















トランプはろくでもない事もやってますが、中東での戦争はやめると言っているし、ISにもロシアと合同で対処すると言っています。

日本でオバマが圧倒的な善としてしか報道されないのには違和感しかありません。オバマがクソだったから、トランプが選ばれたという見方もできるはずです。


 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年1月31日 13:26:00 : mK3oM7Luik : NdvaxVYnnfI[15]

オバマの飼い主が安倍の飼い主でもあった。その飼い主が追放されてオバマが

吹っ飛んだ。同じ飼い主を亡くして安倍はいま途方に暮れている。そんな構図だ。

新しい飼い主は安倍のヒミツを握っている。例えばムサシ。



2. 2017年1月31日 15:31:11 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[626]
アメリカという国の善良さ、またこの国の人間もそうだが、そこにある良心とは、人格破綻した人間の掲げるそれと同じものだという気がする。それが構造的に何かしらの対立軸をもって常に発生しており、単独でその根拠を有さない限り。彼らの抱える思想がそのまま彼らの負い目となっている。彼らの国の在り方は彼らの求める本当の自由の意味をも常に隠し続ける。そしてそこに自覚も反省も持てないまま存在し続ける。
そこに人格破綻者的行動が見て取れるようになる。

3. 2017年1月31日 17:05:02 : FUCsYNm71O : 31NrLrpQPUg[27]
またネット軍師さまですか
イスラム国の撲滅を宣言しているのに
どうやって中東での戦争をやめれるのでしょうか?

ネット軍師さまは単に
イラク戦争を始めた共和党ネオコンが復帰するのを支持しただけです
民主を叩いて自民が返り咲くのを助けたように

ネット軍師さまは本心から
自分は安倍政権や1%の支配層と戦っている希代の戦略家
と信じている愉快な人たちです


4. 2017年1月31日 20:41:25 : dRzY0M3OPs : 7AzWlAc8NQQ[2]
オバマもヒラリーも戦争屋、死の商人からカネをもらっているだろ。

安倍も米日の戦争屋。

野党に期待したいが、民進党には幹部に自民党の2軍がいるしな

後はトランプ次第か


5. 2017年2月01日 01:24:40 : 0CIsJj7FKs : nsJUsjMunIs[12]
注意ワード

・戦争屋
・!%
・支配層

これらの言葉をよくい使う人はネットの偽ニュースサイトで仕入れた情報を使っている可能性があります。
東欧の広告目当てにに偽ニュースサイトを運営していた若者は「ヒラリー関係が食いつきがよかった」と証言しています
自分をみたいものを提供されると簡単に信じてしまうわけです。


6. 一主婦[2143] iOqO5ZV3 2017年2月01日 04:08:43 : 1Kw9HRFHJI : 8nTxYn3v8SQ[54]
今、私も、このスレットの内容をいろいろと調べ、付け焼刃の勉強をしました。
トランプさんは、いろいろと誤解されるような言動もありますけれど、今までの大きな力に沿った政治を執ったアメリカ大統領とは違う、良い意味での型破りの大統領のようですね。私も、これを読むまではトランプ氏を多分に誤解していたところが多かったです。

ヒラリーさんでなくてホントに良かったと思います。ヒラリーさんでは、今まで大きな力に支配されてきた歴代の大統領と同じ路線になっていたと思いますし、オバマ氏も、結局はその大きな力に取り込まれてしまったようですね。少し、それに関する参考文章を↓に載せます。オバマ氏の8年間も、こんな顛末になっていたのですね。残念です。

※オバマが国連安保理決議2334号を採択させた。トランプは逆にイスラエルを鎮静化させ、破滅的な事態になることを防ごうとしています。トランプは、任期残すところ3週間のオバマに対して、イスラエルとパレスチナとの間の紛争を煽るようなことを中止して、速やかに紛争回避のための方策を取るよう警告しました。

国連安保理決議2334号は、国際法上の法的拘束力を持つので、一度、確定してしまうと、トランプでも変えることはできないのです。そして、12月20日、ロシア、イラン、トルコがシリア危機について共同声明を発表しました。トルコは、ISISを支援してきましたが、明らかにNATOに利用されていたことに気が付いて、ロシア同盟に加わろうとしているのです。

国連安保理決議2334号には「第三次中東戦争後のイスラエルによるパレスチナの地への入植活動のすべてに法的妥当性はなく、イスラエルは、即時、占領された東パレスチナを含むパレスチナ領土への入植活動を停止し、法的義務を尊重しなければならない。そのための2国間解決策を通じて、両当事者が合意した事案を除き、1967年6月4日のエルサレムに関するどんな変更をも認めないと強調するものである」と明記されています

12月23日、国連安全保障理事会は安保理決議2334号を採択しました。この2334号の安保理決議には「パレスチナ−イスラエルの境界線は、1967年の「第三次中東戦争前に戻される」と規定されています。これは、ヨルダン川西岸と東エルサレムでイスラエルが進める入植地建設を違法であるとするだけでなく、近い将来、イスラエル国家の分割につながる国連決議です。

それは「第三次世界大戦」の導火線に、今度こそ火が点けられるかもしれないことを意味するからです。オバマ政権は、その本意を悟られないよう「慎重に演技」しながらも、いよいよハルマゲドンの道筋を用意したことによって、彼の政権の正体を露呈させたのです。第三次世界大戦の時限爆弾を仕掛けてホワイトハウスを去っていくオバマ。オバマ政権の8年間をひとことで言い表すなら、「第三次世界大戦の引き金をイスラエルに引かせるための外交政策を、ひたすら展開してきた政権である」と言うことができます。

バラク・オバマと国務長官のジョン・ケリーは、国連の協力を得て、今度こそ本当に「第三次世界大戦の起爆装置」を国際社会に埋め込んで政権を去っていくのですから。それは和平への道のりを、さらに険しいものにするだけでなく、追い詰められたイスラエルに核のボタンを押させることにつながっていくでしょう。バラク・オバマは、今、まさに、彼の8年に及ぶ在任期間において最悪の決断を下しました。

イスラエルが「石油の警察官」であるなら、やはり米国が人工的に創ったサウジアラビアは「オイルダラーの守護者」と言うことができます。サウジアラビアは、OPECを実質支配している国家として、石油の価格をコントールすると同時に、オイルダラーを守ってきたのです。石油は、最初から最後まで、OPECによって戦略物資として機能してきたのです。

米国は、中東にハルマゲドンを招来するために、イスラエルを保護してきた。今のところ、パレスチナは、自治政府を持ってはいますが、まだ正式な国家ではありません。しかし、イスラエルも、また正式な国家ではないのです。なぜなら、イスラエルの憲法には領土を限定する文言が記述されていないからです。 世界のどの国の憲法にも、領土を規定する条文が含まれています。イスラエルは、制限のない領土拡張計画を推し進めているので、憲法で領土を規定することができないのです。そうした国は、世界中の国でイスラエル以外には存在しません。イスラエルは、明らかに国家ではないのです。

一方、イスラエルに武器を与えている米国は、その理由を「中東における民主主義を守るためである」と説明します。サウジアラビア、クウェートは、王族による絶対支配を許す君主制国家で、民主主義の旗頭を自認する米国にとっては、倒すべき国家であるはずです。しかし、それらは米国が設置し、建国させたのです。

欧州連合の共通外交・安全保障政策上級代表、欧州連合理事会ならびに西欧同盟の事務総長などを歴任したハビエル・ソラナが言った言葉に、ヨーロッパが、イスラエルをどのように利用しようとしてきたのかが表れています。彼は、イスラエルに向むけてこう言ったのです。「あなた方は、28番目の欧州連合加盟国である」。

イスラエルの悲惨な現状をイスラエル国民に悟らせようとした有識者たちは、欧米メディアによって例外なく「反ユダヤ主義者」のレッテルを貼られて葬られていきました。それは日本においても同じです。つまり、「反ユダヤ主義者」こそが、実は、イスラエルの未来を本当に心配している人々であって「親ユダヤ」を自称している人々こそが、実は、イスラエル国民を愚弄し、奴隷扱いしてきたのです。


※「トランプ大統領、悪くない」 オリバー・ストーン監督2017年1月24日 朝日新聞

「ヒラリー・クリントン氏が勝っていれば危険だったと感じていました。彼女は本来の意味でのリベラルではないのです。米国による新世界秩序を欲し、そのためには他国の体制を変えるのがよいと信じていると思います。ロシアを敵視し、非常に攻撃的。彼女が大統領になっていたら世界中で戦争や爆撃が増え、軍事費の浪費に陥っていたでしょう。第3次大戦の可能性さえあったと考えます」

「米国はこうした政策を変える必要があります。トランプ氏は『アメリカ・ファースト(米国第一主義)』を掲げ、他国の悪をやっつけに行こうなどと言いません。妙なことではありますが、この結果、政策を変えるべきだと考える人たちに近くなっています」(引用以上)・・・オリバー・ストーン監督は、もちろん手放しでトランプを賞賛しているわけではない。しかし、ことの本質を鋭く見抜いている。


※トランプ革命の檄文としての就任演説2017年1月24日   田中 宇

トランプの大統領就任演説を分析する。演説は「米国を支配してきたワシントンDCのエリート層による支配構造をぶちこわせ」と米国民をけしかけている。トランプは米大統領という、支配層のトップに入り込んだのに、その地位を使って支配層を壊そうとしている。これは革命、クーデターだ。支配層の一員であるマスコミは、就任演説を否定的にとらえ、趣旨をきちんと報じない。リベラル派は反トランプ運動を強めている。おそらくトランプ陣営は、意図的に対立構造の出現を誘発している。
(引用以上)

追伸
>>3 >>5 の「ネット軍師」連呼狂いのお方。
貴方の決め付けと、あなたの考えが唯一正解では無いのです。
他の考え方をする、他人様に「ネット軍師」などとレッテルを貼ってはいけません。違う意見もあると言う事を尊重するようにね。


7. 2017年2月01日 04:16:45 : OdXyAMzp92 : CrE4L2tJ0Ug[49]
トランプ人事を観ればわかりますよ。

トランプの閣僚たち

■外交を担う国務長官に指名されたのは、プーチン大統領とも親交のある(ロシア富豪たちと親交のある)石油大手エクソンモービルのレックス・ティラーソンCEOであり、外交の実務経験がないレックス。
■財務長官は、ウォール街ゴールドマンサックス出身のスティーブン・ムニューチン。
■商務長官には、投資でぼろ儲けをしたウィルバー・ロス。
■TPPを所管するトップに就任する予定なのが米大手鉄鋼メーカー・ニューコアのCEOを12年まで務めたディミッコは、CEOを務めていた際は、329万ドル(約3億8800万円)の報酬を受けていた。
■国家経済会議委員長に指名されたのは米証券大手のゴールドマン・サックスのゲーリー・コーン社長。
■家族総出で共和党へ1億円以上の献金をしながら、義理の父親は直販大手アムウェイの創業者である、教育長官にデボス。
■プロレス団体ワールド・レスリング・エンターテインメント(WWE)の共同創業者で元CEOを務めたリンダ・マクマホンは中小企業局長。
■エネルギー長官には、地球温暖化を否定する前テキサス州知事、リック・ペリー。
■国民皆保険を圧力で潰して金持ち優遇策へ切り替えた共和党の裏ボスであるミッチ・マコネルの妻を運輸長官に。
■労働長官には「労働者は過剰に保護されている」として労働者最低賃金を更に下げるよう要請しながら労働者を排除してロボットへの切り替えに尽力してきたバーガーチェーン経営者アンドリュー・バズダー。

世界の富裕層を集結させたトランプ閣僚。
彼ら搾取をする側が、中間層(特に生活に苦しんでいる労働者たち)の味方になるとは到底思えませんが。


8. 2017年2月01日 04:19:26 : OdXyAMzp92 : CrE4L2tJ0Ug[50]
労働者の味方トランプ?!日本ではこのように吹聴する人たち(不気味)が多いのですね。

トランプは散々、ワシントンの「一部の金持ちと権力者」にだけ恩恵をもたらす政策の政権を非難しながら、実は彼らを見逃すだけでなく、さらに減税して儲けさせてあげるという政策ですが。

トランプの掲げる政策
●法人税減税(税率を35%から15%に引き下げ)
●個人所得税の減税(現行の7段階の累進税率を12%、25%、33%に引き下げ)
●キャピタルゲイン並びに配当に対する減税延長(現行の0%、15%、20%の税率を維持)
●相続税の撤廃
●TPP撤廃発言のすぐ後、キーストンパイプライン工事開始、二国間貿易協定構想。
●自分は合法脱税で国民の税金を利用してメキシコへ壁を作りはじめて国民を負債漬け、労働者たちが生活苦、医療費に苦しんでいるにもかかわらず労働者保護(経営者による福利厚生徹底)や国民皆保険制度は考えない。
●共和党の非人道主義者やリバタリアンたちを自分のキャビネットに据える金権政治
●散々戦争を作り出し軍費予算や軍滞在費用を「他国」へ要請(そして戦争へ行くのは貧しく医療保障や学費補助が欲しい学の無い若者たち)。

どう見ても金持ちの、金持ちによる、金持ち優遇政策。

メキシコの壁で儲かるトランプ支持建設業者たち。
トランプは地球温暖化を否定しておりオバマが環境問題で廃止したキーストンパイプライン工事(しかも多国籍企業!)に着手。キーストンxlパイプラインで息を吹き返した多国籍企業CEOたち(特に石油オーナーたち)。
アメリカでは科学者たちによるトランプ批判デモが繰り広げられました。


9. 2017年2月01日 12:34:55 : VQkisJPRkw : w@oDb5qKmv4[59]
シリア内戦時の初めにも流れていた
情報です。
スゲ〜爆弾使ってるて・・・・
・・イラク戦争の何倍とか・・・・


ついでに、
たびたびスイマセン!
大事なことなので・・・・・

邪悪なひとごろし国家の隠れ蓑!!
ノーベル平和賞詐欺師 オ●マ!
日本で言えば、N●Kの女●アナと
いったところでしょうか!?

しかし彼は責任者なので、一般人を
殺害した罪で裁いて、根の腐った邪悪な●メリカの
法的安定性を取り戻してください。

もちろん、前々大統領一派も殺●まくってたので
同様にしてください。

平和が訪れたら、不況になる皆様、
せっかくオリを周囲に作るので、
その中で景気回復消費活動をお願いします。

周辺の国の方々は、平和にみんなで
あなた達の争いを楽しみますので、
しっかりと、
よろしくお願いします。

ファイト!!!


10. 2017年2月01日 19:36:37 : 9jyOzTBXZs : Uc_G4wHSHso[80]
美辞麗句 腐臭を覆う 金メッキ

11. 2017年2月01日 23:02:30 : cv4ITz6Q8E : oUm8RfDzgp8[5]
オバマは要所要所では軍産に抵抗しています。リビアでの戦争では、陸軍の派兵そして長期化することこに全力で軍産に抵抗しています。
結果としてはカダフィは殺されリビア国民は政府がなくなり大変な苦しみを負ってますが
トランプは真正面から受けて立っています。
平和路線でいくことにトランプは引くことをしないでしょう。
がんばってほしいものです

12. 2017年2月01日 23:15:15 : JFoXqmGuEo : J0DEZgv5rIw[78]
みんなが好きな美男美女も、結婚してみると本性が分る。
当事者は知っているが、外面のいい奴がいるからなあ。

13. 2017年2月02日 15:47:01 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[1467]
>世界の富裕層を集結させたトランプ閣僚。
>彼ら搾取をする側が、中間層(特に生活に苦しんでいる労働者たち)の味方になるとは到底思えませんが。

●トランプが、エスタブリッシュメントの内側から変革をするための当然の布陣とも見えます。

そもそも、トランプは自らが大富豪です。

その彼が、今の世界の及び米国の状況の延長線上では世界はいずれ破綻すると」危惧している。

「強欲資本」による極度の二極化の進展、疫病神「死の商人」の生き残るための悪あがきで起きる戦争・・・こうした今の世界の現状をトランプは変えなければならないとしている。

そして世界の”持続可能”な状態を模索してゆこうとしていると見ることができます。

これほどの大きな変革をなしとげるためには、エスタブリッシュメントの厚い壁を破らなければならない。

その大仕事を外側から攻撃して本当に壁を突き破ることができるでしょうか。

おそらく、エスタブリッシュメント側の強大な資力と権力によってはじき返される可能性がある。

また、米国をそういう二極の対立の図式に持って行くことをトランプは考えていない。

だから、トランプはエスタブリッシュメント側の内側から変えてゆこうとしている。そう考えると、トランプ政権のリーダー達の構成は、今日のトランプ政権のようになる。

トランプは、自分の思いを理解でき、行動を共にすることができる可能性のある人材を登用しているはずです。

トランプと同じように自らはエスタブリッシュメント(側)でありながら、世界を変えることに同意して行動してくれる人材を選んでいるのでしょう。

●『TPP』は世界の未来をどうしようとしているかの「リトマス試験紙」だ。

ヒラリーやオバマでは何一つ世界は変わらなかったでしょう。

ヒラリーやオバはエスタブリッシュメント側の人間であり、エスタブリッシュメント側が進める「強欲資本」と「死の商人」の使者にすぎない。

だから、ヒラリーでは、世界はトランプの危惧する”世界の破綻”に向けて更に歩を進めていたことでしょう。

実は『TPP』は「リトマス試験紙」であると思います。

ご承知のように、『TPP』は「自由貿易促進」という仮面を被って、国家という壁を突き破って「強欲資本」が世界から永久に富を収奪し続け二極化を進展させる道具でした。

ヒラリーもオバマも『TPP』を進めました。トランプは『TPP』を敵視し脱退しました。

トランプは「ノー・モア・二極化進展」「ノー・モア・死の商人支配」を高らかに宣言し、実行に移したのです。

トランプの挑戦がどのような結果を招くのかは予断を許しませんが、少なくともヒラリーやオバマでは決して防ぐことのできなかった”世界の破綻”への歩みを止め、方向を変える可能性があります。

●日本と『TPP』

日本は、隷米(軍産複合体)ですからオバマ政権の下では『TPP』推進しか考えられません。

そして、この機会に官僚達は成果(利権)をあげてしまおうと急ぎます。脳みそのない甘利やアヘを口パクさせながら、全て秘密裏に(米側のいいなりに)事を進めてきました。

そしてトランプ政権となって米国が『TPP』離脱を決定してもなお国内で『TPP』の予算を確保してしまいました。あの予算(税金)はどこに、どのように吸い取られてゆくのでしょうか。

いつもの通り「シロアリ官僚」と「アヘ公明党政権」に吸い込まれるのでしょうか?


14. 2017年2月02日 15:53:35 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[1468]
13(訂正)
(×)ヒラリーもオバマも『TPP』を進めました。
 ↓
(○)オバマは『TPP』を進めました。ヒラリーも選挙期間中は国民受けを狙ってTPP反対を言っていましたが、大統領になったら手のひらを返すだろうとみられていました。

15. 2017年2月02日 21:02:21 : DuWp6G79SH : gIMPlHQf04w[100]
トランプ政権試金石はイスラエルネタニアフ政権に対する態度によって判断される。
財務大臣ムニューチン氏は元ゴールドマンサックス出とはいえ2002年に退職している。15年経って古巣の為に利益誘導するかどうかは不明。
国務大臣テラーソン氏はエクソンモービルの持株分と配当金受領凍結。

米国内では、トランプ支持に就いた捜査機関FBIとヒラリー支持の諜報機関(戦争遂行側)CIAの闘いとなり、FBIが勝利。
米国外では、諜報機関(戦争遂行側)CIAとロシアと共存を求める米軍との対決になっている。
中国に対しては、トランプ政権外交担当最高顧問キッシンジャー氏が習近平と会談し話をつけている。

トランプにはカトリック総本山バチカンが支持を決め、プーチンロシア正教会と協働すると見られる。もしかするとロシアアメリカキリスト教連合が結成され、国連脱退という事態の展開もありうる。

トランプ外交でネックとなるのがネタニアフイスラエルの処遇になる。


16. 2017年2月02日 21:17:42 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1131]
一主婦さん
トランプなんて奴に騙されてはだめだ。
もっと、阿修羅のいろんなスレを見なさい。

中東7か国からの入国禁止、
メキシコ国境での壁の建設
二国間協議(FTA)の推進
日本などへの米軍駐在経費の負担増額
等々

植草さんは、トランプ大統領の就任を歓迎するコメントを出しているが、私はこの点では植草さんを支持しない。


17. 2017年2月02日 21:47:26 : DuWp6G79SH : gIMPlHQf04w[101]
トランプは『国境をなくし国家主権を弱体化する国際金融資本と多国籍企業が世界を支配する“グローバリズム”』から脱する方途を探っている。
手続きに乱暴な面は見られるものの“グローバリズム”が貧困と格差の拡大を激しくし且つ国家機能を衰弱化してきた。36億人の持つ富の合計と上位8人の持つ富の合計が等しい。富は更に富を集中させ企業が稼いだ富は税の課せられないタックスヘイブンへと蓄えられ、富が流失し続けている。

指定7カ国からの入国停止はグローバリストの世界戦略に対する過激な反撃である。問題は多々あるがトランプの本気度と采配を今は見守るしかない。
事態の展開はトランプ勝利で予相された範囲にある。


18. 2017年2月02日 22:01:32 : gpBtlQpWh2 : xe2yIUfLDyI[47]
オバマを利用し尽くして、

今度はトランプにオバマを潰させた。



19. 2017年2月02日 23:20:30 : U2pszhaIpo : 0rzvDHRl0pI[4]
6.
ヒラリーさんでなくてホントに良かったと思います。ヒラリーさんでは、今まで大きな力に支配されてきた歴代の大統領と同じ路線になっていたと思いますし、 オバマ氏も、結局はその大きな力に取り込まれてしまったようですね。オバマ氏の8年間も、こんな顛末になって いたのですね。残念です。


このヒトほんとにお馬鹿さん。

オバマを利用し尽くして、
今度はトランプにオバマを潰させた。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際17掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際17掲示板  
次へ